猫の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2月22日は日本の猫の日

の日(ねこのひ)は、日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日であり、2月22日に定められている。

猫の日は世界各国で制定されており、ヨーロッパの多くの国がWorld Cat Dayとしてる日は2月17日[1]ロシア3月1日[2]アメリカ合衆国10月29日である[3]

このほか、動物愛護団体国際動物福祉基金英語版2002年に決めた、International Cat Day(World Cat Day)が8月8日となっている[4]

概要[編集]

日本における猫の日は、愛猫家の学者・文化人が構成する「猫の日制定委員会」[5]がペットフード工業会(現:一般社団法人ペットフード協会)の協力のもと、「と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」[6]という趣旨で1987年に制定した[7][8]。同年、猫の日実行委員会が2月22日に「猫の日フェスティバル」を開催、以降、毎年2月22日を“猫の日”として、猫に関する各種のイベントやキャンペーンが行われ、猫に関する啓発活動も行われるようになった。2月22日が選ばれた理由は、猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんだもので、全国の愛猫家からの公募によって決定した[9]

International Cat Day(World Cat Day)は、2002年に国際動物福祉基金(International Fund for Animal Welfare)が8月8日に定めた[10]

ぞろ目[編集]

2010年の猫の日は平成では22年であったことから「22.2.22」となった。そのため茨城県水戸市郵便局3局では「平成ぞろ目の日記念」と題して、猫の記念小型印が当日使用された[11]

2022年の猫の日は「2022.2.22」となった事から記念乗車券が、新京成電鉄で限定発売された(同社には「高根公団駅」(たかねこうだんえき)がある)[12][13]。次に揃うのは200年後の2222年

その他の猫の日[編集]

9月29日は日本招猫倶楽部が制定し日本記念日協会が認定した「招き猫の日」であり、伊勢市おかげ横丁瀬戸市島原市で「招き猫まつり」が開催されている[14][15]

脚注[編集]

  1. ^ Blasi, Giulia (2012年4月30日). “World Cat Day?”. Vogue Italia. http://www.vogue.it/en/people-are-talking-about/that-s-too-much/2012/04/world-cat-day 2015年2月17日閲覧。 
  2. ^ RUSSIA CELEBRATES INTERNATIONAL CAT DAY Russkiy Mir Foundation(2012-03-01) 2013年3月9日閲覧
  3. ^ Lauren O'Neil(2012-08-08) Celebrating World Cat Day with our favourite feline memes カナダ放送協会 2013年3月8日閲覧
  4. ^ Andrew Moran(2012-08-08) International Cat Day: 10 years of clawing, meowing across globe DigitalJournal 2013年3月9日閲覧
  5. ^ 「顔「猫の日」制定の仕掛け人熊井明子さん」『読売新聞』1987年2月21日
  6. ^ 毎日新聞 1991年2月21日東京朝刊 p.19
  7. ^ 日本経済新聞 1987年2月11日付朝刊 p.27
  8. ^ ペットフード協会沿革
  9. ^ 朝日新聞 2009年2月21日夕刊 p.12
  10. ^ Dear members! World Cat Federation(2012-08-07) 2013年3月9日閲覧
  11. ^ 小型印日本郵便
  12. ^ 猫の日を記念して2022年2月22日に記念乗車券を発売します新京成電鉄
  13. ^ 〝ニャン・ニャン・ニャン〟の「猫の日」に記念きっぷ 新京成電鉄と大井川鐵道「猫駅」の共通点は鉄道チャンネル
  14. ^ 日本経済新聞 1995年9月21日日刊 中部版 p.7
  15. ^ 朝日新聞 2002年2月14日朝刊 三重版 p.22

関連項目[編集]

外部リンク[編集]