猫草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
猫草、日本にて

猫草(ねこぐさ)とは、ネコが好んで食すの総称である。

概要[編集]

猫はイネ科の背の低い草を好む。猫草として販売される物の多くは燕麦であることが多い。また、エノコログサ等でも代用が可能である[1]ペットショップホームセンターなどで発芽済みで発売されているほか、栽培キットなども販売されている。

猫草をたべるネコ

猫によって好みがあり、食べない猫もいる。なお、特に食べないからといって健康を害する事は特にない。また、道端の草観葉植物の中には、人間には無害でも猫にとっては有毒な物もある[1][2]

英語圏では、カモガヤなどがそのままCat Grass、もしくはCat Oat Grass(燕麦の若葉)、Cat Wheat Grass(小麦の若葉)などの商品名で販売されている[3]

肉食である猫が、なぜ猫草を食すのかは解明されてはいない[4]。一般的に、グルーミングで飲み込んでしまった毛玉として出すため、排泄を良くするため、葉酸というビタミンを摂るため、胸焼けを抑えるためなどの体調を整える目的であるという説、あるいは単に食感を楽しんでいるなどの説がある。

健康リスク[編集]

成長した草の場合は、内臓を傷つける可能性がある。若い猫や老猫・病気を持ってる猫など、消化器が整っていない猫の場合は消化不良を起こす可能性がある。また、食べ過ぎて嘔吐する可能性もある。道に生えてる草も衛生面や猫にとって毒で良くない場合がある。ネコ草の近くに観葉植物を置いておくと誤食してしまう可能性がある[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]