ドンスコイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドンスコイ
DSX World Premior RU*Don Xuk's Login WOW (14037189016).jpg
原産国 ロシアの旗ロシア
別名 ドン・スフィンクス、ドン・ヘアレス

ドンスコイ: Donskoy)は、ネコの品種のひとつ。ロシア起源で、スフィンクスと同様、無毛のネコである。ドン・スフィンクスドン・ヘアレスとも呼ばれる。この品種は、1987年にロシアのロストフ・ナ・ドヌで、ブリーダーのエレーナ・コバレワによって発見された無毛のネコが起源である。スフィンクスとの違いは、スフィンクスの無毛が劣性遺伝によるものであるのに対し、ドンスコイの無毛は優性遺伝によるものである。

特徴[編集]

平均体重は2.5kg~4.0kgで、筋肉質の体つき、大きな、アーモンド形の水かきのあるが特徴である。ネコの中では例外的に体中に汗腺を持ち[1]、全身に汗をかく。被毛のタイプは「ラバーボールド」、「フロックド」、「ベロア」、「ブラッシュ」の4種で、「ブラッシュ」以外はすべて無毛であるが、「ブラッシュ」も生後3年ほどで毛が抜け落ちて無毛になる。冬には胸と尾の先に毛が生える。 無毛のため皮膚病にかかりやすく、日焼けもしやすいため、基本的には室内飼いをすべき品種である。 性格は穏やかで人懐こく、好奇心旺盛だが飼い主の言うことはよく聞く賢さを持つため、飼いやすい品種といえる。

注釈[編集]

  1. ^ ネコは通常足の裏にしか汗腺を持たない。

参考文献[編集]