ABCフロンティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ABCフロンティア
ABC Frontier, Inc.
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0013
東京都港区浜松町2丁目3番1号
日本生命浜松町クレアタワー18階
設立 2016年平成28年)4月5日
(株式会社ABCフロンティアホールディングス)
業種 情報・通信業
法人番号 6010001174902
事業内容 ライセンス事業、音楽出版事業、国際事業、事業開発
代表者 代表取締役会長CEO 的場崇
代表取締役社長COO 後藤利一
資本金 4億円(資本準備金を含む)
純利益 ▲2880万7000円(2019年3月31日時点)[1]
総資産 3億2558万1000円(2019年3月31日時点)[1]
決算期 3月31日
主要株主 朝日放送グループホールディングス株式会社 100%
関係する人物 沖中進(初代会長)
外部リンク https://abc-frontier.co.jp
テンプレートを表示

株式会社ABCフロンティア(エービーシーフロンティア、ABC Frontier, Inc.)は、朝日放送グループホールディングス傘下のコンテンツ関連事業会社である。

概要[編集]

朝日放送はこれまで在阪広域ラテ兼営局(2018年4月より放送持株会社化に伴い朝日放送テレビ(ABCテレビ)と朝日放送ラジオ(ABCラジオ)に分社(実質的ラテ兼営))として長年テレビ・ラジオの放送や番組作りを続けてきたが、時代を経るにつれ、コンテンツビジネスの環境変化が発生、テレビの視聴環境・形態のみならず、動画配信ビジネスやコンテンツの海外輸出、インバウンドビジネスなど、様々な変革に対応する必要があった[2][3][4]

こうした状況に柔軟に対応するべく、コンテンツビジネスの事業を再編、アニメーション制作事業、海外への番組・フォーマット販売等の海外ビジネス事業、ライセンス・物販事業の放送関連3事業を分社することを決定する。そしてこれら放送関連事業子会社を統括する中間持株会社として同時に設立したのがABCフロンティアホールディングス(HD)である[2][3][4]

この事業再編によって、これまで培った番組コンテンツのライツ管理、パッケージ販売・番組グッズ販売や海外への番組または番組フォーマットの販売などのライセンスビジネスをABCフロンティアHDを中心としたグループで行う事になる。また2020年4月からは同系列のエー・ビー・シーメディアコムが長年になってきた音楽出版事業および音楽関連事業の移管を受けており、傘下のABCライツビジネスとともにこれまでのコンテンツビジネス同様、音楽事業においてもさらなる拡大と展開を図るとしている[5]

2021年4月1日には再び事業再編を行い、ABCフロンティアHDがABCライツビジネス・ABCインターナショナルを吸収合併し、ABCフロンティアに社名変更・事業会社化。また、ABCアニメーションを株式の現物配当を行う形で朝日放送グループホールディングスの直接の子会社に移行させている[6]

沿革[編集]

  • 2016年(平成28年)
    • 4月5日 - 株式会社ABCフロンティアホールディングスを資本金1,000万円で東京都中央区築地朝日新聞東京本社新館内、朝日放送東京支社と同所)に設立[2]
    • 7月1日 - 朝日放送が引き受ける形で増資を行い、資本金を6億円にすると共に、朝日放送から分割された放送関連事業子会社(ABCアニメーション・ABCライツビジネス・ABCインターナショナル)の経営管理事業等を継承し業務を開始[7]
    • 11月10日 - インターネットスポーツメディア「スポーツブル」を運営する株式会社運動通信社にKDDI及び朝日新聞社と共に出資すると発表[8]
  • 2018年(平成30年)
    • 4月1日 - 朝日放送の認定放送持株会社体制移行に伴い、朝日放送グループホールディングス株式会社の連結子会社となる。
    • 7月3日 - 株式会社Viibarと共同でDIY動画メディア「LYKKE」のサービス提供を発表[9](2019年2月に「Onnela(オンネラ)」に名称変更[10])。
    • 10月1日 - ベトナムのMBCメディアエンタテインメントとの合弁会社・MBC Studioを朝日放送グループホールディングスとともに出資する形で設立[11]
    • 10月7日 - 本社所在地を東京都港区浜松町日本生命浜松町クレアタワーに移転[12][13]
    • 11月1日 - eSports事業・VR事業を主眼に置いた「コンテンツイノベーション事業室」を新設[14]
  • 2020年(令和2年)4月1日 - エー・ビー・シーメディアコムから音楽出版事業および音楽関連事業の移管を受ける[5]
  • 2021年(令和3年)
    • 4月1日 - ABCアニメーションの株式を朝日放送グループホールディングスに現物配当[6]。ABCライツビジネス・ABCインターナショナルを吸収合併し、株式会社ABCフロンティアに商号変更[15]
    • 5月10日 - 株式会社スーパーエキセントリックシアターとの合弁会社としてABC&SET株式会社を設立[16]

主な業務[編集]

  • 海外の放送局・番組制作会社等への番組販売・フォーマット販売など海外に関する収益事業全般
  • ビジネスホテルの客室テレビ向け広告配信サービス「おもチャンネル〜ホテル客室ダイレクトアド〜」の運営
  • ライセンス事業(朝日放送テレビの番組・自社オリジナルコンテンツの映像ソフト・グッズ等の開発・発売やコラボ商品のプロデュース等)
  • 音楽事業(音楽著作権の管理、音楽著作権・著作隣接権のプロモーション、番組・CMタイアップのコンサルタント業務、音楽番組・原盤・映像の企画・制作・販売、コンサート等各種イベントの企画・制作・運営)
  • 企画開発事業(映画・ドラマ等自社オリジナルコンテンツの出資・プロデュース・多メディア展開等)
  • 番組販売事業(朝日放送テレビの番組・自社オリジナルコンテンツの動画配信会社への販売)
  • ショップ事業(プリキュア プリティストア大阪本店シネマート心斎橋ABCグッズコーナーの運営)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b 株式会社ABCフロンティアホールディングス 第3期決算公告
  2. ^ a b c 会社分割による放送関連事業の中間持株体制への移行および新会社設立について,朝日放送,2016年3月4日
  3. ^ a b ABC、事業再編成でアニメ、海外事業、ライセンス・物販の事業会社を設立へ,PRONEWS,2016年3月7日
  4. ^ a b 朝日放送が事業分割でアニメビジネス会社設立 ABCアニメーション,アニメ!アニメ!,2016年3月10日
  5. ^ a b 朝日放送グループが事業再編、音楽事業をABCフロンティアに集約,日経クロステック,2020年4月2日
  6. ^ a b 当社グループ会社の再編について.朝日放送グループホールディングス,2020年12月7日
  7. ^ 会社分割による放送関連事業の中間持株会社体制への移行に係る吸収分割契約の締結について,朝日放送,2016年5月10日
  8. ^ スポーツインターネットメディア 『SPORTS BULL(スポーツブル)』 を運営する株式会社運動通信社へ出資!!,ABCフロンティアホールディングス,2016年11月10日
  9. ^ 朝日放送グループのABCフロンティアHDとViibar、 DIY動画メディア「LYKKE(リッケ)」のサービス提供を発表,ABCフロンティアホールディングス,2018年7月3日
  10. ^ 動画メディアLYKKE(リッケ)の名称を「Onnela(オンネラ)」へ変更【Viibarと朝日放送グループのABCフロンティアHD】,Viibar,2019年2月13日
  11. ^ ABCグループ初の海外コンテンツ制作合弁会社・MBC Studioをベトナムに設立,朝日放送グループホールディングス・ABCフロンティアホールディングス,2018年10月3日
  12. ^ 東京支社移転についてのお知らせ,朝日放送,2017年4月19日
  13. ^ 朝日放送グループの東京支社、東京オフィスが10月9日より港区浜松町に移転します!.朝日放送グループホールディングス,2018年9月11日
  14. ^ 主要事業は eSports と VR 事業 コンテンツイノベーション事業室を新設します!,朝日放送グループホールディングス・ABCフロンティアホールディングス,2018年10月1日
  15. ^ 3社合併とHPリニューアルのお知らせ.ABCフロンティア,2021年4月1日
  16. ^ 映像と舞台を融合させた新しいエンタテインメントを生み出す新会社「ABC&SET」設立,ABCフロンティア,2021年5月10日

外部リンク[編集]