コンテンツにスキップ

テレビ東京メディアネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テレビ東京ホールディングス > テレビ東京 > テレビ東京メディアネット
株式会社テレビ東京メディアネット
TV TOKYO MEDIANET, INC.
本社が入居する住友新虎ノ門ビル
種類 株式会社
略称 テレ東メディアネット
MEDIANET
本社所在地 日本の旗 日本
105-0001
東京都港区虎ノ門4丁目3番9号
住友新虎ノ門ビル 5F[1]
北緯35度39分51.8秒 東経139度44分38.0秒 / 北緯35.664389度 東経139.743889度 / 35.664389; 139.743889座標: 北緯35度39分51.8秒 東経139度44分38.0秒 / 北緯35.664389度 東経139.743889度 / 35.664389; 139.743889
設立 1978年(昭和53年)4月1日
(東京十二番組販売株式会社)
業種 情報・通信業
法人番号 3010401018942 ウィキデータを編集
事業内容 テレビ番組の供給・調達・販売、アニメ番組の制作、マーチャンダイジング、宣伝・広告業務、オリジナルビデオの制作・販売
代表者 大信田雅二(代表取締役社長)
資本金 2000万円
純利益 4億8,855万円
(2024年3月期)[2]
総資産 28億9,935万7,000円
(2024年3月期)[2]
従業員数 51人(2018年7月1日現在)
所有者 テレビ東京ホールディングス
主要株主 テレビ東京 100%
外部リンク www.medianet.co.jp
テンプレートを表示

株式会社テレビ東京メディアネット(テレビとうきょうメディアネット、: TV TOKYO MEDIANET, INC.)は、テレビ東京関連会社。自社制作番組の外部販売(番組販売)を行っている企業である。

歴史

[編集]

テレビ東京は東京12チャンネルと称した時代には純粋な系列局が無く、その後「メガTONネットワーク」(現在のTXN)として放送ネットワークを形成してからもネット局の少なさ故に収入が限られており、それを補うために地方局に自社番組を販売する必要があった。その為の会社として1978年(昭和53年)に「東京12番組販売」(とうきょうじゅうにばんぐみはんばい、登記上は東京十二番組販売と表記)が設立された[3]。その後1982年(昭和57年)に「テレビ東京番組販売[4]」、1996年(平成8年)に現在の「テレビ東京メディアネット」へ商号変更[5]した。1999年(平成11年)10月にアニメーションへの出資や製作を行っていた「テレビ東京ソフトウェア」(SOFTX)を吸収合併[6]1997年(平成9年)12月にディレクTVで「アニメシアターX(AT-X)」を開局。2000年(平成12年)6月26日にテレビ東京と共同出資で株式会社エー・ティー・エックスを設立し[7]、同年9月にAT-X事業を同社に譲渡。

また、テレビ番組用の放送素材の一部分の販売も行っており、番組提供主がテレビ東京扱いとして表記される[注釈 1]

近年は、劇場用映画への出資や外国作品の購入なども行っている。

この他、DVDレーベル・MEDIANET PICTURES(MEP、メディアネットピクチャーズ)[注釈 2]があり、テレビ東京やBSテレビ東京の自社製作番組において、提供クレジットを出すスポンサーが1社も無い場合に便宜上の穴埋めとしても用いられることが多い[注釈 3]

異世界はスマートフォンとともに。 (第1期)』や『信長の忍び』など、テレビ東京(AT-X独占放送含む)では放送しないアニメへの参加もわずかながら存在する他[注釈 4]、劇場用アニメではキッズステーションと共同で製作参加している作品がある。TOKYO MXでは『あっくんとカノジョ』のヒッチハイクとして、同社販売のBlu-rayソフトのCMが放映されている。

2023年11月13日にコーポレートロゴが改定され、日本語でのブランドマーク表記が「テレ東メディアネット」に変更された[8]

製作作品

[編集]

☆は同社からパッケージリリースされた作品

テレビアニメ

[編集]
テレビ東京ソフトウェア
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年

劇場アニメ

[編集]

OVA

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 特異な例として、テレビ大分の『キティズパーティー2』は『キティズパラダイス』の番組素材を多く利用している為、九州地方フジテレビ系列局を中心としたネット局ではあるが、九州地方で唯一テレビ東京系列局が存在する福岡県TVQ九州放送が『キティズパラダイス』の差し替え番組として放送されていた。
  2. ^ 独立局では「制作(または製作) メディアネットピクチャーズ」となっている。
  3. ^ CMは2018年7月現在、『蒼の彼方のフォーリズム』・『鬼平』・『京都寺町三条のホームズ』の枠で、同社が販売するソフトの宣伝のみ放送されている。BSテレ東の製作に関与していない番組の場合、クレジットを出すスポンサーが1社も無い場合は放送局区別の為の局ロゴが表示されるため「MEDIANET PICTURES」は表示しない。
  4. ^ 『異世界はスマートフォンとともに。』の第2期はAT-Xに加えてテレビ東京・テレビ愛知・BSテレビ東京でも放送された。

出典

[編集]
  1. ^ アクセス - テレビ東京メディアネット
  2. ^ a b 株式会社テレビ東京メディアネット 第46期決算公告
  3. ^ 「東京12チャンネル、番組販売を拡充――会社設立などで再建完了めざす」『日経産業新聞』日本経済新聞社、1978年5月19日、4面。
  4. ^ 「テレビ東京の関係会社3社、3月1日から社名変更」『日経産業新聞』1982年2月2日、4面。
  5. ^ 『テレビ東京史 20世紀の歩み』テレビ東京、2000年4月、129頁。 
  6. ^ 「番組販売子会社2社、テレビ東京が合併」『日経産業新聞』1999年7月23日、3面。
  7. ^ 「CSデジタル向けアニメチャンネル、テレビ東京が分社」『日経産業新聞』2000年6月30日、3面。
  8. ^ テレビ東京が25年ぶり ブランドマーク刷新!』(PDF)(プレスリリース)株式会社テレビ東京ホールディングス、2023年10月24日、9頁https://ssl4.eir-parts.net/doc/9413/announcement3/93231/00.pdf2023年11月20日閲覧 

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]