痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。
ジャンル バトルアクションギャグコメディ
小説
著者 夕蜜柑
イラスト 狐印
出版社 KADOKAWA
レーベル カドカワBOOKS
連載期間 2016年5月4日 -
刊行期間 2017年9月8日 -
巻数 既刊7巻(2019年8月現在)
漫画
原作・原案など 夕蜜柑(原作)
狐印(キャラクター原案)
作画 おいもとじろう
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊コンプエース
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2018年7月号 -
巻数 既刊2巻(2019年8月現在)
アニメ
原作 夕蜜柑
監督 大沼心、湊未來
シリーズ構成 志茂文彦
キャラクターデザイン 平田和也
アニメーション制作 SILVER LINK.
放送局 未定
放送期間 未定 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』(いたいのはいやなのでぼうぎょりょくにきょくふりしたいとおもいます)は、夕蜜柑による日本小説。略称は「防振り」。2016年5月より『小説家になろう』にて連載されている。書籍版がKADOKAWAのカドカワBOOKSより刊行され、イラストは狐印が担当。2018年12月時点でシリーズ累計は25万部を突破している[1]。2019年8月時点でシリーズ累計は40万部を突破している[2]

メディアミックスとしておいもとじろうによる漫画版が『月刊コンプエース』(KADOKAWA角川書店)にて2018年7月号から連載されているほか、2018年12月6日より特設サイトでサワノアキラによる4コマ漫画『4コマで分かる「防振り」』が配信中[3]。また、テレビアニメ化も企画されている[4]

あらすじ[編集]

本条楓は、友人の白峯理沙に勧められてVRMMO『NewWorid Online』をメイプルという名前でプレイを始めた。しかし、ゲーム初心者であるメイプルは「痛いのが嫌だ」という理由で不人気の大盾を選び、ステータスポイントも全て防御力に振る「極振り」をしてしまう。極振りしたせいで悪戦苦闘するメイプルだったが、そこから偶然が重なって様々なスキルを獲得し、レベルが上がるとそれで得たステータスポイントをすべて極振りすることを繰り返した結果、無敵の防御力を誇るようになる。さらにダンジョンで最奥にいる毒竜(ヒドラ)を奇想天外な方法で倒し、レア装備とレアスキルを獲得する。そして、第一回イベントで、レアスキルと驚異的な防御力で他のプレイヤーたちを悉く無傷で返り討ちにして見事三位の成績を収めたことで、一躍注目の的となる。その後、理沙ことサリーも参入し、様々なプレイヤー及び運営スタッフたちから注目されながらメイプルは『NewWorid Online』をプレイし続けていく。

登場人物[編集]

声の項はテレビアニメ版の声優

【楓の木】[編集]

メイプルとサリーによって結成されたギルド。メンバーは十人にも満たないが、第一回イベントの上位十位が三人もおり、さらにどれも一筋縄ではいかないプレイヤーばかりのため、他のプレイヤーからは「人外魔境」「魔界」と呼ばれるほど恐れられている。

メイプル / 本条 楓(ほんじょう かえで)
声 - 本渡楓 ウィキデータを編集[5]
身長:145cm
本作の主人公。黒髪黒目で、アホ毛が特徴の美少女。
友人の理沙に押し切られて『NewWorld Online』を始める。ゲームの知識は乏しく、初期設定でダメージを受けないという理由で防御力だけが取柄の大盾を選び、ステータスポイントも防御力に1点特化(極振り)したせいで、それ以外のステータスは並以下。しかし、ゲーム初心者ゆえの常識に囚われない予測不能な行動と偶然によって様々なスキルを獲得し、レベルが上がると防御に極振りし続けた結果、通常攻撃では全くダメージを受けないほどの防御力を有するようになる[注 1]。ダンジョンで毒竜との戦いの最中に【毒無効】を獲得し、さらに毒竜を食べるという方法(HPドレインに相当)で倒したことによって、レアスキル【毒竜】とユニークシリ-ズのレア装備を獲得する。第一回イベントで無敵の防御力と【毒竜】などのレアスキルを駆使して二千人以上のプレイヤーを無傷で倒したことによって三位の成績を修める。可愛らしい外見と初心者らしい初々しさ、そして無敵の強さによってプレイヤーたちから『歩く要塞』と呼ばれて興味と畏怖を抱かれる。
物語の進行とともに防御力は上昇し続け、自爆系スキルの大ダメージにも耐えられるようになる。メイプル自身の移動速度の遅さは変わらないが、浮遊シロップや【暴虐】、【機械神】の砲撃の反動などを利用してカバーしている。初期の頃は装備をすべて外した状態でサリーに背負ってもらったこともあるほか、味方を庇うスキル「カバー」「カバームーヴ」を利用して「サリーのいる場所」へ移動するという変則技を見せたこともある。
とても素直で真っ直ぐな性格で、誰とでもすぐに仲良くなれるほど人懐っこい。深く考えずに思い付いたことをすぐに行動に移すが、サリー曰く普段から斜め上行く突拍子もないことを思いつくため、誰にも予想できないことをしでかす。
メイプルの規格外の強さによるゲームバランスの崩壊を危惧した運営から、度々所有しているスキルを弱体化されるが、予想を上回る行動と幸運によってどんどん成長を遂げている。いつの間にかゲームの看板キャラクター化して調整し辛くなり、売り上げにも貢献[注 2]していることから、見守るという名目で運営から半ば匙を投げられる。ギルドでは異常枠筆頭。
大天使
スキル【身捧ぐ慈愛】を使用した状態。金髪青目で、背中に白い翼が生えて頭上に白く輝く輪[注 3]が出現する。スキル効果としては、発動時にメイプルのHPを消費するが、範囲内にいる仲間に対して常に『カバー』状態となり、これは仲間の防御力がメイプルの防御力と同等となる事である。
化物
スキル【暴虐】を使用した状態。第三回イベント中にメイプルが倒したモンスター(悪魔)に酷似しており、声にはノイズが混じる。外見はモンスターそのものだが、中身はメイプルのまま。発動時の状態はメイプル曰く、『着ぐるみを着ている感じ』らしい。発動状態で倒された場合、中にいるメイプル自身は無傷で分離する。
玉座
スキル【天王の玉座】を使用すると現れる玉座。発動後にこの玉座に座っている間、ダメージ軽減と僅かだが秒単位でHPが回復するという破格のスキル。更に発動範囲内では自分を含めた存在の【系統:悪】のスキルを使用不可にする為、スキル【暴虐】とは相性は悪いが、スキル【身捧ぐ慈愛】とは相性抜群である。
シロップ
メイプルとサリーが第二回イベントで隠しボスの【銀翼】を倒したことで手に入れた【幻獣の卵】から生まれた亀。リクガメ型だが、移動速度はメイプルより速い。普段は人の頭ほどの大きさだが、レベルアップして得たスキル【巨大化】とメイプルが得たスキル【念力】によって空飛ぶ乗り物代わりになり[注 4]、上空から毒の雨【アシッドレイン】をばら撒くえげつない攻撃が出来る。
サリー / 白峯理沙(しろみね りさ)
身長:155cm
楓の友人。栗色のポニーテールの髪型が特徴の少女。
楓とは違いかなりのゲーマー。負けず嫌い。楓に『NewWorld Online』を勧めるが、自身は学業成績低迷が原因で第一回イベント後に遅れて参加する。初期設定で短剣を選び、メイプルの防御特化に対して「回避特化」を目指す。メイプルとは対照的に【VIT】値は0で、【AGI】を中心にステータスポイントを振っている。スキルを使わずに紙一重で回避するほどの腕前の持ち主。一方で、お化けなど怖い物は苦手。ギルドでは異常枠で、作中では一度もダメージを受けていない。
朧(おぼろ)
メイプルとサリーが第二回イベントで隠しボスの【銀翼】を倒したことで手に入れた【幻獣の卵】から生まれた狐。狐火を使う速度特化。
クロム
身長:180cm
大盾使いのベテラン男性プレイヤー。
面倒見が良い兄貴分的存在。偶々知り合ったメイプルをイズの店に案内する。メイプルに興味を持ったプレイヤーたちとともに見守りスレッドを立てて、時折情報を提供している。
死亡回数が千を超えているだけあって大盾の扱いはメイプルより上手で、第一回イベントでは九位の成績を修める。メイプルに誘われて【楓の木】に加入した当初は、『盾性能はメイプルの劣化版』と思い悩んでいた。ギルドでは加入当初は数少ない普通枠でイズが作った装備を使用していたが、後にその死亡回数が解放トリガーとなる隠しダンジョン【亡者の墓】でユニークシリーズを手に入れたことで、「普通」から外れ始める。
イズ
身長:162cm
鍛冶専門の生産職の女性プレイヤー。水色髪の長髪。
値段は高いが性能が良い装備を作れるほどの腕を持つ。【楓の木】が結成された次の日にメイプルに誘われて加入する。ギルドでは(生産職に限れば)異常枠。ユニークシリーズ取得後、戦闘にも参加できるようになる。
カナデ
身長:151cm
第二回イベントで知り合った魔法使いの少年プレイヤー。癖毛のある赤髪と赤目。
中性的な外見をしており、どこか掴みどころのない雰囲気を持つ。ルービックキューブ型の杖を使っている。後にメイプルたちの誘いを受けて【楓の木】に加入する。実はずば抜けた記憶力を持つ天才。ギルドでは異常枠。
カスミ
身長:165cm
第二回イベントで知り合った刀使いの女性プレイヤー。黒髪の長髪。
第一回イベントで六位の成績を修める。第二回イベントで偶然メイプルとサリーと遭遇し、やむなくサリーと交戦するが、メイプルのせいで誤って三人一緒にダンジョンに迷い込んでしまい、一時休戦し協力してダンジョン脱出を図る。この一件でメイプルたちと親しくなり、後に彼女たちの誘いを受けて【楓の木】に加入する。ギルドでは数少ない普通枠。
マイ&ユイ
第三回イベント後に参入した大槌使いの双子の少女プレイヤー。
「現実では体力や筋力が乏しい」という理由から【STR】に極振りしたが上手くいかず、諦めていたところをメイプルに誘われて【楓の木】に加入する。メイプルとサリーに鍛えられた結果、ベテラン顔負けの攻撃力を誇る様になる。攻撃力以外は絶望的であり、メイプルに出会わなければキャラメイクをやり直そうと考えていた。ギルドでは異常枠。
マイ
身長:135cm
ユイの姉。黒髪。【楓の木】加入後は、髪色に合わせてイズが作った黒色と緑色の装備を身につける。
ユイ
身長:135cm
マイの妹。白髪。【楓の木】加入後は、髪色に合わせてイズが作った白色とピンク色の装備を身につける。

【集う聖剣】[編集]

トッププレイヤーのペインとドレッドが立ち上げた『NewWorld Online』の二大ギルドの一つ。彼らを筆頭とする実力者揃いで、戦力も規模も最大級を誇る。

ペイン
身長:177cm
【集う聖剣】のギルドマスター。金髪青目。
第一回イベントで一位の成績を修めるほどの名実ともに最強の聖騎士の男性プレイヤー。【聖剣】の異名を持つ。
ドレッド
身長:167cm
【集う聖剣】のナンバー2。黒髪黒目で、褐色肌。
第一回イベントで二位の成績を修めるほどのトップクラスの実力を持つアサシン風の短剣使いの男性プレイヤー。【神速】の異名を持つ。
ドラグ
身長:188cm
第一回イベントで五位の成績を修めた大斧使いの男性プレイヤー。【地割り】の異名を持つ。
フレデリカ
身長:154cm
【集う聖剣】主力の魔法使いの女性プレイヤー。金髪赤目。
第四回イベント以降、サリーに定期的に『決闘』を申し込むようになる。

【炎帝ノ国】[編集]

ミィら第一回イベントの上位十位の内、四人が所属する『NewWorld Online』の二大ギルドの一つ。

ミィ
身長:154cm
【炎帝ノ国】のギルドマスター。
第一回イベントで四位の成績を修めた女性プレイヤー。赤髪赤目。【炎帝】の異名を持つ。
強力な炎魔法の使い手で、皇帝のように尊大な振る舞いをしているが、本当は気が弱く小心な性格。強力なスキルを手に入れて活躍したことで、周りから注目されて素の自分を見せるのが恥ずかしくなって演技を続けた結果、引っ込みがつかなくなって苦悩している。素のミィを知っているのは、メイプルとミザリーの2人。
シン
身長:172cm
第一回イベントで七位の成績を修めた剣士の男性プレイヤー。【崩剣】の異名を持つ。
第一回イベントでカスミに負けたため、リベンジに燃えている。
マルクス
身長:157cm
第一回イベントで八位の成績を修めたトラップに長けた男性プレイヤー。【トラッパー】の異名を持つ。
第四回イベント以降、【暴虐】状態のメイプルがトラウマになっている。
ミザリー
身長:168cm
第一回イベントで十位の成績を修めた僧侶の女性プレイヤー。金髪碧眼。【聖女】の異名を持つ。

モンスター[編集]

白兎
メイプルが【絶対防御】を取得するのに貢献してしまった初期モンスター。
メンテナンス後はAIが強化されてしまったため、【絶対防御】の取得には貢献しない。
毒竜(ヒドラ)
ダンジョン【毒竜の迷宮】の最深部にいる三つ首の竜。メイプルに「毒無効」のスキルを与え、喰われるという災難な目にあった上、ユイとマイの両名を短期間でレベルアップさせる為に、【暴虐】発動状態のメイプルの周回マラソンの餌食になった。メイプルが愛用しているユニーク装備を落としたのもこのボスモンスター。
銀翼
第二回イベントの隠しボス的存在の怪鳥。運営側が「俺達の悪意の塊」と称されるほどの桁外れの強さを誇る。メイプルとサリーに倒され、限定アイテムである『特別な卵』を残した。
悪魔
第二層のモンスター。
スキルクエスト【博愛の騎士2】では、パーツのない顔に大きな爪を持つ人型の化物として登場。少女の身体から黒い霧として出現し、プレイヤーに襲いかかる。スキルクエストクリア後、【朽ち果てた教会】にある「召喚」という文字を読むと、本来の姿(【暴虐】状態のメイプルはこの姿に酷似している)で登場し、人語を喋るようになる。
顔のパーツは口だけで、首は長い。頭には羊のような巻角があり、ローブの下からは尻尾が伸びている。

用語[編集]

極振り(きょくふり)
ステータスポイントを特定の項目に極端に振り分けること。
NWOでは、防御力に極振りしても攻撃を無効化できるのは序盤の白兎の攻撃だけである[6]等、得られるメリットよりデメリットの方が非常に多いため基本的には推奨されていないのだが、メイプルの影響で一時期は極振りにするプレイヤーが増加したのだが、デメリットが再認識されたことによってほとんどのプレイヤーが極振りを諦めている。
極振りで結果的に成功したプレイヤーは、作中では現状、VIT極振りのメイプルと、STR極振りのマイとユイの3人のみである[7]
NewWorld Online
VRMMO。基本的にはオーソドックスなファンタジーRPGだが、プレイヤーの行動に応じてスキルを取得し独自のビルドを作り上げていく形式。取得しても使わないと判断したスキルは廃棄できる。アバターは身長は変更できない仕様。
スキルスロット
身に着けたスキルを装備に付与できる。付与は捨てる形であり、付与したスキルを取り戻すことはできなくなる(通常は一度廃棄したスキルもゲーム内通貨で再取得は可能)。1日5回限定だがMPゼロで発動可能。それ以上はMPを消費する。15レベルごとにスロットが一つ解放される。
第一回イベント
プレイヤー同士のバトルロイヤル。制限時間は3時間。

装備[編集]

ユニークシリーズ[編集]

一ダンジョンに一つきりの装備。単独で、なおかつダンジョンボスを初回戦闘で撃破するという条件を、最初に達成したプレイヤーのみが取得出来る特殊な装備。ステータス上昇や「破壊不可」「破壊成長」などの特性があり、取得したプレイヤー専用で他者への譲渡は不可。

毒竜のユニークシリーズ
所持者:メイプル
ダンジョン【毒竜の迷宮】のユニークシリーズ。VIT+効果とスキルを付与できるスキルスロット。壊れる度に強化再生される「破壊成長」属性を持つ。
闇夜ノ写(やみよのうつし)
黒を基調とした大盾。所々に赤の装飾が施され、中心に赤い結晶が埋め込まれている。
スキル【悪食】を付与され、相手の攻撃や武器、アバターそのものを喰ってMPとして貯蔵する。
ただ、余りにも強力過ぎた為、後に弱体化されて回数制限が追加された。
黒薔薇ノ鎧(くろばらのよろい)
胸元にバラの彫刻をあしらった黒い鎧。第三回イベントで、スキル【滲み出る混沌】を付与される。
新月(しんげつ)
漆黒の短刀で、鞘にガーネットが埋め込まれている。
スキル【毒竜】を付与され、状態異常をばら撒く攻撃を行う。使用するMPは闇夜の写より供給される。
巨大魚のユニークシリーズ
所持者:サリー
巨大魚のダンジョンのユニークシリーズ。それぞれがステータス上昇と「破壊不可」属性あり。
水面のマフラー(みなものマフラー)
青いマフラー。端は泡を彷彿とさせる白い模様があしらわれている。
スキル【蜃気楼】が付与されている。
大海のコート(たいかいのコート)
長さが腰くらいまである水色のコート。
スキル【大海】が付与されている。
大海の衣(たいかいのころも)
上下ともに水色の衣服。下はベルト付きのショートパンツ。
深海のダガー(しんかいのダガー)、水底のダガー(みなぞこのダガー)
暗い青色の2本のダガー。
骸骨の装備
所持者:クロム
ダンジョン【亡者の墓】のユニークシリーズ。呪われていそうな名前と見た目を除けば優れた性能ばかり。それぞれがステータス上昇と「破壊不可」属性あり。
血塗れ髑髏(ちまみれどくろ)
顔の下半分を覆う血塗れの骸骨の口。スキル【魂喰らい】が付与されており、モンスターやプレイヤーを倒した際、HPが最大HPの一割だけ回復する。
血染めの白鎧(ちぞめのしろよろい)
本来は白だったらしい血塗れの鎧。スキル【デッド・オア・アライブ】が付与されており、HPが0になっても50%の確率で生き残ることができる(その際のHPは1だけ)。
首落とし(くびおとし)
血濡れの鉈。スキル【命喰らい】が付与されており、相手にダメージを与えた際にその三分の一のHPを回復する。
怨霊の壁(おんりょうのかべ)
骸骨が彫られた大盾。スキル【吸魂】が付与されており、攻撃によるダメージを受けた際にHPを3%だけ回復する。
生産職向けのユニークシリーズ
所持者:イズ
第三層で二つ目に発見されたダンジョンのユニークシリーズ。生産職向け。それぞれがステータス上昇と「破壊不可」属性あり。
錬金術士のゴーグル
大きめのゴーグル。
スキル【天邪鬼な錬金術】が付与されている。
錬金術士のロングコート
少し古びたロングコート。
スキル【魔法工房】が付与されている。
錬金術士のブーツ
ブーツ。
スキル【新境地】が付与されている。

その他の装備[編集]

白雪(しらゆき)
所持者:メイプル
イズによって作られた純白の大盾。
【大天使】装備
所持者:メイプル
【身捧ぐ慈愛】を発動したメイプルの外見に合わせてイズが作った装備。白を基調としており、聖騎士を彷彿とさせる。
大天使のティアラ
大天使の白盾
大天使の聖刀
大天使の聖鎧
神々の叡智
所持者:カナデ
ルービックキューブ状の杖。スキル【神界書庫】が付与されている。

スキル[編集]

絶対防御(ぜったいぼうぎょ)
所持者:メイプル
所持者の【VIT】を二倍にするスキル。
取得条件は、相手の攻撃をノーダメージで1時間耐えること。またその間は、魔法や武器で相手にダメージを与えないこと。
このスキルの所持者は、【STR】【AGI】【INT】のステータスアップに必要なポイントが、通常の3倍になる。
第二回イベントの二週間前のメンテナンスでフィールドモンスターのAIが強化されたことによって、実質取得不可能なスキルとなる。
毒竜喰らい(ヒドライーター)
所持者:メイプル
毒や麻痺を無効化するスキル。
取得条件は、毒竜をHPドレインによって倒すこと。
食べるのもHPドレインに該当する為、メイプルは毒竜を食い尽くして習得した。
毒竜(ヒドラ)
所持者:メイプル
毒竜の力を司るスキル。紫色の魔法陣から、毒竜の姿をした毒を前方三方向に発射する。
取得条件は、毒竜をHPドレインによって倒し、【毒無効】から進化させること。
また、MPを消費することによって下記の毒魔法を使用することができる。
パラライズシャウト
周囲にいるモンスターやプレイヤーを麻痺状態にするスキル。メイプルは、納刀時に発生する音をトリガーとしている。
致死毒の息
霧状の致死毒を発生させるスキル。
ヴェノムカッター
攻撃系スキル。威力は【毒竜】には遠く及ばない。
ヴェノムカプセル
球状の毒のカプセルに、対象を閉じ込めるスキル。立て続けに発動することで、直径約2mずつ拡大させることができる。
ポイズンランス
槍状の毒を突き出すスキル。
アシッドレイン
空中に展開した魔法陣から、直径約15cmの毒の塊の雨を降らせるスキル。
悪食(あくじき)
所持者:メイプル
あらゆるものを飲み込み糧に変えるスキル。相手の武器や魔法による攻撃など、触れたものをMPに変換する。
取得条件は、致死性の劇物を一定量経口摂取すること。
容量オーバーのMPは、魔力結晶として体内に蓄えられる。メイプルはこのスキルを【闇夜ノ写】に付与しており、魔力結晶は【闇夜ノ写】の装飾として浮かび上がるようになっている。
常時発動スキルであり当初は回数制限はなかったが、触れただけで何でもかんでも吸収されてしまう事が余りにも強力過ぎて一方的になりすぎる為、第二回イベントの二週間前のメンテナンスで修正され、1日10回までしか使用できなくなる。また、吸収できるMPは2倍となっている。
滲み出る混沌(にじみでるこんとん)
悪魔の力を司るスキル。使用者の身体から滲み出した黒い光が、悪魔に酷似した巨大な「化物」に変化し前方に発射される。
取得条件には、スキル【身捧ぐ慈愛】が関わっている。
この他にも、下記の二つのスキルが内包されている。
暴虐
使用者自身が「化物」に変身[注 5]するスキル。【STR】と【AGI】が50ずつ上昇し、HPが1000になる。ただし装備の能力値上昇や装備のスキルは使用不能となる。外見も能力も悪魔(モンスター)そのものだが、使用者の意思で操作することができる。使用者が「化物」の腹部を破る、または「化物」のHPが0になるとスキルは解除される。使用可能回数は一日一回。ただし発動中に日をまたいでも強制解除されることはなく、解除してもその日の分の使用回数は消費されない。
捕食者
使用者の足元を覆う真っ黒な光から2匹の「捕食者」を出現させるスキル。「捕食者」は体長約3mで、悪魔に酷似しているが手足は生えておらず、近くにいる敵を使用者の意思とは無関係に攻撃する。また、「捕食者」の攻撃には【呪縛】の効果が付与されている。使用者が「封印」と唱えればスキルは解除される。
身捧ぐ慈愛
所持者:メイプル
使用者から半径10m以内の範囲にいるパーティーメンバー全員に【カバー】が働くスキル。使用者の外見は金髪青目に変化し、背中からは白い翼が生え、頭上には白く輝く輪が出現する。発動直後、使用者はHPを消費する。また発動時、使用者は防御貫通攻撃に弱い。
取得条件は、スキルクエスト【博愛の騎士4】のクリア後に発生するエクストラクエスト【身捧ぐ慈愛】をクリアすること。
また、HPコストを支払うことによって下記のスキルを使用することができる。回復スキルも内包されているが、いずれのスキルも使用者自身を回復させることはできない。
イージス
全ての攻撃を無効化する光のドームを出現させる。HPコストは600。
慈愛の光
機械神
所持者:メイプル
機械神(一代目)の力を司るスキル。使用者の装備を破壊し、銃器や刀剣などの武器を展開する。一度装備を破壊すると、一定回数(装備によって異なる)は武装を生み出すことができる。「攻撃開始」と唱えると、レーザーや銃弾を連射する。攻撃の威力は代償とする装備によって異なり、使用者自身の【STR】値は関与しない。
下記の武装展開は、【毒竜の迷宮】のユニークシリーズのもの。
全武装展開
全身の装備から武装を展開した状態。大盾を持つ腕(左腕)の部分からは銃器、短刀を持つ腕(右腕)からは黒い刃、背中からは砲身が展開され、それらを支えるために足腰に機械を纏う。胸部から腹部にかけては大小様々な歯車が回転している。
展開・左手
左腕の部分から銃器を展開した状態。
刀剣展開
短刀を持つ腕(右腕)の部分から使用者の身長程の刀剣を展開した状態。スキルの補助があるため、重くなった腕も動かすことができる。
砲身展開
全身から兵器を展開した状態。防御力が高ければ、砲撃の反動を利用した飛行も可能。
ブレイク・コア
対象範囲内を攻撃不可にし、自他共に大ダメージを与える自爆スキル。使用者の心臓部分に穴が空いて赤い輝きを放つ小さな球体が飛び出し、スキルの対象が宙に浮いたその球体の周りを回って、5秒後に爆発する。【機械神】の中で唯一装備を対価としない。
天王の玉座
所持者:メイプル
スキル発動後に出現する玉座に座っている者へのダメージを軽減し、毎秒HPを2%回復させるスキル。半径30m以内にいる者(自分を含む)の【属性:悪】のスキルを使用不可にする(メイプルの場合【毒竜】【悪食】【滲み出る混沌】【蠱毒の呪法】など)。取得条件は【身捧ぐ慈愛】を取得した上で『光の王』のモンスターを倒すこと。

既刊一覧[編集]

小説[編集]

  1. 2017年9月8日発売 ISBN 978-4-04-072441-6
  2. 2017年12月10日発売 ISBN 978-4-04-072443-0
  3. 2018年4月10日発売 ISBN 978-4-04-072688-5
  4. 2018年8月10日発売 ISBN 978-4-04-072697-7
  5. 2018年12月10日発売 ISBN 978-4-04-072698-4
  6. 2019年4月10日発売 ISBN 978-4-04-073115-5
  7. 2019年8月9日発売 ISBN 978-4-04-073116-2

漫画[編集]

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。
  1. 2018年11月24日発売 ISBN 978-4-04-107718-4
  2. 2019年8月26日発売 ISBN 978-4-04-108577-6

テレビアニメ[編集]

放送時期は未定[5]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 後に防御力無視の貫通攻撃が実装された為、ダメージを受けるようにはなる。
  2. ^ メイプルの活躍によって参入するプレイヤーの増加やメイプルが何かしでかす度に他プレイヤーによる課金など。
  3. ^ 書籍イラストでは金色。
  4. ^ 本来【念力】は使用する対象の抵抗率で効果時間と消費MPが変動するが、「絆の指輪」でメイプルと繋がっているシロップの場合は抵抗率が「0」であるため、ほぼ無制限に飛んでいられる。
  5. ^ 厳密には、使用者が「化物」の着ぐるみを着込んでいるような状態になる。

出典[編集]

  1. ^ 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』アニメ化企画が進行中”. ラノベニュースオンライン (2018年12月8日). 2018年12月27日閲覧。
  2. ^ 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」主人公は本渡楓に決定! ビジュアル&PVもお披露目”. ラノベニュースオンライン (2018年8月6日). 2019年8月9日閲覧。
  3. ^ https://twitter.com/8maru_kenzen/status/1070616492067106816
  4. ^ アニメ化企画進行中です!(小説家になろう・作者活動報告 2018年12月06日)
  5. ^ a b c d e f g h 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」TVアニメ化!メイプル役は本渡楓”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年8月6日). 2019年8月6日閲覧。
  6. ^ 書籍版1巻p.34
  7. ^ ただし、マイとユイの両名はメイプル達に護衛をして貰うという前提であるが。

外部リンク[編集]