ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニル・アドミラリの天秤
ジャンル 恋愛
ゲーム:ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚
ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚
ゲームジャンル 女性向け恋愛AVG
対応機種 PlayStation VitaPS Vita TV対応)
開発・発売元 アイディアファクトリー / オトメイト
ディレクター 渡邉渡
キャラクターデザイン さとい
シナリオ 片桐由摩
メディア PSVitaカード / ダウンロード
プレイ人数 1人
発売日 [帝都幻惑綺譚]2016年4月21日
[クロユリ炎陽譚]2017年9月21日
レイティング CEROD(17才以上対象)
キャラクター名設定 主人公のみ可能
キャラクターボイス フルボイス
アニメ:ニル・アドミラリの天秤
原作 アイディアファクトリー
監督 たかたまさひろ
シリーズ構成 金春智子
キャラクターデザイン 佐光幸恵
音楽 長谷川智樹
アニメーション制作 ゼロジー
放送局
放送期間 2018年春 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲームアニメ
ポータル ゲームアニメ
映像外部リンク
オープニングムービー(帝都幻惑綺譚)
オープニングムービー(クロユリ炎陽譚)

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚』(ニル・アドミラリのてんびん ていとげんわくきたん)は、オトメイトより2016年4月21日に発売されたPlayStation Vita用女性向け恋愛アドベンチャーゲーム。略称は「ニルアド」。

概要[編集]

ある事情によって帝国図書情報資産管理局・通称フクロウで働くことになった主人公と6人の男性たちの間で紡ぐ『愛』と『裏切り』の物語[1]。登場人物には鳥の名が付いている。

2016年8月13日14日に開催された「オトメイトパーティー2016」にて続編の発売が発表された[2]2017年9月21日に続編『ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚』(ニル・アドミラリのてんびん クロユリえんようたん)が発売された。

ストーリー[編集]

時は大正時代。没落の一途を辿る久世家の令嬢である主人公は、家の為に結婚を決意するも弟・ヒタキの事件によって『アウラ』が見えるようになってしまう。弟への贖罪の気持ちや『アウラ』を見る力を活かすために主人公は、帝国図書情報資産管理局・通称フクロウで働き始めることを決める。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

久世 ツグミ(クゼ ツグミ/デフォルト名/変更可)
本作の主人公。『揺らぎうつろう者』[3]
18歳。華族・久世家長女。華族ではあるが、経済状況は芳しくない。
弟・ヒタキが稀モノによる焼身自殺を図ったことによって『アウラ』が視えるようになる。この『アウラ』を視る能力を活かすため、帝国図書情報資産管理局で働くことになる。
八代汽船の息子との縁談話があったものの、ヒタキの事件により縁談はなくなる。
尾崎 隼人(オザキ ハヤト)
声 - 梶裕貴
『正義を貫く者』[1]
23歳。帝国図書情報資産管理局・探索部に所属している。
尾崎姓は偽名で本名は「八代隼人」。主人公と縁談話のあった「八代 汽船」の息子だった。
大学生時代に公園で本を読む女学生姿の主人公に一目惚れして以来、主人公に片想い。その後、帝都大文学部を途中退学して亜米利加に留学していた。
妹が稀モノによる焼身自殺を図り、それが原因で妹を亡くしている。自称・誠心誠意の男で、思ったことをそのまま口に出しやすい性格をしている。
鴻上 滉(コウガミ アキラ)
声 - 岡本信彦
『囚われている者』[1]
20歳。帝国図書情報資産管理局・探索部に所属している。
無口で無愛想、深く他人と関わり合うことを避ける傾向にある。
四木沼喬の異母弟にあたり、フクロウには密偵としてフクロウの情報を四木沼に流していた。華族を忌み嫌っている。
星川 翡翠(ホシカワ ヒスイ)
声 - 逢坂良太
『愛焦がれる者』[1]
16歳。帝国図書情報資産管理局・探索部に所属している。
横浜の遊女の息子で、能力が開花したがために母親が自分を置いて遠くへ行ったと思っている。女嫌いで自分の容姿がコンプレックス。
百舌山には過去に実験体にならないかと声を掛けられていることから、百舌山を嫌っている。
鵜飼 昌吾(ウカイ ショウゴ)
声 - 木村良平
『傷を抱える者』[1]
18歳。帝都大学法学部に在学中の学生。日本国首相の子息。
稀モノによる焼身自殺を図ってしまったことを切っ掛けにフクロウのアパートで生活することになる。
使用人の雉子谷を連れてフクロウにやってくるものの、掃除を雉子谷に任せたり、部屋でレコードを大音量で聴いていたりするなどお坊ちゃま気質で主人公らに対して見下した態度をとる。
汀 紫鶴(ミギワ シヅル)
声 - 鈴村健一
『迷いに惑う者』[1]
24歳。作家。フクロウのアパートで生活している。
恋愛小説で人気の作家で、処女作は推理小説だったものの後に恋愛小説に転向する。笹乞とは同じ小説家を志す者として同じ先生を師事していた。
鷺澤 累(サギサワ ルイ)
声 - 櫻井孝宏
『真実を求める者』[1]
20歳。帝都大学医学部に在学中の医学生。奨学生。『カグツチ』のリーダー。
大学内で起こった友人の自殺からカラス・百舌山の悪事を食い止めようとカグツチとして本を燃やす行為を行っている。
四木沼薔子と百舌山識郎が実の両親で、育ての両親は百舌山の策略により殺されてしまっている。自ら本を燃やされた被害者としてフクロウの面々と接触した。

その他の登場人物[編集]

久世 ヒタキ(クゼ ヒタキ)
声 - 村瀬歩
14歳。華族・久世家長男で、主人公の弟。主人公の部屋にあった蔵の本を読み、焼身自殺を図ってしまう。一命を取り留め、帝都大学付属病院に入院する。
隠 由鷹(ナバリ ユタカ)
声 - 緑川光
31歳。帝国図書情報資産管理局・研究部に所属している。以前、久世家で世話になっていた書生で主人公ら久世家とは面識がある。
朱鷺宮 栞(トキミヤ シオリ)
声 - 夏樹リオ
32歳。帝国図書情報資産管理局・探索部の部長。愛煙家。夫を稀モノによる焼身自殺で亡くしている。
燕野 太郎(ツバメノ タロウ)
声 - 榎木淳弥
22歳。警視庁保安部に所属する巡査。警察から帝国図書情報資産管理局に出向している。
柾 小瑠璃(マサキ コルリ)
声 - 高橋未奈美
20歳。主人公の幼馴染。主人公の女学校時の先輩にあたる。『帝都新報』に所属する新聞記者で葦切の部下。
四木沼 喬(シギヌマ タカシ)
声 - 遠藤大智
38歳。四木沼財閥の当主。ダンスホール『ナハティガル』のオーナーで、カラスの総元締め。
『アウラ』を視る能力とその血筋から主人公に自分の子供を産んで欲しいという。幼少時の事故により『アウラ』が視える体質になる。
四木沼 薔子(シギヌマ ショウコ)
声 - 眞田朱音
36歳。四木沼喬の妻。過去の事故により子供が産みにくい体質になっている。鷺澤累の実母。星川翡翠の母とは女学校時代の親友だった。
杙梛(クイナ)
声 - 宮下栄治
年齢不明。雑貨店店主。年齢不詳で国籍不明の人物。肩に乗っているペットの名前はペリという。
鴬地 啓三郎(オウチ ケイザブロウ)
声 - 小林範雄
57歳。久世家の家令。主人公とヒタキの世話役でもある。
猿子 基史(マシコ モトフミ)
声 - 興津和幸
33歳。帝国図書情報資産管理局・研究部の部長。研究者たちのまとめ役を務めている。
雉子谷 新(キジタニ アラタ)
声 - 西田雅一
27歳。鵜飼家の使用人。昌吾の世話のためにフクロウのアパートに昌吾と一緒にやって来た。
百舌山 識郎(モズヤマ シロウ)
声 - 荻野晴朗
42歳。帝都大学病院精神科医。都大学の精神医学を専門とする教授でもある。
人体実験を好み、自ら作った稀モノをカラスの闇オークションで売ったり、帝都大の大学生に渡していた。
星川翡翠や主人公らの能力に興味を持ち、実験体にならないかと声を掛けてくる。
笹乞 藤一郎(ササゴイ トウイチロウ)
声 - 石井真
29歳。古書店の店主。作家活動もしている。 鵜飼昌吾が焼身自殺を図る切っ掛けとなる稀モノの本を書いた作者。百舌山の指示により薬を使った偽物の稀モノを書いていた。
尾鷲 英樹(オワセ ヒデキ)
声 - 桜木章人
35歳。帝国陸軍所属の青年将校で次期陸軍大臣を有望視されている。位は陸軍中将
葦切 拓真(ヨシキリ タクマ)
声 - 利根健太郎
28歳。『帝都新報』に所属する新聞記者。尾崎隼人の大学時代の先輩。

「クロユリ炎陽譚」からの登場人物[編集]

小原 秋沙(オハラ アイサ)
声 - 山村響
数多くの男性と噂のある人気舞台女優。尾崎隼人と面識がある。
黎 雪加(レイ セッカ)
声 - 畠中祐
ハーフの美少年で上海から来た大富豪
錐合 蓮(キリアイ レン)
声 - ???
男装麗人」として活躍中の舞台俳優
風見 千鳥(カザミ チトリ)
声 - 千本木彩花
田舎から上京してきた少女。
鵠居 栄(クゲイ サカエ)
声 - 石井真
反政府主義者で作家。汀紫鶴の知り合いである。
雀部 忠清(ササベ タダキヨ)
声 - 八代拓
帝都大学法学部の学生。
鵺野 桐彦(ヤノ キリヒコ)
声 - 松岡禎丞
笹乞藤一郎に代わって新しく古書店の店主となる。
鵜飼 昌造(ウカイ ショウゾウ)
声 - 荻野晴朗
日本国の現在の首相。鵜飼昌吾の父親でもある。
ハンス・ハメル(ハンス・ハメル)
声 - 利根健太朗
久世ヒタキの家庭教師。英語を教えている。

用語集[編集]

稀モノ
情念や記憶の宿る本。手書き、尚且つ特別な想いを抱いて書かれたものに起こる。
アウラ
稀モノが発する光のこと。大半の人には見えない。精神的な強いショックを受けると見えるようになる者もいる。
フクロウ
帝国図書情報資産管理局、通称「フクロウ」。探索部と研究部の2つに分かれている。
カラス
稀モノの闇オークションを行っている。フクロウ側は摘発に難航している。
カグヅチ
和綴じ本を燃やす活動を行っている。目撃者によると、全員学生だと思われる。

主題歌[編集]

帝都幻惑綺譚
オープニングテーマ「sanctuary」
作詞 - a*mu / 作曲・編曲 - bermei.inazawa / 歌 - Annabel
エンディングテーマ「焔の鳥」
作詞 - a*mu / 作曲 - 黒川陽介 / 編曲 - 衣笠道雄 / 歌 - Suara
クロユリ炎陽譚
オープニングテーマ「historia」
作詞 - a*mu / 作曲・編曲 - bermei.inazawa / 歌 - Annabel
エンディングテーマ「純真の華」
作詞 - a*mu / 作曲 - 黒川陽介 / 編曲 - 衣笠道雄 / 歌 - Suara

スタッフ[編集]

  • ディレクター:渡邉渡
  • イラストレーター:さとい
  • シナリオ:片桐由摩

テレビアニメ[編集]

『ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚』を原作としたテレビアニメ『ニル・アドミラリの天秤』が2018年春より放送予定[4]

スタッフ[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『電撃Girl's Style』2015年10月号、アスキー・メディアワークス、2015年9月。
  2. ^ 【オトメイトの新作タイトル9作品が発表に。人気イラストレーターが集結した本格スマホアプリ第1弾など,全ラインナップをまとめて紹介”. 4Gamer.net (2016年8月14日). 2016年8月14日閲覧。
  3. ^ 『電撃Girl's Style』2015年11月号、アスキー・メディアワークス、2015年10月。
  4. ^ a b c d e f g h 『ニル・アドミラリの天秤』2018年春アニメ放送決定! ティザービジュアル&PV公開”. ガルスタオンライン. KADOKAWA (2017年9月3日). 2017年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]