佐藤龍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 龍一(さとう りゅういち、1952年10月16日 - )は、シンガーソングライター、作曲家、ギタリスト。

千葉県船橋市出身。千葉県立船橋高等学校卒業、法政大学中退。

略歴[編集]

  • 1972年 - 伊藤薫フォークデュオ「竜+1」結成、キャニオンレコードよりデビュー。のち「竜とかおる」と改名、エレックレコード所属。
  • 1974年 - 「竜とかおる」解散。シンガーソングライター「龍」としてソロデビュー。また、作詞家、作曲家、ギタリストとしても活動。
  • 1976年 - 歌人福島泰樹と出会い「短歌絶叫コンサート」を始める。1976年から1992年の10回にわたり、アジア、中近東、ヨーロッパ、北アフリカ、北中米、30か国を放浪。
  • 1980年 - 吉原幸子谷川俊太郎の現代詩に作曲、歌手高橋ていこをサポート。
  • 1985年 - ビデオ、CM、映画の音楽制作。
  • 1991年 - 演算星組のマルチメディアソフト、リトルウイングのピンボールゲームシミュレーションソフト、アーベルのアドベンチャーゲームソフトなどの音楽をてがける。
  • 2000年 - 日本工学院専門学校八王子校芸術学部にて非常勤講師(2006年まで)。
  • 2006年 - アコースティックユニット「Cuebock」に加入、ギタリストとして活動。
  • 2007年 - エレックレコードに在籍していた他グループのメンバー達とグループ「the ELECTRIXs」を結成。メンバーは佐藤龍一,杉山TOM智一(EG)(元ベル、つのだひろ&ジャップスギャップス藤井章司(Drums)(元一風堂スモーキーメディスン2009年2月没)牧田和男(EBass)(元四季、海援隊)の四人編成。
  • 2008年 - チベット解放運動に積極的に参入、チベットを題材にした曲の制作やライブ活動を行う。
  • 2008年 - 2008年11月26日、32年ぶりのソロアルバム「LOST & FOUND」をSOUNDforteよりリリース。
  • 2017年3月-自らのレーベルMIOTRON RECORDSを設立。アルバム「LEGACY OF LOVE」をリリース。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム

  • 『ひとつのめぐり逢い』竜とかおる(1974年)ELEC/(2006年)バップ
  • 『あわせ鏡』龍(1975年)TOY BOX
  • 『LOST & FOUND』佐藤龍一(2008年)SOUNDforte
  • 『LEGACY OF LOVE』佐藤龍一(2017年)MIOTRON RECORDS

シングル

  • 『オニオニ島失踪事件の唄/競馬場のある街はずれに』竜+1(1972年)CANYON
  • 『エミリア/流れ星の伝説』竜とかおる(1974年)ELEC
  • 『あわせ鏡/振り子のように』龍(1975年)TRIO
  • 『最後のジルバ/夕焼け事件』龍(1976年)TOY BOX

楽曲提供[編集]

現代詩・短歌とのコラボレーション[編集]

  • アルバム「異色」高橋ていこ・吉原幸子・谷川俊太郎(1982年)ポリドール・レコード
  • アルバム「曇天」福島泰樹+龍(1982年)砂子屋書房
  • アルバム「短歌絶叫/中原中也」福島泰樹(1990年)東芝EMI
  • アルバム「さらば常磐座の灯よ」福島泰樹(1993年)月光の会
  • アルバム「転調哀傷歌」福島泰樹(1996年)S.E.A.レコード
  • ビデオ「バリケード1966年2月」福島泰樹(1995年)QUEST

映画・ミュージカル・ビデオ[編集]

  • 映画「不可思議物語 Fantastic Collection」(1988年)中田信一郎監督
  • ミュージカル「ひとつの同じドア」東京キッドブラザーズ(1976年)
  • ビデオ「闘魂Vスペシャル」vol.1-13(1992年)新日本プロレス

ゲーム・マルチメディア[編集]

外部リンク[編集]