月刊Gファンタジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月刊Gファンタジー
Monthly G Fantasy
愛称・略称 Gファン、GF
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 中・高校生男女
刊行頻度 月刊(毎月18日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 スクウェア・エニックス
編集部名 月刊Gファンタジー編集部
発行人 田口浩司
編集長 居福明子
雑誌名コード 333
刊行期間 1993年3月18日(1993年4月号) -
発行部数 50000部(2006年3月)
レーベル Gファンタジーコミックス (GFC)
姉妹誌 月刊少年ガンガン
月刊ガンガンJOKER
ヤングガンガン
ウェブサイト 月刊Gファンタジー
特記事項 創刊時の雑誌名は月刊ガンガンファンタジー

月刊Gファンタジー』(げっかんジーファンタジー)は、スクウェア・エニックスが発行する日本の月刊ファンタジー漫画雑誌1992年刊行の『月刊少年ガンガン』増刊『ファンタスティックコミック』を経て1993年3月18日(4月号)創刊。

創刊当初の雑誌名は『月刊ガンガンファンタジー』であったが、創刊1周年となる1994年4月号で改題し現在の誌名に。増刊に『ステンシル』(後に独立創刊して『月刊ステンシル』となるが、休刊)『Gファンタジー++』など。

概要[編集]

雑誌名が示すように、作品の多くはファンタジー漫画であり、特に女性向け・青年向けの作品が中心。2005年の秋頃から、原則として全ての連載作品につき前号までのあらすじと主要登場人物の紹介が本編の前に必ず1ページ挿入されるようになったのが大きな特徴である。

2002年頃には、連載作品の一部が『コミックZERO-SUM』(一賽舎。スタジオDNAとの合併後は一迅社)へ流出した(詳細はエニックスお家騒動を参照)。また、本誌での連載終了後に続編が『ZERO-SUM』で執筆されているケースもある。

本誌の編集部は1996年よりゲームコミックチャレンジ賞を主催し、本誌以外にアンソロジー集「スーパーコミック劇場」の編集も行っていたが、2006年をもって漫画賞・アンソロジー集の刊行とも終了している。

テレビアニメ化された連載作品には、『最遊記』『E'S』『ぱにぽに』(それぞれ、『幻想魔伝 最遊記』『E'S OTHERWISE』『ぱにぽにだっしゅ!』にタイトル変更)『ZOMBIE-LOAN』『隠の王』『黒執事』『PandoraHearts』『君と僕。』『キューティクル探偵因幡』『青春×機関銃』『王室教師ハイネ』がある。

連載作品[編集]

Gファンタジーコミックス[編集]

本誌掲載作品は主に1993年12月創刊のGファンタジーコミックス (GFC) レーベルより刊行される。雑誌名は1994年に『ガンガンファンタジー』から『Gファンタジー』へ変更されているが、略称「GFC」は変更されていない(但し、一部の書誌情報データベースでは現在も「ガンガンファンタジーコミックス」と記述されている場合がある)。ほかに、主に新装版が使用する2003年3月創刊のGFC SUPERレーベルがある。

創刊時はA5判であったが、2003年にB6判へ判型が変更されており現在は『ぱにぽに』など一部タイトルのみがA5判で刊行されている。また判型変更時に連載が続いていた『E'S』の既刊分はGFC SUPERレーベルでB6判の新装版が刊行されている。一方、『ぱにぽにリミックス』(『ぱにぽに』のダイジェスト版)や少年ガンガンからの移籍作品『私の救世主さま 〜lacrima〜』など一部新書判も存在する。ガンガンパワードからの移籍作品『君と僕。』はGFCへのレーベル変更を行わず、従来通りガンガンコミックス (GC) の新書判で刊行されている。

なお、Gファンタジー編集部が編集を担当しているスーパーコミック劇場 (SCG) 及びガンガンコミックスアンソロジーの一部新書判タイトルはGFCには含まれない。

サブレーベルに『月刊ステンシル』掲載作品を収録したステンシルコミックス (STC) があった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]