鈴木れい子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すずき れいこ
鈴木 れい子
プロフィール
本名 鈴木 黎子(すずき れいこ)[1]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本東京都[2]
生年月日 (1944-08-15) 1944年8月15日(78歳)
血液型 O型[3]
職業 声優
事務所 アーツビジョン[4]
公式サイト 鈴木 れい子|アーツビジョン
公称サイズ([5]時点)
身長 / 体重 156[2] cm / 46 kg
活動
活動期間 1970年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

鈴木 れい子(すずき れいこ、1944年8月15日[3] - )は、日本女性声優アーツビジョン所属[4]東京都出身[2]

経歴[編集]

舞台芸術学院卒業[6]劇団東演[7]、ミュージカルファミリー(現:劇団飛行船[7]テレビタレントセンター[7]、黒沢良アテレコ教室[7]江崎プロダクション[7]青二プロダクション[8]を経て、アーツビジョン所属となった[4]

人物[編集]

アニメ番組でのおばあさん役で知られる[9]。インパクトやクセの強い老婆役が多く、母親役、少年役も多い[10]

元々は舞台女優だったが、役がつかない日々が続き退団。着ぐるみアルバイトを経て新聞の広告を見て声優になった[11]

アニメ・吹き替え作品以外では、クラシエフーズ(旧カネボウフーズ・ベルフーズ)「ねるねるねるね」のCMでの魔女(演:フランシス・ケネディ)の声が知られている[10]

幼少期に『スーパーマン』を見ており、スーパーマン役だった大平透とのレギュラーが決まった時は嬉しかったという[11]

趣味・特技は、スキー日本舞踊長唄(法楽とのみ)、合気道五段[4]

日本ナレーション演技研究所東京校において講師を務めるなど、後進の育成にも力を注いでいる(教え子には堀江由衣がいる)。高桑慎一郎の東京アニメーションの講師をしていた時期もあり、乃村健次が受講していた[12]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年

劇場アニメ[編集]

1981年
1985年
1986年
1988年
1991年
1992年
1993年
1994年
2001年
2003年
2004年
2005年
2009年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2020年
2021年
時期未定

OVA[編集]

1984年
1986年
1988年
1990年
1991年
1993年
2000年
2001年
2012年
2015年

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

1986年
1994年
1995年
  • 真怨霊戦記(桃原麻利子)
1996年
1997年
1998年
2000年
2003年
2005年
2006年
2007年
2009年
2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2016年
2017年
2019年
2020年
  • ジョジョのピタパタポップ(エンヤ婆)
2022年

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

CD[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

人形劇[編集]

オーディオドラマ[編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『声優事典』(第2版)キネマ旬報社、1996年、438頁。ISBN 4873761603 
  2. ^ a b c 鈴木れい子(出典:VIPタイムズ社)”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年9月15日閲覧。
  3. ^ a b 鈴木れい子(すずき れいこ)の解説 - goo人名事典”. 2019年9月15日閲覧。
  4. ^ a b c d 鈴木 れい子”. アーツビジョン. 2020年1月14日閲覧。
  5. ^ 『日本タレント名鑑(2004年版)』VIPタイムズ社、2004年4月8日、595頁。ISBN 978-4-9901242-2-9 
  6. ^ 学院について”. 舞台芸術学院. 2020年1月14日閲覧。
  7. ^ a b c d e 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』〈ファンタスティックコレクション別冊〉朝日ソノラマ、1979年10月30日、87頁。 
  8. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、88頁。 
  9. ^ 小川びい 『こだわりの声優事典'97』〈ロマンアルバム〉徳間書店、1997年3月10日、74頁。ISBN 4-19-720012-9 
  10. ^ a b 【声優の履歴書】第64回『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』エンヤ婆、『烈車戦隊トッキュウジャー』モルク侯爵役・鈴木れい子”. リアルライブ (2014年10月9日). 2020年12月15日閲覧。
  11. ^ a b (日本語) インタビュー番組「タメ想Ⅳ」前編 ゲスト:鈴木れい子 アシスタント:山田梨佳, https://www.youtube.com/watch?v=RjyubuCcNfc 2022年6月23日閲覧。 
  12. ^ 乃村健次 | 声優養成所・声優学校でプロをめざすなら映像テクノアカデミア”. www.vta.tfc.co.jp. 2022年6月23日閲覧。
  13. ^ 作品データベース”. タツノコプロ. 2022年12月1日閲覧。
  14. ^ はいからさんが通る”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  15. ^ 闘士ゴーディアン”. メディア芸術データベース. 2016年11月17日閲覧。
  16. ^ 愛の学校クオレ物語”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  17. ^ ゴールドライタン”. メディア芸術データベース. 2016年11月4日閲覧。
  18. ^ あんみつ姫”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2022年11月6日閲覧。
  19. ^ CHARACTERS”. 「機甲戦記ドラグナー」公式サイト. サンライズ. 2021年3月7日閲覧。
  20. ^ Character”. 魔動王グランゾート 公式サイト. サンライズ. 2020年6月28日閲覧。
  21. ^ 第11話に同名のキャラクターが登場しているが別人。
  22. ^ 覇王大系リューナイト”. サンライズワールド. サンライズ. 2022年12月1日閲覧。
  23. ^ ののちゃん|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年11月19日閲覧。
  24. ^ 電脳コイル”. マッドハウス. 2016年6月25日閲覧。
  25. ^ 墓場鬼太郎”. 東映アニメーション. 2022年7月12日閲覧。
  26. ^ CHARACTER”. TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』公式サイト. 2016年6月16日閲覧。
  27. ^ Character”. 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ. 2015年11月16日閲覧。
  28. ^ 7/31(日)放送のTVアニメに、白ひげの息子!?ウィーブル(声:塩屋浩三)と、自称・白ひげの愛人ミス・バッキン(声:鈴木れい子)登場!!”. ONE PIECE.com (2016年8月5日). 2016年8月7日閲覧。
  29. ^ SHAMANKING_PRの2021年4月29日のツイート2021年4月29日閲覧。
  30. ^ キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦”. メディア芸術データベース. 2022年9月28日閲覧。
  31. ^ キャプテン翼 危うし! 全日本Jr.”. メディア芸術データベース. 2022年9月28日閲覧。
  32. ^ キャプテン翼 明日に向って走れ!”. メディア芸術データベース. 2022年9月29日閲覧。
  33. ^ DRAGON BALL 神龍の秘密”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  34. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード”. メディア芸術データベース. 2016年8月21日閲覧。
  35. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス”. メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。
  36. ^ 風のように : 作品情報”. 映画.com. 2019年4月8日閲覧。
  37. ^ 出演者”. 劇場版アニメーション「はいからさんが通る」公式サイト. 2017年10月2日閲覧。
  38. ^ STAFF/CAST”. 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人 公式サイト. 2018年7月7日閲覧。
  39. ^ STAFF&CAST|劇場版「フリクリ プログレ」公式サイト - ウェイバックマシン(2019年12月22日アーカイブ分)
  40. ^ 映画『ククリレイジュ-三星堆伝奇-』公式サイト”. 2020年2月3日閲覧。
  41. ^ 魑魅魍魎ども”. アニメ「ざしきわらしのタタミちゃん」公式サイト. 2020年2月5日閲覧。
  42. ^ EVENT”. ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン. バンダイナムコエンターテインメント. 2015年12月23日閲覧。
  43. ^ 乳(ニュー)キャラクターのボイン…じゃなくてボイスが判明『閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-』”. ファミ通.com. 2014年11月21日閲覧。
  44. ^ キャラクター”. ガンダムブレイカー3. バンダイナムコエンターテインメント. 2016年2月9日閲覧。
  45. ^ 参加声優紹介”. キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~ 公式サイト. KLab. 2017年6月21日閲覧。
  46. ^ キャラクター”. 『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』公式サイト. マーベラス. 2017年4月1日閲覧。
  47. ^ そのほかののキャラクター”. よるのないくに2 〜新月の花嫁〜. コーエーテクモゲームス. 2017年6月26日閲覧。
  48. ^ GARMWARS ガルム・ウォーズ”. ふきカエル大作戦!! (2016年5月13日). 2017年5月7日閲覧。
  49. ^ “運び屋”. ふきカエル大作戦!!. (2019年6月11日). https://www.fukikaeru.com/?p=11973 2019年6月11日閲覧。 
  50. ^ 第27駅『新たな力を』”. 烈車戦隊トッキュウジャー|東映. 2014年8月31日閲覧。
  51. ^ 第12話『虹の定期券』”. 烈車戦隊トッキュウジャー|東映. 2014年5月4日閲覧。
  52. ^ 公式サイト”. 烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE. 東映. 2014年12月6日閲覧。
  53. ^ 配信開始しました。(2019.2.22)”. LisBo (2019年2月22日). 2021年4月25日閲覧。
  54. ^ LisBo(リスボ)「クレシェンド」第二章配信開始!
  55. ^ LisBo(リスボ)本日、「クレシェンド」第三章の配信を開始しました!
  56. ^ LisBo(リスボ)「クレシェンド」第四章の配信を開始!
  57. ^ 株式会社ピコハウス LisBo クレシェンド 序章 花祭りの夜
  58. ^ クレシェンド 第二章 新しき日々”. LisBo. 株式会社ピコハウス. 2019年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]