ぶんか社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ぶんか社
BUNKASHA
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
102-8405
東京都千代田区一番町29-6
設立 1948年3月
業種 情報・通信業
法人番号 4010001089532
代表者 甲斐健一(代表取締役)
資本金 1000万円(平成28年12月期)
純利益 5億19百万円(平成28年12月期)[1]
純資産 25億42百万円(平成28年12月期)
総資産 54億83百万円(平成28年12月期)
従業員数 105名
主要株主 日本産業推進機構
外部リンク http://www.bunkasha.co.jp
テンプレートを表示

株式会社ぶんか社ぶんかしゃ)は、日本出版社

概要[編集]

1948年3月に「日本文華社」として創業。1992年に現在の社名に変更。創業者は文藝春秋社出身で、興亜日本社の社長を務めた大島敬司(1906-?)[2] [3]

日本文華社時代には『読切読物』などの娯楽雑誌や、『特集漫画トピックス』などの劇画誌を発行していた。『特集漫画トピックス』では極道劇画で有名な村上和彦がデビューしている。

1991年創刊の『みこすり半劇場』を中心として「下ネタ(艶笑)4コマ誌」を多数発行していたが、2014年4月10日発売の本誌『みこすり半劇場』同5月13日号を最後に休刊となった[4]。 1993年より「日本唯一のホラーコミック専門誌」を謳い文句に創刊した『ホラーM』を発行していたが、2010年7月6日発売の同8月号をもって休刊。

テレビ東京系のバラエティ番組浅草橋ヤング洋品店』の提供に名を連ねており、番組とタイアップした男性向けファッション雑誌『asayan』を刊行。同番組が『ASAYAN』にリニューアルしてファッションとほぼ無関係の内容になっても、『asayan』の誌名はそのままで2003年9月号まで刊行は続いた。

「浅ヤン」提供時代は雑誌や刊行物のCMも盛んに放映されていた。CMの最後のコーポレートキャッチは、CM本編のラストカットが一瞬木目になり、破壊音と共に蹴り割られ、企業ロゴと共に裸足の足の裏が突然アップになり指だけが動き、野太い男性の声で「ぶんか社!」と叫ぶ非常に奇抜なものであった。この際使われた足は当時の女性編集者のものであった。短期間だが同じようにCM本編のラストカットをスキンヘッドの強面の男性が破壊するバージョンもあった。なお、叫び声のサウンドロゴのみで、白バックにロゴのみが表示されていた時期もあった。

1995年から2004年まで、アメリカの男性向け雑誌『PENTHOUSE』の日本版『PENTHOUSE-JAPAN』の発行を行っていた。同誌は2004年に『PENT-JAPAN』としてリニューアルされ2006年まで発行された。現在は『PENT-JAPAN』の増刊として2005年に創刊された『PENT-JAPAN SPECIAL』が発行されている。

1995年には映画GONIN[5]と『さよならニッポン!』[6]の製作に参加。

2002年にはコンピューターゲーム市場に参入、ゲーム専門ブランド「BUNKASHA GAMES」を設立し、Xboxカーアクションゲームソフト『ダブル・スティール (DOUBLE-S.T.E.A.L)』を制作・発売した[7]

成人男性向けWebサイト「ぶんか社オンライン」の運営も行っていたが、2013年7月31日を持ってサービスを終了した[8]

2010年9月にWeb雑誌(電子書籍)『デジタルホラーM』創刊し[9]、それ以降新創刊をデジタルへシフトさせる。

2017年11月18日にはレディースコミック『本当にあった女の人生ドラマ』がフジテレビより同名タイトルでドラマ化した[10]

現在は『本当にあった笑える話』『無敵恋愛S*girl』『まんがグリム童話』などの女性向コミック誌や漫画単行本およびデジタルコミック、ファッション雑誌『JELLY』の発行が中心となっている。

沿革[編集]

  • 1948年3月に日本文華社として千代田区丸の内で創業。
  • 1992年4月に株式会社ぶんか社に社名変更。
  • 2007年 - 新アポロ出版を設立。
  • 2017年4月27日に日本産業推進機構の傘下の会社を通じて、日本産業推進機構と資本業務提携[11]

主な発行誌[編集]

ファッション誌[編集]

  • JELLY(毎月17日発売)
    • Gina(不定期)
  • La farfa(奇数月20日発売)

コミック誌[編集]

4コマ&ショートコミック誌[編集]

女性向けコミック誌[編集]

  • まんがグリム童話(毎月29日発売)
    • 女の不幸人生(編集:大沢企画[12]・偶数月14日頃発売)
  • ほんとうに怖い童話(毎月17日発売)
    • ご近所の怖い噂(編集:大沢企画[12]・毎月28日頃発売)
  • 波乱万丈の女たち(毎月17日発売)[13]
  • 本当にあった女の人生ドラマ(毎月18日発売)
  • 本当にあった主婦の体験(毎月10日発売)
  • 無敵恋愛 S*girl(毎月29日発売) - ティーンズラブ雑誌
  • あなたが体験した怖い話(奇数月24日発売)
  • 恐怖の快楽(編集:大沢企画[12]・毎月24日発売)
  • 家庭ミステリー(編集:大沢企画[12]・毎月7日発売)
  • ほんとうに泣ける話(編集:カノン・クリエイティブ、毎月19日発売)
  • まんが このミステリーが面白い!(編集:カノン・クリエイティブ、偶数月24日発売)

アンソロジーコミック[編集]

  • めしざんまい
  • ごはん日和
  • 俺流!絶品めし

デジタルコミック誌[編集]

  • 禁断Lovers
  • 禁断Loversロマンチカ 
  • 無敵恋愛S*girl Anette[注 1] 
  • 蜜恋ティアラ(毎月第4木曜日配信)
  • 蜜恋ティアラMania(毎月第2木曜日配信)
  • ストーリーな女たち
  • ストーリーな女たち ブラック 

自動車雑誌・オートバイ雑誌[編集]

  • アメ車マガジン(編集:新アポロ出版・毎月16日発売)
  • レッツゴー4WD(編集:新アポロ出版・毎月6日発売)
  • ザ・マイカー(編集:GOOD SPEED・毎月20日発売)
  • カワサキバイクマガジン(編集:新アポロ出版・偶数月1日発売)
  • ジャーマン・カーズ(編集:新アポロ出版・奇数月8日発売)
  • 4WD・SUVパーツガイド(編集:新アポロ出版・毎年3月末)※ムック

セレブゴシップ誌[編集]

  • Celeb Scandals(毎月18日発売)

男性向けエンターテイメント誌[編集]

  • EX MAX!(エキサイティングマックス!)(毎月16日発売)
    • EX MAX! Special(エキサイティングマックス!スペシャル)(毎月11日発売)
  • 人妻本当にあったHな話(毎月29日発売)

ムック[編集]

  • 漫画人妻快楽庵
  • COMIC陣 ー 時代劇コミック

コミックス[編集]

  • ぶんか社コミックス
    • ぶんか社コミックス S*girl Selection
    • ぶんか社コミックス Sgirl Selection Kindan Lovers
    • ぶんか社コミックス 蜜恋ティアラシリーズ
    • ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ
  • まんがグリム童話文庫
  • ぶんか社コミック文庫

Webメディア[編集]

過去に発行していた雑誌[編集]

ファッション誌[編集]

コミック誌[編集]

  • 特集漫画トピックス(1967年[17] - 1989年)[18]
  • アパッチ(1967年[17]-)
  • 漫画ジャンボ(1972年 - 1980年)[19]
  • 現代コミックdokuhon(1972年 - 1981年)[20]
  • イカしてソーロウ(1993年 - 2000年)[21]
  • イケイケ課長(1993年 - 1997年)[22]
  • 純愛の快楽(1998年 - 2009年)[23](※編集:大沢企画)
  • ねこのあくび(2006年 - 2013年)[24][25]
  • ホラーM(1993年 - 2010年)[26][25] → 「デジタルホラーM」として継続
  • ホラーM deluxe(2001年 - 2003年)[27]
  • まんがアロハ!(1997年 - 1998年)[28] → 「まんが4コマ丼」として継続
  • まんがガウディ(1995年 - 1997年)[29]
  • まんがシャレダ!!(1991年 - 1995年)[30] → 「まんがガウディ」として継続
  • まんが4コマ丼(1998年)[31]
  • みこすり半劇場(1991年 - 2014年)[32][33]
  • みこすり半劇場巨乳ちゃん(1991年 - 1995年)[34]
  • みこすり半劇場新人ちゃん
  • みこすり半劇場別館
  • ヤングテイオー(1995年 - 1997年)[35] → 「コミックまぁるまん」として継続
  • 娯楽王 (監修:青木雄二
  • ほんとにおきたゾッとする話
  • 別冊本当にあった笑える話(2002年-2014年)
  • 増刊本当にあった笑える話スペシャル(2008年-2014年)
  • まんがグリム童話デラックス(-2014年)
  • 増刊あなたが体験した怖い話
  • 増刊まんがグリム童話Love&Sexy(2006年-2015年)
  • 涙がこぼれたあの一言(2008年-2015年・※編集:カノン・クリエイティブ)
  • 本当にあった悲惨な生いたち(2009年-2015年)
  • 怖い女の仕返し(-2015年)
  • デジタルホラーM(2010年 - 2011年)
  • 濡れ密 S*girl(2011年 - 2012年)[36](※電子書籍)

自動車雑誌・オートバイ雑誌[編集]

  • ジパングツーリング(1997年 - 2009年)[37]
  • トレンドワゴン(1993年 - 2008年)[38][39]
  • 掘り出しパーツ(2002年 - 2008年)[40][39]

男性向けエンターテイメント誌[編集]

  • 増刊コミックまぁるまん(2006年 - 2008年)[41] - 漫画雑誌ではなくグラビア雑誌 → 「別冊コミックまぁるまん」として継続
  • パチンコ裏帝国(2003年 - 2013年)[42] - パチンコ雑誌
  • PENTHOUSE JAPAN(1995年 - 2004年)[43] - ペントハウス日本版 → 「PENT-JAPAN」として継続
  • PENT JAPAN(2004年 - 2006年)[44] - ペントハウス日本版[要出典] → 「PENT-JAPANスペシャル」として継続[要出典]
  • コミックまぁるまん(1997年-2014年) - 漫画雑誌ではなくグラビア雑誌(かつてのコミック誌から同一誌名のままリニューアル)
    • 別冊コミックまぁるまん(2008年-2014年) - 漫画雑誌ではなくグラビア雑誌(グラビア雑誌にリニューアルして以降の派生誌)
  • PENT-JAPANスペシャル - ペントハウス日本版[要出典]
  • 本当にあったHな話(2003年-2015年) - 不定期刊行のコミックアンソロジー「山崎大紀の本当にあったHな話」とは異なる
  • 別冊本当にあったHな話(2004年-2015年)
  • 激撮本当にあったHな話(2005年-2015年)

その他の雑誌[編集]

  • 読切読物
  • 読物実話
  • 週刊話題NEWS
  • 週刊 特集実話NEWS(1960年[17]-)
  • 別冊週刊 特集実話(1963年[17]-)
  • パチンコ裏帝国(2003年-2013年)[45]
  • てんつなぎランド(2011年-2015年) - パズル雑誌

過去の書籍レーベル[編集]

  • 文華新書
  • 文華コミックス
  • フローラブックス
  • ぶんか社文庫

関連会社[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「禁断Loversマニア」から「無敵恋愛S*girl」の姉妹誌にリニューアル”. 株式会社パピレス. 2017年11月4日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ 官報平成29年4月27日55頁 ぶんか社決算公告
  2. ^ 稲岡勝『出版文化人物事典』
  3. ^ 『現代出版文化人総覧. 昭和18年版』402頁
  4. ^ 株式会社ぶんか社 - みこすり半劇場 5月号(発売日2014/04/10) ※最終号。
  5. ^ GONIN”. 文化庁. 2017年11月4日閲覧。
  6. ^ さよならニッポン!”. 文化庁. 2017年11月4日閲覧。
  7. ^ ぶんか社、Xbox「ダブル・スティール」の最新画像を公開”. 株式会社インプレス. 2017年11月4日閲覧。
  8. ^ サービス終了とBOLポイント、チャットチケットのごあんない - データなし(2013年8月4日時点のアーカイブ
  9. ^ Web雑誌「デジタルホラーM」創刊”. ぶんか社. 2017年11月4日閲覧。
  10. ^ 昼ドラ並みの女の愛憎描く 新オムニバス『本当にあった女の人生ドラマ』”. マイナビ. 2017年11月4日閲覧。
  11. ^ お知らせ:ぶんか社との資本業務提携について (PDF)”. 日本産業推進機構 (2017年4月27日). 2017年4月27日閲覧。
  12. ^ a b c d 大沢企画ホームページ - 企画編集雑誌
  13. ^ 株式会社ぶんか社 - 波瀾万丈の女たち 5月号(発売日2014/03/17) ※2014年5月号(3月17日発売)以降月刊化。
  14. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Asayan(ぶんか社)1994
  15. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Vanilla girl(ぶんか社)2007
  16. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Honey girl(ぶんか社)2008 ※ぶんか社発行の月刊誌『HONEY girl』時代のみ。前身となる英知出版発行の隔月刊行ムック『HONEY girl』時代はこれには含まれない。
  17. ^ a b c d 創刊年順 (PDF, (北海道立図書館))
  18. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|特集漫画トピックス(日本文華社)
  19. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|漫画ジャンボ(日本文華社)
  20. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|現代コミックdokuhon(日本文華社)
  21. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|イカしてソーロウ(ぶんか社)1993
  22. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|イケイケ課長(ぶんか社)1993
  23. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|純愛の快楽(ぶんか社)1998
  24. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|ねこのあくび(ぶんか社)2003
  25. ^ a b BOOKSルーエ - 2010年度 雑誌休刊・廃刊 情報
  26. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|ホラーM ホラーミステリー(ぶんか社)1993
  27. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|ホラーM deluxe(ぶんか社)2001
  28. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|まんがアロハ!(ぶんか社)1998
  29. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|まんがガウディ(ぶんか社)1995
  30. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|まんがシャレダ!!(ぶんか社)1991
  31. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|まんが4コマ丼(ぶんか社)1998
  32. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|みこすり半劇場(ぶんか社)1991 ※本誌「みこすり半劇場」
  33. ^ BOOKSルーエ - 2014年度 雑誌休刊・廃刊 情報
  34. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|みこすり半劇場(ぶんか社)1999 ※「みこすり半劇場 巨乳ちゃん」
  35. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|ヤングテイオー(ぶんか社)1995
  36. ^ Yahoo!ブックストア - 「濡れ蜜」の検索結果(2014年10月9日閲覧)
  37. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|ジパングツーリング(ぶんか社)1997
  38. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Trend wagon(ぶんか社)1993
  39. ^ a b BOOKSルーエ - 2008年度 雑誌休刊・廃刊 情報
  40. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|掘り出しパーツ 激安中古パーツ情報(アポロ出版)2002 ※「掘り出しパーツ:激安中古パーツ情報 v.1」
  41. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|増刊コミックまぁるまん(ぶんか社)2006
  42. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|パチンコ裏帝国(ぶんか社)2003
  43. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Penthouse Japan(ぶんか社)1995
  44. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Pent-Japan(ぶんか社)2004
  45. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|パチンコ裏帝国(ぶんか社)2003

関連項目[編集]

  • アカネエージェンシー - アメ車マガジンのWEBマガジンの運営やぶんか社グループより発売されていた雑誌「Brand Bargain」のブランドをECサイトとして活用。

外部リンク[編集]