みこすり半劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

みこすり半劇場(みこすりはんげきじょう)

  1. ぶんか社発行の4コマ誌(4コマ漫画専門雑誌)ならびに同誌掲載の漫画のタイトル。正式名称は「岩谷テンホーのみこすり半劇場」。以下で述べる。2013年の誌面リニューアルで、4コマの大半を排し、お色気漫画及び劇画専門誌となった。2014年4月で休刊。
  2. 東京スポーツ」(中京スポーツ大阪スポーツ九州スポーツ) に連載中のおなじく岩谷テンホーによる同名の4コマ漫画。最終面にカラーで掲載されている。1992年には実写版ビデオ映画がバップから発売され、2013年にはオリジナルアニメのDVDソフトがリバプールから発売される[1]まがりひろあき監督、の出演は置鮎龍太郎小松由佳田中一成斉藤貴美子

2013年の全面リニューアルまでは原則として月2回第2木曜日と第4木曜日に発売されていた(但し、地域によっては発売日が異なることがある)。「みこすり半」とは、早漏を意味する俗語であり、成人男性向けのお色気4コマ漫画を中心に掲載している、4コマ漫画誌としては異色の存在。月2回刊行もこの雑誌のみだった。お色気系ではあるが、下ネタで笑うために読まれる雑誌であって性描写により購読者の快楽を誘うことを目的とした雑誌ではないため、いわゆる「成人向け雑誌」には該当せず、書店などでも通常全年齢向けの一般雑誌の棚に置かれている。創刊は1990年。2010年と2013年に大幅な誌面リニューアルを行い、後者ではお色気4コマ漫画専門誌の看板を下ろし、みやすのんきら1980年代~90年代に全盛期を誇った懐かしのお色気系ベテラン作家にを中心に揃えた、お色気漫画及び劇画誌となった。同時に月刊となり、毎月10日発売となる。

かつては「巨乳ちゃん」「新人ちゃん」と増刊も抱えていた。前者は実話投稿4コマ誌「本当にあった笑える話」となった。後者は4コマ漫画中心の「みこすり半劇場別館」となり、「ひとには、言えない。」(さんりようこ)がヒットしたが、2004年秋に休刊したが後に「主任がゆく!スペシャル」として2014年3月まで刊行していた。

メガデスマーティ・フリードマンは、日本語を習得するために読み始めたのがきっかけで、次第にツボにはまって行き、読むために辞書を引いたりしたほど。「アメリカとかのエロセンスなんかとは違って知的だしね」と語っている。

主な内容[編集]

成人男性向け4コマまんがとお色気実話投稿を中心に扱っており、創刊以来一貫して下ネタ・お色気4コマを専門に取り扱っている(ただし、増刊号のみお色気一切なしの競馬漫画専門誌だった)。下ネタ・お色気作品以外にも芸能関係や不条理4コマ、末期に主流となる実話系4コマなども一部掲載されていたが、ファミリー向け作品を極力排除した誌面づくりという点で編集方針は一貫していた。同誌のヒットにより、以降数年間は競合他社も巻き込んで成人向け4コマ誌の創刊が相次いだが、程なくブームは下火となり、2010年代になると実話系を除いた純粋なお色気系4コマ誌を起源とする4コマ漫画誌としては唯一残る雑誌となっていた。

過去には「オマンコ」をそのままタイトルにした作品(著者はいのうえ雅晴)や好色一家の日常を描いた「いい気なもんだぜ」(著者はあべこうじ)など、過激な内容のオリジナル(フィクション)作品が大半を占めていたが、2010年代になると作者自身の体験談及び読者投稿によるノンフィクション(実話系)4コマが約半数を占めるまでに増加しており、オリジナル作品においてもあからさまに卑猥なネタは当時よりも減少している傾向にあった。また、現在では一部に一般向け、または色気度の少ない4コマ漫画(「主任がゆく!」等)も掲載されるなどしており、時事ネタ企画などで作家を競作させることもある。

2010年に表紙・誌面ともリニューアルが図られ、岩谷テンホーの新連載開始・2本立て体制(傑作選と隔号で並行連載)となった。 2013年に全面リニューアルし、殆どの4コマ漫画を打ち切りもしくは同社他誌に移籍させ、1980年代~90年代に人気を誇ったエロ劇画作家(みやすのんき村生ミオ遊人)らを揃え、エロ劇画誌として再出発を図った。同時に月刊となり、毎月10日発売となる。2014年4月号をもってほとんどの連載漫画が終了に伴いウェブコミックサイトでの配信に移行し、2014年5月号をもってメイン漫画家である岩谷テンホー東京スポーツに連載継続宣言を持って休刊した。

2013年8月現在連載されている主な作品[編集]

終了した漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DVDアニメ「みこすり半劇場」 - リバープール
  2. ^ 連載終了後、須藤謙に改名。
  3. ^ お笑い芸人のあべこうじとは無関係。