ANGEL (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ANGEL』(エンジェル)は、遊人による日本漫画。『ヤングサンデー』(小学館)にて1980年代末から1990年代初頭にかけて連載された。1990年と1994年には18禁アニメとしてOVA化されたほか、アダルトゲーム化もされている。

2007年より、十数年経ったその後のストーリーとして、続編が掲載誌を変えて連載された。

概要[編集]

男子高校生・熱海康介が主に人助けで知り合った、多くの女性と欲望のままセックスするストーリーギャグ漫画である。連載開始当初のサブタイトルは「Highschool Sexual Bad boys & girls Story」。当時は成人向け漫画でも性描写の性器にボカシを使うことが多かったが、本作は一般の青年漫画においてかなり緻密な描写が存在した。

1990年頃に生じた有害コミック騒動の対象となり、一部の自治体では有害図書の指定を受けた[1]。人気はあったにもかかわらず連載は一時中断を余儀なくされ、単行本は絶版・出荷停止となった。

暫く間を置いて連載再開したものの、遊人は(強制)休載させられたことについて、再開1回目の前の号で「メッセージ」と題して比喩的に抗議している。これと同時に、ヤングサンデーコミックスの中で、露骨に性描写がある作品についても単行本の絶版など同様の措置が取られた(一部は後に復刻)。

連載再開後には、問題となった性描写は極力抑えられた。また、サブタイトルは「Delight Slight Light Kiss Story」に変更されている(当時の松任谷由実アルバムDelight Slight Light KISS』に因んでいる)。その後、連載は続くものの単行本が発行されないという状況が続いた(=単行本売り上げによる作者の印税収入が生じない)こともあり、大団円の最終回を迎えることとなる。

その後、『ANGEL』は1995年にシュベール出版から成年向け作品として復刻・再出版されることになる(この時は「成人コミック」指定)。さらにその数年後には文庫化もされた。

2007年より『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)にて、続編『ANGEL〜恋愛奉仕人・熱海康介』が連載中。これは33歳になっても相変わらずで静香に愛想を尽かされて別居し、出張ホストの生活を始めた康介のストーリーとなっている。劇画系の青年誌ということもあり、作風を一新してこれまでの作者の各作品とは大きく異なる劇画風の繊細なタッチで執筆されている。単行本は同社から5巻まで発売中。

ヤングサンデー版[編集]

あらすじ[編集]

舞台は国立市の国立南高校。姫乃樹静香は5歳の時、マンションのベランダから落ちたところ、たまたま同じ歳の熱海康介に命を助けてもらった。その後、引っ越していたが12年ぶりに戻ってきた。久しぶりに熱海康介に会えることを楽しみにしていたのだが、彼はスケベな軟弱男になっていた。

最終回で、静香はイギリスへと引っ越さなければならなくなってしまった。別れの前夜「10年後、静香が日本に戻ってきた時に結婚しよう」と約束し合い、ついに康介と静香は結ばれる。そして10年後、2人は本当にその約束を果たしたのだった。

登場人物[編集]

熱海康介(あたみ こうすけ)
国立南高校の生徒で自称、スケベの天才。結果的にはそのスケベでいくつかの事件を解決したり、人を救っている。頭の中は常に女の子とセックスすることしか考えておらず、複数の女子をあの手この手で強姦する。基本的にはセックスでは避妊せずに女の子の胎内に膣内射精するが、相手が妊娠したという描写は無い。後に学園内で妊娠した女生徒が続出した際に康介が犯して孕ませたと周囲から疑われたのもそのせいである。
姫乃樹静香(ひめのぎ しずか)
美少女だが、喧嘩はめっぽう強い。当初はスケバンキャラクターだった。熱海に惚れている。名前は当時のアイドル姫乃樹リカ工藤静香から。康介の指示で散々破廉恥なことなどしている(されている)にもかかわらず最終回まで処女であった。
山田
熱海の同級生。金持ちの息子で父は学校のPTA会長。変な顔でモテない。
菊池完二
熱海の幼馴染で親友、空手部主将。
マドンナ先生
熱海の通う高校の化学教師。熱海の憧れの女性でもあり、その美貌とEカップのバストからついた愛称は「Eカップマドンナ」。御曹司との結婚で康介の通う高校を離れるが、その直前に康介と肉体関係を結ぶ。さらに再会時には人妻でありながらも康介と学校の体育倉庫や車内でセックスをした。
西田未亜(にしだ みあ)
熱海の同級生。身体測定の当日に女生徒の下着を盗む泥棒と鉢合わせし、ナイフを突きつけられたショックでおしっこを漏らしてしまう。その後静香にパンツを貸してもらうが、代わりに静香がノーパンになったため、静香を助けてもらう代わりに康介と体育倉庫でセックスをすることになる。処女ではないが、経験は少なく康介には優しくしてもらえるものだと思っていた。しかし、実際にはセックスに飢えていた康介に性欲を処理するための道具のように扱われ泣き出してしまう。康介は全く構わず後背位から挿入して最終的には膣内射精をしたため、妊娠してしまう危険があった。
増田久子(ますだ ひさこ)
熱海の同級生。熱海に顔の似ている存在感のない男子・山下ひろしに恋していて、ひろしの身代わりで顔の似ている康介とセックスする。康介は街で久子をナンパし、そのままラブホテルに連れ込んで正常位から挿入して膣内射精した。その後は体育祭の最中にも関係を持ち、体育倉庫で同じく膣内射精をしている。

漫画ゴラク版(続編)[編集]

概要(続編)[編集]

出張ホストとなった熱海康介がいろいろな女性の所に寄り、彼女らの心の乾きを癒していく。一話完結。康介と静香は結婚したという設定だが、静香は出てこない。

  • 静香はdelivery.8(8話)の最後の4ページに登場。マドンナ先生も1話だけ登場したが前作とは全く別人になって登場した。

あらすじ(続編)[編集]

熱海康介は無事に静香と結婚したが、34歳になっても性欲を抑えきれず、連夜の女遊びとリストラで静香から離婚を言い渡される。絶望の淵に立った康介は、すがりつくように出張ホストで身銭を稼ぐ。

OVA版[編集]

エンジェル[編集]

新・エンジェル[編集]

1994年から1995年にかけてピンクパイナップルから『新・エンジェル』のタイトルでアダルトアニメとして、VHSおよびレーザーディスクで5巻(5話)発売された。さらに1999年に『新・エンジェルRV』のタイトルで3巻発売されている。アニメーション制作はアームス[2]

日本ではDVD化は行われていないが、『新・エンジェル』についてはDMM R.18動画などインターネットテレビサイトで公式に有料動画配信が行われている[3]。また、無修正の北米版DVDが存在する。

『新・エンジェルRV』についてはVHSパッケージ以外での視聴は不可能となっている。

出典[編集]

  1. ^ 竹内オサム『戦後マンガ50年史』筑摩書房、1995年、p.186
  2. ^ これまでの作品ー純愛系
  3. ^ 新・エンジェル - アダルトアニメ ch - DMM.R18

関連項目[編集]