成人向け漫画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

成人向け漫画(せいじんむけまんが)は、成人日本では18歳以上)を対象にした漫画型式のポルノである。未成年者の購読には自主規制が設けられている。なお、「成人漫画」、「成年漫画」、「アダルト漫画」、「18禁漫画」、「エロ漫画」などとも呼ばれる(「漫画」は「マンガ」と表記される場合もある)。また「漫画」のかわりに「コミック」とも呼ばれる(例:「アダルトコミック」など)。

概要[編集]

成人向け漫画の内容は、ほとんどが異性(または同性)とのセックスを描いたもので占めている。一般的に「成人向け」とする著作物の場合、映画オリジナルビデオテレビゲームでは性描写と残虐描写それぞれレーティングの対象となるが、残酷な描写のある漫画作品(著名な作品を例に挙げるならば『ベルセルク』・『北斗の拳』・『バガボンド』・『ゴルゴ13』等)であっても、出版業界では基本的に規制を行っていない。但し、自治体によっては有害図書指定を加える場合がある。

男性向けの作品でレイティングを付与した作品は成人向け漫画とされるが、女性向けの作品の場合はレディースコミックとも呼ばれる。

具体的なセックス描写や性的なオーガズムを描きつつも性器を見せない(具体的に性器を描かない)ことで18禁指定とならない一般(非18禁)作品もあり、週刊漫画雑誌古参の週刊漫画TIMES芳文社)・ビッグコミック小学館)・漫画アクション双葉社)・モーニング講談社)など30歳代以上を読者層とする壮年向け青年漫画雑誌でストーリーによって描かれるほか(「島耕作」シリーズなど)、『ふたりエッチ』の「ヤングアニマル白泉社)」・『おくさまは女子高生』の「ヤングジャンプ集英社)」、「ヤングコミック」「ヤングキング」(少年画報社)など発情期である男子高校生を読者層に含むヤング青年漫画雑誌では掲載作品の多くに性描写が存在する。

なお、2000年代以降「ヤングチャンピオンRED」(秋田書店)など非18禁ではあるが大半に性描写が含まれる漫画雑誌が刊行されるようになり、「成人向け指定はされていないが一般向けとも言い難い」という観点から、書店の判断で「ソフトエッチコミック」などと称して区別される場合がある。

18禁指定漫画の刊行は三和出版茜新社ワニマガジンフランス書院などこのジャンルにほぼ特化した零細の出版社と、辰巳出版竹書房などの中堅出版社によるものが大半である。講談社集英社など出版大手は版元で18禁指定とする漫画作品は扱っていない(『電影少女』など流通後に自治体により有害図書指定された事例は存在する。)。

漫画やゲームなど二次元作品では何らかの形で性的描写を描いたものが多いため、非18禁漫画と18禁漫画の差は具体的男女性器描写の有無または修正の程度で判断されている。性交描写及び性器描写が見当たらないにも関わらずゾーニングマークを付ける[注 1]「グレーゾーン」も存在する。

なお、性行為や性器の描写ではなく、性器を除いた裸体の描写であればお色気漫画サービスカットとして、通常の少年漫画および少女漫画にも数多く存在する。

出版側の自主規制[編集]

該当する書籍には以下に示されるマーク(以下ゾーンニングマーク)が付けられる。これらはもっぱら男性向漫画に貼付される場合が多い。

  • 楕円形で黄色地に黒文字、もしくは黒地に黄色文字で「成年コミック」の表示。主に単行本で用いられる。
  • 黄色地長方形に黒文字で「成年向け雑誌」の表示。主に漫画雑誌で用いられる。
  • 赤地の正方形もしくは円に白色の「18」を書きその上を黒字の「×」、または道路標識の「車両通行止め」を模した白地に四角や円の赤枠の黒文字で「18」の表示(下段に「未満」の文字が入る場合もある)。成人向け漫画では少なく、主にゲーム雑誌グラビア写真集などで用いられる。

ゾーニングマーク付き雑誌は、書籍販売店および漫画雑誌専門店での販売が主流となっている。他方、コンビニエンスストア販売規制に合わせて性器描写等の修正を強めた雑誌(『コンビニ誌』)も存在する。これらコンビニ売りのゾーニングマーク無し雑誌は、性的描写についてはおおむね前述のゾーニングマーク付き雑誌と同等の水準である。

これ以外に、販売店側の自主規制としては、販売箇所の分別、販売箇所の販売物の明示、袋がけなど、立読み防止対策および18歳未満の未成年への販売禁止の徹底などが行われている。なお、一部都道府県では条例でも定められているが、その一方では、煩雑さからほとんど実施されていない販売店もあるなど、あまり統一されていない。また成人向け漫画の販売箇所を分別している書店においては、非18禁指定・18禁指定の単行本とも混在して成人向け漫画コーナーに置いている書店(K-BOOKSなど)もあれば、ゾーニングマークつきの18禁漫画の単行本のみを成人向けフロアに配置し、非18禁指定の単行本は一般向けフロアに配置して取り扱っている書店(コミックとらのあななど)もあり、その対応は書店によって千差万別である。

規制と現状[編集]

ゾーニングマークによる自主規制があるとはいえ、何を描いてもいい訳ではない。多くの自治体では、条例で内容および18歳未満への販売が規制される。内容(主に社会情勢と連動する)等に問題があると、東京都の場合、東京都青少年健全育成審議会から不健全指定図書(他道府県における有害図書)に指定される。同一タイトルの雑誌(増刊含む)が連続3回、または年間通算5回指定されると「雑誌を自主廃刊する」もしくは「一般書店での販売を止め、直販もしくは成人向け雑誌専門店での販売に特化する」といった出版倫理協議会による申し合わせがある。

東京都の規定は、東京に出版業者が集中していることもあり、条例でありながらも絶大な影響力を持ち、警察基準同様に尊重される。他の道府県では、基本的に東京都基準に準ずることが多いので、県条例としては独自の影響力は持たないが、指定が続くとその県に配本されない「局地廃刊」が行われることもある。

近年の規制対策から、コンビニ誌もシーリングなどの立読み防止策を施すようになった。そして、日本雑誌協会と出版倫理懇話会(茜新社、コアマガジン、辰巳出版などが加盟する団体[1])などは、2005年(平成17年)10月20日に、書店等で販売する成人雑誌の内容を、18歳未満の目に触れないよう封印するシールを強化して、のぞき見できないようにする自主規制強化策を実施すると発表した。出版倫理懇話会の取決め通り、同年11月中旬発売の雑誌から強化策が順次実施されている。

過度の影響力を考慮してか、現在のところ、警察による販売規制につながる警告はほとんど行われていない。過去には、18禁漫画(書籍)の発行元がわいせつ図画販売容疑で逮捕される事件(松文館裁判等)が発生している。この警告は、新たな出版物規制に繋がりかねず、業界全体に与える影響は多大であるということで話題となった。また、逮捕までに至らなくても、官公庁から作家個人に警告をする例もある(まれであるが、作家個人の逮捕に至る例もある[注 2])。

警告の基準は、不安定に変わるものでもあるため、具体的男女性器描写の修正を薄めて再版されることもある。

歴史[編集]

1960年代までは、成人向けの雑誌は、読み物や体験手記と言った文章が中心で、それらの雑誌の合間に漫画が入る場合、古典的な漫画の絵で描かれた艶笑譚である。

男性向け成人漫画[編集]

1970年代から1980年代[編集]

劇画調のような成人向け漫画、つまり「エロ劇画」あるいは「官能劇画」は、1970年代に出現。当初は文章中心の成人向け雑誌に発表され、すぐに専門の雑誌を生むに至る。劇画調の成人向けの劇画雑誌は三流劇画雑誌と呼ばれ、多くは劇画調のポルノ的な漫画が描かれた。当時の代表的な作品に『女犯坊』がある。1970年代にこの形の雑誌が出現し、1980年代まではエロ系の漫画雑誌はこの類だけである。

現在は劇画調が薄まり、アニメ絵への接近が感じられる絵柄が増えている。このようなスタイルは1980年に吾妻ひでお自販機本「少女アリス」で連載したものが元祖である。吾妻は友人らと同人誌「シベール」を出版しており、商業誌、同人誌ともにこの分野の開拓者である。

久保書店あまとりあ社から、世界初の現在のようなスタイルの成人向け漫画誌『レモンピープル』(1982年(昭和57年)2月号創刊)が創刊される。また、1982年(昭和57年)、成人向け劇画雑誌として発行されていたセルフ出版(後の白夜書房)の『漫画ブリッコ』が、1983年(昭和58年)5月号より誌面を全面リニューアルして、『レモンピープル』の後を追うことになる。これらはロリコン漫画、及びロリコン漫画雑誌と呼ばれ、ロリコンブームに乗ってその範囲を広げた。

その後、アニメ調の絵柄を使用した類似の雑誌が大量に発行され、劇画調の成人向け漫画が衰退していく形(ただし、なくなってはおらず、一部雑誌にいまだに残っている)で、現在に至っている。

ロリコン漫画とそれ以前の成人向け劇画では、当初は新しい表現としてはっきりとした絵柄の違いがあったが、その境界は次第に埋まりつつある。これは成人向け劇画からもアニメのような絵柄への歩み寄りがあり、またロリコン漫画も一方では児童ポルノ規制により登場人物の年齢が上がったこと、雑誌の数が増えて作風の幅が広がったことなどが挙げられる。

1990年代以降[編集]

アニメ絵のロリコン漫画の普及と成人向け劇画のロリコン漫画への歩み寄りから、純粋な成人向け劇画の成人向け漫画市場における割合は壊滅したとまではいえないものの、非常に小さくなったというのは事実である。

ロリコン漫画の方は市場拡大による顧客層の多様化により、美少女といった児童ポルノ描写を主体とした純粋なロリコン漫画とは別に、大人の女性や人妻・熟女といったキャラクターによる性描写が主体の漫画も出現しており、これらの漫画がロリコン漫画と呼ばれることはほとんどない(これらの漫画の中には、アニメ絵と劇画調の絵柄が融合してるものも見られ、成人向け劇画のロリコン漫画への歩み寄りの一つともいえる)。純粋にロリコン漫画と呼ばれるものは、アニメ絵の成人向け漫画の中の一ジャンルを指すものとなっている。これはかつて「ロリコン漫画」という一つのジャンルに分類されたアニメ絵の成人向け漫画が主流化し、ジャンルが多様化したことにより、起こった現象であるといえる。

「ソフトエッチコミック」では児童ポルノ描写を主体としたロリコン漫画は自主規制で控えられる傾向にある。そのため、大人の女性や人妻・熟女といったキャラクターによる性描写が主体のジャンルの漫画に偏りやすい傾向にある。

2000年代以降は女装(男の娘)やトランスセクシャルなどゲイとは作風が異なる同性愛をテーマにした男性向けの18禁漫画も登場している。これらのジャンルの成人向け漫画は、普通の成人向け漫画の延長線的色合いの強い作品も多く、また性描写も激しいため、いわゆる女性向けのボーイズラブとは区別されて扱われる。

また、陸乃家鴨『少年少女はXXする』(comicキャンドール)や金平守人漫犬〜エロ漫の星〜』(ヤングキングアワーズGH)など、18禁漫画家の執筆活動をテーマとした一般作も出現している。

女性向け成人漫画[編集]

1980年代後半からのレディースコミックの台頭で、劇画誌の作家が流入し、新たな成人向け漫画の舞台となった。これにやや遅れて、少女向きの雑誌から少女漫画的絵柄で性体験をより色濃く描く漫画が出現し、それらはティーンズラブと呼ばれるようになった。

これらのレディースコミックとは別に、男性同士の同性愛を描いたボーイズラブと呼ばれるジャンルの漫画も出現している。これらのコミックの中には、強弱あれ性描写を扱っている漫画もある。

ゲイ向け成人漫画[編集]

1971年に創刊された『薔薇族』など、ゲイ雑誌に多くは掲載されてきた。『スーパーモンキー』(アダムズ出版)や『バラコミ』、『ピーナッツ』などのゲイ向けの漫画専門誌が刊行されたこともある。またゲイの中にはボーイズラブ漫画を読む人もいる。

アダルトゲームとの関連[編集]

成人向け漫画は、アダルトゲームと連携して発展してきた。光栄マイコンシステム(現・コーエー)の「ナイトライフ」が日本最初のアダルトゲームとされているが、ゲーム性はなく、実用ソフトとも言えるものであった。その後、1982年(昭和57年)、九十九電機が野球拳ゲームを、またパソコンショップ高知 (PSK) が「ロリータ野球拳」を発売するが、前者は漫画家槙村ただしが作成したソフトで、後者はタッチが吾妻ひでお風であった。このように、アダルトゲームは草創期からアニメ調の絵柄が受け入れられてきた。これは、成人向け漫画の購買層と重なる。極初期には、劇画調のアダルトゲームもあったが、現在はほとんどすべてがアニメ調のゲームである。

その後、多数のアダルトゲームが発売されるが、成人向け漫画の作家と、ゲームの原画家や彩色家、シナリオ作家などと多くの人材の交流が行われている。また、ヒットしたアダルトゲームの漫画化なども行われている。ただし、成人向け漫画は、毎回性的描写を入れつつ、雑誌に一話ずつ掲載するのが主な発表形式であり、アダルトゲームを漫画化した場合は性的描写不足になりがちなため、性的描写を無くして一般向け漫画にする場合の方が主流である。また、アダルトゲームの漫画作品化については、大半が何らかの別のメディアミックス企画やその構想に関連し、アニメ化など関連作品の展開を見据えた動向調査などの役割も持っている事が多く、この様な性格を持つ作品の大半では、性的要素が排除される。ただし、作画担当者には成人向け漫画を専門にしていた漫画家や同人作家が起用されることが幅広く行われており、その様な者にとっては一般向け漫画に進出する重要なステップの1つとして機能している。

アダルトアニメとの連携も大きい。アダルトアニメの原作として、成人向け漫画が選択されることもある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 瓦敬助著『菜々子さん的な日常』のような単行本など。ただし、後に同作家の出した画集「九十九織』(コアマガジン)に同作品が掲載されたが、その際にはゾーニングマークはつかなかった。
  2. ^ ただし、これは、同人誌という形態で大量に委託販売を行っていたことと、その同人誌に成人指定のマークが明記されていなかったこと、自主規制処理が薄かったことなどが原因であるという。

出典[編集]