えんどコイチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
えんど コイチ
本名 遠藤 幸一
生誕 (1956-09-28) 1956年9月28日(61歳)
日本の旗 日本新潟県白根市(現:新潟市南区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1981年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 死神くん
ついでにとんちんかん
テンプレートを表示

えんど コイチ(本名 遠藤 幸一1956年9月28日 - )は、日本漫画家新潟県白根市(現在は新潟市南区)出身。左利き血液型O型

来歴[編集]

1981年、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)に掲載の『遠足の日』でデビュー。1983年に週刊少年チャンピオンにて『アノアノとんがらし』」を連載の後、集英社に移籍。同年末に『死神くん』。1984年末に『ついでにとんちんかん』を発表し人気を得る。

2012年時点では、青年漫画誌を中心に作品を発表していた。

人物[編集]

ついでにとんちんかん』のヒットで一般的にはギャグ作家と認識されるが、えんど自身は「ギャグも描ける作家である」と認識して欲しかったらしく[1]、続編の『ミラクルとんちんかん』連載終了後、ギャグメインの作品をほとんど発表していない時期があった。

文庫版『ついでにとんちんかん』によると、現在(文庫版発刊時)も独身とのこと[2]

『ついでにとんちんかん』は下ネタが多く、「ウンコ」や「金玉」を扱うネタで、特に小学生程度の男子読者には人気があった。しかし中には子供には理解しにくいSMやホモや風俗などを扱った下ネタも多く、子供の時は意味が分からずに読んでいたが、大人になってからその下ネタの意味を理解すると共に、ネタの際どさに驚く読者も少なく無い。

ミラクルとんちんかん』第4巻作者コメントによると、間抜作自体のキャラ使用を封印する発言をしており、ギャグ漫画へ距離を置くとも「とんちんかん」自体への決別とも捕れる宣言をしている。

虻川美穂子北陽)のブログ(2011年6月1日分)によると、えんどコイチと会いとんちんかんメンバー4人が描かれたサイン色紙を貰ったとのこと。また、その後も虻川のブログにてえんどコイチと会った事が書かれているなど、交流が続いている事が窺える[3]。また、地元のジャズバンドで、ベーシストとして活動している[4]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

読切[編集]

  • 遠足の日(1981年、週刊少年チャンピオン、秋田書店)
  • 私設警察テクポリ(1986年、フレッシュジャンプ、集英社)
  • サバイバル・ハネムーン(1988年、月刊少年ジャンプ・オータムスペシャル、集英社)
  • 死体は語る(1991年、原作:上野正彦、脚本:棟居仁、月刊少年ジャンプ増刊)
  • コイチの人性劇場(みこすり半劇場、ぶんか社)

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ えんどコイチ「コイチの一人言(4)」『ついでにとんちんかん 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年12月10日、ISBN 4-08-852748-8、82頁。
  2. ^ えんどコイチ「連載あとがきマンガ コイチのあとマンNo.6」『ついでにとんちんかん 第6巻』集英社(集英社文庫)、2004年7月21日、ISBN 4-08-618187-8、325頁。
  3. ^ 虻川美穂子オフィシャルブログ「はれ時々あぶ」ひゃっほ〜!! 2011年6月1日
  4. ^ FLASH2017年7月25日号(光文社)、ベースは右利き用

関連項目[編集]

外部リンク[編集]