CS★日テレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CS★日テレ
基本情報
運営(番組供給)事業者 日本テレビ放送網株式会社
放送(配信)開始 1996年8月28日
放送(配信)終了 2000年9月30日
ジャンル 総合エンターテイメント
放送内容 地上波のサイマル放送(一部時間帯除く)
視聴料金 無料
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 日本テレビ放送網株式会社
チャンネル番号 Ch.210
放送開始 1996年10月1日
放送終了 2000年9月30日

CS★日テレ(シーエスにってれ)は、CSデジタル放送パーフェクTV!が開局した1996年8月から2000年9月まで放送されていたチャンネル。チャンネル番号は210。

概要[編集]

放送地域[編集]

主に秋田県山梨県富山県福井県徳島県高知県佐賀県大分県宮崎県沖縄県・地上波放送の受信が困難な難視聴地域など 日本テレビの系列局やマストバイ・フルネット局が無い地域向けに日本テレビの同時放送(一部、読売テレビ制作番組を含む)がされ、平日は7:00からの「ズームイン!!朝!」、土・日曜日は11:30からの「NNNニュースダッシュ」から始まり、全曜日が23時頃の「NNNきょうの出来事」までの放送だった。土・日曜日は13時頃から17時頃まで放送休止していた。放送形態としてはNHK衛星第2テレビジョン(2011年3月閉局)や衛星によるセーフティネットでの地上デジタル放送再送信(地デジ難視対策衛星放送)のような難視聴解消を目的としたもの、地上波・BSの2波(かつてはCSでも行っていた)で完全サイマル放送を行っている放送大学に近い。

番組[編集]

音楽番組(例 速報!歌の大辞テンなど)など関連権利や肖像権の処理が難しい番組は放送されず、代替番組(地上波番組の時差放送や独自番組)に切り替わった。また、地上波がCM中の間は、日本テレビ本社(現在は麹町分室)屋上のお天気カメラの映像や気象衛星の雲の様子を放送した。ただし、CM前の提供クレジットはそのまま放送された(ネットワークセールスのみ表示。各局ローカルセールスでは表示なし)。ニュースやワイドショーでも一部のコーナーはお断り画面(チャンネルロゴの識別ロゴとの連動切換で、映画のフィルムになんだろうのマスコットを表示し、「権利の関係上、映像はお届けできません」と表示された)時には蓋被せ→フィラー→蓋被せ→フィラー・・・とほとんど見られない場合も存在した。またはフィラー映像に差し替えられた。ただしオリンピック関連については、民放連に加盟している地上波と同一法人で運営を行っていたため、そのまま放送された。また、3時から5時頃までのいわゆる「再放送枠」はフィラー映像だった。年始には土・日曜日でも箱根駅伝放送のため、7:00から放送を開始していた。

プロ野球中継巨人のホームゲームのみ放送していた。(巨人のビジターゲームは放送されなかった)当時トップ&リレー中継を放送していたNNN24の放送と組み合わせて日本全国くまなく見ることができた。そのほかに放送されたスポーツ中継はゴルフ、マラソン、長野オリンピック、シドニーオリンピックなど(オリンピックについては、民放連に加盟している地上波と同一法人で運営を行っていたため放送することができた。オリンピック中継を日本のCS放送でも同時放送を行ったのは2017年現在、本チャンネルのみである)。

巨人の春季キャンプ地で巨人ファンが多いながらも、日本テレビの巨人戦中継がごく一部の試合しか見られない宮崎県や、ローカル編成枠となってしまうため「電波少年シリーズ」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」が同時ネットではない地域でも制作局と同時に見られるということで、地味ながら人気チャンネルであった。

また、夏の恒例番組である「24時間テレビ」を、関連権利の処理の難しさから一回だけ放送しなかったことがあり、その年は「ニュース」、「スポーツうるぐす」のみの放送だった。

音声は常時ステレオ放送(一部番組はモノステレオ放送)だったため、「火曜サスペンス劇場」などの副音声(二重音声)放送は行われなかった。

2000年12月に、BSデジタル放送BS日テレが始まることや、日本テレビが中心となったCSデジタル放送プラット・ワンが設立されることなどから、2000年9月末に放送終了となった。

その後、110度CSデジタル放送の委託事業者として「シーエス日本」が設立され、「CS★日テレ」「NNN24(現:日テレNEWS24)」の放送を事実上継承した。

放送出来なかった番組[編集]

これらの番組が休止して特別番組(巨人ホームゲームのプロ野球中継を含む)を放送した場合は、差し替えを行わずサイマル放送する場合があった。特別番組が放送出来ない場合は同様に差し替えられていた。

CBCテレビ等他局制作との兼ね合いか。フィラーで埋められていた。
海外テレビ番組の映像権利処理の関係か。「NNNドキュメント」と「ぶらり途中下車の旅」に差し替えられていた。
「NNNドキュメント」が60分バージョンの時は「ぶらり途中下車の旅」は休止となった。
  • 速報!歌の大辞テン
映像の肖像権処理の関係か。「深夜の音楽会」と「からだ元気科」に差し替えられていた。
放送権利の問題(ただし、過去に1回だけ同時放送したことがある。このときの作品はアニメ「ルパン三世」だった)。「全日本プロレス ザ・王道」を放送していた。放送枠拡大した場合は余り時間をフィラーで埋めた。
同番組の放送が深夜から移動して来てもなぜか放送休止時間のままであった。
海外等の他者制作画像の権利関係。「所さんの目がテン!」と「皇室日記」に差し替えられていた。
ほとんどの回は放送されたものの、一部エピソードについては映像の権利関係で放送出来なかった。特に芸能人の回。次回予告で放送出来ない回はなんだろうと「CS★日テレ」が大きく表示された画面に差し替えられた。放送出来ない回は「劇場中継」に差し替えられた。

オリジナル番組[編集]

全日本プロレス中継から過去の試合、現在の試合をミックスしてオリジナル編集にて放送した唯一のオリジナル番組。現在の日テレジータス「プロレスクラシック」の原型にもなった。

関連項目[編集]

出典[編集]