ジェイエスエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ジェイエスエス
JSS Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証スタンダード 6074
2013年6月27日上場
本社所在地 日本の旗 日本
465-8511
大阪府大阪市西区土佐堀一丁目4番11号
設立 1976年7月26日
業種 サービス業
法人番号 1120001064799 ウィキデータを編集
事業内容 スポーツクラブ
代表者 代表取締役社長 藤木 孝夫
資本金 3億3072万円
売上高 76億95百万円(2015年3月期)
純資産 16億99百万円(2015年3月)
総資産 53億67百万円(2015年3月)
従業員数 490人(2015年3月)
決算期 3月31日
主要株主 日本テレビホールディングス 24.84%(2020年3月)
外部リンク https://www.jss-group.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ジェイエスエスは、スイミングスクールおよびスポーツクラブ運営プール本体やろ過装置等の設計施工メンテナンスなどを行う会社である。略称はJSS(旧称の「Japan Swimming Service」から)。

運営店舗[編集]

運営形態は、直営店舗と受託(フランチャイズ)の二つに分かれる。

特にフランチャイズのスイミングスクールは直営店舗のような、本社などから運営の指導が行き届かないゆえに、スイミングスクール指定の水着を水着の指定がない学校で着用が相次ぐので、制服と同様の問題があるため、同一のスイミングスクール以外で着用しないことを促す。多くの学校は水着を自由になり、競泳用水着を入手困難になり、部外者がスイミングスクール指定の水着を部外者が入手もして、女性による、男子用の水着の盗難も相次ぐ中で上半身裸でもあるので、女性が男性に水着で性的目的を強くなった。女性が性的目的を強くなり、スイミングスクールのエリア外の遠方の学校の男子用の水着を目当てに、若い女性が男児を襲う事件も相次ぐため、小中学校からスイミングスクールに、水着自由化を促される。全国チェーンのスイミングスクールは襲われやすく、遠方に及んで、男児を襲う事件は大学系ではない公私学の生徒を女子大生が襲うので、高校・大学に注意を促しが困難で、大学が多数の京都は公立学校を水着自由化も多くなった。

校舎一覧[編集]

スイミングスクールの店舗がメインだが、フィットネスクラブを併設している店舗も存在する。

店舗の詳細は、公式サイト「店舗一覧」を参照。

沿革[編集]

所属・出身選手[編集]

五十音順に記載。

競泳[編集]

飛込[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 株式会社ジェイエスエスとの資本業務提携の解消に関するお知らせ”. 株式会社ニチイ学館 (2020年3月13日). 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ 株式会社ジェイエスエスとの業務資本提携に関するお知らせ”. 日本テレビホールディングス株式会社 (2020年3月13日). 2020年6月6日閲覧。
  3. ^ 日本テレビHD 水泳教室のJSSと資本業務提携”. 日本経済新聞 (2020年3月13日). 2020年6月6日閲覧。

外部リンク[編集]