義母と娘のブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
義母と娘のブルース
ジャンル ホームドラマ
漫画
作者 桜沢鈴
出版社 ぶんか社
掲載誌 主任がゆく!スペシャル
レーベル ぶんか社コミックス
巻数 全2巻
テレビドラマ
脚本 森下佳子
演出 平川雄一朗中前勇児
制作 TBS
放送局 TBS系
放送期間 2018年7月10日 - 9月18日
話数 10話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

義母と娘のブルース』(ぎぼとむすめのブルース)は、桜沢鈴による日本漫画作品。『主任がゆく!スペシャル』(ぶんか社)にて連載された。血の繋がらない母娘の辿る20年間の軌跡を描く。

2018年7月にTBS系でテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

岩木亜希子は32歳の若さで部長になった、仕事一筋のバリバリのキャリアウーマン。そんな彼女は先妻を亡くした宮本良一と結婚し、小学生の娘みゆきの母親になることになった。しかし仕事一筋の彼女は世間の母や主婦とはズレており、慣れない家庭生活で失敗を繰り返す。みゆきは亜希子のそんな姿を恥ずかしく思い、しばしば反発する。お互いの姿に戸惑いつつも、距離を縮めようとする義母と娘だったが、良一もまた病により余命僅かとなっていた。

良一との別れから数年後、みゆきは高校生に成長し、亜希子も一人前の主婦となっていた。みゆきは同級生から告白を受け、付き合うかどうかで悩んでいたが、とある理由で疎遠となったヒロキの姿を見かけたことで、異性や恋愛について深く考えるようになる。一方、新たにパン屋でアルバイトを始めた亜希子は、不真面目な店長と共に店の経営を立て直すべく奔走する。

母娘の出会いから約20年、ヒロキと結婚したみゆきは家を出て、姑のいびりに耐えながらも家事と子育てに追われる日々を送っていた。亜希子はコンサルタント会社を立ち上げ、再びキャリアウーマンとしての道を歩み始める。そんなある日、久々に実家へ戻ったみゆきは老後の準備を進める亜希子の姿を見て、自分を育ててくれた義母に対してできることは何か悩むようになる。

やがて、亜希子の波乱の生涯にも最期の時が訪れる。母は自分が何故良一の提案に応じ、血の繋がらない娘を引き取ったのか、その本当の理由を語る。

登場人物[編集]

岩木亜希子(いわき あきこ) → 宮本亜希子(みやもと あきこ)
仕事一筋のバリバリのキャリアウーマン。32歳の若さで部長。良一とみゆきからは聖徳太子千手観音に例えられるほど有能である。また部下を育てる力に長け、取引先の接待術にも優れたまさにスーパー部長。
宮本良一と結婚し、みゆきの義母となる。結婚後は退職して専業主婦。結婚当初は家事が不得手であったが、みゆきが高校生になるころには上達している。
みゆきの高校進学を機に近所のパン屋「フランセ」にパート勤務をし、業績を改善。この経験を活かして経営コンサルタント会社を立ち上げた。
仕事一筋過ぎて世間の常識に疎い面があり、おしゃれができなかったり、みゆきの一般常識に関する質問をビジネス用語の質問と勘違いしてそれを教えてしまったりしている。恋愛にも疎かったが、良一に対しては結婚後に愛情が芽生え、良一だけを生涯愛し続ける。
宮本良一(みやもと りょういち)
みゆきの父。亜希子の夫でみゆきの実母(前妻)とは死別している。余命僅かで身寄りもいないため、自分の死後にみゆきを託せる相手を求め、亜希子と再婚する。その結果亜希子は退職したため、「(ライバル会社のスーパー部長と結婚して会社を辞めさせ、結果的に自社の仕事を増やした)救世主」と呼ばれるようになった。
入社八年目にして花見の場所取りをする、自社の入札金額をライバル会社にいた亜希子に言ってしまうなど、決して有能とは言い難いが、人柄が良く、上司に可愛がられていた。
再婚から約1年後、病気が悪化して亡くなる。
宮本みゆき(みやもと みゆき)
良一の娘。当初は義母になる亜希子に対して反発していたが、徐々にズレてはいるものの一生懸命な亜希子を受け入れていく。良一の葬儀の日に初めて亜希子を「おかあさん」と呼んだ。亜希子の教育の結果、姿勢や箸などの立ち居振る舞いは完璧だが、勉強は「7×8=54」と九九を間違えるなど、亜希子やヒロキがあきれるほどできない。また亜希子が一般常識をビジネス用語で教えてしまったため学業には役立っていない(CD→「譲渡可能定期預金証書(Certificade of Deposit)」など)。ただしビジネス用語には非常に詳しく、告白の返事を「鋭意検討して善処します」と言ってしまうほど。
大学卒業後ヒロキと結婚し、二児の母となる。
ヒロキ
みゆきの小学校のクラスメート。実母の死後ふさぎこんだみゆきを心配してちょっかいをかけていたがのちに友人関係となる。しかし些細なことがきっかけで絶交してしまい、高校生になるまで会話もなかった。高校生になってからみゆきとの交友が再開し、麦田章(下記参照)の恋路をみゆきと応援する。大学卒業後みゆきと結婚し、二児の父となる。
母は小学校時代はボスママで、結婚して間もなかった亜希子と保護者会で2時間にわたるバトルを繰り広げた因縁がある。
麦田章(むぎた あきら)
宮本家の近所のパン屋「フランセ」の店主。腰を痛めて隠居した父から店を受け継ぐ。元ヤンキーで、それもあって店の売り上げは悪かった。年齢は亜希子より一回り以上年下。
亜希子がスーツでパートに面接に来た時には国税局保健所の抜き打ち検査だと勘違いし、履歴書の立派さに持て余しかけ、大企業の元エリートだと金銭感覚は普通ではないと思って一度採用を見送るが、パンの耳を欲しがったのを見て採用。その後店の立て直しをする中で亜希子に惹かれ、退職の際に告白するが玉砕する。
下山さん(しもやまさん)
宮本家の近所の噂好きなおばさん。情報通で、企業の会長のゴシップを話したのがきっかけで亜希子と親しくなる。その噂好きはみゆきが結婚後里帰りしたときも変わらなかった。

書誌情報[編集]

  • 桜沢鈴 『義母と娘のブルース』ぶんか社〈ぶんか社コミックス〉、2011年2月14日発売、ISBN 978-4-8211-7118-7
  • 桜沢鈴 『義母と娘のブルースFinal』ぶんか社〈ぶんか社コミックス〉、2012年6月14日発売、ISBN 978-4-8211-7307-5
  • 桜沢鈴 『義母と娘のブルース 新装版』ぶんか社〈ぶんか社コミックス〉、全2巻

テレビドラマ[編集]

義母と娘のブルース
Stepmother and daughter’s Blues
ジャンル ホームドラマ
放送時間 火曜 22:00 - 23:07(67分)
放送期間 2018年7月10日 - 9月18日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 平川雄一朗
中前勇児
原作 桜沢鈴
『義母と娘のブルース』
脚本 森下佳子
プロデューサー 飯田和孝
中井芳彦
大形美佑葵
出演者 綾瀬はるか
竹野内豊
佐藤健
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
エンディング MISIAアイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)
時代設定 2009年(第1話 - 第6話前半)
2018年(第6話後半 - 第9話)
2019年(第9話 - )
外部リンク 公式サイト

特記事項:
8月28日は『アジア大会2018ジャカルタ』(18:30 - 翌0:30)放送のため休止。
テンプレートを表示

2018年7月10日から9月18日までTBS系「火曜ドラマ」枠で放送されていた。主演は綾瀬はるか[1]。ドラマでは、亜希子とみゆきの10年間を描く[1][2]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

岩木亜希子 → 宮本亜希子
演 - 綾瀬はるか(幼少期:藤本ばんび)
堅苦しく冷徹な性格。能面のような表情で、事務的で格式ばった口調で話すが、第6話で号泣してからは、表情豊かになる。
第2話で退職するまで、トップシェアの金属会社「光友金属」で働くキャリアウーマン。第3話から専業主婦として、良一の妻となりみゆきの義母になる。
第5話では、良一の休職を謝罪するため「桜金属工業」に行き、良一の代役として出勤し競合プレゼンを成功させる。
第6話での良一の死後、自身の貯金とデイトレードで生計を立てていたが、大学進路を選ぶみゆきに働く姿を見せるために、「ベーカリー麦田」でパート勤務を始め、マネージメントも行う。
第8話では「ベーカリー麦田」のリニューアルオープンを提案する。
第9話では麦田から告白を受ける。
最終話で、大阪にあるマネージメント会社からスカウトされ悩むが、みゆきの後押しもあって大阪行きを決める。
宮本良一
演 - 竹野内豊
みゆきの父。老舗の金属会社「桜金属工業」で働いている。スキルス性胃がんを患い、娘・みゆきを託すために亜希子と結婚する。
みゆきの自転車の練習に付き添っていた時に倒れ、第5話で救急搬送され入院する。亜希子以外には足の骨折で入院していることにした。
退院してから2か月後に息を引き取った。享年46。
宮本みゆき
演 - 上白石萌歌[3][2](幼少期:横溝菜帆
良一の一人娘。亜希子が義母になった時点で8歳の小学校3年生。
亜希子を「亜希子さん」と呼んでいたが、良一の通夜で亜希子が心から良一を愛していたことが分かってからは「お母さん」と呼び、徐々に思考や行動が亜希子とそっくりになる。
第6話後半から高校3年生。成績が悪くて大学の進路で悩むが、第7話で亜希子の方針を理解する。
第8話では「ベーカリー麦田」のリニューアルに向け、「奇跡のパン屋」と題した紙芝居を作成[4]したりして、様々な提案をする。その過程を経て行く中で経営に興味を持ち、大学に出願。第一志望だったその大学には合格するが、前述の亜希子へのスカウトを知り、自立すべく行動する。
麦田章
演 - 佐藤健(幼少期:高橋謙)
仕事が続かず職を転々としている。第1話ではバイク便、第2話では花屋、第3話ではタクシー運転手、第4話ではリサイクル屋、第5話・第6話前半は葬儀屋として登場する。言葉の言い間違いが非常に多い。
第6話後半では、父の後を継いで「ベーカリー麦田」を経営しており、求人に応募してきた亜希子を雇う。それまでいい加減な商売をしていたが、亜希子が来てからは店の立て直しに意欲的になる。
第8話ではパンの改良に取り組み、亜希子や周囲の人々の協力を得て「ベーカリー麦田」をリニューアルオープンする。
第9話では亜希子に告白した。

主要人物の家族[編集]

宮本愛(みやもと あい)
演 - 奥山佳恵
みゆきの実母で良一の亡き妻。 物語開始時の3年前に他界した。
麦田誠(むぎた まこと)
演 - 宇梶剛士(第6話・第8話)
麦田の父。「ベーカリー麦田」を経営していたが、長年苦労した腰痛で店から離れ、現在は最寄り駅が南甲府駅の家に住んでいる。
亜希子にパン改良の協力を求められるが、結局は麦田と喧嘩別れになり、亜希子に麦田への助言と「ベーカリー麦田」の再建を託す。

光友金属[編集]

前原大輔(まえはら だいすけ)
演 - 村本大輔ウーマンラッシュアワー[5](第1話 - 第6話)
亜希子の元部下。
田口朝正(たぐち ともまさ)
演 - 浅利陽介 (第1話 - 第6話・第9話・最終話)
亜希子の元部下、彼女に想いを寄せている。
亜希子が退職した後の第3話では、亜希子がドン・キホーテで買ってきた警察官グッズを着て警察官になりすまし、運動会の警備をした。
第5話では、競合プレゼンで、「桜金属工業」側の亜希子が提案したプランの方が低価格で優れていたことに落胆する。
第9話ではバーで麦田と意気投合し、「ベーカリー麦田」を訪れて亜希子とも再会し、初対面だと思っていた麦田と以前から何度も会っていたことが判明する。最終話で結婚式を挙げた。

桜金属工業[編集]

猪本寧々(いのもと ねね)
演 - 真凛 (第1話 - 第6話・第8話)
良一の部下。既婚者。
第8話では、「ベーカリー麦田」のリニューアルに協力するため、子どもを連れ亜希子の家を訪れる。
笠原廣之進(かさはら ひろのしん)
演 - 浅野和之 (第1話 - 第6話・最終話)
良一の上司。第6話の良一の葬儀の際、出棺間際の棺に語りかけ、亜希子が号泣するきっかけになった。
良一の入院時にピンチヒッターで出社した亜希子の優秀さを見込んで、彼の死後にスカウトしたが、母としての務めを優先したい亜希子に断られた。
最終話で前述のスカウトを亜希子に紹介する。

みゆきのクラスメイト[編集]

黒田大樹(くろだ ひろき)
演 - 井之脇海[6](幼少期:大智)
みゆきの小学校のクラスメイト。かつてはみゆきを「ブス」呼ばわりしたが、実はみゆきに好意を持っていて、よく気遣いもした。
杏奈を気遣ったみゆきに「二度と話しかけないで」と言われてから彼女に近づけなくなる。良一の通夜でみゆきと近付く機会はあったものの、そのまま父の転勤により転校する。
9年後、高校生になったみゆきを見かけてから密かに見守っていて、気付いたみゆきから礼を言われたときに告白するも一旦は断られる。
第7話で、病気休学で1学年遅れていることや、薬品開発の仕事に就くために大学薬学部を目指していることをみゆきに明かす。また、あまり勉強が得意でないみゆきのために、家庭教師役を買って出る。
第8話では麦田が「耳までうまいパン」の開発をする際、焼き加減等のデータを分析するなどの手助けをする。
矢野杏奈[7](やの あんな)
演 - 志村美空 (第1話 - 第6話)
みゆきの小学校のクラスメイト。大樹のことが好きなので、みゆきが仲良くしていることを快く思っていない。
小杉ジュリア(こすぎ ジュリア)
演 - あうろら(第1話 - 第6話)
みゆきの小学校のクラスメイト。
本谷マノン(もとや マノン)
演 - 中田華月(第1話 - 第6話)
みゆきの小学校のクラスメイト。
今井エレナ(いまい エレナ)
演 - 小澤美優(第1話 - 第6話)
みゆきの小学校のクラスメイト。
ユナ
演 - 水谷果穂(第6話 - 最終話)
みゆきの高校のクラスメイト。

みゆきの小学校の関係者[編集]

矢野晴美(やの はるみ)
演 - 奥貫薫[8](第3話 - 第6話・第8話 - 最終話)
矢野杏奈の母。3人の子持ちで、10年以上PTA会長をしている。第3話の運動会の一件から亜希子と親しくなり、それ以後何かとアドバイスをする。
第6話後半の時点で、スーパーマーケットで働いている。
第8話では、「ベーカリー麦田」のリニューアルに協力するため、亜希子の家を訪れる。
小杉朋子(こすぎ ともこ)
演 - 春日井静奈(第3話・第4話・第6話・第9話)
小杉ジュリアの母。PTA行事委員長。
本谷律子(もとや りつこ)
演 - 山口香緒里(第3話・第4話・第6話・第9話)
本谷マノンの母。PTA会計担当。
今井園子(いまい そのこ)
演 - 西尾まり(第3話・第4話・第6話・第9話)
今井エレナの母。PTA書記担当。
早乙女奈央子(さおとめ なおこ)
演 - 原田佳奈(第3話・第9話)
みゆきのクラスメイトの保護者。スーパーマーケットのレジ担当。亜希子提案のPTA廃止に署名をする。
第9話では、「ベーカリー麦田」の店員をしている。
高原綾子(たかはら あやこ)
演 - 上野なつひ(第3話)
みゆきのクラスメイトの保護者。デパートの店員。亜希子提案のPTA廃止に署名をする。
小川芳江(おがわ よしえ)
演 - 枝元萌(第3話)
みゆきのクラスメイトの保護者。介護職。亜希子提案のPTA廃止に署名をする。
西条乙女(さいじょう おとめ)
演 - 橋本真実(第1話・第2話)
みゆきの通う学童保育の職員。
山口(やまぐち)
演 - 森岡龍(第3話・第4話・第6話)
みゆきの小学校時代の先生。
副校長
演 - 阪田マサノブ(第3話)
みゆきの小学校時代の副校長。

その他[編集]

友井智善(ともい ともよし)
演 - 川村陽介
麦田の友人。映像関係の会社のAD。麦田からは「トモヨ」と呼ばれる。
第7話中盤で、亜希子が作成した「ベーカリー麦田」計画提案書の有意義さを、麦田に解説した。
第9話ではADとして、話題のパン屋「ベーカリー麦田」をテレビ取材した。
下山和子(しもやま かずこ)
演 - 麻生祐未
「下山不動産」を経営している[9]。「ベーカリー麦田」の家賃滞納に頭を悩ませている。
第3話の運動会で、以前晴美にマンションを借していたことを思い出し、晴美の情報を亜希子に伝える。
良一の葬式にて、喪主としての事務的な務めしかしない亜希子に痺れを切らし説教した。

ゲスト[編集]

第1話
取引先の社長
演 - 堀内孝雄[10]
第2話
マンションの管理人
演 - 三遊亭小遊三[11]
第4話
小松将之[12]
演 - 林泰文(第5話)
良一の主治医。
第5話
熊谷(くまがい)
演 - 今井朋彦
良一と同じ病院で入院していた患者。「〜だもの」が口癖。
第6話
浩司
演 ‐ 石井テルユキ
みゆきの実母・愛の弟。良一の通夜に参列する。
陽子
演‐ 長野里美
良一の実姉。良一の通夜に参列する。
麦田ベーカリーの取引先
演 - 桂雀々
麦田の言い間違いによる失言に激怒する。
第9話
謎の女
演 ‐ 中村アン
リポーター
演 ‐ 川田裕美[13]
話題のパン屋「ベーカリー麦田」を取材する、番組リポーター。
米田
演 ‐ 谷口翔太
「ベーカリー麦田」の新人パン職人。
粟根
演 - 藤本修
「ベーカリー麦田」の新人パン職人。
シホ
演 - 古川琴音
ユナの友人。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[15] 演出 視聴率[16]
第1話 7月10日 33才独身部長女子が突然の義母宣言!?私は貴女に就職します!! 平川雄一朗 11.5%
第2話 7月17日 最愛の娘の家出!?そして私は制服を脱ぐ 11.3%
第3話 7月24日 夫が私に解雇通告!?これが私の生きる道…PTAを全面廃止へ 12.4%
第4話 7月31日 私達は契約結婚か!?最愛の娘と夏の奇跡…夫が決めた愛の形! 中前勇児 12.2%
第5話 8月07日 絶体絶命!夫が入院夫婦で戦う大修羅場!!私、再就職します!? 平川雄一朗 13.1%
第6話 8月14日 さらば愛しき人よ!最後に届く奇跡とは!?私、背中で魅せます 13.9%
第7話 8月21日 絶体絶命大ピンチ!!娘の反抗と私の解雇!?再就職先は倒産寸前 中前勇児 15.1%
第8話 9月04日 就職先の最終決戦!!完全復活の味は親の味娘の意見承ります!? 平川雄一朗 15.5%
第9話 9月11日 大決断な愛の告白!!私の愛の最終選択か!?二人で歩んだ9年間 平川雄一朗
中前勇児
17.3%
最終話 9月18日 完結〜さらば義母!!愛が起こす奇跡の果て私は娘を愛してます 平川雄一朗 19.2%
平均視聴率 14.2%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
TBS 火曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
花のち晴れ〜花男 Next Season〜
(2018年4月17日 - 6月26日)
義母と娘のブルース
(2018年7月10日 - 9月18日)
中学聖日記
(2018年10月9日 -〈予定〉)

関連商品[編集]

CD
TBS系 火曜ドラマ「義母と娘のブルース」オリジナル・サウンドトラック(2018年9月5日発売、Anchor Records、UZCL-2140)[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “綾瀬はるか、竹野内豊と初共演で夫婦役 『義母と娘のブルース』実写化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年5月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2110521/full/ 2018年5月16日閲覧。 
  2. ^ a b “上白石萌歌、綾瀬はるかと“母娘”に ウーマン村本は連ドラ初のレギュラー”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2114285/full/ 2018年6月25日閲覧。 
  3. ^ “上白石萌歌が綾瀬はるかの娘に!TBS7月新ドラマ「義母と娘のブルース」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2018年6月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/24/kiji/20180623s00041000576000c.html 2018年6月24日閲覧。 
  4. ^ a b “原作・桜沢鈴、ドラマ版『ぎぼむす』を絶賛 綾瀬はるかには「スミマセン! という感じ」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2119093/full/ 2018年9月10日閲覧。 
  5. ^ “ウーマン村本 TBS「義母と娘のブルース」で連ドラ初出演も自虐「ドラマの好感度が…」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2018年6月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/24/kiji/20180623s00041000358000c.html 2018年6月24日閲覧。 
  6. ^ “人気急上昇俳優! 井之脇海、人気急上昇ドラマ“ぎぼむす”に参戦”. サンケイスポーツ. (2018年8月13日). https://www.sanspo.com/smp/geino/news/20180813/geo18081305020008-s.html 2018年8月14日閲覧。 
  7. ^ 第3話の連絡網より。
  8. ^ “『義母と娘のブルース』で綾瀬はるかと対峙する4人の現役ママ女優の出演が決定”. テレビドガッチ. (2018年7月15日). https://dogatch.jp/news/tbs/54961/detail/ 2018年7月24日閲覧。 
  9. ^ 義母と娘のブルース”. 番組. ザテレビジョン. 2018年8月15日閲覧。
  10. ^ “堀内孝雄、水戸黄門以来7年ぶりドラマ出演 綾瀬はるかと共演「有頂天」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2018年7月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/08/kiji/20180707s00041000154000c.html 2018年8月19日閲覧。 
  11. ^ “三遊亭小遊三、40年ぶりドラマ出演!綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2018年7月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/08/kiji/20180707s00041000156000c.html 2018年8月19日閲覧。 
  12. ^ 第5話の良一のCT画像より。
  13. ^ “川田裕美アナ「ぎぼむす」出演 民放GP帯連ドラ初出演「自分で見るの怖い」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2018年9月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/09/kiji/20180908s00041000153000c.html 2018年9月9日閲覧。 
  14. ^ “MISIA×GReeeeNが初コラボ 綾瀬はるか主演ドラマ主題歌に決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2114906/full/ 2018年7月6日閲覧。 
  15. ^ Paravi 義母と娘のブルース
  16. ^ “「義母と娘のブルース」最終回は19.2%で有終の美 今期民放連ドラトップの高数字”. スポーツ報知. (2018年9月19日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180919-OHT1T50070.html 2018年9月19日閲覧。 
  17. ^ サウンドトラック情報”. 義母と娘のブルース お知らせ. TBS (2018年8月16日). 2018年9月14日閲覧。

外部リンク[編集]