村上和彦 (劇画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村上 和彦 (むらかみ かずひこ、男性、1944年 - )は、日本劇画家愛媛県西条市出身[1]東京都杉並区在住。村上劇画プロ代表。

極道劇画を中心に作品を発表している。また、映画監督脚本家等も手がける。M・R・F 村上ロイヤルファミリーの盟主。歌舞伎町ペンクラブ最高顧問

経歴[編集]

1944年愛媛県西条市に生まれる。10代の頃には暴力団事務所に出入りしていたが、さいとう・たかをの影響で劇画を描き始める。

1970年3月日本文華社「特選漫画昭和極道史/桜会事件」でデビュー。

1971年、デビュー6作目の「昭和極道史/逆縁の盃」が、菅原文太主演の「現代やくざ 盃返します」(東映)として映画化(現代やくざシリーズの3作目。翌1972年には、梅宮辰夫主演で「昭和極道史」が映画化。

1994年、Vシネマに進出し「首領への道」「第三の極道」をシリーズで映像化。1997年には「日本暴力地帯」(松竹京都映画)で初監督を務める。

2007年、「1億2千万総媒酌人」を発表。自身の遺作になると発表し、関東一葉一家や吉良組など層々たる組織人から巻末コメントを寄せられ話題になる。

2009年、「首領への道」から派生した人気キャラ・越智を主役にした「新・首領への道」構想を発表するも、越智は若頭で永遠のNo2という渡世人からの熱い支持を無視できず頓挫。

その後、「首領への道」完結を発表するも、進展が無く止まっている。

2014年頃より「代紋の墓場(1部〜8部)」を皮切りに「裏門釈放」を発表。

2017年現在は映画100本記念作品「修羅の門」のリメイク作品、「極道の門(1部から6部)」の撮影総指揮を行う。

人物[編集]

  • さいとう・たかをの影響を公言している。画風が似ているがアシスタント経験者では無い。挨拶をしようと思っているが出来ずじまいとのことである。
  • 真樹日佐夫とは杯を交わした義兄弟である(村上が弟分)
  • 盃事に詳しく、盃事を解説する一般書籍の執筆や映像作品の総監修を務めたこともある。また、自作品のVシネマでは媒酌人役でカメオ出演をしている。
  • 覚醒剤で逮捕された清水健太郎の後見人を務めていた。

作品リスト[編集]

  • 『特選漫画昭和極道史/桜会事件』(デビュー作)
  • 『現代やくざ・盃返します』
  • 首領への道
  • 誇り高き野望
  • 『昭和極道史』
  • 日本極道史』(上記「首領への道」「誇り高き野望」も収録されている)
  • 『第三の極道』
  • 『極道の門』
  • 『東京魔悲夜』
  • 『日本暴力地帯』(村上和彦初監督作品)
  • 『修羅の門』(村上和彦映像化100本記念作品)
  • 『任侠・盃事のすべて』〈上〉〈下〉 ヤクザ界の冠婚葬祭解説書。
  • 『代紋の墓場』
  • 『裏門釈放』

関連項目[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]