なんだろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なんだろう

日本テレビ放送網

BS日テレのキャラクター
初登場 映画『紅の豚』(1992年)
作者 宮崎駿
詳細情報
種族 動物
性別 不明
配偶者 不明
国籍 日本の旗 日本
テンプレートを表示

なんだろうは、日本テレビ放送網マスコットキャラクター

モチーフである(しっぽは、アナログテレビ放送における本局の物理チャンネル、ならびに地上デジタルテレビジョン放送におけるリモコンキーIDの「4」を模っている)。

概要[編集]

なんだろうが描かれた、日本テレビの旗。

日本テレビが開局40周年を迎えた1992年8月から使われている。日本テレビの開局40周年を記念して制作された。

キャラクターデザインスタジオジブリの映画監督・宮崎駿で、『紅の豚』の冒頭部分に登場している。宮崎によれば、このキャラクターは「性別もない架空の生き物で、しいて言うなら、だれの心の中にもいる、好奇心や夢といったもののシンボル」[1] だという。

当初は開局40周年のキャッチコピーである「みんなのなかに、私はいます。」のキャラクターとして1年間限定使用とする予定であり、1993年の日本テレビ制作番組のクレジットは、1978年に制定された日本テレビ社章に代わってなんだろうが使用され、「製作著作・(なんだろう)40th日本テレビ」とされた。

なんだろうのぬいぐるみは1993年、『午後は○○おもいッきりテレビ』、『クイズ世界はSHOWbyショーバイ!!』、『マジカル頭脳パワー!!』などといった当時の日本テレビの人気番組のセットや司会席に置かれた。前年の1992年は『24時間テレビ 愛の歌声は地球を救う』の公式キャラクター「おたまジャクソン」が各番組に置かれていたが、なんだろうのぬいぐるみが引き継いだことで視聴者に知れ渡り、人気が出たため、正式に1994年以降もマスコットキャラクターとして設定され、制作番組クレジットにも引き続き使用されたほか、2013年までは日テレの社旗にも使用された。

2004年から2013年までは、日本テレビ関連会社のアール・エフ・ラジオ日本でもなんだろうが使われていた。企業ロゴとしてのなんだろうは2003年から配色が変更された(黒の縁+緑 → 金の縁のみ。BS日テレは2008年3月末までは、1992年7月登場時の「黒の縁+緑」のまま変更されていなかった)。

2008年元旦から、創立55周年に伴うキャンペーンロゴ(『日テレ55』)の使用に切り替えた為、クレジットから「なんだろう」は表示されなくなった。55周年キャンペーン終了後の2009年3月30日より、エンドクレジットに「なんだろう」表示が復活した。

2013年元旦より、創立60周年に伴うキャンペーンロゴ(『0テレ Go! Next 60』)への差し替えにより、CS放送とBS日テレの一部番組を含め再びエンドクレジットに表示されなくなった。チャンネル名の日テレG+日テレNEWS24日テレプラスは2003年から使用している従来のロゴを継続使用している。

2014年4月以降、テレビ画面上で「なんだろう」はほとんど見かけなくなり、事実上日本テレビのマスコットキャラクターは「ダベア」が役割を担っている。ただし「なんだろう」の使用を終了するという事ではなく、今後も日本テレビのキャラクターとして継続して使用するとの事[2]。2014年7月19日公開のスタジオジブリ作品『思い出のマーニー』(監督米林宏昌)の宣伝ポスターの右下には、日テレの新ロゴでなく「なんだろう」が黒の縁のみで小さく表記されている。また、日本テレビが関わる映画の冒頭に表示されるロゴマークも、0テレロゴ使用に伴い一部変更され、なんだろうと日テレロゴ(2013年までのもの)が現れるまでは従来のまま、最後にロゴが回転し0テレロゴ[注 1] とキャッチフレーズの「見たい、が世界を変えていく。」が表示されるように変更された。 2020年4月から一定期間、2019新型コロナウイルスによってロケが中断され、開始に間に合わないことを理由に水曜ドラマ土曜ドラマ枠では穴埋めとして過去に放映されたドラマの再放送のエンドクレジットで見ることができる。

エピソード[編集]

  • バラエティ番組進め!電波少年』で、松村邦洋が「なんだろう」を「木村嘉夫(きむら・よしお)」に改名する企画が放送されたが、失敗に終わった。なお、「木村嘉夫」は後に『雷波少年』などに出演したロバ、ロシナンテの本名として使用された。
  • 一時期読売ジャイアンツの選手が東京ドームで行われる主催試合でホームランを打つと、ジャビットとなんだろうのぬいぐるみがプレゼントされていた。
  • モチーフは豚であるが、スタジオジブリが製作したCM用アニメーションの一つに、なんだろうが回転する途中で正面を向き、ピンク色の大きな鼻を見せるものがあった。これは明らかに豚にしか見えないため、日本テレビ側がNGを出し、実際にCMで使用されることはなかった。ただし、そのバージョンを含めた数パターンがDVD「ジブリがいっぱいSPECIAL ショートショート」に収録されている。
  • デジタル放送受信機の放送局表示アイコンにもなんだろうが使われており、地上デジタル、BSデジタル「BS日テレ」、110度CSデジタルの「CS日本番組ガイド」[注 2] のいずれのチャンネルも「金の縁」のなんだろうを使用していた。BSデジタルの受信機表示アイコンは2008年3月までは「黒の縁+緑」のなんだろうを使用していた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この時は日テレロゴに合わせ、金色に統一している。
  2. ^ CS2 147ch。2010年2月末で放送終了。

出典[編集]

関連項目[編集]

他の日本テレビのキャラクター[編集]

日本テレビ製作番組のキャラクター[編集]

外部リンク[編集]