DESIRE (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DESIRE 背徳の螺旋
対応機種 PC-9801
PC-9821/FM TOWNS
セガサターン
Microsoft Windows
PlayStation 2
Playstation Vita
発売元 シーズウェア
[PS2]インターチャネル
[リマスター]ElDia
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 [PC-9801]1994年7月22日
[PC-9821/FMTOWNS]1994年11月25日
[SS]1997年9月11日
[WinCD]1998年6月5日
[WinDVD]1999年7月16日
[PS2]2004年9月30日
[PS2ベスト]2005年10月27日
[リマスター]2017年4月27日
レイティング [PS2]CERO:15才以上対象[1]
[PSVita]CEROC(15才以上対象)
メディア [PSVita]PSVitaカード/ダウンロード
キャラクターボイス あり
映像外部リンク
リマスター版オープニング

DESIRE 背徳の螺旋』(デザイア はいとくのらせん)は、シーズウェアによる18禁アドベンチャーゲーム

本項では各機種向けの移植版についても解説する。

概要[編集]

オリジナルの『DESIRE 背徳の螺旋』は、1994年7月22日PC-9801版が、1994年11月25日にPC-9821/FM TOWNS版が発売された。

2人の主人公のシナリオを進めて物語の真相に迫るマルチサイトシステムを搭載している[2]

移植[編集]

  • セガサターン版(1997年9月11日) - グラフィックやシナリオをリメイク
  • Windows版『DESIRE 完全版』(CD-ROM版:1998年6月5日/DVD-ROM版:1999年7月16日) - グラフィックとエンディングを追加
  • PlayStation 2版(2004年9月30日/ベスト版:2005年10月27日) - インターチャネルより発売。グラフィックを刷新してエンディングやドラマCDを追加した。

リマスター版[編集]

DESIRE remaster ver.』(デザイア リマスターバージョン)は、原作の発売から20年以上経った2017年4月27日ElDiaよりWindows/Playstation Vita用ソフトとして発売された[2]。2017年12月22日には、同社より18禁要素を追加した『DESIRE remaster A ver.』が発売される。

原画はSS版を高解像度でリマスターしたものが用いられるほか、田島直による新規CGも追加されている[2]。BGMは過去の音源のうち、WAVデータで残っていたものが2種類が採用されたが、オープニングとエンディングの音源は現存していなかったため、復元するという方法がとられた[3]。また、BGMを担当したishidaは販売元のElDiaのTwitterで、「当時のMIDIデータを基にBGMを作成したが、現存のデータにはない音もあり、その場合は元の音に近いものや、全体の曲想に合う音を採用した」と振り返っている[4]。それらに加え、Adobe After Effectsによるアニメーションやイベントシーンにおける振動なども追加されているほか、ヒントやコマンドの再選択機能も追加されている[2]

なお、プレイ動画の公開には制限がかけられており、アルバート編の1日目のうち、カイルとラウンジで戦って屋外に出る場面までの公開が許されている。

あらすじ[編集]

グランチェスタ財団が無人島を丸ごと改造した研究施設「DESIRE」。そこでは、謎の実験が行われていた。

アルバート編
新聞記者のアルバートは無理を承知で申し込んだDESIREの取材を承認され、現地へ向かうことになる。早めに到着したために散策をしていたところ、1人の少女を海岸で救出する。
マコト編
DESIREで技術主任という立場のマコトは、恋人であるアルが取材にやってくると知らされ、当日案内を任されることになる。そんな中、工作員が妨害のためにDESIREに潜入したという情報が寄せられる。
 ???編
アルバート編とマコト編の両方をクリアすると見られるシナリオ。選択肢は一切存在せず、物語の真相が明らかになる。

登場人物[編集]

声優名はコンシューマ版ならびにリマスター版[2]

アルバート・マクドガル
声 - 津久井教生
アルバート編主人公で、愛称はアル。SNT(ソーシャルニューズタイム)社に所属する新聞記者。明るい性格をしている。
マコト・イズミ
声 - 氷上恭子
イズミ編主人公。DESIREの技術主任で、ステラ教授の助手である。アルとは恋人同士だが、すれ違いに悩んでいる。アルがDESIREに取材に来ることを知り、止めようとする。
ティーナ
声 - 川上とも子
アルが浜辺で出会った少女で、ティーナというファーストネーム以外のことは一切覚えていない。天真爛漫な性格をしている。
シルビア・ブラザー
声 - 夏樹リオ
DESIREの整備士で、航空学校のパイロット課を卒業した経歴がある。男性的な言動が目立つ人物。
シェリル・シャトレート
声 - 西村ちなみ
DESIREの研究員の一人で、数字と物理の博士号を持っている。黒人とのクォーターであるため、浅黒い肌をしている。
カズミ・M・グランチェスタ
声 - 玉川紗己子
グランチェスタ財団からの視察者。自らの胸の内を明かそうとしない。
レイコ・クサナギ
声 - 山口由里子
ステラ教授の秘書兼世話人で、マコトの親友でもある。派手な外見をしているが、身持ちは固い。
クリスティ・シェパード
声 - 田中敦子
DESIREの総務担当者で、受付にいることが多い。データプロセッシングにたけている。
エレナ・フランソワ
声 - こおろぎさとみ
ゲーツの養女で、メディカルセンターではゲーツの助手を務めている。
カイル・K・カーツ
声 - 松本保典
DESIREの研究員である男性。マコトに気があり、アルとは対立関係にある。格闘技にたけている。
マルチナ・ステラドビッチ
声 - 池田昌子
通称ステラ教授。DESIREの総監督を務める女性。理知的だが、神経質な一面を持つ。また、マスコミ嫌いではあるが、アルに対しては好意的に接する。
隠しシナリオは彼女の視点で物語が進む。
ドクター・ゲーツ
声 - 青野武
DESIREのメディカルセンターに勤める医師。

スタッフ[編集]

PC版
  • キャラクターデザイン/作画監督:田島直
  • 音楽:梅本竜
リマスター版
  • キャラクターデザイン/作画監督:田島直

小説版[編集]

1997年にコアマガジンより森野一角の小説『デザイア 背徳の螺旋』が発売されている。ISBN 9784877341138

出典[編集]

参考文献[編集]

  • セガサターン版取扱説明書

関連項目[編集]

  • EVE burst error - 本作の後に発売された作品で、同じくマルチサイトシステムを搭載している。

外部リンク [編集]