コミッククリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コミッククリア』は、日本出版社KADOKAWA(旧エンターブレイン)が配信しているウェブコミック配信サイト。2016年5月13日までは『ファミ通コミッククリア』の名称で、同社のサイト「ファミ通.com」内で配信されていた。

概要[編集]

「ファミ通.com」内に2009年5月29日に開設された、描き下ろしコミックのコーナー『ファミ通.com・無料コミック』をリニューアルし、2009年10月30日に「新しいブランド」として開設された。『ファミ通コミッククリア』となってからは、毎週金曜日に更新される。2012年5月18日からスマートフォンを含むタブレット端末に対応している。2013年2月15日から、毎月15日にpixivコミック、ニコニコ静画BOOK☆WALKERで無料電子書籍が配信され、過去の作品の再掲載も行われている。

2016年5月13日をもってそれまでの現行連載の作品とともに『ファミ通コミッククリア』から『コミッククリア』へと移行[1]したことで、新連載は紹介ページのみファミ通コミッククリアに掲載されるがコミッククリアにて連載されるようになった。移行時には、ジャンルやカテゴリー分けなど行っている。

また、姉妹ウェブコミック配信サイトとして、『コミックビーズログ エアレイド』が2009年11月13日に開設されていたが、統廃合により2013年2月1日にこちらもなくなっている。

掲載作品[編集]

現行連載[編集]

2016年4月27日の更新を最後に、連載はコミッククリアで更新されるようになった。

長期休止中作品[編集]

連載終了作品[編集]

2009年から連載開始
2010年から連載開始
2011年から連載開始
2012年から連載
2013年から連載
2014年から連載
2015年から連載
2016年から連載
2017年から連載
読み切りシリーズ

シリーズ毎にテーマが決めてあり、さらに月ごとにキーワードを設定し、毎月2名の作家がそれに沿った作品を配信する。

  • オタクの恋の物語。(テーマ:「オタクと恋愛」):シリーズ終了
  • 恋するユニフォーム(テーマ:「恋愛」「制服」):シリーズ終了
  • スコシ・フシギ(テーマ:「非日常」):シリーズ終了
  • SPORTS WITH!(テーマ:「スポーツ」「友情」):2010年7月9日 - シリーズ終了

以下は他社で連載・不定期連載をしていた読み切りをファミ通クリアコミックスでの単行本発売に合わせて公開。

ファミ通クリアコミックス[編集]

本サイトに掲載された作品の単行本は、KADOKAWA発行[6]ファミ通クリアコミックスレーベルとなる。2010年5月15日に創刊し、『デビルサマナー 葉ライドウ対コドクノマレビト』他、6冊のタイトルが同日に刊行された。新刊は毎月15日に発売される。なお、単行本に収録された作品は原則、サイトでの公開を終了する。サイトが『コミッククリア』に改称後も、レーベルは変更されていない。

クリアコミックスの前身は、エンターブレインが2002年まで刊行していた小中学生向け漫画雑誌『ファミ通ブロス』の単行本レーベルで、2010年3月までアンソロジーコミック4コマ漫画用のレーベルとして存続していたブロスコミックスである。旧ブロスコミックスEXで刊行されていた各種のアンソロジーコミックも、現在はクリアコミックスに継承されている。

イベント・フェア[編集]

  • 2011年9月23日から10月10日にかけて開催された「マチ★アソビ vol.7」にて、『ファミ通コミッククリア』・『Fellows!』・(エンターブレイン)・『ゲッサン』(小学館)の3誌合同サイン会が原画展などと共に行なわれた[7]
  • 2012年2月9日(肉の日)頃より『ファミ通コミッククリア』と『Fellows!』の連載作品から4作品ずつ計8つの対象作品の既刊単行本を所定の書店で購入することで、各対象作品の肉をテーマにした描き下ろし番外編が収録された小冊子などが付属する肉フェアeat meat comic Fair)が行なわれた[8]。『ファミ通コミッククリア』からは『空色パンデミック』『学校の階段』『好いとっと!?』『四姉妹エンカウント』が選ばれ、鶴山ミト・namo・ピアイ才・杜講一郎×佐倉乎美による各作品への応援貢も1ページずつ収録されている[9]。判型はB6判。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Webコミックサイト「コミッククリア」が新サイトでリニューアル 「凍京NECRO」など新連載”. ねとらぼ (2016年5月13日). 2016年6月3日閲覧。
  2. ^ STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフの続編だが、吉田糺の続投が諸般の事情により毎月の連載を続けていくことが困難なことから鳥飼やすゆきが担当することになった。
  3. ^ 2010年10月1日の告知より、作者体調不良を理由として長期の休載状態が続いていたが、2011年4月29日に連載中止が発表された。
  4. ^ 週刊ファミ通』2010年3月24日号に第1話が先行掲載された。
  5. ^ 2011年3月から長期休載状態が続いていたが、2011年10月19日に吉田糺に交代し以降は構成アドバイザーとして関わっている。
  6. ^ 当初はエンターブレイン発行・角川グループパブリッシング発売。
  7. ^ 徳島駅前に人気マンガ家が集結!3誌合同サイン会開催中”. ナタリー. ナターシャ (2011年10月9日). 2012年3月6日閲覧。
  8. ^ Fellows! & コミッククリア「肉フェア」で小冊子&手紙配布”. ナタリー. ナターシャ (2012年1月24日). 2012年3月6日閲覧。
  9. ^ 鶴山ミトが『空色パンデミック』、namoが『学校の階段』、ピアイ才が『好いとっと!?』、杜講一郎×佐倉乎美が『四姉妹エンカウント』を担当した。

外部リンク[編集]