フジテレビオンデマンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FOD
URL http://fod.fujitv.co.jp/s/
使用言語 日本語
運営者 フジテレビジョン
収益 広告収入、月額課金
登録 必要
設立日 2005年9月
現状 運営継続中

フジテレビオンデマンド(略称:FOD)は、フジテレビジョンが運営するインターネットテレビ電子書籍配信サービスである。

概要[編集]

FODは動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが特徴。

2005年9月にサービスを開始し、当初はバラエティ番組の傑作選や番組宣伝競馬予想TV!といったオリジナル番組をコンテンツプロバイダとして外部提携サイトへ配信していた。2008年4月には公式サイトからの直接配信を提携サイトでの配信と並行して開始した。

日曜日朝放送の報道討論番組「報道2001」、バレーボールVリーグなどのスポーツ中継や、CS放送・フジテレビワンツーネクストの番組など徐々にコンテンツを拡充し、2009年よりドラマ作品の配信が開始された。

2012年4月よりスマートフォンでの視聴に対応した。また2014年3月よりフジテレビNEXT smartフジテレビNEXTとの同時配信。一部F1など権利上差し替えあり)のサービス提供も開始している。

2015年には動画配信サービスからプラットフォーム化へと舵を切った。1月に最新のドラマやバラエティ番組を放送後7日間だけ無料配信する「プラスセブン」、2月にコミック配信、12月に雑誌配信を開始した。

2015年7月6日、民放では初となる4K番組のネット配信を開始した[1]

2016年度現在で、有料会員数は80万人、月間利用者数は300万人(無料会員含む)に達し、売上げ規模は国内有数。黒字化も達成し、民放最大手となっていた。
自社の番組だけにこだわらず、映画、アニメも配信し始め、現在ではコミック、雑誌も扱っており、フジテレビのコンテンツだけにこだわらないということで、プラットフォームの正式呼称を「FOD」としている。[2][3]

2016年8月1日より、FODで一部の作品を固定料金で視聴できる月額見放題コース「FODプレミアム」が新設[4]

2017年4月3日より、NHK大河ドラマ連続テレビ小説土曜ドラマドラマ10の11番組588話を配信開始した。FODをはじめとした民放各局のオンデマンドサービスでNHKのコンテンツを扱うのは初めてで、今後もテレビ局の壁を越え良質なコンテンツを配信する方針。[5]

2018年3月、スマートフォン向けアプリ「FOD」が累計ダウンロード数700万件を突破した。
2018年3月30日から「Apple TV」に対応し、テレビでも視聴可能となった。2018年5月以降に「Android TV」や、AmazonFire TVFire TV Stick」にも順次対応する[6]

料金体制[編集]

月額見放題コース、月額ポイントコース、月額ライブコースがある。料金はいずれも税抜。 これらの月額コース会員は、特典として雑誌が無料で読み放題となっている(読み放題対象の雑誌は以下に掲載)。

月額見放題コース 月額ポイントコース 月額ライブコース
①FODプレミアム(月額888円)
②アニメ見放題(月額350円)
③競馬予想TV!(月額1000円)
①300ポイントコース(月額300円)
②500ポイントコース(月額500円)
③1000ポイントコース(月額1000円)
④2000ポイントコース(月額2000円)
フジテレビONETWO smartコース(月額1000円)
フジテレビNEXT smartコース(月額1200円)
フジテレビONE+TWO+NEXT smartコース(月額1500円)

支払い方法は

配信作品[編集]

FODは動画配信・ライブ配信・電子書籍(雑誌やコミック、小説など)の配信の三本柱となっている。

配信数(2016年12月時点)[7]
映像作品 電子書籍・コミック 雑誌
約1500番組/1万5千話 4万タイトル・15万冊 約80誌

ライブ配信[編集]

CS放送のフジテレビONE/TWO/NEXTをインターネット経由で24時間同時ストリーミング配信するサービスで、PC・スマホ・タブレットで視聴できる。一部の番組については一定期間繰り返しの視聴が可能な「見逃し配信」にも対応している。また、放送内容は権利の関係上、CS放送とは部分的に異なる場合もある。視聴するには、月額ライブコースに登録が必要。詳しくは、FODライブ配信を参照。

電子書籍[編集]

雑誌[編集]

以下は【雑誌読み放題サービス】で配信している雑誌で、100以上の雑誌が月額コース会員は無料で読み放題。詳しくは、読み放題対象の雑誌一覧を参照。

写真週刊誌 FRIDAYFLASH、FLASHスペシャル グラビアBEST
一般週刊誌 週刊アサヒ芸能SPA!週刊プレイボーイ週刊現代週刊ポスト週刊朝日AERAサンデー毎日ニューズウィーク日本版SAPIOクーリエ・ジャポン
女性週刊誌 女性自身女性セブン
女性ファッション誌 MORECanCamBAILARaynon-noOggiDomaniPreciousSeventeenCLASSY.LEESPUR
男性ファッション誌 MEN'S NON-NO、GO OUT、UOMOMEN'S EXメンズクラブGQ JAPAN、Mr.Babe Magazine
女性向け雑誌 MAQUIA美的、オズプラス、ELLE、ELLE DECOR、オズマガジンフィガロジャポンVOGUE JAPANNuméro TOKYOLDK
男性向け雑誌 TarzanGetNaviDIME、Begin、おとなの週末、PenGoodsPress男の隠れ家、Lightning、デジモノステーション、サライ
生活情報誌 ESSE、Como、MartHanakoオズプラス
スポーツ雑誌 週刊Gallop週刊ベースボール週刊プロレスF1速報GOLF TODAYサッカーダイジェストワールドサッカーダイジェスト、EVEN、スマッシュ、アルバトロス・ビュー
経済雑誌 週刊ダイヤモンド週刊エコノミスト週刊東洋経済ダイヤモンドZAi
趣味・専門誌 ムーパチンコ必勝本CLIMAXパチスロ必勝本Mac Fanランドネ住まいの設計、PEAKS、つり情報、つり人、CAPA、BICYCLE CLUB、Discover Japan、RIDERS CLUB、サーフトリップジャーナル、WIREDCOURRiER JaponMONOQLO家電批評将棋世界、flick!、BE-PAL
グルメ雑誌 東京カレンダー料理通信、エル・ア・ターブル、ビール王国、ワイン王国、食楽、buono、エル・グルメ

マンガ・小説など[編集]

4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックを配信中で、マンガ・小説などの電子書籍は、ポイントで購入する仕組みとなっている。一部無料商品もある。
FODプレミアムコース会員に限り、電子書籍の購入に利用したポイントから一律20%分のポイントが還元される。さらに、電子書籍の購入に使用できるポイントを毎月100ポイントプレゼントされる。月額見放題コース(アニメ見放題を除く)と月額ライブコースでも、電子書籍購入に使用できる毎月100ポイントがプレゼントされる。詳しくは、マンガ・小説・雑誌を参照。

動画配信[編集]

ドラマ[編集]

詳しくは、FODドラマを参照。
現在や過去にフジテレビ系列で放送された作品のほか、海外ドラマ韓流ドラマなども配信している。
過去にVHSソフト化されたもののDVDソフト化されていない1980年・1990年代の名作ドラマが配信されているほか、NHKの一部ドラマも配信している。

バラエティ[編集]

現在放送中のバラエティ番組や過去の番組、FODオリジナル番組などを配信している。詳しくは、FODバラエティを参照。

スポーツ・エンタメ[編集]

詳しくは、FODスポーツ・エンタメを参照。

アニメ[編集]

詳しくは、FODアニメを参照。
ノイタミナ枠で放送されたアニメを概ね全作品配信中。2015年8月よりフジテレビオンデマンドがリニューアルし略称である「FOD」を全面に推し出す形になったのを機に、他局で放送したアニメ作品も多数追加された。ほか、FOD初のオリジナルアニメ『オシリスの天秤』も製作・配信中。

映画[編集]

詳しくは、FOD映画を参照。

アナウンサー[編集]

詳しくは、FODアナウンサーを参照。
フジテレビアナウンサーのオリジナルコンテンツ動画を配信している。地上波で放送の「夜のアナウンサー研修」もオンエア後に配信スタート。

FODオリジナル[編集]

詳しくは、FODオリジナルを参照。

FOD見逃し無料[編集]

2015年1月から試験提供を開始したインターネットでの見逃し配信サービスで、フジテレビ系列の最新のドラマ・バラエティが地上波で放送後に最大で7日間無料で視聴できる。ただし、地上波の全番組が視聴できるわけではない。2017年に「+7」から現行のサービス名に変更された。

なお視聴は日本国内に限定している。原則として放送終了直後から翌週の放送1時間前を概ねの無料配信時間としているが、番組によっては放送翌日の午後から配信されるものもある。翌週の放送がない場合でも基本的に放送後1週間経過すると無料視聴終了となる。また、東海テレビ放送製作の昼の帯ドラマ[8]ジャニーズ事務所所属タレント出演番組の一部などは見逃し配信の対象外となっていたが、2017年6月放送スタートの東海テレビ制作のドラマ「屋根裏の恋人」は配信された。

フジテレビ社長の亀山千広は、無料配信サービスの試行について、テレビのリアルタイム視聴離れが進んでいることから、リアルタイム視聴を促し、テレビでの番組視聴機会を拡大することや、国内外の海賊版による不正コピーの抑制を目指すとしている[9]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]