覆面系ノイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
覆面系ノイズ
ジャンル 少女漫画学園
漫画
作者 福山リョウコ
出版社 白泉社
掲載誌 花とゆめ
レーベル 花とゆめコミックス
発表号 2013年10号 -
巻数 既刊13巻(2017年6月現在)
アニメ
原作 福山リョウコ
監督 髙橋秀弥
シリーズ構成 赤尾でこ
脚本 赤尾でこ
キャラクターデザイン いとうまりこ
音楽 SADESPER RECORD
アニメーション制作 ブレインズ・ベース
製作 アニメ「覆面系ノイズ」製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2017年4月 - 6月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

覆面系ノイズ』(ふくめんけいノイズ)は、福山リョウコによる日本漫画作品。『花とゆめ』(白泉社)にて、2013年10号から連載開始[1]。単行本は「花とゆめコミックス」より刊行され、2017年6月の時点で既刊13巻が刊行されている。

あらすじ[編集]

歌うことが大好きなニノは、幼い頃に初恋の相手・モモ、そして曲づくりをする・ユズの2人と別れる経験をする。「いつの日か歌声を目印に、ニノを見つけ出す」という2人と交わした約束を信じて歌い続けてきたニノは、高校でユズとの再会を果たす。ユズの所属するバンドin No hurry to shout(イノハリ)のボーカルに誘われたニノは、歌う場所を得て、その歌声に磨きをかける日々を送りはじめる。一方、ニノと同じ高校に通っていたモモは、すでに作曲家としてのキャリアを積んでいた。しかし、モモはニノのために作った曲を金のために売ってしまった自責の念からニノを避ける。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

担当声優は、特記がない限りアニメ・『花とゆめ』2014年7号付録ドラマCDの声優[2][3]。演は映画版キャスト。

有栖川 仁乃(ありすがわ にの)
声 - 早見沙織 / 演 - 中条あやみ[4]
Vo.&Gt./アリス (in No hurry to shout)
本作の主人公。通称「ニノ」。高校1年生。小さい頃から唄う事が好き。モモ(榊桃)がいなくなってから感情が高まると叫び出してしまうため、マスクを常用している。由比ヶ浜に行き、叫ぼうとしたところにユズと出会う。好物はねぎま。のちに軽音部所属。モモのことが好き。
杠 花奏(ゆずりは かなで)
声 - 山下大輝(アニメ)、高橋李依(アニメ幼少期)、沢城みゆき(ドラマCD) / 演 - 志尊淳[5]
Gt./チェシャ (in No hurry to shout)
通称「ユズ」。高校1年生(年齢はニノより1歳年上だが、留年している)。幼い頃ニノと出会った曲作りをする少年。幼少期に父親が飛行機事故で亡くなったことが原因で、歌を唄う事ができない。身長を伸ばすためにいつも牛乳を飲んでいる。イノハリの曲すべてを作曲。ニノがイノハリに入るまでは女装をし、深桜の声を当てて口パクでアリスのビジュアルのみ担当していた。コーヒーが苦手。軽音部所属。ニノが好き。音楽(歌とか全般)は好きだが、関わることを母から禁止されている。その為、音楽に関係したものはなく、パソコンやスマホを毎日チェックされる為、チェックされる前に削除する。パスワードをつけることすら禁止されており、音を奏でられる場所は、学校か、イノハリしかない。
榊 桃(さかき もも)
声 - 内山昂輝村中知(アニメ幼少期) / 演 - 小関裕太[5]
Ba./B (SILENT BLACK KITTY)
通称「モモ」。高校1年生。歌とダジャレを愛する。ニノの幼馴染みで三か月年下。お腹にホクロと太腿に火傷跡がある。作曲家・桐生桃として活躍中だが、イノハリのライバルバンドSILENT BLACK KITTY(黒猫)にベースとして参加。ニノのために作った歌を売った罪悪感から距離をおこうとするが本当はニノに自分が作った歌を唄ってほしいと思っている。ニノが好き。モモとモモの母親の関係が…。ユズのことを「まつげ」と呼ぶ(キモまゆやまつげだと呼んだこともある。心の中ではあるがポチと思ったこともある)。
悠埜 佳斗(はるの よしと)
声 - 小野大輔 / 演 - 杉野遥亮[6]
Ba./クィーン (in No hurry to shout)
通称「ハルヨシ」。高校2年生。オネエ言葉を話す、軽音部部長。最初はニノがイノハリに入ることを受け入れていなかったがニノがギターを使ってイノハリの歌を歌っているのを見て次第に受け入れている。恋愛が絡むと1周まわってダサくなるスキルをもつ。かつて、音楽から離れていたユズを軽音部に誘った。ついに深桜に告白し、付き合うことになった。深桜が好き。
珠久里 深桜(すぐり みおう)
声 - 高垣彩陽 / 演 - 真野恵里菜[6]
Vo.&Gt./A (SILENT BLACK KITTY)
軽音部のボーカル。元々イノハリで口パクのアリスに声を当てていた、影のボーカル。イノハリ脱退後もSILENT BLACK KITTY(黒猫)のボーカルとして活動中。一応軽音部には所属。ユズが好き。だったが、ユズを忘れるためにハルヨシと付き合い、ハルヨシのことを意識するようになる。
黒瀬 歩(くろせ あゆみ)
声 - 福山潤(アニメ)、鈴村健一(ドラマCD) / 演 - 磯村勇斗[6]
Dr./ハッター (in No hurry to shout)
通称「クロ」。高校1年生。関西弁をつかっている。イノハリのメンバーに最初に楽器を与えたのは、クロの兄だった。軽音部所属。兄の婚約者の羽依のことが好きだが、その気持ちを隠していたが、あることがきっかけで羽衣にキスしかけ、ハルヨシの家に泊まっている。

芸能界[編集]

梁井 壬散(やない みちる)
声 - 浪川大輔
イノハリのマネージャー。25歳。いつもイノハリのわがままに振り回されているが、ニノの歌声を採用したり、SILENT BLACK KITTYに仕掛ける強気な一面も。ヘビースモーカー。通称「ヤナ」。
久瀬 月果(くぜ つきか)
声 - 新井里美
メビウスエンタテイメント社員。借金を抱えている母親の代わりとして、モモを保護し共に暮らしている。
北条 菖蒲(ほうじょう あやめ)
Dr./C (SILENT BLACK KITTY)
金属アレルギーで、よく首が赤くなっている。深桜いわくアルコール中毒。
グミ
20歳の浪人生。イノハリの翌週MK(ミュージックキング)に出演し、大ブレイク。RH(ロックホライズン)でイノハリの演奏を見て、ニノの大ファンになる。浪人生ながら、あまり勉強しない。ニノたちの高校の文化祭に来る。
東雲(しののめ)
ライター。イノハリや黒猫 (SILENT BLACK KITTY)などの、ルックス重視のバンドを嫌う。「来年には消えている」と発言。しかし、RHでのイノハリの演奏を聴き、考えが変わる。
翠(すい)
ZEROのNo.1人気モデル。テレビ・雑誌でレギュラーを持っている。元々バンドをしていたが、鳴かず飛ばずであきらめ、モデルになった。ZERO5周年記念で歌手デビューにつき、ユズに作曲の依頼、ニノに作詞の依頼をする。珠莉のことが好き。
水上 珠莉(みずかみ じゅり)
ZEROのNo.1人気モデル。テレビ・雑誌でレギュラーを持っている。翠に同じく歌手デビューの際、2人に依頼。男性に触られることを嫌がる潔癖性だが、翠とはたまに手を繋いでいる。

その他[編集]

三戸田瑛士
声 - 鈴木達央明坂聡美(幼少期)
ニノとモモの同小で、ニノのクラスメイトだった。ニノやモモ(一部、ユズ)のこと(特にニノ)をよくからかっており、モモとは喧嘩をしていた。ニノの歌声を聞き、歓待する。現在は、ニノ達と同じ高校に通っている。昔は、坊主(ハゲ)ってだが、今は、フサフサ。でもニノには、「ハゲくん」と呼ばれている(小学校時代、モモにも呼ばれている)。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2016年4月にテレビアニメ化が発表され[7]、2017年4月から6月まで放送された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

特記がない限り作曲はNARASAKI、編曲・演奏はin NO hurry to shout;。

オープニングテーマ[8]
「ハイスクール [ANIME SIDE] -Bootleg-」(第2話)
作詞 - 三重野瞳福山リョウコ / 歌 - 深桜(高垣彩陽
第1話、第3話では挿入歌として使用された。第4話ではイントロのみ使用された。
「ハイスクール [ANIME SIDE] -Alternative-」(第5話、第7話 - 第11話)
作詞 - 三重野瞳、福山リョウコ / 歌 - ニノ(早見沙織
第4話では挿入歌・エンディングテーマ、第12話では挿入歌として使用された。
エンディングテーマ「アレグロ」[8](第1話 - 第3話、第5話 - 第10話、第12話)
作詞 - 福山リョウコ / 歌 - ニノ(早見沙織)
挿入歌[8]
きらきら星」(第1話、第2話、第5話、第8話、第11話、第12話)
訳詞 - 武鹿悦子 / 作詞・作曲 - フランス民謡
「スパイラル」(第1話、第3話)
作詞 - 三重野瞳、福山リョウコ / 歌 - ニノ(早見沙織)
「ウェンズデイビューティー」(第4話、第9話)
作詞 - 福山リョウコ / 歌 - ニノ(早見沙織)
「カナリヤ [ANIME SIDE]」(第5話、第6 - 12話)
作詞 - 福山リョウコ / 歌 - ニノ(早見沙織)
第4話ではイントロのみ使用された。
「FALLING SILENT」(第7話、第12話)
作詞 - 幸田澪 / 作曲 - Billy / 編曲・演奏 - SILENT BLACK KITTY / 歌 - 深桜(高垣彩陽)
「ノイズ」(第11話、第12話)
作詞 - 福山リョウコ / 歌 - ニノ(早見沙織)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル コンテ 演出 作画監督 総作画監督
♭01 ぼくたちは、ほんとのこころを、かくしてる 髙橋秀弥 相坂ナオキ -
♭02 かみさま、アリスのこいが、
えいえんにかないませんように
後藤圭二 田中良治 高野ゆかり、川妻智美
高橋道子、香田知樹
高野やよい
重本和佳子
♭03 どうしても、いますぐ 樋口聡美 中野圭哉 -
♭04 ほんとのこころをかくしたぼくらは、
こうしてあのひ、てをくんだんだ
こでらかつゆき 佐々木純人 高野ゆかり、塚本歩
高橋道子、香田知樹
高野やよい
重本和佳子
♭05 きみのあんな笑顔、みなくてすんだのに 西森章 山崎茂 中野彰子 たむらかずひこ
♭06 今日も明日も、歩く 大宙征基 真野玲 松尾亜希子 -
♭07 ぼくらの視線はようやく、交差したんだ こでらかつゆき 田中良治 高野ゆかり、水竹修治
香田知樹、松本まみ子
中島裕里
重本和佳子
♭08 きみのともだちになるって、ぜったい、なってみせるって 大原実 山内東生雄 相坂ナオキ -
♭09 そうして、ぼくらははしりだした、あの夏をめざして 西森章 真野玲 松尾亜希子、相坂ナオキ
松本健太郎
♭10 アリスにひをつけたのは、ぼくだった 大門大子 菱川直樹 中野彰子 たむらかずひこ
♭11 全員ここから、離れられなくしてやる こでらかつゆき
たかはしひでや
寺澤和晃
たかはしひでや
二松真里、松本まみ子
渚美帆、香田知樹
相坂ナオキ
重本和佳子
♭12 とどきますように 髙橋秀弥
大原実
髙橋秀弥 松尾亜希子、相坂ナオキ
重本和佳子
-

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[9]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [10] 備考
2017年4月11日 - 6月27日 火曜 23:00 - 23:30 TOKYO MX 東京都
2017年4月14日 - 6月30日 金曜 2:25 - 2:55(木曜深夜) 関西テレビ 近畿広域圏 製作委員会参加
2017年4月18日 - 7月4日 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜) BSフジ 日本全域 BS放送 / 『アニメギルド』枠 / 製作委員会参加
2017年7月5日 - 7月12日 火曜 - 土曜 1:00 - 2:00(平日深夜) アニマックス 日本全域 BS/CS放送 / 2話連続放送
字幕放送 / リピート放送あり[11]
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[9]
配信期間 配信時間 配信サイト
2017年4月14日 - 6月30日 金曜 22:00 - 22:30 AbemaTV 新作アニメch
2017年4月15日 - 7月1日 土曜 12:00 更新
2017年4月16日 - 7月2日 日曜 0:30 - 1:00(土曜深夜) ニコニコ生放送

BD / DVD[編集]

発売日[13] 収録話 規格品番
BD初回版 DVD初回版
1 2017年6月28日 第1話 - 第2話 1000647881 1000647887
2 2017年7月26日予定 第3話 - 第4話 1000647882 1000647888
3 2017年8月23日予定 第5話 - 第6話 1000647883 1000647889
4 2017年9月27日予定 第7話 - 第8話 1000647884 1000647890
5 2017年10月25日予定 第9話 - 第10話 1000647885 1000647891
6 2017年11月29日予定 第11話 - 第12話 1000647886 1000647892

CD[編集]

発売日[8] タイトル 規格品番
2017年4月19日 ハイスクール [ANIME SIDE] -Bootleg- / スパイラル 1000643196
2017年5月10日 ハイスクール [ANIME SIDE] -Alternative- 1000643197(初回盤)
1000643198(通常盤)
アレグロ 1000643199
2017年5月17日 カナリヤ [ANIME SIDE] 1000643200
2017年6月14日 FALLING SILENT 1000643201
2017年6月21日 ノイズ 1000643202
2017年6月28日 オリジナルサウンドトラック 1000647790

Webラジオ[編集]

覆面系ノイズ in NO Hurry to Radio;』(ふくめんけいのいずいんノーハリートゥラジオ)は、2017年4月8日から7月1日まで超!A&G+にて毎週土曜15時、音泉にて同日15時30分に配信された番組[14][15]。パーソナリティはニノ役の早見沙織とユズ役の山下大輝

カンテレ 金曜2:25 - 2:55(木曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
オールモスト・ヒューマン
(2:25 - 3:25、海外ドラマ)
覆面系ノイズ
サクラダリセット
(30分繰り上げ)
BSフジ 火曜0:00 - 0:30(月曜深夜)枠
覆面系ノイズ
【ここから『アニメギルド』枠】

実写映画[編集]

2016年10月に実写映画化が発表され[16]、2017年11月25日に公開予定[6]。監督は三木康一郎、主演は中条あやみ[4]

スタッフ(実写映画)[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福山リョウコの新連載「覆面系ノイズ」は片恋バンドもの”. コミックナタリー (2013年4月20日). 2016年7月16日閲覧。
  2. ^ 4月アニメ「覆面系ノイズ」ニノ役は早見沙織!山下大輝と内山昂輝も出演”. コミックナタリー (2016年12月20日). 2016年12月20日閲覧。
  3. ^ 「覆面系ノイズ」ドラマCDに早見沙織、沢城みゆきら出演”. コミックナタリー (2014年3月5日). 2016年7月16日閲覧。
  4. ^ a b c “映画「覆面系ノイズ」中条あやみがニノ役、歌&ギターに挑戦!監督は三木康一郎”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年11月23日). http://natalie.mu/eiga/news/210298 2016年11月23日閲覧。 
  5. ^ a b “中条あやみ主演の映画「覆面系ノイズ」ユズ役は志尊淳、モモ役は小関裕太”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年11月27日). http://natalie.mu/comic/news/210909 2016年11月27日閲覧。 
  6. ^ a b c d “映画「覆面系ノイズ」真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮がバンドメンバーに”. コミックナタリー. (2017年1月11日). http://natalie.mu/comic/news/216355 2017年1月11日閲覧。 
  7. ^ 「花とゆめ」連載の『覆面系ノイズ』がTVアニメ化決定!? 片思いと音楽で織り成される恋愛ストーリーに注目!”. アニメイトタイムズ (2016年4月21日). 2016年7月16日閲覧。
  8. ^ a b c d MUSIC”. TVアニメ『覆面系ノイズ』公式サイト. 2017年3月18日閲覧。
  9. ^ a b TVアニメ『覆面系ノイズ』公式サイト”. 2017年3月6日閲覧。
  10. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  11. ^ 覆面系ノイズ”. アニマックス. アニマックスブロードキャスト・ジャパン. 2017年6月1日閲覧。
  12. ^ U-NEXT
  13. ^ Blu-ray&DVD”. TVアニメ『覆面系ノイズ』公式サイト. 2017年4月11日閲覧。
  14. ^ 【新番組】4月8日(土) アニメ「覆面系ノイズ」のラジオ番組がスタート!”. 超!A&G. 文化放送 (2017年3月15日). 2017年3月15日閲覧。
  15. ^ 覆面系ノイズin NO Hurry to Radio;”. 音泉. 2017年3月18日閲覧。
  16. ^ “福山リョウコのマンガ「覆面系ノイズ」が実写映画化”. 映画ナタリー. (2016年10月5日). http://natalie.mu/eiga/news/204242 2016年10月5日閲覧。 

外部リンク[編集]