転生王女と天才令嬢の魔法革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
転生王女と天才令嬢の魔法革命
Tensei Ōjo to Tensai Reijō no Mahō Kakumei logo.png
ジャンル ファンタジー[1]百合[2]
異世界転生[3]なろう系[4]
小説
著者 鴉ぴえろ
イラスト きさらぎゆり
出版社 KADOKAWA
掲載サイト 小説家になろう
レーベル 富士見ファンタジア文庫
連載期間 2019年2月13日 - 2020年6月26日
刊行期間 2020年1月18日[5] -
巻数 既刊6巻(2023年1月現在)
漫画
原作・原案など 鴉ぴえろ(原作)
きさらぎゆり(キャラクター原案)
作画 南高春告
出版社 KADOKAWA
掲載誌 電撃マオウ
レーベル 電撃コミックスNEXT
発表号 2020年9月号 -
発表期間 2020年7月27日[6] -
巻数 既刊4巻(2022年8月現在)
アニメ
原作 鴉ぴえろ
監督 玉木慎吾
シリーズ構成 渡航
キャラクターデザイン 井出直美
音楽 日向萌
アニメーション制作 ディオメディア
製作 転天製作委員会
放送局 AT-Xほか
放送期間 2023年1月4日 -
アニスフィア
ユフィリア
千本木彩花
石見舞菜香
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

転生王女と天才令嬢の魔法革命』(てんせいおうじょとてんさいれいじょうのまほうかくめい)は、鴉ぴえろによる日本ライトノベル、およびメディアミックス作品である。略称は「転天[1][7]

「魔法に愛されなかった異端の天才」アニスフィアと、「誰よりも魔法に愛された天才」ユフィリアの、二人を主人公とする作品[8]。「王宮百合ファンタジー」と銘打っている[2]

沿革[編集]

2019年に『小説家になろう』にてWeb版の連載を開始し[9]、2021年に後日談も含めた連載が終了した。なお、Web版のあらすじ部分に「Web版と書籍版は展開や内容が異なる部分も多い」と言及されている。

ファンタジア文庫から書籍化されることは2019年10月10日の活動報告で発表され[10]、書籍版第1巻は2020年1月18日に発売された[5]

南高春告による漫画版は2020年7月27日発売の『電撃マオウ』(KADOKAWA)9月号より連載が開始されている[6]

2022年8月には2023年テレビアニメ化が告知され、公式サイトおよび公式Twitterが開設された[11]。同年10月には1月からの放送であることも告知され[12]、オープニングテーマ情報も発表された[1]

あらすじ[編集]

5歳のパレッティア王国王女、アニスフィア・ウィン・パレッティアは、ある日前世の知識や常識を思い出す。それをきっかけに魔法に強い情熱を抱くものの、魔法の適性がなかった彼女は、魔法科学という新たな技術体系を編み出した。飛行魔道具『魔女箒』もその産物の一つであり、17歳になったアニスフィアはその夜間飛行テストを行った晩、制御失敗により貴族子女らの通う学院の夜会会場へと突入。そこで弟王子アルガルドがマゼンタ公爵家令嬢ユフィリアに婚約破棄を突き付ける場面に遭遇し、放っておけないと感じたユフィリアを、強引に自分の離宮へと連れ帰った。その後アニスフィアはユフィリアを助手とすることに決め、二人は絆を深めていくのであった。

登場人物[編集]

声の項はテレビアニメの声優。年齢は初登場時[13]

主要人物[編集]

アニスフィア・ウィン・パレッティア
声 - 千本木彩花[14]
本作の主人公で、17歳[注 1]。愛称は「アニス」。パレッティア王国の第一王女であり[17]、「キテレツ王女」「最強の問題児」「狩猟の略奪姫(マローダー・プリンセス)」等の異名を持つ。魔法への強い情熱を持ちながらも適性を持たず、長年の研究により「魔法科学(魔学)」を編み出した。高位の冒険者でもあり、自分で素材や研究資金を獲得している。
ユフィリア・マゼンタ
声 - 石見舞菜香[14]
本作のもう一人の主人公で、15歳。愛称は「ユフィ」。マゼンタ公爵令嬢であり、次期国王であるアルガルドの婚約者として王妃教育に励むものの、最終的には貴族学院の夜会にて婚約破棄を突き付けられる。その理由とされた事柄に心当たりはなく、されどアルガルドらに悪意は感じられず、愕然としているところをアニスフィアにさらわれるという形で救出される。
イリア・コーラル
声 - 加隈亜衣[14]
27歳[注 2]。アニスフィア専属侍女。アニスフィアに厳しい発言を繰り返し、「不敬じゃないかな!?」と彼女に突っ込まれることも多い。実は過去にアニスフィアに助けられたことがあり、ユフィリアに過去の自分を重ねてみている部分もある。
レイニ・シアン
声 - 羊宮妃那[14]
15歳。婚約破棄のきっかけとなった少女。男爵令嬢だが、元は平民であり、至らぬ部分をユフィリアに注意されたりもしていた。

主要人物の家族[編集]

アルガルド・ボナ・パレッティア
声 - 坂田将吾[14]
15歳。アニスフィアの弟であり王太子。姉に対し強い敵愾心や劣等感を持つ。幼い頃はアニスフィアと非常に仲が良かったが、彼女が魔法科学を編み出すしかなかったことや、それによる周囲の声が二人の関係に致命的な亀裂を入れるにいたった。
オルファンス・イル・パレッティア
声 - 浜田賢二
37歳。アニスフィアとアルガルドの父親であり現国王。実年齢より10歳は老けているように見える。
シルフィーヌ・メイズ・パレッティア
37歳。オルファンスの妻で、アニスフィアとアルガルドの母親。王妃であるが外交も担当しており外遊していることも多い。少女に間違われるほど若く見える。
グランツ・マゼンタ
声 - 坪井智浩
37歳。マゼンタ公爵家の当主。ユフィリアとカインドの父親。筆頭貴族としてオルファンスの右腕を務める。
ネルシェル・マゼンタ
32歳。グランツの妻で、ユフィリアとカインドの母親。普通は穏やかだが、怒らせると怖いと評判がある。
カインド・マゼンタ
ユフィリアの弟。
ドラグス・シアン
34歳。元は平民の冒険者だったが功績があり男爵となった。レイニの父親であるが、平民時代にレイニの母が姿を消したため、孤児院にいたレイニを見つけるまでその存在も知らなかった。レイニを引き取ってからは溺愛している。
アリアンナ・シアン
20歳。ドラグスの妻でレイニの義母。子爵家出身。年の差にかまわずドラグスに求婚した。レイニにも優しく接している。

その他[編集]

ティルティ・クラーレット
声 - 篠原侑[14]
不穏な噂を持つ侯爵令嬢。アニスフィアと共同研究も行っている。書籍版では第2巻[18](WEB版では通算117話目の幕間[19])、漫画版では第4巻[20]からの登場だが、アニメ版では第1話から登場。
マシュー・スプラウト
36歳。スプラウト伯爵家当主で、近衛騎士団騎士団長。アニスフィアに戦い方を教えた師匠であり、作った発明品に注目したり、言葉を交わす機会が多い。
ナヴル・スプラウト
声 - 岡野友佑
15歳。マシューの息子であり、アルガルドの側近候補だった。アルガルドに追随してユフィリアを糾弾した貴族令息の一人。レイニがその糾弾についてどのように感じるかは考えていなかった。
モーリッツ・シャルトルーズ
声 - 八代拓
アルガルドに追随してユフィリアを糾弾した男子の一人。実はユフィリア糾弾やその後の陰謀をアルガルドに教唆した黒幕であった。
シャルトルーズ伯爵
声 - 露崎亘
モーリッツの父親。魔法信仰に拘っている。政治的に影響が大きい魔法省の長官で、アルガルドとモーリッツの陰謀を後押ししていた。
サラン・メキ
声 - 手塚ヒロミチ
大商人の息子でアルガルドに追随してユフィリアを糾弾した男子の一人。貴族に婿入りする予定であったが、アルガルドの不祥事に加わった結果、実家から勘当された。
トマス・ガナ
25歳。城下町で一人でガナ工房を営んでいる平民。無愛想で頑固な職人気質。アニスフィアの魔道具制作の鍛冶工程に携わっている。
リュミエル
パレッティア王国にある大森林「黒の森」の奥地に隠遁していた精霊契約者。通称リュミ、フルネームはリュミエル・レネ・パレッティア。初代国王の娘であり、王家とマゼンタ公爵家の先祖であるが、精霊契約者であるため見た目が若いままである。

作中用語[編集]

魔法
精霊に働きかけ、魔力を代償に行使する現象。魔法を使えるかどうか、どんな魔法が使えるかは個々人の適性により決まっており、適性がない魔法は行使することができない。
魔法科学(魔学)
魔法の適性がなかったアニスフィアが編み出した学問。革新的な技術だが異端視する者も多い。一般に省略形の「魔学」と表記・呼称される。
精霊
世界中に存在し、彼らに魔力を提供することで魔法は行使できる。狂信的な信仰を持つ者もいる。
精霊石
精霊の力を秘めた石であり、これが有れば魔法の適性がなくても限定的に魔法を使うことができる。一般的には精霊からの贈り物とされているが、アニスフィアは「精霊の死骸みたいなもの」と説明している。
アルカンシェル
ユフィリア専用の魔道具であり魔剣。その名前は「虹」を意味し、色んな属性の魔法を行使できる魔杖。
セレスティアル
アルカンシェルと対になるアニスフィア専用魔剣。その名前は「そら」を意味する。短剣状だが魔力の注入で刀身が変化する。アニスフィアの全魔力を注ぎ込んでも壊れないほどの粘りの強さと懐の深さがある。

既刊一覧[編集]

小説[編集]

  • 鴉ぴえろ(著)・きさらぎゆり(イラスト)『転生王女と天才令嬢の魔法革命』KADOKAWA〈ファンタジア文庫〉、既刊6巻(2023年1月20日現在)
    1. 2020年1月18日発売[5]ISBN 978-4-04-073476-7
    2. 2020年5月20日発売[18]ISBN 978-4-04-073691-4
    3. 2021年1月20日発売[21]ISBN 978-4-04-073916-8
    4. 2021年8月20日発売[22]ISBN 978-4-04-074220-5
    5. 2022年8月20日発売[23]ISBN 978-4-04-074610-4
    6. 2023年1月20日発売[24]ISBN 978-4-04-074846-7

漫画[編集]

テレビアニメ[編集]

2023年1月よりAT-Xほかにて放送中[29]ナレーション釘宮理恵が担当[30]

原作・コミカライズ版ではいずれもユフィリアの婚約破棄の場面から始まっているが、アニメ版ではそれを第一話のラストとし、それ以前の二人の描写を掘り下げている。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 鴉ぴえろ[14]
  • キャラクター原案 - きさらぎゆり[14]
  • 監督 - 玉木慎吾[14]
  • シリーズ構成 - 渡航[14]
  • キャラクターデザイン - 井出直美[14]
  • サブキャラクターデザイン - 前田恭佑
  • キーアニメーター - 井出直美、松本麻友子、石川雅一、本多美乃
  • 衣装デザイン - 鈴木陽子
  • 美術設定 - 滝口勝久
  • 美術監督 - 細井友保
  • 色彩設計 - 林由稀
  • 撮影監督 - 伊藤康行
  • オフライン編集 - 小島俊彦
  • 音響監督 - 立石弥生
  • 音楽 - 日向萌
  • 音楽制作 - KADOKAWA
  • 音楽プロデューサー - 水鳥智栄子
  • プロデューサー - 河本紗知、伊藤志暢、天野翔太、岩田聡一郎、西前朱加、松村尚、大久保明子
  • アニメーションプロデューサー - 竹岡瑞樹
  • アニメーション制作 - ディオメディア[14]
  • 製作 - 転天製作委員会(KADOKAWA、ディオメディア、CTWAT-X関西テレビ放送TVA advance

主題歌[編集]

「アルカンシェル」[31]
花たんによるオープニングテーマ。作詞・作編曲はdoriko
「Only for you」[31]
アニスフィア・ウィン・パレッティア(千本木彩花)、ユフィリア・マゼンタ(石見舞菜香)によるエンディングテーマ。作詞・作曲・編曲は馬渕直純

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督初放送日
第一話王女と令嬢の魔法革命 渡航玉木慎吾
  • 諸石康太
  • 本田辰雄
  • Lee Yuongmee
  • Lee Jitaek
  • Mubon Hyeong Jun
  • Ryu Joong Hyeon
  • Jeon Hyun Jin
2023年
1月4日
第二話趣味と実益の助手獲得 さがら総清水空翔胡蝶蘭あげは
  • Mubon Hyeong Jun
  • Ryu Joong Hyeon
  • Jeon Hyun Jin
  • Lee Yuongmee
  • Lee Jitak
  • Lee seokyoon
  • Cho Mijung
1月11日
第三話憧憬と追憶の虹霓魔剣 渡航井畑翔太
  • Mubon Hyeong Jun
  • Ryu Joong Hyeon
  • Jeon Hyun Jin
  • Lee Yuongmee
  • Lee Jitak
  • Cho Mijung
1月18日
第四話姫様と迷子の決意表明 さがら総本多美乃
  • 諸石康太
  • Lee Yuongmee
  • Lee Jitaek
  • Mubon Hyeong Jun
  • Ryu Joong Hyeon
  • Jeon Hyun Jin
1月25日
第五話魔薬と魔剣の魔竜討伐 王雀孫玉木慎吾
  • 八幡佑樹
  • Mubon Hyeong Jun
  • Ryu Joong Hyeon
  • Jeon Hyun Jin
2月1日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[32]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [33] 備考
2023年1月4日 - 水曜 21:00 - 21:30 AT-X 日本全域 製作参加 / CS放送 / 字幕放送[34] / リピート放送あり
2023年1月5日 - 木曜 1:00 - 1:30(水曜深夜) TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
木曜 2:05 - 2:35(水曜深夜) テレビ愛知 愛知県
2023年1月6日 - 金曜 2:55 - 3:25(木曜深夜) 関西テレビ 近畿広域圏 製作参加
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[32]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2022年1月5日 木曜 0:00(水曜深夜) ABEMA
2022年1月8日 日曜 0:00(土曜深夜) dアニメストア
2022年1月12日 木曜 0:00(水曜深夜)以降順次

BD / DVD[編集]

発売日[35] 収録話 規格品番
BD DVD
2023年3月24日予定 第1話 - 第6話 ZMAZ-16431 ZMSZ-16441
2023年5月24日予定 第7話 - 第12話 ZMAZ-16432 ZMSZ-16442

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ プロローグでは5歳だったが[15]、本編での初登場は17歳[16]
  2. ^ アニスフィアが5歳だったプロローグでは登場しているが[15]、本編での初登場は27歳。

出典[編集]

  1. ^ a b c 「転生王女と天才令嬢の魔法革命」2023年1月放送決定! 加隈亜衣、坂田将吾、羊宮妃那、篠原侑が追加キャストに”. アニメ!アニメ!. イード (2022年10月11日). 2022年10月29日閲覧。
  2. ^ a b 『転生王女と天才令嬢の魔法革命』特設ページ”. ファンタジア文庫公式サイト. 2022年10月29日閲覧。
  3. ^ Web版のキーワードに『異世界転生』が設定されている他、コミックウォーカーの連載ページで『異世界』『転生』の二つがジャンルとして設定されている。転生王女と天才令嬢の魔法革命 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker”. ComicWalker. 2022年11月10日閲覧。
  4. ^ コミックウォーカーの連載ページで『なろう』『なろう系』の二つがジャンルとして設定されている。転生王女と天才令嬢の魔法革命 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker”. ComicWalker. 2022年11月10日閲覧。
  5. ^ a b c 「転生王女と天才令嬢の魔法革命」 鴉 ぴえろ ファンタジア文庫”. KADOKAWA. 2022年10月27日閲覧。
  6. ^ a b “マオウで「転生王女と天才令嬢」開始、「ざつ旅」主人公が描いたマンガも掲載”. コミックナタリー. (2020年7月27日). https://natalie.mu/comic/news/389188 2022年10月29日閲覧。 
  7. ^ @fantasia_bunko. "重 版 決 定 !" (ツイート). Twitterより2022年11月25日閲覧
  8. ^ 映画.comは、アニスフィアとユフィリアが描かれたティザービジュアルを、「ティザービジュアルにも、主人公2人の姿が描かれている」というコメントと共に報じている。ライトノベル「転生王女と天才令嬢の魔法革命」23年TVアニメ化 主演に千本木彩花、石見舞菜香”. 映画.com. 2022年10月31日閲覧。
  9. ^ 鴉ぴえろ. “転生王女と天才令嬢の魔法革命【Web版】”. 小説家になろう. 2023年1月12日閲覧。
  10. ^ 書籍化が決まりました!”. 小説家になろう. 2022年10月29日閲覧。
  11. ^ 「転生王女と天才令嬢の魔法革命」 2023年TVアニメ化決定!”. TVアニメ「転生王女と天才令嬢の魔法革命」公式サイト. 2022年10月29日閲覧。
  12. ^ 「転生王女と天才令嬢の魔法革命」2023年1月TVアニメ放送決定!”. TVアニメ「転生王女と天才令嬢の魔法革命」公式サイト. 2022年10月29日閲覧。
  13. ^ 鴉ぴえろ (2019年10月26日). “第2部 設定関連 ここまでで登場した主要人物紹介”. 転生王女と天才令嬢の魔法革命【Web版】. 小説家になろう. 2023年1月12日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l スタッフ&キャスト”. TVアニメ「転生王女と天才令嬢の魔法革命」公式サイト. 2022年10月29日閲覧。
  15. ^ a b 鴉ぴえろ (2020年9月27日). “第1章 転生王女と公爵令嬢 プロローグ”. 転生王女と天才令嬢の魔法革命【Web版】. 小説家になろう. 2023年1月7日閲覧。
  16. ^ 鴉ぴえろ (2019年3月2日). “第1章 転生王女と公爵令嬢 第8話:魔剣を贈りましょう”. 転生王女と天才令嬢の魔法革命【Web版】. 小説家になろう. 2023年1月7日閲覧。
  17. ^ 原作1巻6ページ
  18. ^ a b 「転生王女と天才令嬢の魔法革命2」 鴉 ぴえろ ファンタジア文庫”. KADOKAWA. 2022年10月27日閲覧。
  19. ^ 鴉ぴえろ (2019年11月26日). “第2部 幕間 アニスフィアと腐れ縁の友人”. 転生王女と天才令嬢の魔法革命【Web版】. 小説家になろう. 2023年1月12日閲覧。
  20. ^ a b 「転生王女と天才令嬢の魔法革命 4」 南高 春告 電撃コミックスNEXT”. KADOKAWA. 2022年10月27日閲覧。
  21. ^ 「転生王女と天才令嬢の魔法革命3」 鴉 ぴえろ ファンタジア文庫”. KADOKAWA. 2022年10月27日閲覧。
  22. ^ 「転生王女と天才令嬢の魔法革命4」 鴉 ぴえろ ファンタジア文庫”. KADOKAWA. 2022年10月27日閲覧。
  23. ^ 「転生王女と天才令嬢の魔法革命5」 鴉 ぴえろ ファンタジア文庫”. KADOKAWA. 2022年10月27日閲覧。
  24. ^ 「転生王女と天才令嬢の魔法革命6」 鴉 ぴえろ ファンタジア文庫”. KADOKAWA. 2023年1月20日閲覧。
  25. ^ “正反対の2人が織りなす百合ファンタジー「転生王女と天才令嬢の魔法革命」1巻”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年1月27日). https://natalie.mu/comic/news/414043 2022年10月29日閲覧。 
  26. ^ 「転生王女と天才令嬢の魔法革命 1」 南高 春告 電撃コミックスNEXT”. KADOKAWA. 2022年10月27日閲覧。
  27. ^ 「転生王女と天才令嬢の魔法革命 2」 南高 春告 電撃コミックスNEXT”. KADOKAWA. 2022年10月27日閲覧。
  28. ^ 「転生王女と天才令嬢の魔法革命 3」 南高 春告 電撃コミックスNEXT”. KADOKAWA. 2022年10月27日閲覧。
  29. ^ 転生王女と天才令嬢の魔法革命”. コミックナタリー. 2022年11月10日閲覧。
  30. ^ 字幕では「リュミエル」となっている。これは原作に登場するキャラクターの名前である。
  31. ^ a b ミュージック”. TVアニメ「転生王女と天才令嬢の魔法革命」公式サイト. 2022年10月29日閲覧。
  32. ^ a b 放送&配信”. TVアニメ「転生王女と天才令嬢の魔法革命」公式サイト. 2023年1月18日閲覧。
  33. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  34. ^ 週間番組表 (2023/01/02〜2023/01/08)”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2023年1月4日閲覧。
  35. ^ Blu-ray&DVD”. TVアニメ「転生王女と天才令嬢の魔法革命」公式サイト. 2023年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]