アホガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アホガール
Aho Girl logo.png
ジャンル 学園ギャグ・残念系
コメディストーリー4コマ
少年漫画
漫画
作者 ヒロユキ
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
別冊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
発表号 週刊:2012年52号 - 2015年12号
別冊:2015年7月号 - 2018年1月号(予定)[1]
巻数 既刊11巻(2017年11月現在)
アニメ
原作 ヒロユキ
総監督 草川啓造
監督 玉木慎吾
シリーズ構成 あおしまたかし
キャラクターデザイン 石川雅一
音楽 吟(BUSTED ROSE)
アニメーション制作 ディオメディア
製作 アホガール製作委員会
放送局 TOKYO MXBS11ほか
放送期間 2017年7月 - 9月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

アホガール』は、ヒロユキによる日本漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)2012年52号から2015年12号まで連載。作者の体調不良により『別冊少年マガジン』に移籍が決まり、同誌2015年7月号から連載中だが、2018年1月号で完結する[1]

概要[編集]

とてつもなく頓珍漢なヒロイン女子高生花畑よしこが、幼馴染の少年、阿久津明をはじめとする周囲の人物をトラブルに巻き込んでは明から突っ込みを受ける、もしくは(鉄拳)制裁されるといったものが通例となる痛快で残念なギャグ漫画である。基本的にはテンションの高いスラップスティックで大雑把なコメディが描かれている。

当初連載していた『週刊少年マガジン』では四コマ形式で基本1回当たりにつき11本掲載されていたが、『別冊少年マガジン』移籍後の第7巻(「その98」)以降は四コマ形式をとっておらず一話完結のストーリー形式で進行している(但し、それ以前にも特別編ではストーリー形式であったほか、第10巻修学旅行編3は四コマ形式であった)。

作中では連載開始時高校1年生であった主人公らが2年生へと一学年進級しており、同時に一部キャラクターが留年するなどしている[注 1]

作者によると、2016年の夏頃には既に完結させることを決めており、連載が長期化したことで「一旦休んで次回作に取り組む」ため完結させる、とのこと[1]。単行本は全12巻予定[1]だが、第10巻から第12巻にかけては2017年10月から3ヶ月連続で発売される。

あらすじ[編集]

学力テストで5教科全て0点を取るほど頭が悪い空前絶後のアホの子・花畑よしこは、幼馴染の「あっくん」こと阿久津明に説教を受けても的外れな返答しかできず、それがもとであっくんから制裁や突っ込みをうけることがしばしば。次第にクラスメイトの隅野さやか、よしこの自称舎弟になる不良・黒崎龍一、よしこの母・よしえ、あっくんの妹・瑠璃、あっくんに思いを寄せる風紀委員長、あっくんを嫌うギャル3人組、男装したよしこに恋する担任教師の押枝あつこなどを巻き込むトラブルだらけの残念な日々が続く。

登場人物[編集]

声はテレビアニメ版の声優

花畑家[編集]

花畑 よしこ(はなばたけ よしこ)
声 - 悠木碧
【身長160cm 体重48kg 血液型O型 1月1日生まれ】[2][3]
本作の主人公。茶髪のツインテールが特徴の女子高生。
マークシート方式のテストでも全教科0点を取り、自分の苗字の漢字すら忘れるなど、高校に入学できたのが不思議なほどのアホ。しかし、当人はそれらを恥じることも反省することもなく、喰う・寝る・遊ぶ・性欲といった本能的欲求を最優先に行動している。特に「死んでも悔いはない」と言いきるほどにバナナが大好物で、一般品から高級品、日本国内外問わずあらゆる産地のバナナを食している。
根拠のない自信と的外れな思い込みであふれており、他者との会話さえまともに成立しない。しかし、よしこに相対した多くの人間はその大仰な言動と迫力に乗せられ、無意識にアホな行動を取るようになる。学習能力がなく勉強嫌いな一方で、天性の勘と人間離れした身体能力を備えており、1人で街の不良数人を蹴散らすほどけんかも強い[4]
ほかにも料理(リンゴの皮むき)や裁縫、スキンケアなど意外と女子力は高く、また画力もあり漫画が上手に描ける。その才能の見込んだよしえがストーリーを考え、よしこの作画で漫画雑誌に投稿したら入選し、1万円が貰えた。
5歳の時、あっくんの住むアパートの隣に建つ一戸建に引っ越して来た[5]。あっくんとはそれから10年来の幼なじみ。あっくんに熱烈な恋心を向けているが、そのアホさゆえに露骨に嫌悪されている。しかし、よしこ本人は相思相愛だと勘違しており、あっくんから毎日のように受ける折檻にさえ快感を覚えている。あっくんのために自身の容姿を磨くことに余念がないが、近所の子供たちからは「中の下」の容姿と評されており、表情によってはあっくんからも「キモい」「きったねー顔」と評されている。容姿を含めて自分を客観的に見る知性が無いため、あっくんやよしえが自分の所為で本気で苦しみ、あっくんに至っては自分に対して憎悪すら抱いている事に気付いていない。他のクラスメイトからは無視されたりあからさまな敵意こそ向けられている描写は無いが、クラスの厄介者として扱われている。
花畑 よしえ(はなばたけ よしえ)
声 - 日笠陽子
【身長161cm 体重49kg 血液型O型 1月9日生まれ】[6]
よしこの母親。よしこのアホぶりには辟易しているが、自身もよしこに近い波長をもつ。よしこの父とは自身の強引な夜這いで結ばれ[注 2]、現在も月イチで単身赴任先から戻ってくる夫との情事を楽しみにしている。
あっくん同様、よしこの所為で自分の老後に対して不安を抱いて本気で苦しんでおり、その点であっくんと意気投合する事がある。そのため、成績優秀で将来有望なあっくんをよしこと結婚させるためにさまざまな謀略をめぐらせており、特に風紀委員長やさやか、龍一たちを『よしことあっくんの仲を脅かす存在』として一方的に敵視しており(但し本人たちにはそのような考えは全くない)、力づくで排除しようとする。また、若い女が花畑家を訪れた際には「あっくんを誘惑しないかどうか」を確認するため、必ずパンツをチェックする[注 3]。本人の言動からよしことあっくんが高校生でいる期間が彼らを結婚させる最後のチャンスと見做している様である。
年齢は40歳前[7]。自身の年齢を気にしており、「ババア」と呼ばれると理性を失うほど激怒する。大柄な龍一を片手で投げ飛ばしぶちのめす、早足で逃げる、瞬時に風紀委員長のブラのホックを外し、直立状態にも関わらずパンツも脱がすなど、娘同様に戦闘能力も非常に高い。
よしこの父
本名は不明。普段は眼鏡をかけており、素顔も不明。あっくんに「なんでこんなまともな人からあんなアホ(よしこ)が生まれるんだろう」と言わしめるほど[8]の、本当に普通の人物。単身赴任中で、自宅に戻れるのは正月か月に一度くらい。若い頃、大人しい振りをして上物の男を探していたよしえに選ばれる程度の人物である。
犬(いぬ)
声 - 浪川大輔
よしこが公園で拾った、捨て犬。背に人間を乗せられるほどの巨体と白い体毛が特徴で、犬種や素性は不明。最初に公園に現れたときは凶暴な性格だったが、よしこに敗北してからは従順になりおだやかな性格に変わる。
よしこにペットに名前を付けるという発想がないため、花畑家の一員となってからもそのまま「犬」と呼ばれている。エサ代が高額なことからよしえからは疎まれており、食い扶持を稼ぐためによしことともに山でイノシシなどの野生動物を狩っている。
よしこを乗せたままでもオートバイよりも速く走り、またよしこらの修学旅行についていくため旅行先の沖縄まで飛行機にしがみ続けるなど、犬離れした高い身体能力を持つ。また話せないまでも人語が理解でき、よしこよりもはるかにコミュニケーション能力に優れるなど高い知能も持つ。映画の趣味が同じだったことをきっかけに、あっくんとの友情が芽生える。さやかの飼い犬であるポメラニアンの「ポメちゃん」(声 - 井澤詩織)に惚れている。

阿久津家[編集]

阿久津 明(あくつ あくる)[注 4]
声 - 杉田智和小市眞琴(幼少期)
【身長175cm 体重60kg 血液型AB型 5月20日生まれ】[9]
本作のもう1人の主人公。よしこの幼なじみ。通称「あっくん」。
一戸建の花畑家に隣接する、2階建てアパートの2階(201号室)に住む。自身の部屋とよしこの部屋が隣同士のため、昼夜問わずベランダ越しによしこの襲撃を受けてしまう。
学業優秀な勤勉家で、志望校である東大に落ちたら死を選ぶと断言する。進学校は自宅から遠いため「遠距離通学するくらいなら身近な高校に通ってその分を勉強に充てたい」との意向から、よしこらと同じ高校に通っている。出かけるときは、いつでも勉強できるように常に参考書を持ち歩いている。
鋭い目つきと暴力的で無愛想な性格から友人がおらず、自身の携帯電話には当初は自宅とよしこ、花畑家の番号しか登録されていなかった(後にさやかと風紀委員長の番号も追加された)。よしこに苦しめられてきた人生と、他人に興味が無い事から(特に女性に対して)配慮の無い言動が多い。他にも対人経験の少なさからズレた行動が多い。加えてプライドが人一倍高く[10]、2年生の夏休み直後のテストで全教科満点を取った時は、さやかと風紀委員長による間接的なアシスト[注 5]があったことが要因だと知って激怒した[注 6]ほど。
趣味は一人神経衰弱。また、ゲームの才能にも長けており、妹の瑠璃が欲しがっているカードを手に入れるために始めたリズムゲーム「アイタツ」では最難関ステージの曲の譜面を僅か一時間で覚えたばかりか目を閉じた状態でパーフェクトを記録し、2度目のプレイで全国3位にランクインするという伝説を作り、よしこから「精密機械の(ハイスペックマシーン)あくつ」の異名を与えられた。その後、本気でハマってからは堂々の全国1位となり、それを見た瑠璃から引かれるとともに完全に呆れられていた。
アホのよしこを毛嫌いしており、出会って唯一よかったことは「よしこの飼い犬である『犬』に出会えたこと」と言い切るほど。よしえの願いに加え、よしこをそのまま社会に解き放った場合の被害を憂慮し、仕方なく面倒を見ている。そのため、よしことの関係で周囲から若干の誤解を受けており、よしえからはよしこの結婚相手として狙われている。自身は幼い頃からよしこと縁が切れる、または彼女のアホが治らないと自分に未来は無いと思っており、よしこの生活態度を改めさせるため暴力も辞さず、そのためにも身体を鍛えてはいるが、よしこの体力としつこさに圧倒されることも多い。よしこ以外にも敵と見なした相手には容赦せず、よしこに対してほどの暴力は振るわない代わりに、論理を振りかざして相手を罵倒する。よしこと違って自分の欠点を自覚して克服しようと努力する相手を認める度量は持っている。
瑠璃を溺愛しているが、無意識の失言や行動から傷つけることも多いため兄として慕われているとは言い難く、よしことさやかが見ている前で瑠璃「様」と呼んだり土下座で許しを請うなど、妹との関係を修復するためならプライドを捨てる事も厭わない。
阿久津 瑠璃(あくつ るり)
声 - 千本木彩花
【身長138cm 体重31kg 血液型A型 9月3日生まれ】[13]
あっくんの妹で、小学5年生[14]、のち小学6年生。よしこと同レベルのアホだが、よしこと違ってそのことを恥じており、自身の評価を覆すために日々勉強している。しかし、その努力はまったく報われず、簡単な足し算すらできず、テストはいつも0点。さらに、勉強だけに打ち込んできた結果、手先が不器用で運動神経も悪く、自転車にすらまともに乗れない。唯一の長所は、努力を続けることができる根性。
よしこに対しては「アホがうつる」と激しく嫌悪しており、年上なのに「お前」と言ったり呼び捨てにする。一方で、優しく接してくれるよしえやさやかには慕っている。
明、瑠璃の母親
声 - 小若和郁那
名前は不明。第1話から第10巻に至るまで一度も登場していないが、花畑家が越してきた当時の若い頃のエピソードでのみ登場している(アニメ[15]では、顔全体は描かれていない)。
仕事であまり家にいないことが多い[9]ため、普段のエピソードでは全く登場せず、瑠璃の授業参観でさえも「娘が恥をかく姿を見たくない、見られたくない」ため“空気を読んで”夫ともども出席しない(代わりにあっくんが出席している)。
明、瑠璃の父親
名前は不明。明、瑠璃の母親と同じく仕事で不在がち[9]のため過去のエピソードを含めて一度も登場しておらず、普段何をしているのかも不明。

高校関係者[編集]

隅野 さやか(すみの さやか)
声 - 原田彩楓
【身長153cm 体重44kg 血液型A型 11月25日生まれ】[16]
よしこたちのクラスメイト。ウェーブがかった金色の長髪が特徴の美少女。
自他ともに認めるお人好し。その優しさが自分自身の首を絞めているという自覚を持っている一方で、極端に小さい胸(普段は胸パットで盛っている[17])と自分の地味さを気にしている。よしこ、あっくんとほかのクラスメイトたちとの緩衝材的存在であり、あっくんやクラスメイトたちからは、よしこによってクラスが崩壊しない要因として感謝されている。ただ、普段の大人しさとは裏腹に酒癖が悪い[注 7]
助けると決めた相手に対しては、並み外れた精神力と行動力を発揮する。友人がいないあっくんを不憫に思い、自ら友人に名乗り出る。またあっくんのことは「あっくんさん」と呼んでおり、仲も良好だが、当人は異性としては意識していない(よしえからは『よしこの恋敵の1人』として警戒されている)。ただ、よしこを友達として慕っている故に、よしこを毛嫌いするあっくんの言動に共感する事が出来ない。また、風紀委員長のあっくんへの想いを応援しており、彼女に幸せになって欲しいとの願いから、風紀委員長に対してあっくんからどう思われているかを包み隠さず伝えたり、あっくんに振り向いてもらうための作戦の立案・実行までも手伝っている。
家庭はかなりの裕福な模様。ポメラニアンを飼っているほか、自宅の外観は、アニメ[18]ではお屋敷と呼べるくらいの大きさで描かれている(原作では断片的でしか描かれていないが、塀などの描写からお屋敷と思わせる家である)。
風紀委員長(ふうきいいんちょう)
声 - 上坂すみれ
【身長165cm 体重52kg 血液型B型 7月13日生まれ】[19]
本名は不詳。Gカップのバストが特徴の容姿端麗な高校3年生[20]
常に学年5位以内を維持するほど成績がよく[21]、登校時に校門で持ち物検査をするなど厳格な性格。セクハラや変態的な言動で誘導をしてきたよしこから救ってもらったことから、あっくんに好意を抱く。あっくんからは容姿を高く評価される一方で、よしこに振り回された影響で奇行に走ることから、変な女と誤解され敬遠される。しだいにその恋心は暴走していき、無自覚にストーカーや住居侵入などの犯罪や変態行為を行ったり、自身の卒業間際にはあっくんと離れたくないがために校長に留年を直訴し、本当に留年してしまう。のちにさやかの決死の行動によって間違いを自覚し、さやかの指導のもとで自身の行いと性分を矯正することを誓う。
その一方でさやかからは「制限をかけられると進化するタイプ」と危惧されており、その不安通りさやかによるあっくんとの接触禁止令で禁断症状に苦しむ中よしこが出したあっくんの下着から漂う匂いを嗅いで満足するなど変態度はむしろエスカレートしており、危うい面は依然として残っている。
あっくんへの想いは、現実の彼を無視して自分の妄想の中の「自分の事が好きでバナナをくれるあっくん」が好きなよしことは違い、彼の人間性をある程度捉えた真摯な物である。あっくんらが修学旅行に行くことを知り、もしも『万が一に』修学旅行中にあっくんとよしこがくっついてしまったら…を想像してしまい、居ても立っても居られず、母親の反対を力ずくで押し切ってまでも、学校を休み自身の貯金を取り崩して旅行代理店でパックツアーを申し込んでまでして、あっくんらの修学旅行に強引についていった。ちなみに母親も、若い頃は娘と同じく「恋のために全力で走った」という。
押枝 あつこ(おしえだ あつこ)
声 - 佐藤利奈
【身長158cm 体重49kg 血液型A型 1989年2月18日生まれ】[9]
よしこたちの担任を務める数学教師。28歳。よしこを熱心に指導しようとするが、よしこの暴走に振り回され、知らずに洗脳されかけることも多い。容姿は悪くないが女子校出身のため恋愛経験はない。
よしお(正体は男装したよしこ)に真剣に恋をしており、「一緒になれるなら教職を投げ出してもいい」とまで考えている。後にあっくんが正体をバラしたが、それでもよしおへの情熱は薄れていない。
黒崎 龍一(くろさき りゅういち)
声 - 八代拓
【身長178cm 体重64kg 血液型B型 12月24日生まれ】[22]
コンビニの前でたむろしていた不良。よしこたちと同じ高校の同級生でもある。暴力を振るわれながらも自身に絡んでくるよしこのことを「自分のことを真剣に見てくれる」と勘違いし、打ち解けて舎弟になる。しかし、当のよしこからは、名前はおろか存在すら忘れられていることがある。よしこを慕っている一方、母親のよしえとは対立している。あっくんとも友人として近付きたいと考えるが、当人にまるでその気がないためうまくいかない。ただ、あっくんに対する一途な思いから猛勉強を重ねた結果、2年次の一学期の中間考査であっくんを抜いて学年1位になる。
栄村 茜(えいむら あかね)
声 - M・A・O
【身長156cm 体重48kg 血液型O型 3月3日生まれ】[23]
よしこたちと同じクラスに在籍する「ギャル3人組」のリーダーで赤髪、通称「ギャルA」。不良ぶっているがメンタルが3人の中で一番弱い。その3人の中で唯一学業成績が悪く、思慮の浅さと忍耐力のなさから、あっくんからはよくバカにされる。自分を同類の仲間と見なして近付いてくるよしこを嫌っているが、意気投合することも多い。純情で恋愛ごとには奥手なため、彼氏が欲しいと思いつつもできない。一人暮らしをしている。卒業後は第一志望が花屋、第二志望がケーキ屋、第三希望がペットシッターへの就職を希望するが、あっくんや仲間の2人に志望理由の軽薄さを指摘され、よしこによる職業の実態を指導され完全に挫折する。以後は仲間の2人と同じく大学への進学を志望するが、早くも挫折しかける。
柊 姫衣(ひいらぎ きい)
声 - 前田玲奈
【身長159cm 体重45kg 血液型B型 7月17日生まれ】[23]
「ギャル3人組」の一人で金髪、通称「ギャルB」。クールな性格で毒舌。いつもは冷静で影が薄めだが、怒るとあっくんを言い負かすほどの口達者になる。頭脳明晰で美人なことから男子から頻繁に告白されるが、その性格から付き合っても長続きせず、10人以上と交際しては別れている。茜に同性愛的な感情を抱いている。
椎名 黒子(しいな くろこ)
声 - 井口裕香
【身長167cm 体重51kg 血液型A型 11月7日生まれ】[23]
「ギャル3人組」の一人で黒髪、通称「ギャルC」。強気な性格だが、実は結構ウブな性格。幼なじみの男子「としくん」と交際しているが、互いにうぶのため清い交際を続けている。彼氏と一緒の大学に行く事を目標に受験勉強を頑張っている。
乾 凛子(いぬい りんこ)
【身長162cm 体重48kg 血液型B型 6月14日生まれ】[24]
初登場時高校2年生で、よしこらより1学年上。悪趣味で、かなり特殊な感覚をしている。よしこのことをペットのように可愛がっている。親には自由に育てられたゆえにやることは適当だが、気に入った者には執着する。
プロフィールが存在する登場人物の中で、単行本10巻までで2回[25]しか登場しておらず、アニメにも登場していない。

その他[編集]

守(まもる)、正(ただし)、希(のぞみ)
声 - 井澤詩織、井口裕香、前田玲奈
よしこの遊び仲間である近所の小学生たち。男子の守と正、女子の希の3人組。元々は3人だけで公園で遊んでいたが、よしこがそこに強引に割り込んで遊び仲間となる。
男子2人はアホが露呈したよしこを「だめな大人」と呼び距離を置くようになるが、希だけは自分もよしこのようになりたいと尊敬の念を抱く。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2017年7月より9月までTOKYO MXBS11ほかにて15分枠で放送された[39][40]。原作第10、11、12巻の特装版にテレビアニメが各4話ずつ収録されたDVDが付属[41]。OPでは毎週、コンテが違っている。

視聴者の評価は高く、DVDの売れ行きも好調であった[1]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「全力☆Summer!」
作詞 - atsuko / 作曲 - atsuko、KATSU / 編曲 - KATSU / 歌 - angela
第12話では未使用。
エンディングテーマ「踊れ!きゅーきょく哲学
作詞 - 上坂すみれ月蝕會議 / 作曲・編曲 - 月蝕會議 / 歌 - 上坂すみれ

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
1ふさ目 来たぞ!アホガール 玉木慎吾 本田辰雄、大村将司
Yu Min Zi、福田佳太
石川雅一
2ふさ目 増える!アホガール 玉木慎吾 三塩天平 徳永さやか、槙田路子
石丸史典、望月俊平
3ふさ目 老後も安心!アホガール 稲垣隆行 大橋一輝 本田辰雄、大村将司
加藤弘将
4ふさ目 突入!アホガール 井畑翔太 井畑翔太、徳永さやか
槙田路子、石丸史典
大村将司、本田辰雄
5ふさ目 夏だ!アホガール 清水空翔 - 清水空翔
6ふさ目 暑い夏だ! アホガール 清水空翔 胡蝶蘭あげは 本田辰雄、大村将司
福田佳太、槙田路子
徳永さやか、石丸史典
石川雅一
7ふさ目 ギャルが!アホガール 稲垣隆行 鈴木琢磨 本田辰雄、大村将司
加藤弘将、福田佳太
槙田路子、野村治嘉
石丸史典、徳永さやか
紺野美喜
8ふさ目 天使のような!アホガール 清水空翔 清水空翔
胡蝶蘭あげは
清水空翔、本田辰雄
大村将司
石川雅一
清水空翔
9ふさ目 フェスティバゥ!アホガール 井畑翔太 大村将司、槙田路子
本田辰雄、石丸史典
加藤弘将、野村治嘉
徳永さやか
石川雅一
10ふさ目 ドライブ!アホガール 玉木慎吾 玉木慎吾
三塩天平
本田辰雄、大村将司
加藤弘将、福田佳太
槙田路子、野村治嘉
石丸史典
11ふさ目 決戦!必殺!アホガール 胡蝶蘭もんしろ
玉木慎吾
本田辰雄、大村将司
加藤弘将、福田佳太
12ふさ目 出会い…そして!アホガール 玉木慎吾 清水空翔、本田辰雄
大村将司、福田佳太
野村治嘉、石丸史典

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[42]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [43] 備考
2017年7月4日 - 9月19日 火曜 23:00 - 23:15 TOKYO MX 東京都
火曜 23:30 - 23:45 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[44]
2017年7月5日 - 9月20日 水曜 0:00 - 0:15(火曜深夜) サンテレビ 兵庫県
水曜 2:00 - 2:15(火曜深夜) BS11 日本全域 製作参加 / BS放送 / 『ANIME+』枠
2017年10月15日 - 日曜 1:30 - 1:45(土曜深夜) 青森朝日放送 青森県 [45][46]
全局『徒然チルドレン』とのセット放送。
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[42]
配信期間 配信時間 配信サイト
2017年7月5日 - 9月20日 水曜 12:00 更新 dアニメストア
2017年7月6日 - 9月21日 木曜 0:00(水曜深夜) 更新 GYAO!
2017年7月7日 - 9月22日 金曜 12:00 更新
2017年7月8日 - 9月23日 土曜 0:00(金曜深夜) 更新 dTV
2017年7月9日 - 9月24日 日曜 0:30 - 0:45(土曜深夜)
  • AbemaTV・新作TVアニメチャンネル
    • リピート配信あり
2017年7月10日 - 9月25日 月曜 12:00 更新
2017年7月11日 - 9月26日 火曜 0:00(月曜深夜) 更新 ニコニコチャンネル
火曜 22:30 - 22:45 ニコニコ生放送
2017年7月20日 - 10月5日 木曜 0:00(水曜深夜) 更新 GYAO!ストア
日本国外 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト 対象地域 備考
2017年7月4日 - 9月19日 火曜 22:15 (CST) 更新 ビリビリ動画 全世界 中国語簡体字)字幕あり / 無料放送
BS11 水曜2:00 - 2:15(火曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
通販番組
※2:00 - 2:30
アホガール
【同番組のみ『ANIME+』枠】
通販番組枠
※2:00 - 2:30

コラボ企画[編集]

伊豆急行においてコラボキャンペーンとして、2017年7月29日- 同年12月24日もしくは限定1000部の完売で記念乗車券を発売する予定[47][48]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「その7」では「あっくん」が1年2組と明記。「その96」では「風紀委員長」は3年生だが、愛する「あっくん」と離れたくないため自主的に留年し高校に留まる。「その99」は新学年初日と明記。「その108」では「よしこ」は高校2年生であると明記されている。
  2. ^ 本人曰く「夫の初めてを奪った」。
  3. ^ 一番の被害者はさやか。遊びに行った際は常にチェックされるほか、さやかの自宅前で偶然出会った時も抜き打ちでチェックされた。
  4. ^ 週刊少年マガジン2013年14号掲載時にはあくつ「あきら」と紹介されていたが、2013年7号や単行本1巻では「あくる」となっている。
  5. ^ 風紀委員長の恋を応援するさやかの発案で、夏休み中は連日のように風紀委員長がよしこを遊びに誘って夜遅くまで供にしたことで、あっくんは夏休み中の勉強が捗った[11]
  6. ^ 加えて、自身へのアシストをしたせいでテストの点数が下がったさやかと風紀委員長に対し、「自作のテストで全教科9割取れるまで帰さない」と自宅に軟禁し強制的にお泊まり勉強会を開いてしまった[12]
  7. ^ 原作(4巻その66)では間違って飲酒して酔っぱらったが、アニメ(9ふさ目)ではアルコールの匂いだけで酔っぱらっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e アホガールについて - 自称清純派(作者の個人サイト)、2017年11月4日
  2. ^ 単行本1巻12ページ
  3. ^ 単行本7巻135ページ
  4. ^ 単行本4巻146ページ・特別編
  5. ^ 単行本4巻101 - 102ページ
  6. ^ 単行本1巻68ページ
  7. ^ 単行本3巻57ページ
  8. ^ 単行本5巻その76
  9. ^ a b c d 単行本1巻20ページ
  10. ^ 単行本9巻84ページ
  11. ^ 単行本9巻その115
  12. ^ 単行本9巻その117
  13. ^ 単行本1巻84ページ
  14. ^ 単行本1巻80ページ
  15. ^ 12ふさ目
  16. ^ 単行本1巻28ページ
  17. ^ 単行本4巻97ページ
  18. ^ 8ふさ目
  19. ^ 単行本1巻60ページ
  20. ^ 単行本2巻121ページで彼女の着ている制服から
  21. ^ 単行本5巻14ページ
  22. ^ 単行本1巻52ページ
  23. ^ a b c 単行本6巻151ページ
  24. ^ 単行本2巻114ページ
  25. ^ 単行本2巻その31・その35
  26. ^ 『アホガール(1)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年6月11日閲覧。
  27. ^ 『アホガール(2)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年6月11日閲覧。
  28. ^ 『アホガール(3)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年6月11日閲覧。
  29. ^ 『アホガール(4)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年6月11日閲覧。
  30. ^ 『アホガール(5)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年6月11日閲覧。
  31. ^ 『アホガール(6)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年6月11日閲覧。
  32. ^ 『アホガール(7)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年6月11日閲覧。
  33. ^ 『アホガール(8)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年6月11日閲覧。
  34. ^ 『アホガール(9)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年6月11日閲覧。
  35. ^ 『アホガール(10)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年10月6日閲覧。
  36. ^ 『DVD付き アホガール(10)特装版』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年10月6日閲覧。
  37. ^ 『アホガール(11)』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年11月9日閲覧。
  38. ^ 『DVD付き アホガール(11)特装版』(ヒロユキ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年11月9日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g h 別冊少年マガジン『アホガール』がディオメディア制作で今夏アニメ化”. アニメイトタイムズ (2017年2月9日). 2017年2月9日閲覧。
  40. ^ アニメ「アホガール」八代拓ら追加キャスト発表、バナナを持った集合写真も”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年6月9日). 2017年6月12日閲覧。
  41. ^ COMICS + DVD”. TVアニメ「アホガール」公式サイト. 2017年7月2日閲覧。
  42. ^ a b ONAIR”. TVアニメ「アホガール」公式サイト. 2017年5月11日閲覧。
  43. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  44. ^ アホガール”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2017年6月12日閲覧。
  45. ^ 週間番組表”. ABA青森朝日放送. 青森朝日放送. 2017年10月8日閲覧。
  46. ^ TVアニメ「アホガール」が青森朝日放送で放送決定!!”. TVアニメ「アホガール」公式サイト. 2017年10月11日閲覧。
  47. ^ “『アホガール×伊豆急コラボキャンペーン記念乗車券』発売!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 伊豆急行, (2017年7月26日), オリジナル2017年7月27日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20170727115313/http://www.izukyu.co.jp/ir/newsletter/290726.pdf 2017年7月27日閲覧。 
  48. ^ 「アホガール×伊豆急コラボキャンペーン記念乗車券」発売”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2017年7月27日). 2017年7月27日閲覧。

外部リンク[編集]