聖剣使いの禁呪詠唱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖剣使いの禁呪詠唱ワールドブレイク
ジャンル ファンタジーラブコメ
小説
著者 あわむら赤光
イラスト refeia
出版社 SBクリエイティブ
レーベル GA文庫
刊行期間 2012年11月15日 -
巻数 既刊21巻
漫画
原作・原案など あわむら赤光(原作)
refeia(キャラクター原案)
作画 七桃りお
出版社 KADOKAWA 角川書店
掲載誌 月刊コンプエース
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2014年6月号 - 2016年3月号
巻数 全4巻
アニメ
原作 あわむら赤光
監督 稲垣隆行
シリーズ構成 山口宏
キャラクターデザイン 石川雅一
音楽 坂部剛
アニメーション制作 ディオメディア
製作 ワルブレ製作委員会
放送局 テレビ東京ほか
放送期間 2015年1月 - 3月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

聖剣使いの禁呪詠唱』(せいけんつかいのワールドブレイク)は、あわむら赤光による日本ライトノベル作品。イラストrefeiaが手掛けている。GA文庫SBクリエイティブ)より2012年11月から刊行されている。公式略称は「ワルブレ」。『月刊コンプエース』で漫画が連載されているほか、2014年2月にはアニメ化が発表され、2015年1月から3月まで全12話が放送された。

あらすじ[編集]

どこからともなく現れる異形の怪物『異端者』を倒すことの出来る者達・救世主(セイヴァー)の育成のために、前世の記憶を持つ人間が集まる亜鐘学園。ここで聖剣の守護者フラガ冥王シュウ・サウラの二つの前世を持つ少年・灰村諸葉(はいむら もろは)が、前世で出会った二人の少女と再び出会う。聖剣の巫女サラシャの前世を持つ嵐城サツキ(らんじょうさつき)冥府の魔女の前世を持つ漆原静乃(うるしばらしずの)二つの前世が目覚める時、最強の救世主が誕生する!

1巻(コミック1-7話、アニメ1-2話)
表紙:諸葉&サツキ
対異端者の戦力である救世主を養成する亜鐘学園に入学した諸葉は、二つの前世で出会った二人の少女と再会する。紆余曲折あって史上初の『太古の英霊(エンシェント・ドラゴン)』であることが判明し、実戦部隊に入隊して充実した学園生活を送る。
そんな日々を打ち壊すように、強力な異端者が出現する。
2巻(コミック8-、アニメ3-4話)
表紙:諸葉&静乃
弩級を倒して静乃とサツキを救った諸葉は、実戦部隊の新人として活躍しながら充実した学園生活を過ごしていた。
サー・エドワードが来日し、静乃の兄であり亜鐘学園の理事長は諸葉をランクSに祀り上げようと企む。そんな兄の企みを知り、静乃は苦渋の決断をする。その一方で、諸葉は校長の妹である摩耶とルームメイトになることになった。
3巻(アニメ5-6話)
表紙:サツキ&静乃(水着バージョン)
諸葉のランクS認定を巡ってイギリスで『六頭会議』が行われる最中、諸葉は実戦部隊の合宿に参加し特訓していた。合間の息抜きに海水浴を楽しんでいると、観測史上初の要塞級が出現した。支部長はイギリスで足止めされて増援も見込めず、実戦部隊は無謀にも戦闘を開始する。
4巻(アニメ7-8話)
表紙:諸葉&レーシャ
ランクSに仮認定された諸葉に、ロシアの雷帝が〈人喰い(マン・イーター)〉と呼ばれる刺客を送り込んできた。
ロシアからの転校生レーシャにいきなり告白された諸葉は違和感を覚えながらも、ごく普通に接して彼女の心を融かしていく。
5巻(アニメ9-10話)
表紙:諸葉&アンジェラ
レーシャを非人道的に操っていた雷帝に対して、抑えきれない怒りを覚えた諸葉は一人でロシアへ戦争をしに行く。そんな彼の水先案内人に選ばれたのは、エドワードの右腕であるAJ。
諸葉は最凶最悪とされるロシアの分局長を次々と倒していく。
6巻
表紙:サラシャ姫(サツキの前世)
ロシアとの戦争から帰ってきた諸葉は安息の日々を過ごしていた。文化祭の時期が差し迫り、実戦部隊は出し物「喫茶店」の準備をすることになる。しかし、フランス支部長シャルル・サン=ジェルマンの突然の来日によって安息の日々は崩されてしまう。
7巻
表紙:冥府の魔女(静乃の前世)
突如として現れた魔神級。そして、異端者を生み出す根源という冤罪を諸葉はかぶせられて『牢獄の魔女の館』に拉致幽閉されることに。しかし、これは中国支部代理長と日本支部の幹部が画策したものだった。
諸葉を救出するために、サツキや静乃らが動き出す。
8巻
表紙:諸葉&まーや
学園祭当日、諸葉は休憩時間を利用して摩耶と共に学園祭を周ることになった。そして、サツキや静乃らとの回想に浸る。
9巻
表紙:諸葉&春鹿
異端者発生地の特定に成功した白騎士機関は、日英仏の合同作戦敢行する。諸葉は救出部隊隊長に任命され、その部隊に春鹿を推薦する。しかし、春鹿は自信の無さから拒んでしまう。
作戦当日までに、諸葉は中国支部長馬迭戈に稽古をつけてもらうことになる。そんな彼の姿を見た春鹿は、彼と共に稽古に参加することにした。実戦部隊の他の面々も作戦当日に向けて準備し、時はあっという間に過ぎ去って大規模作戦が開始される。
10巻
表紙:諸葉&サツキ&静乃
日英仏による合同作戦を終え、諸葉たちは長い安息の日々を過ごしていた。摩耶の希望で彼女の家でクリスマスパーティーを行うことになる。
諸葉に築き上げてきた自尊心を打ち砕かれて引き込んでいた石動厳は、リベンジをかけて特訓してランクC程度の実力を身につけていた。しかし、田中から諸葉がランクSであることを聞かされる。
裏では『背教者』たちの集団、『六翼会議』が暗躍して何かを仕掛けていた。
11巻
表紙:諸葉&アーリン
アメリカに魔神級が出現し、三度の戦闘経験を持つ諸葉はソフィーの依頼で彼女と共に渡米。板挟みになるソフィーやアメリカ支部長のアーリン、ランクAの救世主たちと共に魔神級を討伐するために準備を行って戦闘に臨む諸葉。
12巻
表紙:サツキ&静乃(戦闘服バージョン)
アメリカに出現した魔人級が討伐され、諸葉の帰りを待っている亜鐘学園の下に現れた『六翼会議』。実戦部隊が束になっても被害は拡大していく一方。諸葉を呼び戻すため万里の元へ現れる熾場亮。蹂躙されていく最中、現れたのは弩級を使った巨大なゴーレムだった。
13巻
表紙:諸葉&斎子
亜鐘学園にも卒業式の日が訪れた。実戦部隊の次期隊長も決まり、敬愛する先輩たちが旅立っていく朝に諸葉が思い出す記憶とは―斎子と真夏のセクハラ海水浴!ソフィの大胆すぎる勘違い?女子寮騒然の脱衣ポーカー大会開催で諸葉の貞操が大ピンチ!!心拍数ドキドキの肌色シチュエーション満載な嬉しすぎる大騒動。一方、遠くロシアの地にも勇気ある別れの星が瞬いた。
14巻
表紙:レーシャ&まーや
春休みに入った亜鐘学園を後にし、久々に実家に帰省した諸葉。マヤ&レーシャ同伴の家族団欒や、静乃の祖父から「彼氏の呼び出し」を受けるなど束の間の休暇を味わう。だがその陰で、六翼会議が次なる一手に動きはじめる―日本支部長駿河安東の拉致。白騎士機関最大の急所を狙い、遂に“炎王”熾場自らが作戦の渦中に現れた。迎え撃つは日・仏連合の最強チーム!かつて敵対した二国が手を取り合い、奇策、鬼謀、超次元の防衛戦を繰り広げる。
15巻
表紙:サツキ&春鹿
石動が校長となって初めて迎える新年度。戦力増強のため刷新された学園システムの目玉『学内総当たりリーグ戦』の優勝者には、ランクA昇格を賭けた石動校長への挑戦権が与えられる。その舞台に立つのは、「邪魔はしないでよ、モモ先輩!」「サツキこそ足引っ張るなってば」サツキ&春鹿の白鉄コンビ。それぞれ諸葉の教えを胸に、不撓不屈の精神で遥かなる高みを目指す!だがその裏でヂーシンが石動に接近。ひたむきに強さを希求する男が闇の中で交わした『契約』とは?「―僕は灰村君を越えたい」届け、邪を払う刹那の閃き!!信念と友情が燃える。
16巻
表紙:諸葉&カティア
二年生の夏。雷帝の跡を継ぎ、ロシアの代表となったカティアの計らいで黒海での遠征合宿に向かった諸葉たち。しかし一時の憩いを破るようにエドワードから不穏な報せが。「ロシア支部幹部九名が謎の失踪を遂げている。カティア女史にはくれぐれも油断しないようにね?」六翼会議とカティアを結ぶ裏切りの線をほのめかし、エドワードは諸葉に密偵任務を与えるのだが―猶予はわずか三日間、果たして諸葉は最凶最悪の陰謀を暴けるのか!?
17巻
表紙:諸葉&レーシャ
「見境なくフラグ立てる兄様ね!」お好き焼き屋の娘を襲う非道な借金取りを通力無しで撃退せよ!?「おいたわしや…エドワード様」作曲に悩むエドを救う、AJの献身的過ぎる職権濫用は吉と出る?「私はアメリカ支部長に頼みがある」日本に馴染みはじめたレーシャがアーリンに頼んだ武装がヤバい!そして、諸葉が過ごす普通だけど普通じゃない『特別な一日』の最後に待つものとは―!?“白騎士機関”各国代表が力の限りに日常を謳歌する、秘密と油断のオフショットが目白押し!!
18巻
表紙:シュウ・サウラ&エルメラ
そして漆原静乃は目を醒ました。繰り返し見る同じ夢、前世で会った冥王シュウ・サウラの物語。愛しい声がつむぐのは“冥府の魔女”として知られる静乃の本当の名―。一方、六翼会議のアジトを突き止めた諸葉たちは迷宮内部へと強行突入を決める。囚われた仲間を救うべく亜鐘学園の精鋭は謎めく罠に挑む。その先で、遂に邂逅した六翼最速の剣士レナードと諸葉。ありえざる必殺の終焉剣と、常識破りな諸葉の太極―奇しくも似た業をぶつけあう、究極の一騎打ちの結末は?見よ、戦技全てを超えし刹那を!!閉ざされた静乃の記憶が、悪夢の如き奇跡を顕現させる。
19巻
表紙:フラガ&サラシャ姫
「我が総戦力を以って亜鐘学園へ侵攻。捕獲対象は―嵐城サツキ」日本支部長・駿河安東が発した一言が亜鐘学園に波乱を呼ぶ。日本各地から名だたる熟練救世主が集結、若き才能たちを蹂躙せんと無慈悲な総攻撃が仕掛けられる。その中にはあの邪仙・貝利の姿も…「竜を戮すとは、こういうこと」諸葉を殺すためだけに研ぎすませた千の罠の前に、果たして勝機は!?さらにサツキと諸葉の前世を知る者たちも現れ、亜鐘学園は完全消滅へのカウントダウンを刻み始める。
アニメ11-12話
諸葉たちがロシアにて〈移転の門〉で日本に帰還しようとしたその時、ロシアに異端者が現れた。サツキと静乃、レーシャ、AJを日本へ送り返し、諸葉はカティアとユーリと共に討伐する。
異端者が討伐されても駿河安東が目覚める様子がなく、今度は日本に新種の異端者エンシェントドラゴンが出現する。この異端者は、二つの前世で諸葉から大切なものを奪っていった化け物だった。諸葉が帰還せぬまま、実戦部隊は異端者に挑む。

登場人物[編集]

声優は、ドラマCD・アニメのもの。

亜鐘学園[編集]

主要人物[編集]

灰村 諸葉(はいむら もろは)
声 - 石川界人(幼少期 - 嘉山未紗[1]
1年1組→2年1組 15歳 ランクS 白鉄 黒魔
誕生日:11月25日。固有秘宝は<<聖剣サラティガ>>。通力の色は白色。
本作の主人公で二つの前世の記憶を持つ少年[2]
前世では聖剣の守護者フラガと呼ばれ、光技を使用し暴虐の限りを尽くす皇帝と戦い、もう一方の前世では冥王シュウ・サウラとして恐れられ、闇術を使い世界を相手に戦っていた。剣術は暗殺者として訓練を受けたレーシャすらも凌駕し、闇術は鏡文字によるスペリングで属性を反転させる反魂(はんごん)すらも使いこなす。また、第一階梯なら足でも綴れるようになったり、同じ闇術ならば両手同時に綴れるように創意工夫している。
転生の順番は剣聖フラガ→冥王シュウ・サウラ→灰村諸葉の順番である。
二つの前世の記憶を持っている唯一のエンシェントドラゴン(または<<最も古き英霊>>)であるため、本来なら両方使えないはずの『光技』と『闇術』を使用することができる。また、両方を掛け合わせた独自の術理『太極(インヤン)』を使用することができる。極めて特訓好きの一面も持つため、『太極』の新たな応用法を編み出すことでも強くなる成長力を持っている。群体要塞級討伐時に馬迭戈との修行の際に本性は修羅と言われており、通常時ならともかく本性を曝け出した時はどうしてでも逃げると言われている。事実、幽閉され助けに来たサツキや静乃らを痛めつけたヂーシンに怒り、『太極』を使い素手でやり過ぎと思わせるほどに圧倒しクロエらに「絶対に怒らせてはいけない人」と強く認識させた。フラガのときにもサラシャを助け出そうと暴走したことがあるらしく、サツキに止められるまでヂーシンへの攻撃を止めなかったほど。
通力(プラーナ)や魔力(マーナ)の色合いで、相手の実力や何に特化しているか、本気か冗談かを見抜くことができる。9巻では困難であるが、呪力の濃淡を見分けられることが判明。
通力を使いスペリングの速度と緻密さを高める事が出来るため異常速度でのスペリングが可能。諸葉よりスペリングが速いのは五本の指それぞれで異なるスペリングを行えるPSGのみ。
両親は諸葉が7歳の時に事故で他界しており、叔母夫婦の家で世話になっている。経済的に裕福ではなかったにもかかわらず自分を引き取ってくれた叔母夫婦には感謝しており、経済的負担をかけたくないため授業料免除と就職を目的に亜鐘学園に入学する。石動迅からの勧誘で実戦部隊に入隊。その際、実戦部隊に入隊するメリットとして奨学金と言う名目で給与が出ることを聞かされ二つ返事で入隊を決めている。
その境遇のためか『物を粗末にする人』には怒りを露にする。『もったいない』と言われると、自分の意見を曲げてしまう。
1巻の終盤で九頭大蛇の姿をした『異端者』を倒した後は、学生でありながら世界に六人しかいないランクSの実力を持っていたが、そのことを隠していた。しかし2巻の終盤でランクSのエドワードと戦った後、エドワードの策略で勝手にSランクに認定される。要因としてエドワードを倒す際に禁呪を使用したことも含まれる。3巻で合宿先で出現した要塞級異端者を倒したことで六頭会議で正式にS級に決定される。しかし、学生であること、目覚めたてであることを考慮に卒業までは学生扱いにされているが事件が発生する度に駆り出されている。
ロシア支部の雷帝によって暗殺されそうになるが、そのやり口に怒りを覚えロシア支部相手に一人で戦うことを決意する。
ヂーシンとシャルルにランクSだかランクSSだか知らないがいい加減にしろといい、白騎士機関が何のためにあるかを問いかけ《異端者》退治が片手間になってることに怒った。
前世の一つの冥王シュウ・サウラはエルメラが亡くなってから、前世の剣聖フラガの記憶を鮮明に思い出すようになる。これにより輪廻転生があることを知って前世があるなら来世もあると確信して、自身の来世を占い来世の光景を見てエルメラと再会できるが、その前に両親を喪いなぜ両親を救えなかったのと思い悩みそして両親の死により前世の記憶を幼少時に一遍に両方の記憶が蘇るため情緒不安定になる。それでも、エルメラと再会できるがわすか二年間しか会えず皇帝に破れる来世を見た。
その来世を回避するためにはカリンを自分の来世に送り込み、自分の来世(諸葉)のメンタルコンディションを万全にして皇帝に挑むしかない。そのためにシュウ・サウラは彼女を来世に送り込む闇術を、カリンは彼の心と彼の命を守るため前世の記憶の一部を封印する闇術とどんな強敵が相手でも抗う組織を創る計画を建てた。
シュウ・サウラはエルメラを蘇生させるつもりであったが、来世でエルメラが自分の前に立ち屈託のない満面の笑みで笑う来世を見たため、愛する女の来世での幸せを願って自身の心を殺した。
前世で恋人同士だったサツキと静乃にそれなりに好意は持っているが、恋愛感情であるかは表明していない。
摩耶に言わせれば『女を泣かしたり、泣かされたりする女難の相の持ち主』。
固有秘法は<<摩訶鉢特摩地獄(コキュートス)>>と<<世界喰らいの蛇(ウロボロス)>>。
熒惑は森羅万象をも断ち切る概念の《切断》。通力に触れれば斬れるため、近距離遠距離に問わず使用することができる。
嵐城 サツキ(らんじょう さつき)
声 - 竹達彩奈[1]
1年1組→2年1組 ランクD→B 白鉄
本作のメインヒロイン。前世では諸葉(フラガ)の妹であるサラシャであり、とある国のお姫様だった美少女。諸葉に再び会えることを期待して亜鐘学園に入学する。固有秘宝は<<巫剣アーキュール>>。通力の色は金色。
性格はお調子者で猪突猛進だが真面目で努力家。高飛車な物言いをすることもあるが、子供っぽさから、むしろ小馬鹿にされており、諸葉に言わせれば『馬鹿な子ほど可愛い?』。
諸葉を巡って静乃とはライバル関係にあるが、静乃には度々いじられている。
作中『浮気』は許しても『妹』は許さないと語っている。ただし、浮気をするとすごく嫉妬するので心から許してはいない。
諸葉のことで本人は妹を強調しているが、内心は恋人同士になることを望んでいる。
諸葉にとってサツキは『甘やかしてやりたくなる奴』と言っている。
ネリーの見立てでは見栄っ張りで周囲の注目を集めずにはいられない性格。あと、世話好きで子供を好きと言った。
前世では常にフラガに置いていかれ、それを歯痒く思いながら過ごしていた。3巻にて秘められた才能にフラガが気づき、戦場に出したくない一心で置いていったことを諸葉から語られた。
前世では『聖剣の巫女』という立場上鍛えることは許されず現世において本格的に光技の才能を開花させた。全ての門を開いていないにもかかわらずランクBのソフィアに力負けしないことから高い潜在能力が伺える。6巻で春鹿と手合わせし、その成長ぶりを見た石動にランクBに推薦される。
パワーとタフネスが優れており諸葉からは「戦車」型の白鉄と言われており、その指摘通り打たれ強く攻撃にも秀でている。諸葉曰く、サツキの打たれ強さは異常でランクSのヂーシンの猛攻にも耐えきるほど優れたタフネスを持っている。また、駿河安東ほどではないが『異端者』の気配に敏感で九頭大蛇や要塞級異端者が出現する前から違和感として感じ取っている。七門全門は開いていたものの完全には開いておらず中途半端だったが12巻にて戦闘中に七門全門が完全に開いた状態となった。サラティガと同じくアーキュールに大量の通力を流し込んでレナードの攻撃を防ぐ一撃を与えた後に自己崩壊してしまうほどの通力の持ち主。レナードの猛攻に耐え、標的の一人と認識される。
18巻ではサラティガを顕現させ、7つの門を完全に開いて汲み出した膨大な通力をアルスマグナへと変換した。このとき不滅の特性を持つ貝利の再生を阻む力と死に至るはずであった静乃の命を繋ぎ止める力を持つ謎の熒惑を発動させた。
熒惑は創世の熒惑で望むままに今ある世界を創り替える力又は新たな世界を創り出す力と駿河安東は言った。人の命の繋ぎ止める力はこの能力の応用である。ただし、この熒惑は扱いが難しく濫用すると暴走して世界を消滅させる可能性もあるので濫用できず、自身でもよく力の使い方が解らずサツキは死に瀕してる人は出来るけど多少の怪我や死人は生き返らす方法は解らない。
とてつもない凝り性で、料理は自他共に認めるプロ並の腕前。
漆原 静乃(うるしばら しずの)
声 - 悠木碧[1]
1年1組→2年1組 ランクD→A 黒魔
本作のもう1人のメインヒロイン。前世では諸葉(シュウ・サウラ)の右腕であり妻だった冥府の魔女(または王佐の魔女)。幼い頃は奴隷だったが、シュウ・サウラに助けられ育てられた美少女。固有秘宝は<<竜杖ナーグラヴィッツ>>と<<饕餮カラスボラス>>と<<共工エイジャエイジャ>>。
現世では漆原という名家に生まれるが、家が繁栄する手段として道具のような扱いをうけておりそのため感情を表に出さず、学校では不真面目な生活を送っていた。
徐々に前世の力を取り戻しており、『元素衆』相手に一対一で勝利できるほどのランクAでもトップクラスの力を持っているが、普段は手を抜いて隠している。諸葉もこのことは知っており、戦わなければいけない場合のみ実力をいかんなく発揮している。ルイーズからも『太陽の揺籠』より優れていると言われている。しかし、普段から昼行燈を装いすぎていたため長時間の戦闘になると体力が足りず息切れしてしまう。第六階梯闇術や広域結界闇術まで使いこなすが加減が出来ていない。六翼会議による亜鐘学園襲撃後に体力作りのためランニングを行うようになり15巻では諸葉との個人特訓の時間中ずっと第五階梯闇術を連発し続ける事が出来るくらいに体力面の問題も解消に向かっている。また個人特訓では反魂を使用しているが反魂の代償としてはむしろ少ない出血量で済んでおり魔力の制御が傑出していることが示されている。
14巻にてランク認定試験を受ける。日本支部では諸葉しか使い手のいない氷の第六階梯『氷結地獄』を危なげなく成功させてランクAに認定される。なお、この時点での静乃の力は冥府の魔女の全盛に届いていておらず第六階梯までが限界。
15巻で正式に実戦部隊の正隊員に入っており黒魔でランクB以上は静乃しかいない。(ランクSの諸葉を除く)
18巻では鏡文字を用いて氷の禁呪を発動させた。代償として死に至るはずであったがサツキの謎の熒惑により命を留めた。
出会った当初に諸葉がシュウ・サウラということには気づいていたが、諸葉を家の事情に巻き込むことを恐れて諸葉に問いただされても口を閉ざしていた。
また、当初から諸葉に好意を持っており、家のことで悩みつつもたびたび諸葉には肉体的スキンシップを取っている。
諸葉にとって静乃は『諸葉がつい甘えてしまう相手』と言っている。
ネリーの見立てでは自分の髪に自信があり、飾りっ気ない性格なのにヘアバンドと髪飾りはしっかり着けているため。あと、諸葉が贈ったヘアバンドなら喜んで着けるといい、縛られることに生き甲斐を覚える顔と言った。
諸葉が漆原家に乱入した後は家の悩みが解決し、前世のことは諸葉自身に思い出してほしいと思っている。
前世では囚われたシュウ・サウラに食事を運ぶ奴隷の少女で、彼から文字と闇術を学んだ。後に『冥府の魔女』あるいは『王佐の魔女』と呼ばれる女傑へ成長し、彼の妻となって生涯を共にする。エルメナと名乗っていたが、これはシュウ・サウラが語った物語の登場人物の名前であり偽名。本名はサラシャ。
初めてシュウ・サウラが監禁されていた牢獄に行ったとき恐怖に竦んでいたが、魂だけの存在となった戦姫に導かれ「兄様のこと、よろしくね」と言われる。その後にシュウ・サウラが寝言でサラシャの名前を呼び戦姫がシュウ・サウラに兄様と呼びかけていた場面に遭遇し、戦姫の名が自分と同じサラシャであることを知る。後にこれが本名を名乗れない原因の一つとなった。
シュウ・サウラの後継者のカリンとは水と油で人間として全くそりがあわない。似た者同士であり、お互いがお互いを嫌っている同士であり、相手に勝るところもあれば劣っているところもあるライバル同士であり、その結果彼女達が共闘すると競い合っているというより相手に抱く鬱憤を晴らすために敵に八つ当たりし、相手への不平不満を魔力に乗せて敵に攻撃を続ける。
諸葉を巡ってはサツキとはライバル関係でよくサツキをいじっているが、まっすぐな性格は羨ましく好ましく思っている。
サツキと違い、諸葉が自分の目の届く範囲なら嫉妬もせず浮気を許す理解のある妻であるが、いま彼が一番愛している女は自分であると言いきる自信がある。
人をからかう時やジョークを言う時に口の端っこに小さなえくぼが出来る癖がある。ただし、わかるのは諸葉のみで本人もある場所がわからないほど小さい。
前世でシュウ・サウラに「長い髪が似合う」と言われたため、髪の手入れは絶対に怠っていない。一本だけどうにもならないクセ毛があり、ひどくコンプレックスを抱いている。もし触れようものなら、諸葉曰く「地獄を見る」ほどに恐いらしい。実際、8巻の回想では我を忘れて尋常ではない魔力を撒き散らしていた。
四門 摩耶(しもん まや)
声 - 小倉唯[1]
ランク?→ランクA 黒魔
亜鐘学園でいつも校長と共にいる10歳ぐらいの少女。亜鐘学園校長である万里とは遠縁の身内。
早くから<<救世主>>として覚醒しており、そのために学校に通えず、友達がいないが本人はさほど気にしていない模様。
固有秘法は<<夢石の面晶体>>。この能力のためか、エドワードからは『夢現の小さな魔女』と呼ばれていた。
力が覚醒した際に前世の記憶が蘇ったためか、天使のような容姿とは裏腹に耳年増で小悪魔。
諸葉に女難の相があるからと諸葉に好意を持ち、恋人の座を狙っている。幼いながらも、女同士の修羅場に立つ度胸の持ち主。
年齢的ハンデがあるので、諸葉の四、五番目のお嫁さんにしてもらう予定と自分でいっている。
諸葉にとって摩耶は『目に入れても痛くない女の子』と思っている。
ネリーの見立てではしっかりしており強い子であるが本当は寂しがり屋。あと、諸葉とお揃いのものを贈ると喜ぶと言った。
免許は持っていないが、車を運転することができる。また、スリルを楽しむのでスピードを出して走ることを好む。
2巻で万里の策略で諸葉と同居することになったが、本人はそれを喜んでいる。10巻にて、その仲のよさは万里を唖然とさせるほど。
3巻では拙いながらも第三階梯闇術を使用したことから、Bに近いランクC黒魔と考えられる。
14巻で万里の固有秘法『移ろいの門』の使用に成功する。前世では使えなかった他者の固有秘法を成功させたのは史上初。また、『移ろいの門』の習得によりランクAに認定された事が15巻で明らかにされた。
百地 春鹿(ももち はるか)
声 - 内田真礼[1]
2年3組→3年3組 ランクC→B→A 白鉄
実戦部隊正隊員。ボーイッシュで飾らない雰囲気や体つきが可愛いショートカットの女性。自分に自信が持てないため、恋愛ごとにはサツキや静乃から遅れ気味。諸葉やサツキから『モモ先輩』と呼ばれている。省略された呼び方は好きじゃないと当初は文句を言っていたが、諦めたのかいつの間にかその呼び方が定着している。通力の色は蒼色。
6巻にてサツキと手合わせした後、石動にランクBへと推薦される。
<<神足通>>の名手で学内最速を誇るスピード特化型。諸葉が4分身までしかできない貪狼を5分身で使用できる。また、巨門の二連を使用することもできる。12巻で破軍を完璧ではないが使えるようになった。
諸葉曰く、スピード特化型は戦法を一つ一つ習得することで強くなれるタイプで究極的には触れる事もできない速さの相手に剣で勝つことは無理と言うほど。ただし、このタイプは強さがわかりにくく教える人がいないと二流と言われてしまう。
9巻で迭戈の言葉により吹っ切れ、諸葉に対しての恋愛感情を静乃に宣言した。
諸葉にとって春鹿は『もったいないと思う人』。
ネリーの見立てでは走るのが好き。その理由はシューズをよく使い込まれおり手入れしているため。また、可愛いのに自分のを男の子のように自虐していることも見抜いている。
12巻で学園を攻めてきたレナードと交戦してスピード特化型の完成形を見て自信が付き目指すべき境地を知る。この事により、神足通を更に磨き巨門の二つ同時に作ることも出来るようになり、巨門のトリプルという奥の手がある。
春鹿は才能に乏しい白鉄たが、幸運に恵まれて諸葉と迭戈の両方からコーチを受けレナードとの実戦的な指導特訓により実力を伸ばした。
15巻でエキスパートリーグを優勝して迅との勝負で勝ったことによりランクAに認定した。
エレーナ・アルシャヴィナ
声 - 上田麗奈[3]ジェーニャ(ロシア語)
1年2組→2年2組 ランク? 白鉄
人喰い(マンイーター)と呼ばれる救世主暗殺に長けた少女。愛称で「レーシャ」とも呼ばれている。静乃に負けないくらいの巨乳で、銀色の短髪がトレードマーク。
表向きはロシア支部からの留学ということになっているが諸葉を暗殺するために来日する。
通力はランクC並みしかないが固有秘宝<<魔剣レプラザン>>を使用することでランクAの実力を持つ静乃を圧倒する実力の持ち主。通力の色は暗い藍に血の朱が混ざったような不気味な紫色。
諸葉の優しさに触れ、暗殺することに疑問を持つが弟のためにと思い諸葉と戦うが敗れる。
実際はコンドラートの能力で弟がいると思い込まされていることが判明する。その事実にショックを受けるも、諸葉から「家族になってやる」という言葉を受けて、それ以降諸葉の家族と自称する。家族と言いながらも、度々諸葉にキスをしたり肉体的な接触を求めるなどの家族の関係を越えた行動も取ることもある。
6巻で静乃と友達になっており、レーシャ曰く、初めての家族は諸葉だが初めての友達は静乃である。
8巻の学園祭では、友人に恵まれて楽しい学園生活を送っていることがわかる。また、静乃やサツキとも友情を築きながら諸葉を巡るライバルとなっている。諸葉の事をこの世界より大切で静乃の前でも好きと言えるけど好きである。
諸葉にとってレーシャは『放っておけない奴』。
ネリーの見立てでは妖精みたいに綺麗な子で妖精みたいに浮世離れした子。また、今が幸せで気持ちがふわふわしており、学園生活の実感が伴って初めて普通になれると言った。
14巻でレプラザンのスイッチを一瞬だけ「オン」「オフ」し、自分もそれに対応できる速度で通力を纏う特訓していた。
源祖の業に頼らないで武術や剣術を鍛えていたがヂーシンに負けてからは特に神足通を磨いており、諸葉と春鹿に神足通のダブルコーチをしてもらっている。
16巻で魔剣レプラザンに己のプラーナを与える事で前世で一度も発揮されなかった正真の魔剣を顕現できる。(ただし、顕現されるまでにそれなりに時間が必要であり、戦闘中に顕現させるのは難しい)
アニメでは、諸葉と同じクラスで途中から諸葉のことを「兄」と呼んでいる。

実戦部隊(ストライカーズ)[編集]

石動 迅(いするぎ じん)
声 - 中村悠一
3年2組→亜鐘学園校長 ランクA 白鉄
石動厳の兄で実戦部隊隊長。沈毅な風格の持ち主で、とっつきにくい感じがするが、細やかな気配りができる一面を持つ。また、強さを求める本性を持っており、諸葉に追いつこうと努力している。
レナードから天才と評されているが、自分ではそう思っておらず積み重ねで手に入れた強さだと実感している。厳しい戦いであるほど練習以上の力を出し、通力の量が二、三割増える。
早寝早起きする主義。
守りよりも攻めを得意としている。通力の色は雷光色。
熒惑は《雷》。この熒惑は使い勝手が良く特に溜めが要らなくて使った後も隙ができないほど強力である。諸葉曰く、熒惑としては反則レベル。第3巻の合宿にて破軍を習得し、第6巻では2回に1度に成功するまでに成長した。熒惑と破軍を同時に使う技は強力だが使用後の反動でまともに動けないのが欠点。
15巻でルー・ヂーシンに師事、巳解仙について習い、呼吸を止め続けることで、呪力を汲み出すことが出来るようになった。
ヂーシン曰く、石動には異才があり裏光技を一部を除き一通り使用できる。
呪力と熒惑を用いる事によって破軍の反動を抑え、二度目の破軍又は貪狼に繋げる<<雷影>>という技法を編み出した。
白騎士機関日本支部の就職が決まっていたがレナードに襲撃され、四門万里が居なくなった亜鐘学園の学園長として就任する。
神崎 斎子(かんざき ときこ)
声 - 小林ゆう
3年 ランクB→A 黒魔
(エロ)鬼と畏れられる実戦部隊副長。軍人めいた高圧的な口調と怜悧な美貌の持ち主。特技はパワハラとセクハラで諸葉(とその尻)を執拗に狙うが、度が過ぎると迅にお仕置き(アイアンクロー)されることが多い。
統率力は副長に選ばれるだけあって、本人の気質も影響していることもあり、要塞級を前にして怯える隊員たちをまとめるほど高い。12巻では第四階梯まで使いこなすまでに至った。静乃より戦術レベル下において、遥かに闇術を使いこなす優秀な黒魔である。
学園を卒業して東京本局務になった。
19巻でランクAに認定していた。
宗谷 真奈子(そうや まなこ)
3年 ランクB 白鉄
地味な眼鏡を掛けた無口な先輩。目立つことを嫌うため、初介と付き合っていることを隠している。
<<天眼通>>の達人で、諸葉や春鹿の動きすらスローに見ることができる。隙のない安定した白鉄で防御も得意とする。
怒ると怖い。静乃曰く、『怒らせたくない人』リストの中でもかなり上位に入るほど怖い。
学園を卒業して東京本局の内部監査室に配属になった。
アニメでは一言も喋らず、姿しか現れていない。アニメでは通力の色は白色。
丈弦 初介(たけつる ういすけ)
声 - 守川武尊
3年 ランクC 白鉄
男女に人気のお兄さん。遠距離恋愛をしていると周囲に話しているが、実際には真奈子と付き合っている。
鎖で連結された長剣や槍、盾などの様々な武具を状況に応じて使い分けて戦うスタイル。前世は暗殺者であったために、今世こそは救世主たらんとする。通力の色は暗い琥珀色。
熒惑は《糸》。研ぎ澄ませるほど糸は無限に細くなり、細くなるほど長く伸ばせる。通力の一部を周囲に拡散させてその範囲内ならどこでも瞬時に熒惑を発動することができる。この応用で相手の肺に自分の通力を吸わせて熒惑を発動すると肺の中がズタズタになり相手を倒すことができる。(内臓は救世主と言えども治す事が難しいので一撃必殺の威力がある)ただし、通力を拡散するには少し時間がかかりすぐに使えないのが欠点。
12巻では眼を失い気配に敏感になったヂーシンを欺くほどの廉貞使いになっている。
15巻でヂーシンを見つけるため、熒惑で街中に糸を張り巡らした。
18巻でルイーズを熒惑で仕留めたが、ルイーズのゴーレムに左足を、貝利に左腕を奪われまともに戦う事ができなくなった。肉体の再生には時間がかかるが、一年ほどで元に戻るとのこと。
万年堂 亀吉(まんねんどう かめきち)
声 - 内田雄馬
2年→3年 ランクC 黒魔
誕生日:1月1日
諸葉からは『面白い人、実戦部隊の鑑』、サツキからは『ウザい人』と評されている。黒魔としての才能は低いが、他の方面では才能がありすぎる。
自分より年上や権力のある相手には、ころっと態度を変えるお調子者。
7巻にフランスから受けた襲撃の際に感銘を受け、9巻ではズラタンと共に大規模作戦に向けてゴーレム作成を行う。以降、その際の制作した亀戦車型ゴーレムをサーベルにして持ち歩くようになる。
このゴーレムはズラタンの秘術で造られた頑丈なゴーレムである。名前のように亀のように遅く、攻撃が持ち主の魔力を打ち出すため亀吉は魔力が少ないので攻撃力は低い。基本的に二人乗りで無理をすれば四人乗れてそれにより攻撃力を上げる。
男子に圧倒的に人気があり、逆に女子からは生ゴミ扱いの仕打ちを受けている。
13巻で石動迅から実戦部隊隊長に任命された。理由は笑われると分かっていて諸葉を超えると公言していたため。
竹中 半太(たけなか はんた)
声 - 石谷春貴
2年→3年 ランクC 黒魔
2年の<<黒魔>>筆頭。いかにも草食系男子といった感じの優しい男。童顔であるが美少年で女子からの人気がある。
13巻で実戦部隊副長に任命された。理由は亀吉をうまく宥める事ができるため。
亀吉のゴーレムに一緒に乗り、サポートしている。
亀吉とは逆に女子からは人気があり、やや頼りない所が保護欲をかき立てリーグ戦の成績で憧憬を集めている。
ソフィア・メルテザッカー
声 - Machico
3年 ランクB 白鉄
アメリカからの留学生、学園一のパワーファイター。そのため武器が一度の攻撃しか耐えられないので太白は切り札になっている。通力の色は鮮やかな黄色。
見た目は、褐色の肌に髪の毛がプラチナブロンドで190センチのあるアメリカ人。バストもすごくプロポーション比率は静乃より少し劣るがバストサイズが静乃より三周り大きいのでド迫力である。
9巻からはロシア支部から取り寄せたガラス製の大盾を使用している。
卒業後はアメリカ支部に戻ると決めていたが、日本支部に残ることを何度も考えていた。そんな彼女の心情を知った諸葉の提案により、日米間の親善大使に選ばれたことを喜んでいる(諸葉の提案であることは知らされていない)。
原作での合宿には参加していなかったが、アニメ版の合宿には参加している。
田中 一朗 (たなか いちろう)
新一年生 白鉄 田中太郎の息子
見た目は細眼鏡を掛けたクールな顔つきで落ち着いた物言いで年上に見える。
白鉄に目覚めて一年半ほどアメリカに留学していた。留学の理由は正義の味方になりたいための力が必要なため。
諸葉の印象ではカッコいい人物(親しくない人でもお姫様抱っこしたため)
夏休み前に実戦部隊を見学していた所を亀吉が腕試しに二年の白鉄と勝負して勝ったので予備隊員として入隊した。
正隊員の勧めが来るが自分自身はまだまだと言っており正隊員になる気は無い。
たが、実力はランクBの白鉄を軽く倒せるレベルで巨門はトリプルまで使いこなしその巨門は静かで相手に見切る事が難しい。通力の色は白銀色。
一年半留学して居たとはいえ一年生して基本光技の質は極めて高く通力も多いため隙のないタイプで胆力も尋常でない。
灰村諸葉
#主要人物を参照。
嵐城サツキ
#主要人物を参照。
漆原静乃
#主要人物を参照。
百地春鹿
#主要人物を参照。

その他の生徒[編集]

石動 厳(いするぎ げん)
声 - 杉崎亮
1年1組 ランクD 白鉄
兄も救世主だったため入学前から修行しており、光技を高いレベルで修得している。
傲慢な性格をしていたが1巻で諸葉と戦って敗北。それがトラウマになり不登校になる。6巻にて田中に光技を教わっていることが判明し、10巻時点でランクC相当の実力を得た。通力の色は血のような赤色。
諸葉がランクSだということを教わるも、信じることができずサツキらを襲撃。しかし、ランクBとなったサツキに返り討ちにあう。(デコピン一発)
執念深さから『六翼会議』に目をつけられ、その魂を魔神級を作るのに利用される。異端者として退治され、諸葉がランクSだという現実に打ちひしがれて転校を決めた。
アニメ版では第1話以降登場していなかったが、第11話に他の生徒とともに避難しているのが確認されている。また、第12話で異端者と戦う諸葉を応援するなど、原作とは違い恨んでいる様子が見られない。
椎名 春子 (しいな はるこ)
2年3組→3年3組 ランクD 白鉄
春鹿のクラスメイトで親友。
春鹿の恋を応援する一方諸葉と男友達の感覚で接してるのを心配している。ただし、サツキや静乃を相手に諸葉を取り合いをしているので勇気はあると認めている。
春鹿曰く、隠れ巨乳である。
対人戦闘研究部部長 (たいじんせんとうけんきゅうぶぶちょう)
レーシャが対人戦のエキスパートであるためスカウトしに来た。
表向きには、救世主が増えることで悪さをするやつと戦えるためのスキルを磨いているが裏では異端者と戦うのがNGなだけ。
この部活は日陰者で部費もほとんどでていないので箔をつけるためにレーシャをスカウトするのが目的。
レーシャと模擬戦をしてレベルの違いからスカウトを諦めた。
前田 (まえだ)
対人戦闘研究部部員。
黒魔であるのに体型に恵まれている。黒魔の弱点である近接戦を克服するため、《幻影の像》ででかいウサギを作り可愛いウサギを攻撃できる人はいないと言った。しかしレーシャは孤児のため、ロシアではウサギは食べ物なので普通に攻撃して逆に食いがいがあると返り討ちに合う。
橘川 (きつかわ)
対人戦闘研究部部員。
お色気ムンムンのお姉さんで何もかもがエロい人である。
相手の心を攻める戦技を研究しており、強い救世主でも油断させてしまえば倒せると考えた。通力の色は濃厚な桃色。
熒惑使いで熒惑は《妖しい香り》。この熒惑は嗅いだだけで相手にアロマ効果を与えて相手を悩殺する。この熒惑は男には有効であるが女には効かないため、レーシャは諸葉が困っているのを見て容赦なく攻撃した。

教師[編集]

四門 万里(しもん まり)
声 - 皆口裕子
校長 学園の第1期生で初代実戦部隊隊長 ランクA
金髪碧眼の美女 20歳。生徒を大事にしており、2巻で亜鐘学園理事長による諸葉に対する謀略阻止と、摩耶に友達が出来ればと諸葉との同居を画策する。
初代実戦部隊の隊長で、その頃は自身曰く「高慢ちき」で周りと馴染めていなかったらしい。
不断の努力によって前校長を追い出し、自身が校長となって人道的な救世主の育成環境を整えた。
実力はあまり高くないが移ろいの門は対異端者に有効なためランクAになっている。
固有秘法<<移ろいの門>>。そのため摩耶の安全と引き換えに『六翼会議』に強制的に協力させられる形で拉致されてしまう。
固有秘宝<<帽子の下の小鬼>>。
田中 太郎(たなか たろう)
声 - 大川透
1年1組→2年1組担任 白鉄 ランクB
年齢は40歳前後。七三分けの髪型で黒縁眼鏡をかけたサラリーマンのような風貌。
陰で誰かと内通している模様。丈弦と同じ側の前世らしいが詳細は不明。7巻にて宇佐子との会話で、「王」を呼ぶよう頼んでいたことから『六翼会議』の一員らしい。通力の色は鉄を思わせる鈍色。
実は六翼会議の一翼の不可視(インヴィジブル)である。
前世が暗殺者であり、隠密行動も得意で気配を読む能力の高さは複数人を監視し、一キロ先の相手まで分かるほどで超人を越えている。普通に神速通を使っても音も立てずに消え去ることができる。
19巻で主力以外の実戦部隊を襲い、息子である一朗に「そもそも正義なんてものは、この世のどこにもない」と嘯き、巨門を使い倒した。一朗より遥かに静かな巨門を使える。
白鉄としての才は全く恵まれなったため、《巨門》《禄存》《文曲》《廉貞》の才能に関係ないこの四つだけ極めるために努力して、暗殺を続けるうちに異常なまでに廉貞が発達して相手に姿を見られる力をゼロにする廉貞を身に付ける。それにより、相手が見ることができない独自の戦闘スタイルを確立した。
この戦闘スタイルは異常なまでの修練と死と隣り合わせの暗殺をすることにより身に付いたスタイルであり、絶対に真似をすることのできない超一流のスタイルである。

理事[編集]

漆原 賢典(うるしばら ただのり)
声 - 遊佐浩二
静乃の実兄。25歳で亜鐘学園理事長を務める傑物だが、野心家でそのためなら身内も利用する。
思考が極端になることもしばしばあり、諸葉がエドワードにランクSに認定されると、静乃に「なにがなんでも籠落しろ」と命令した。
7巻では諸葉が幽閉されて尚、利用価値を見出だしたまま高梨恭子を呼び出し、尋問の場を整えるほど期待している。
権力に固執しているが状況によって揺らいでしまう役職には興味がなく、他人に左右されず安定した役職である理事長という立場は非常に気に入っている。それと同時に世界に大きな影響を与える未来の救世主たちを擁する学園の理事長という肩書を利用して絶大な権力を振るえる点は彼の美学を満足させられるものであった。
高梨からはライバル視されており、社会的には日本支部の第一秘書官という立場にある高梨の方が上の役職であったが、諸葉という最強の戦力の存在を知りながら自身の戦力として擁することを知らない彼女のことを本心では嘲笑っていた。

白騎士機関(オーダー)[編集]

異端者と戦うために救世主が集う機関。イギリスに本部を構え、日本、ロシア、フランス、中国、アメリカに支部がある。
本部と各支部にランクSかそれ以上に相当する『六頭領』と呼ばれる者が本部長および支部長の座に就いており、白騎士機関は彼等を長として運営されている。

日本支部[編集]

日本支部は大半の人員が東京支部に集中している。そのため、特に西日本には人員が配置がされておらず、分局長しか実力者がいない。これは《移ろいの門》があるためできる戦法である。
駿河 安東(するが あんどう)
声 - 石田彰
支部長 ランクSS
六頭領の一人。詰襟制服を軍服みたいに着こなしている17歳の男性。尋常ならざる貫禄、風格を持つ。
「他人の物を自分の物にしたい」と不適な態度を取っているため六頭会議ではヴァシリーサやシャルルから反感を買っている。
《異端者》の出現を察知し、《異端者》の存在そのものを浄化する《異端者》の天敵とも呼べる源祖の業(能力)の使い手。白鉄でも黒魔でもない稀有な救世主。
『千里眼(ウォッチャー)』や『極東の聖者』の異名を持つ「世界最強の対《異端者》の能力者」である。
普段は東京を出ることを禁止しており、特例を除き東京を離れることが出来ない。(日本政府の権力者の判断で一方的に決めた)
実は諸葉の前世の一つのフラガが滅ぼした帝国の皇帝の前世を持つ人物である。
18巻で前世でもサラシャ姫(サツキ)を狙っており、神の血筋たる陽の娘と呼び、サツキの謎の熒惑が目的だった。そのために六翼会議とも手を組んで裏から操っていた。
隠しているが《異端者》を産み出す種を作ることができる彼固有の源祖の業がある。
《異端者》を造り出して襲わせていた目的は1,白騎士機関を立ち上げること、2,日本支部を創設すること、3,目的の人物を確保することの3つが目的であった。(後に目的の人物がサツキであると判明する)
上記の異名や能力は日本で権力を持つための芝居であり自作自演の英雄を演じる。
高梨 恭子(たかなし きょうこ)
声 - M・A・O
白鉄 ランクA
安東の第一秘書官兼ボディーガードの女性。日本支部本局に所属し安東に心酔している。そのためか、彼の地位を揺るがす相手を潰すことに躊躇いがない。大規模作戦で群体要塞級に幽閉された救世主らの安否は気にせず見下しており、場合によっては死んでしまっても構わないと思っている。
諸葉が最も古き英雄だと聞いた時は、新たな安東の手駒として喜んでいた。しかし、彼が活躍して亜鐘学園に大きな影響を与えていることを知ると、7巻にてヂーシンと結託して諸葉を拉致幽閉した。独断での行動だったので諸葉が解放された後に首が皮一枚で繋がるほど追い込まれる。独断行動で危ない立場でいることを自覚しながらも亜鐘学園に居る諸葉派閥を警戒して反発するもシャルルらに封殺される。日英仏の大規模作戦にて諸葉を嵌めようとするも、それを察知した初介にて阻まれた。
六翼会議の狙いが安東となったことで諸葉が助っ人として日本支部に訪れた際には再び一転して諸葉に媚を売る。その直後に安東の護衛計画は第一秘書官である自分を通り越して第二秘書官たちを中心に進められていることが明らかになり、自分の立場が本当に首が皮一枚で繋がっているということを再度認識させられてしまう。
安東の護衛計画に同行していたものの、安東の言動からやはり彼が自分だけでなく日本支部の人間でさえも何とも感じていないことを自覚する。これにより以前から六翼会議の誘いを受けていたこともあり背教者たちを率いて安東の身を抑えようとするが失敗、逃亡の身となる。それ以降は他の背教者たちと共に六翼会議のアジトであるゴーレム内で生活している。
多幡 勝家(たばた かついえ)
白鉄 ランクA
名字が柴田に似ているため、名古屋の武将柴田勝家から名前を取ってつけられたらしい。またそのせいで名古屋の分局長に任命された。石動とはよく知った間柄らしい。
日本支部創設から活躍しており、諸葉が現れるまでは最強の白鉄と言われていた。通力の色は鮮黄色。
指示に従わない石動に凄むも、ランクSとの戦闘を経験した彼には通じなかった。
19巻で石動迅と交戦して、多幡に迷いがあり石動迅の実力が向上していたため一撃で剣を折られて敗北を認めた。その後の騎士級異端者との戦いを見て日本最強の看板を掲げないと誓った。
弘原 海佳弥(わだ つみかや)
白鉄 ランクA
博多分局長。高梨恭子とは安東のボディーガードとして光技を研鑽した仲だったが、安東に心酔してシンパを増やし始めた彼女から距離を取った。
大規模作戦で水を鞭のようにを操る技を見せたが詳細は不明であったが、19巻で《水》の熒惑であることが判明した。通力の色は深海色。
19巻でサツキと交戦して、熒惑の弱点の制御の難しさによる制御ミスをサツキに狙われて鎮星を喰らい意識を奪った。
藤井 冴姫 (ふじい さえひめ)
黒魔 ランクA
広島分局長。彼女は明るく気さくな分局内外でも人望があり、日本支部でも最強の黒魔と評されていて天才の名わわほしいままにする戦火の魔女でフランス支部からもスカウトされたこともある。
炎の第六階梯闇術を自在に操ることのできる優秀な黒魔である。
19巻で静乃と闇術合戦をしたが、彼女との格の違いを思い知らされて《万の眠り》で眠らさせられた。
日向 猛 (ひゅうが たけし)
白鉄 ランクA
大阪分局長。大阪にいるが関西弁でなく、生まれは別である。大阪分局長としての理由は東京本部に人員が集中しているため、もし西日本に異端者が出現した時に最低でも実力者が一人居るようにしているため。
白鉄の実力はパワー、スピード、タフネスの全てに隙がない白鉄である。通力の色は白みがかった青色。
19巻で春鹿と交戦したが、自分の才能だけでランクAになった日向は春鹿と勝負になるはずもなく春鹿に一度も攻撃を与えることもできず、最後に春鹿と一緒にいた黒魔に攻撃をするが春鹿の破軍により両腕を切断されて敗北した。
柏葉 源一(かしわば げんいち)
白鉄 ランクA
内部監察室室長。不可視によって誘拐され、その魂を利用して魔人級へと変えられる。日本一の神足通の名手で、隠密能力と対人能力に秀でている。
要塞級の中で諸葉を隊長とする救出部隊と戦闘して敗北することで解放され、『六翼会議』について伝えようとするも途中で肉体へ戻ってしまう。覚醒後、六翼会議の幹部によって始末された。
錫原(すずはら)
白鉄 ランクB
大規模作戦にて他二名の白鉄と共に、救出部隊に志願した。内部監察室の一員で神足通に長けた一人。
勾坂 霞実 (こうさか かすみ)
駿河支部長の第二秘書官。 ランク?
白鉄でも黒魔でもない稀有な救世主。
源祖の業で顔、声、体型まで変えられる。諸葉曰く、見た目は作り物めいていて美貌が整いすぎていると言う。この見た目が彼女の素の顔であるかすら解らず、この美貌が能力での作り物に見えている。
戦闘力という点では疑問、未知数であるが便利な能力である。
納貝利(ナー・ペイリー)
駿河安東個人の配下で日本支部の幹部もその存在を知らない模様。
馬迭戈と対照的な方法で昇仙に至った尸解仙。ランクSのルー・ヂーシンをして常識の埒外と言わしめるほどの力を有している。日本語読みで「かいり」。
彼女が作り出した宝貝はどれも強力で数も多種多様にあり、中にはランクSを殺す事のできる宝貝もある。
19巻で諸葉と戦うが諸葉のことを竜と例えたが、竜殺しなど夢物語にすぎぬことに気づけず諸葉の熒惑で敗れた。

イギリス本部[編集]

エドワードのカリスマ性によって統制されている。黒魔が圧倒的に不足している。
サー・エドワード・ランパード
声 - 羽多野渉
本部長 ランクS 白鉄
六頭領の一人。『白騎士(ホワイトナイト)』、『白騎士機関の異名の源(ザ・モデルイメージ)』や『獅子の心臓(ライオンハート)』等の異名を持つ「無敗の白鉄」である。通力の色は鮮烈な紫色。
2巻で諸葉の実力を見定めるため来日し、諸葉と交戦する。戦いの後、諸葉を(『ビックリ箱』という意味のジャック・イン・ザ・ボックスから)『ジャック』と呼ぶようになった。頻繁に電話をかけては諸葉に迷惑がられている。
ランクSの中でも別格に強く、普段は部下を守りながら戦うが一対一の勝負になるとアーガステンを纏って破軍の神速で砲弾のように相手にタックルして叩きつける荒業がある。破軍の反動で動けなくなってもアーガステンの硬さにより相手の攻撃を受けても何事もなかったかのように立ち直りまた破軍で攻撃を繰り返す。単純無比ゆえに効果絶大であり、最強の防具を最強の武具に変える自らへ課した禁じ手である。
固有秘宝は<<銀嶺アーガステン>>。
アンジェラ・ジョンソン
声 - 小見川千明[3]
ランクA 白鉄
ランパードの右腕で、双頭剣の使い手である女性。通称は『AJ』。通力の色はエメラルドのような緑色。
エドワードに好意を持っている。そのことで静乃に相談したためにその弱みで静乃にはこき使われている。
当初は諸葉に返り討ちにされたことを恨んで彼にきつく当たっていたが、5巻にて彼の水先案内人になって行動を共にしたことで態度を軟化させた。諸葉曰く「面倒見のいいお姉さん」。
熒惑は《鋭い刃》。諸葉の切断とは異なり、通力を手に纏って使用する。
ボリス・テリー
ランクA 白鉄
『青騎士』の異名を持つガタイのいい男。不可視に誘拐されていた。
しかし、その正体は『背教者』の集団『六翼会議(シックス・ウイング)』の一翼。
熒惑は異名のもととなる《鎧》。この鎧は通力でできているため、エドワードの<<銀嶺アーガステン>>に比べて防御力は低い反面重さが無いため着用者の動きを制限しない。通力の色は濃青色。
熾場が諸葉と引き分けたことから反目し、ルイーズを白騎士機関への手土産にしようとするが、新たに加わったヂーシンによって阻まれた。
その後、14巻にて「魔神級」異端者にされ諸葉、静乃と戦闘、撃破されている。
グレアム・ジェラード
ランクA 白鉄
見た目は少女と見粉う美しい少年でエドワードの片腕と言われた『火の鳥』の異名を持つ救世主。不可視に誘拐されていた。誘拐当時はランクAであるがランクSになる可能性があった。白騎士(エドワード)に最も近い男と言われていた。
第14巻にて既に「天使級」異端者にされ、魂を熾場亮の熒惑によって焼かれていることが判明した。

フランス支部[編集]

『太陽の揺籠』と呼ばれる魔術結社を前身とし、白騎士機関の中では長い歴史を持つ支部。救世主は固体・液体・気体・力体・霊体によるゴーレム練成の秘儀に通じる『元素衆(レ・エレマン)』と呼ばれ、『=1(ル・ブルミエ)』は『=2』以下を従える幹部がいる。
前身が魔術結社であるため、貴重な黒魔のランクAが多い。9巻の大規模作戦には46人が参加しており、そのすべてが黒魔。
シャルル・サン=ジェルマン
声 - 子安武人
支部長 ランクS 黒魔
六頭領の一人。『パリのサン=ジェルマン(PSG)』、『異端の魔術師の正統』や『赤青の魔術師(レ・ルージュ・エ・ブルー)』等の異名を持つ。
せっかちな性格で、口癖は「遅い。オレを待たせるな」。また、その性格は周囲から「めんどくさい」という評価を受けている。9巻にて婚約者であるフラヴィが諸葉に抱きついただけで嫉妬する一面もある。
かつては義父の思想に従って純血を重んじていたが、後に婚約者となるフラヴィとの出会いによって考え方が変わる。クーデターを起こして今の地位を手に入れた。不可視によってフラヴィを誘拐され、そのショックのあまり「救世主による人類支配」を決意してロシアと並ぶ過激派とされた。
婆様の預言によって諸葉をフランスへ連れ帰ろうとするが、断られたので強行手段へと移行。諸葉と交戦して彼の熒惑を受けて敗北した。
五本の指を使用してスペリングするため、通常の五倍の速度で第一階梯をスペリングすることができ、第一階梯をスペリングする間に第一階梯を五つあるいは第五階梯をスペリングしてしまう。両手を使うことで、第五階梯を絶え間なくスペリングを行うことができる。ゆえに、自他共に認める「最強の闇術の使い手」又は「世界最強の黒魔」である。
ランクSの中でも別格に強く、ゴーレム抜きに白鉄と一対一で勝負できて白鉄の手出しできない領域から一方的に攻撃できる。黒魔となら五分と五分の戦いになるがシャルルと魔術合戦をして勝てる者はどこにもいない。だが、長時間戦うと疲労のせいで指が動けなくなってしまう。スポーツみたいにインターバルがあれば無敵である。
14巻で織場亮の熒惑により右腕を焼かれてしまい使えなくなるが、19巻で髪の色が黒から白に変わるほどの荒行を数か月の間行った結果、第五階梯闇術の反魂を完璧に制御するまでに至る。
固有秘法『一千六十三フィードの高座(オーヴァロードオーヴァウォッチ)』。
フラヴィ・サコー
『?』 ランク? 黒魔
フランス支部副支部長にしてシャルルの婚約者。黒人の女性。不可視に誘拐された後、魂を魔人級を作ることに使用された。解放後、馬迭戈によって要塞級から開放された。
本人の実力を示す明確な描写はないが、大規模作戦で『元素衆』の指揮を取っていたことから知ることができる。
クロエ・ジャレ
『霊体=3(ラーム・トロワ)』ランクA 黒魔
『牢獄の魔女』と呼ばれる結界闇術のエキスパート。亜麻色の巻き髪を持つ美女。
強行手段に移ろうとするシャルルを止め、自ら交渉役として諸葉と接触した。
日本支部の要請により、7巻で諸葉が幽閉された館の形をした結界のゴーレムを作製した人物でもある。
18巻で諸葉と静乃の結界闇術の師匠になっている。シュウ・サウラ曰く、不完全性が気に食わないと言い研究に消去的だったが早計であると反省した。
エミリエンヌ・カバーニ
『液体=1(ル・リキユイデ)』ランクA 黒魔
なぜかずぶ濡れの女性。「ごめんなさい」が口癖。
カロンと共に襲撃する命令だったがそれを自らの提案で一人で初介たちを襲撃した。
自らが操る水のゴーレムによって初介一人まで追い込むが、「自分は救世主になれない」と吹っ切れた彼の熒惑によって戦闘不能にされた。
カロン・メネス
『霊体=2(ラーム・ドゥ)』ランクA黒魔
タレ目の男性。血統を重視する保守派であるため、エミリエンヌらを見下している。口癖は「冗談、顔だけにしろ」。
エミリエンヌの提案によって待機していたが、彼女の敗北を知ると巻き込むことを気にせずゴーレムの悪霊をけしかけようとした。しかし、現れたレーシャに阻まれて交戦することになる。
ダリオ・ヴェラッティ
『気体=1(ル・ガス)』ランクA 黒魔
ハンサムを通り越してくどい伊達男。ブレーズと共にサツキと静乃、春鹿と交戦。
「すごいゴーレムを作ろうとして途中で放り出した」何十体ものガスゴーレムを使役する。
最終的に静乃との一対一になり闇術戦で敗北。
ブレーズ
『力体=2(レナージ ドゥ)』ランクA黒魔
黒人の青年。『影潜み』の異名の所以である固有秘法を有している。
電気を纏ったパンサーゴーレムを使役し、ダリオのゴーレムに雷を放って誘爆させることで春鹿を戦闘不能にした。
静乃にチェックメイトをかけるも、彼女のゴーレムによって戦闘不能にされる。
静乃曰く、物の道理もわきまえているし、冷静でよく頭も回る、信頼できそうな人であるが利害が一致する限りは安全である。
ズラタン
『固体=1(ル・ソリード)』ランクA黒魔
鷲鼻の白人。『元素衆』最強の騎士。
鉱物を操作して合金を作ることを得意とし、それによって作ったゴーレムを体に纏って近接戦闘を行う。
石動と交戦して一度は追い込むが、自分の本性に気がついた彼の破軍によって戦闘不能になった。
婆様 (ババサマ)(本名不明)
老婆で預言者という立場にあり、預言はするが意見はしない。
予知能力者で的中率は10パーセントほどであるが、当たる時はどんな突拍子もないことでも予見してしまう。
この能力は胡散臭いと思われるが、フランスを最初に襲った異端者の出現日時、なかなか政府の呼びかけに応じなかった中国支部長の正体と居場所を当ててみせた。
諸葉のことをとんでのなく強くて、太くて、数奇な命運を持って生まれていると言った。あと、『数奇な命運を持って生まれり。例えるなら英雄二人分にも相当する、重なり合う巨大な運命(さだめ)。その大きなうねりにかの白騎士すら惹きつけられ、かの雷帝すら飲み込まれることになる。そしてそれはシャルル様とて例外ではない。ゆめゆめ畏れることなかれ。かの男の数奇な命運に寄り添えば、御身はきっとフラヴィの元へ導かれるであろう。』と予言している。そしてこの予言は的中している。

アメリカ支部[編集]

他の支部のような大きな本部や分局は存在しないが、アーリンの合理的思考からスカイプによる会議を行っている。また、一軒家が本部や分局であるため、共に暮らしているからか救世主同士の絆は強い。
アーリンが後方支援として強力なため、人材の流出が止まらないことが問題となっている。
救世主たちは認識票は使用せず、アーリンの作製した魔法道具を使用して戦闘する。
アーリン・ハイバリー
声 - 釘宮理恵
支部長 ランクS
六頭領の一人。スカイプで六頭会議に出席する。フランス系アメリカ人。武器防具道具を作り出す《源祖の業》を持ち、妖精力(レプラカーナ)と呼ばれる力で特殊な粘土から認識票や戦闘服を作った人物。駿河安東と同じく、白鉄でも黒魔でもない稀有な救世主。
合理的をモットーとしているが、本人は発明道楽に関しては無駄に金銭と時間をかける。そのため、アメリカ支部の財政は火の車。また、新しい物好きなため、何度も作っている物を作る時はかなり面倒くさがり、その工程を見た物はショックを受ける。「世界最高の発明家」である。
極度の人見知りで、イギリスにて行われた『六頭会議(シックス・ヘッド)』では本人は現れず、恐竜のコンピューターアバターを使用して参加していた。
諸葉の例えによると「わがままで人見知りの末っ子」「年の離れた手のかかる妹」。
実力は黒魔の火力(後方支援)を超える特殊な武器により遠距離攻撃を得意としている。エドワード曰く、武器を作り出す能力が有名で後方支援向きな(サポート)能力のため攻撃力が低いと思われているが決して戦闘能力(火力)は低くはない。
『工廠(アーセナル)』、『たった一人の歩兵旅団』や『巨人殺し(ジャイアントキラー)』等の異名を持つ。
レナード・ヴァン=パーシー
ランクA 白鉄
『剣閃』の異名をもつアメリカ支部最強の白鉄でカウボーイハットをかぶった男。不可視に誘拐されていた。しかし実際にはボリスと同様に『六翼会議』の一翼。通力の色は蒼穹色。
春鹿と同じくスピード特化型で重い攻撃ができなかったためアイリーンに刀身の存在しない剣『終焉剣(フィニッシャー)』を製作してもらい決め手となる。メレインからチートと呼ばれるほどの威力を持つ。ただし、スピード特化型の春鹿より完成しており、終焉剣を使わなくても並のランクAを倒すことができる。11巻の終盤で春鹿の前に現れ、諸葉の太極と似たような力で亜鐘学園の講堂を一撃で破壊した。形状は引き金と回転式弾倉がついており、六発分の装填可能。実弾ではなく闇術を込めたもの。使用する際には自らの通力を流し込み火種とし威力を上げることができる。攻撃にも使うが防御用に数発分残している。
また、攻撃闇術を複数同時に使用しても壊れない代物だが、その場合刀身は一瞬で消えてしまう。
無尽蔵の戦意を持ったバトルマニアで、ランクSに憧れてランクSを目指しており、どんな手段を用いてもランクSに成ると気概がある。丈弦が得意とする認識票をあらゆる武具に顕現させることができる。
18巻でルイーズが死亡したことにより終焉剣に闇術を込めることが出来なくなり、残り一度しか全力が出せなくなる。最後の戦いならば諸葉(ランクS)と戦いたいと望み、石動迅に(自分と同じ気持ちを持つゆえに)ラストチャンスでランクSに挑戦したいことを伝え、兄弟(ブラザー)と言ったことにより迅は剣を納めた。その後諸葉と交戦して自分の磨いた技を評価し認めてもらい、戦う意欲を使い果たし充分に満たされた。
メレイン・フラミニ
ランクA 白鉄
ソフィーと同じく上背で、引き締まった筋肉質の女性。愛称はレイ。
『狼娘』の異名を持つ救世主。不可視に誘拐されて要塞級の中に幽閉されていた。
意識不明であったが11巻で魔人級として登場。その後見事に回復した。
ソフィーの白鉄としての師匠であり、彼女からはアメリカ支部最強と言われている。
天眼通の名手であり、レアな熒惑《薬》を使う。
諸葉の例えによると、「頼りになる親戚のお姉さん」。
ミロスラヴァ・ロジッキー
ランクA 白鉄
アメリカ副支部長。愛称はミラ。
人見知りのアーリンに代わって、救世主たちとやりとりを行っている。
熒惑は《吹雪》。アーリンの作製した高周波を放つ鞭を使用し、戦闘および指揮を行っている。
本人曰く、「やんちゃな妹たちの長女」。
ノーマ・ウィルシャー
ランクA 白鉄
口調がぶっきらぼうだが、気の良い女性。
熒惑である《炎》を拳に纏わせて殴り付ける戦闘する。自身を傷つけてしまうため、アーリンの作製した手甲を使用している。
諸葉の例えによると、「跳ねっ返りで、家でもちょっと浮いている次女」。
チキータ・カルゾーラ
ランクA 白鉄
愛嬌たっぷりの容姿に、キャンディーボイスの声の持ち主。小顔で上半身が小さく小柄に見える女性。愛称はチキ。
熒惑は《暴風》。双剣とアーリンの作製した金冠により作り出された二つの刃を使用する。
諸葉を籠落しようとデートするが、逆に諸葉の人柄に惹かれてしまう。
諸葉の例えによると「甘え上手な三女」。
フランチェスク
ランクA 黒魔
レイの恋人の男性。後続が伸びて来ていることから、黒魔を必要としているイギリス支部に移籍した。愛称はチェスク。
アーリンに律儀にメールを送り続けている。
ソフィア・メルテザッカー
#実戦部隊(ストライカーズ)を参照

ロシア支部[編集]

部下を信用せず本局を置かないため、直臣と共に分局を転々としている。支部長ヴァシリーサによる恐怖政治によって統制している。救世主を養成する学校が存在せず、ほとんどが孤児であるため犠牲にされていた。諸葉が乗り込んできたことにより、実質的に穏健派が指揮を取ることになった。
アメリカ支部との内部抗争を恐れ、認識票なしでも既存の武器で戦えるよう養成している。特異な固有秘宝を所持している場合は認識票が特別に支給される。
ヴァシリーサ・ユーリエヴナ・モストヴァヤ
声 - 森沢芙美
支部長 ランクS 黒魔
六頭領の一人。絢爛たる美貌に相応しい傲然とした物言いをする妖艶な二十後半の女性。
裏切り者や敗北者、失敗には容赦なく粛清し、その恐怖によって救世主たちを統制している「世界最凶の黒魔」である。
基本的に誰も信用せず、暗殺や反逆を恐れて直臣のみを連れてロシアの分局を転々としている。諸葉が戦争をしに来た時はエカリテンブルクに逗留していた。
自身の禁呪を諸葉の禁呪で破られ、秘蔵のゴーレムさえも破壊され、最後には王のあり方まで語られて心を折られた。
その後、改心するも『六翼会議』にさらわれ天使級メタフィジカルにされた後、熾場亮に魂ごと焼かれ消滅した。
前世は一国を統べる王女で若くして善政を敷き、外敵は雷の魔術で撃ち滅ぼし国を繁栄させていた。たが、不作による大飢饉に見舞われて何とか国を守ろうとしたが自国の民に裏切られてしまい蜂起が起きてしまい、彼女は泣きながら禁呪を使い民を皆殺しにした。それから、愛では国を治めることができなかったため力と恐怖で従わせるしかないと考えた。逆らう者は全て殺し、従う者のみ生かすことを許した。そうすることで国は繁栄して最盛期は善政を敷いた十倍の土地を獲得していた。彼女は魔女王として君臨して死ぬまで民に畏怖されて絶対の忠義を捧げさせた。
前世の記憶は現世でも役に立ち父親に助言をして民衆を力で押さえつける方法や敵対組織に打ち勝つ方法を教えて政府に認めてもらい強い発言力を与えた。
諸葉により、力と恐怖による支配を否定されてしまい、愛だけでなく力にも裏切られてしまい何で政治を納めれば良いのか解らなくなってしまった。そして、数ヶ月経ってようやく冷静になった己に諸葉ともう一度会ってゆっくり話をしてみたいとそう思える程になった。ただし、諸葉は畏怖の対象であるため大手を振って会いたい相手ではないので少し困惑している。
『雷帝』の異名を持つ禁呪保持者。
固有秘法は<<天界十字軍(クリューエルクルセイダー)>>。
固有秘宝は<<鳳扇ツァザルエー>>
レーシャ
#主要人物を参照。
カティア・エースケヴナ・ホンダ
声 - 佐倉綾音
ランクA 黒魔
エカテリンブルク分局長→ロシア支部副支部長
日本人とロシア人のハーフで、大阪に住んでいたのか関西弁を話す。
ヴァシリーサの恐怖政治に反感を持っており、諸葉が現れたことで彼に興味を持つ。キルサンらと共に交戦するふりをし、自分の目で確かめた後に彼にすがった。
諸葉がヴァシリーサを屈服させた後、ロシア支部副支部長に就任し心を折られたヴァシリーサに代わってロシア支部の実権を掌握した。
国を護るために『六翼会議』と一時は手を組み、諸葉を罠に嵌める。
ユーリ・オレグビッチ・ジルコフ
声 - 大森日雅
ランクA 白鉄
ノヴォシビルスク分局長→近衛隊長
熒惑は《重力》。一人称はボク。イギリス本部の救世主を養成する学校を示威行為を行ったため、アンジェラに敵対視されている。通力の色は桜のような桃色。
カティアと同じくヴァシリーサの恐怖政治に反感を持っていた。タイミング悪く侵攻してきた弩級を相手に死を覚悟するが、カティアから話を聞いて駆けつけた諸葉に助けられた。
アニメではコンドラートの源祖の業を真似た雷帝の闇術により、記憶を封じられて操られていた。
コンドラート
声 - 飛田展男、川畑えるきん(ロシア語)
白鉄でも黒魔でもない稀な救世主。相手に思い込みを植えつける能力を有し、動物や人間の精神を乗っ取ることも可能。
自身の能力でレーシャに弟がいると思い込ませて利用していた。
レーシャの体を乗っ取り諸葉を殺そうとするが諸葉に敗れ、ヴァシリーサに粛清される。
ベルナルト・セルゲイビッチ・イグナッシェビッチ
声 - 小山剛志
ウラジオストク分局長 ランクA 白鉄
ガラスでできた巨大な盾を武器とし内活通は意識を失っていても切れることはない。
諸葉の稲妻の螺旋を受けて敗北し、心酔するヴァシリーサに自ら粛清された。
カティア曰く、まともな男で好感の持てる勇者。異端者から祖国を守ることにおいて、頼れる同士で惜しい男が粛清されたことを嘆いた。
ブラート・W・スメルティン
声 - 渡辺紘
バハロフスク分局長 ランクA 白鉄
細剣を武器とし、速度と攻撃力に特化している。貪狼を独自にアレンジした死を招く映し身(ドッペルゲンガー)を使う。
諸葉と対面すると同時に逃げ出し、逃げ切れないと確信して襲いかかったものの返り討ちにあう。
アニメでは自身の屋敷を強襲されて敗北している。
チタの分局長
ランクA 黒魔
護衛もつけずにクラブで女を侍らせていたところ諸葉に奇襲され、あっさり降参した。
アニメでは女性。
ウラン・ウデの分局長
ランクA 黒魔
病的までに暗殺を恐れ、ゴーレム十体を護衛につけていた。スペリングの技術が劣り、闇術の回転数で諸葉に圧倒されて敗北。
ドミトリ
ランクA
イルクーツクの分局長
白鉄でもなく黒魔でもない稀な救世主。己の体を砂に変え、部分的に再構築することができる能力を持つ。
諸葉は手を焼かされた相手で、氷の闇術で部位を氷付けにすることで勝利。戦闘狂で最後まで手を焼かされた。
アニメでは女性で、諸葉の《凍てつく影》一発で凍りづけにされて敗北。
キルサン・ロマノビッチ・バヴリュチェンコ
声 - 佐藤拓也
ランクA 白鉄
クルスノヤルスク分局長
槍を使い、棒高跳びの要領で上空へと飛んで落下する戦法を得意とする。
諸葉を恐れて日本へ帰るように説得するが、ヴァシリーサを恐れる仲間に命じられて戦闘して敗北した。
ベレズツカヤ姉妹
声 - 鬼頭明里(姉)、長縄まりあ(妹)
ランクA 白鉄
双子の救世主で、二分身の貪狼を交互に使用する戦法を得意とする。
キルサンらと共に交戦。ベルナルトに対して恋愛感情を抱いており、ヴァシリーサに諸葉が拷問の末に嬲り殺しにしたと聞かされて憎悪。諸葉の熟練の域に達した剣術の前に敗北。
覆面の白鉄
ランクA 白鉄
キルサンらと共に諸葉と交戦。熒惑である毒の霧で諸葉を追い込むが、その過信によって孤立したため敗北した。
黒魔
ランクA
キルサンらと共に諸葉と交戦。自らの防御闇術と落下してきたキルサンの金剛通が衝突し、そのまま気絶してしまった。
アニメでは防御闇術も間に合わず、キルサンの下敷きになって気絶した。
黒魔
ランクA
キルサンらと共に諸葉と交戦したが、勝てないと悟ると逃げ去った。
アニメでは落下してきたキルサンの下敷きになり、もう一人の黒魔と共に気絶してしまった。
ダルコ
声 - 阿部敦
ランクA 黒魔
闇術で作った鏡を通して空間を繋ぐ固有秘法を有し、ヴァシリーサに重宝されていた。しかし、鏡をAJに断たれたことを理由に粛清された。

中国支部[編集]

救世主の養成レベルが他支部に比べて低く、支部長もある理由によって異端者と戦闘ができない。実質、支部長代理が仕切っている。
スタンスは自国の異端者のみ退治しており「こちらもおまえらには干渉しないから、おまえらもするな」という態度を徹底している。
馬迭戈(マー・ディエグァ)
支部長 ランクSS 白鉄
数百年を生きると言われる仙人。弟子からは師父(スーフ)と呼ばれている。日本語読みで「ば てっか」。
修行を経て体は通力でできており、肉体はすでに失っている。負の感情の塊である異端者の呪力に触れ続けると、その体が業で汚されて死んでしまう。そのため、白騎士機関での対外交渉などは部下に任せて山奥で隠遁生活をしている。
光技の体系を作った模様。神足通に重きを置き、その派生技を連続して使う。実戦部隊で速度に自信がある諸葉と春鹿を軽くあしらうほど。「世界最強の仙人」である。
諸葉に稽古を頼まれて借りがあるので稽古をつけた。お遊びの稽古であれば十本やれば十本全部勝つが、もし相手の息の根を止める戦いの場合、最後に立っているのはどちらか解らないといいそういう勝負になったら絶対に戦わないと言った。諸葉の本性は阿修羅であることを見抜いている。
ルー・ヂーシン
声 - 緑川光
支部長代理 ランクS 白鉄
道服に身を包み、糸のような細い目をした、『絵に描いたような中国人』顔。
仙人となって不死身になることを目指しており、その光技の冴えは無手でもランクAを軽くあしらってしまう。死ぬことを恐れており、自分の身に危険が迫ると相手に遜ってでも生きようとする。通力の色は翡翠にも似た暗緑色。
支部長の代わりに中国支部を取り仕切っていたが諸葉との戦闘後に姿を消して支部へ戻らず行方不明となっている。10巻で『六翼会議』に新たな一翼として加わった。
12巻にて諸葉との戦闘で眼を失い、攻めのスタイルから守りのスタイルへ変えなければいけなくなったが、実力は衰えていない。それどころか天耳通を使い気配に敏感になっており、下手に攻撃すると一瞬で殺されてしまう実力者へと化している。「人類最強の拳法家」である。石動迅曰く、小物であるが実力は本物(バケモノ)。
諸葉と戦ってから畏怖しており、怒らせ逆鱗に触れないようルイーズ・サン=ジェルマンにアドバイスを送っている。
師父である迭戈が編み出した調息という特殊な呼吸法を行うことで通力を神通力に変えることができる。習得できたのはヂーシンのみで本来は仙道に至る修行法で何十年も続けることにより仙人になる。

六翼会議(シックス・ウィング)[編集]

エドワードによって「白騎士機関にまつろわぬ救世主は救世主ではない」ということから、背教者(デーモン)と命名された救世主によって構成される反白騎士機関の集団。異端者を作り出していた集団と合併したと考えられている。
実は駿河安東が陽の娘を見つける為に作った組織である。
熾場亮(しばあきら)
ランクS 白鉄
牢獄の魔女の館に幽閉されていた男。『炎王』の異名を持つ。その正体は『六翼会議』の王。通力の色は炎のような赤色。
設立当初の日本支部は対異端者の育成に重きを置いていたため、万里や宇佐子と共に傷つきながらも戦わされた。当時は高飛車でプライドの塊だった万里や現在と同じ性格の宇佐子をうまくまとめ、常に笑顔を絶やさず皆を率いる頼れる存在であった。やがてランクSに認定されたが、精神的に戦うことを拒否するまでに追い詰められる。彼らの在学時の校長は自身の出世のために救世主に功績を挙げることを強要し続けていたため、同じチームメイトだった万里が気付いた時には彼の心はもはやどうすることもできないほど傷ついてしまっていた。そんな彼を戦わせようとする人間たちの思惑に晒され続け、宇佐子と共に失踪した。後に『背教者』となり叛旗を翻した。
以前のクーデターは性急で準備不足であったため白騎士機関によって鎮圧され情報統制によって世間にはクーデターの発生そのものがなかったことにされている。亮自身も六頭領の迅速な対応により馬迭戈と対決し敗北、業を吸いすぎた馬迭戈がそれ以降の戦場に出られなくなるという成果を挙げるものの自分たちは結界のゴーレムに幽閉されることとなった。(諸葉からは幽閉時から比較的自由に行動し、幽閉されているふりをして壮大な計画の下準備をしていたことを指摘されているが否定も肯定もしていない。)
諸葉の幽閉騒動を境に本格的に活動を再開、改めて諸葉と対決し結界崩壊による引き分けという結果を迎えるが亮自身は諸葉に負けたことを認めている。
実力は熒惑を用いて遠距離戦を得意とする稀有の白鉄である。ただ、白鉄としては攻撃速度は速さが足りず、火が点くまで時間がかかり全力を出すまでに時間が必要になる。そのため、長期戦を得意としてネリーの熒惑を利用することで火力を上げて戦う。「世界最強の熒惑使い」である。
同時に現時点では前回同様白騎士機関六頭領にも自分たちが及ばないことも理解しているが、その差は自分たちの精進次第で逆転できることを数々の検証によって確信している。ボリスの裏切りも見抜いており、ボリス粛清に合わせてヂーシンを自陣営に加えていた。
通力を纏っていなくとも相手の実力を「熱」として感じることができるらしい。
熒惑は《炎》。概念的な炎で燃やしたいものを燃やすことができ、非常に高い操作性と持続性を有する。
第壱の炎宴《狐火》(だいいちのえん きつねび)使用者:熾場亮
熒惑によって生み出した炎を飛ばして攻撃する技。動きは遅い。
第弍の炎宴《白無垢鉄火》(だいにのえん しろむくてっか)使用者:熾場亮
踏んだ瞬間に火柱を上げる地雷のような技。他の炎宴とは異なり、通力で耐えることできる。
第参の炎宴《陽炎》(だいさんのえん かげろう)使用者:熾場亮
熒惑と巨門の合わせ技。相手に残像を攻撃させ、炎によるカウンターを浴びさせる。
第四の炎宴《燎原之火》(だいよんのえん りょうげんのひ)使用者:熾場亮
放った多くの狐火を連結して取り囲む技。壁や波として攻防のどちらにも転用できる。
第五の炎宴《赤鬼》(だいごのえん あかおに)使用者:熾場亮&白井宇佐子
白井の熒惑によって強化した炎で天蓋を作り、巨大な炎の鬼を作り出して操る技。火力が増しているため、触れれば一瞬で蒸発する。
第陸の炎宴《牛頭馬頭》(だいろくのえん ごずめず)使用者:熾場亮&白井宇佐子
炎の巨人を作りだす技。火力は《赤鬼》に同じ位である。
第漆の炎宴《煉獄》 (だいしちのえん れんごく) 使用者:熾場亮&白井宇佐子
概念の焔によって相手の魂を焼く技。発動には、ある程度操る事のできる炎を出さなければならないため時間が必要。
第捌の炎宴《八岐大蛇》(だいはちのえん やまたのおろち)使用者:熾場亮&白井宇佐子
山頂から遥か下にあるマグマに熾場の熒惑で造り出した特殊な炎の塊《卵》を融合させて臨界点を突破すると火山の噴火を八ヶ所同時に火柱を造り出して八頭の大蛇で相手を倒す技。
白井宇佐子(しろいうさこ)
ランク? 白鉄
マイペースで惚けた表情の女性。万里にとんがり帽子をプレゼントした人物。
牢獄の魔女の館に亮と共に幽閉されていた。誰かの世話を焼くことが好きで、その甲斐甲斐しさは諸葉曰く「男をダメにする」ほど。また素なのかふざけているのか痴女と思わせる言動を取ることが多い。
写真を見るだけで人となりを看破するほど鋭い洞察力があり、プレゼント選びを得意とする。本人曰く、奉仕が大好きで相手の気持ちを考えるのが大事だと言う。
自分のことは「ネリー」、諸葉に「はいもろ」、万里に「まりしてん」といったニックネームをつけて呼んでいる。「あざとくない可愛さが絶妙」らしいが、摩耶に対しては「まーや」と意外とごく普通。
勘が鋭く前世が暗殺者である丈弦のは尾行を撒いたり、通りがかりの群衆に紛れて気配を消すことできる。丈弦曰く、隠密行動も極めて高い。
六翼会議にいる理由は熾場を放っておけないために協力をしている。
熒惑は亮の熒惑を強化する《ガソリン》の役割を果たす。通力の色は亮と同じ赤色。
上記のこの熒惑は亮の熒惑のコピーしたもので、本来の熒惑は《鏡》で熒惑を鏡写して自分が見た熒惑や自分が受けた熒惑を同レベルで自在に操ることができる。コピーをした時、通力の色はコピーをした相手の色になる。
ルー・ヂーシン
#中国支部を参照。
ボリス・テリー
#イギリス本部を参照。
レナード・ヴァン=パーシー
#アメリカ支部を参照。
天木虚穂(あまぎうつほ)
ランク? →D
『巫女』と呼ばれる少女。柏葉源一の報告によると、源租の業によって異端者を生み出しているらしい。六翼を構成する一翼。15巻にて亜鐘学園に入学が確認された。
実は貝利仙女が創った少女の姿をした宝貝で距離や次元すら越えて、外から魂を接続することができ、あやつることのできる肉人形。
それで、誰も接続していない時は昏々と眠り、時に貝利が接続して少女の振りをし、時に駿河安東が接続して《異端者》を産み出していた。
不可視(インヴィシブル)
ランク?
人間や救世主を誘拐する人物。姿を見せないため、男か女か判断がつかない。白騎士機関の情報に精通している。六翼を構成する一翼。正体は亜鐘学園の講師である田中太郎である。
#教師を参照。
ルイーズ・サン=ジェルマン
ランク? 黒魔
『人形』の異名を持つ全てが白い少女。ピアノ奏者として、とてつもない技巧の持ち主。100年以上を生きる魔女。
唯一人間嫌いの亮の興味を引いた諸葉に対し、激しい憎悪を燃やしている。六翼を構成する一翼。
シャルルと同じ姓を持っているが、関係性は10巻時点で不明。12巻にて先々代PSGであることが判明。実力はランクDの黒魔にさえ負けてしまうほど。かなり不器用でまともにスペリングすら出来ず第一階梯闇術でさえもたもたとしかスペリングできず、急ごうとすれば必ず失敗する。ただし、時間をかければ各属性の第五階梯闇術までを唱えることができる。ゴーレムに関しては右に出る者はおらず、魔力なら雷帝にも負けていない。7体同時使役しても余裕を見せるほど。『太陽の揺籠』では初代PSGの再来と呼ばれるほどの奇才。ゴーレムの研究のためなら部下を部下とも思っておらず、周りを顧みなかったため先代の第十代ギィに討たれたとされていた。しかしそれは組織に億劫さを感じて抜け出そうと画策していたこともあり、討たれたと見せかけ姿を眩ましていた。
六年前から出現し始めた異端者に目をつけ、新たなゴーレムの素材として見出した。地球上にある物からならゴーレムを作り出すことのできる自分にとって最高の素材だと歓喜する。
透明のゴーレムを3体使役していたが、14巻にて元素衆の集中放火により破壊された。
18巻にて丈弦初介に油断したところを突かれ、肺などを刻まれ死亡。
固有秘法は<<この世ならざる音楽室>>。

その他[編集]

灰村 茂樹 (はいむら しげき)
諸葉の叔父。年齢は38歳で売れない小説家をしている。
諸葉の学園からの奨学金のお陰で生活レベルは向上しているが、その奨学金がまともな金額ではないため諸葉がもし毎月手紙を出していなければ心配で学園に乗り込むまで考えていたほど。
春休みに家に帰ってきた諸葉を見て前よりも明るくなった顔を見て安心した。
実はカルガ・リンが自分の妻になった理由を知っているが、彼女が自分の妻になってくれた事はずっと幸せだった。
灰村 エリカ・ムスターマン
諸葉の叔母。年齢はそろそろアラフォーになると言うのに10歳は若く見えるプラチナブロンドの美女。
ドイツの近くにある小国生まれであるが、日本の生活が長いため日本語はペラペラである。春休みに諸葉が連れてきたレーシャを気に入り、将来お嫁さんを連れてくるならレーシャが良いと言うほど。
夫ともに諸葉を心配していたが春休みに家に帰ってきた諸葉を見て安心した。
本名はエリカ・ムスターマンでなくカルガ・リンである。愛称カリン。
実は諸葉の前世の一つのシュウ・サウラの後継者で反魂を窮めたその人である。そのため、シュウ・サウラの戦闘用の渾沌ルズガズリンケンと窮奇レンヅァイツヴァイを所有している。
シュウ・サウラにひろわれ、魔術の才を見い出され、直々に教育を受けた娘であり、シュウ・サウラの重臣となって治世を支えた片腕である。
カリンは治癒術に生まれながら高い資質を持つており、黒魔としてはとても稀な治癒闇術使い。実力は闇術合戦の強さは全盛期の冥府の魔女を凌駕していた。そのため異名が冥府の門番であり、宮城を衛する最強の魔女。
カリンがこの世界と時代にきたのは転生でなくシュウ・サウラの秘法闇術により来た。目的はシュウ・サウラの勅命により、来世の自分(諸葉)が両親を喪うとそれが原因で幼少時に前世の記憶が一遍に両方蘇るため、来世の自分(諸葉)は情緒不安定になり万全でないと勝てない強敵と戦うため、メンタルコンディションを整えるために前世の記憶の一部を封印するのとどんな強敵が相手でも抗う組織を創るため。
その勅命で諸葉の親族と結婚して諸葉に愛情(母性愛)と前世の記憶の封印をした。最初は幼い諸葉を自分の虜にしてメロメロにするつもりだったが茂樹の控えめで落ち着いた人柄と包容力に恋をしてしまった。あと、白騎士機関の政治顧問でエドワードに組織運営のイロハを教えた。そのため、エドワードから賢者と呼ばれる。
冥王シュウ・サウラには本物の敬愛と忠義を捧げていたが、彼の伴侶であるエルメラには一応下手に出るが慇懃無礼な態度をとり、エルメラのことが大嫌いなので彼女が嫌がることをしていた。これは敬愛するシュウ・サウラの伴侶に嫉妬していたためで、エルメラの詠唱の仕方や仕草などありとあらゆることを真似してきた。
漆原 玄蔵 (うるしばら げんぞう)
静乃の祖父であり漆原家の支配者である。
諸葉に興味があり、一度会ってみたいと静乃に言い静乃と諸葉を自分の屋敷に招いた。そのときに諸葉に日本は好きか聞き、自分と同じく日本が好きであることに感心をもった。
だが、静乃を白騎士機関から手を引かせるように言い、十億もの預金通帳を渡して諸葉と静乃が交際してないと分かると安堵して手切れ金代わりに二人を別れさせようとしたが諸葉は怒り玄蔵を睨み付けた。
このことにより、諸葉を気に入り静乃の婚約者にさせようとする。(語呂が漆原諸葉より灰村静乃の方がいいと言った)あと、試すようなことをしたお詫びに預金通帳十億を渡すように賢典に言う。(これはやられっ放しは性でないための仕返しの意味もある)

作中用語[編集]

源祖の業(アンセスタルアーツ)[編集]

救世主達が使う能力の総称分類として光技と闇術に分かれる。通常は光技か闇術のどちらかしか使えない。
前世の記憶を思い出すだけでなく、修練を重ねることで使えるようになる。サツキのように前世では鍛えておらず、現世で初めて才能を開花させるのは希。
源祖の業は『攻撃は易し、防御は難し』という原則がある。なぜなら、攻撃に関する光技や闇術が使いやすくて強いの、エグいのが多いため。ただし、実力が高くなるほどこの原則が無くなる傾向がある。(上級の光技や闇術が使えたり、素質による防御特化の人がいるため(例)サツキや春鹿など)
両者を掛け合わせた太極が存在するが、現時点で使えるのは諸葉と、終焉剣を用いるレナードのみ。

光技(こうぎ)[編集]

身体能力を上げる技の総称。両手、両足、眼、丹田、心臓にある七つの門を開き、通力(プラーナ)を汲みだして使う。七つ全て自在に開いて基礎ができたと評価されて一人前となる。
光技の使用者を<<白鉄>>(しろがね)と呼ぶ。諸葉曰く、通力の強さと性質は根っこの部分で精神状態が密接に関係しているとしているが、白騎士機関ではそれは俗説で実際は関係ないと評価している。
金剛通(こんごうつう)
光技の基礎技の一つ。通力で体を硬化させることにより防御力が上がる。ただし防御力はあまり強くない。
耐魔通(たいまつう)
金剛通の応用技。魔力攻撃、呪力攻撃に対して行う防御方法。ただし完全に防ぎきるわけではない。
2巻で諸葉が亀吉の闇術を完全に防いでいたことから、通力が圧倒的に上回っていれば傷一つつかないことがわかる。
金烏(きんう)
金剛通の上級技。通力を体の一点に集中して極限の防御力を得る。あまりに難しく使いこなす者はほとんどいないが、エドワードやヂーシンなどランクSの白鉄は自在に使える。
玉兎(ぎょくと)
金烏と対になる技。時間を凝縮することにより一瞬の刹那の間だけ無敵になる。あまりに難しく使いこなす者はほとんどいないが、エドワードは自在に使える。諸葉は前世現世を通して使うことができるが危なくて使う気が起きない技。
名称不明1
体の広い範囲に通力を集中して高い防御力を得る。金剛通と金烏の中間くらいに当たる応用技でそう難しくなく、一般に普及している技なので実戦部隊の予備隊員にでも使える。
名称不明2
諸葉が編みだした応用技。金剛通と玉兎の中間くらいに当たる技で、無敵化とはならないものの十秒ほどは高い防御力を得ることができる。しかし、防御に集中している間は体が硬すぎて身動きが取れなくなる欠点がある。工夫なしには使えないが、サツキやソフィアのようなパワーとタフネスに勝り回避能力に難のある戦車タイプの白鉄には有効であると考え、二人に教えている。
剛力通(ごうりきつう)
光技の基礎技の一つ。手や足に通力をまとうことで通常では考えられない膂力を得る。
崩拳(ほうけん)
剛力通と金剛通の併せ技。強度を高めた拳を叩きつけるため、剛力通とは比にならない威力を秘めている。
天眼通(てんげんつう)
両目に通力をまとうことで視力と動体視力を上げる。通力に自信がある人なら一キロ先まで見えてランクSなら五キロ先を楽に見える。
天耳通(てんにつう)
聴覚を強化する。
内活通(ないかつつう)
肉体の治癒力を高める。通力が豊富な人は骨が折れても数日で完治する。気絶しても内活通で傷を治す者もいる。
神速通(じんそくつう)
光技の基礎技の一つ。両足に通力をまとうことで通常では考えられない速力や跳躍力を得る。神速通は違う光技と併用されることが多い。ただし、神速通を極めると神速通同士の併用により異次元な動きができ、相手をスピードで翻弄することがてきる。(例)巨門+文曲など。
七種ある神速通の応用又は上位技
貪狼(どんろう)
七つある<<神足通>>の派生技の一つで、北斗の第一星の名を冠する歩法。全力全速の爆発的なスピードが必要。瞬間的に分身したかと見紛うほどの速度で多方向から撃つ連続攻撃法。一人で使うと隙ができてしまうが二人で交互に使用することで隙となる緩の部分をなくし、相手を圧倒して追い詰めることができる。巨門より難しいとされるが、学生のうちに身につけたのは諸葉と春鹿だけ。
巨門(こもん)
七つある<<神足通>>の派生技の一つで、北斗の第二星の名を冠する歩法。緩急をつけることで残像を生み出す歩法。貪狼と違い巨門は使った後も隙ができない。
派生技のなかでもっとも簡単であるが、ダブルやトリプルは格段に難しくなる。ダブルの応用で二つ同時に作るのはもっと難しい。これを出来るようになると貪狼と相手に勘違いさせることで相手の隙をつくことができる。
禄存(ろくぞん)
七つある<<神足通>>の派生技の一つで、北斗の第三星の名を冠する歩法。相手の攻撃を全力で回避し、視線から外れ、意表を衝き、完全に気配をくらませて、間合いを切ることができる。
文曲(もんぎょく)
七つある<<神足通>>の派生技の一つで、北斗の第四星の名を冠する歩法。水の上を駆け、壁や天井を走ることができる。如何なるものも足場に変える神仙歩法。しかし、トップスピードは激減する。
廉貞(れんてい)
七つある<<神足通>>の派生技の一つで、北斗の第五星の名を冠する歩法。音と気配を絶つ歩法(使い手により音と気配の消せる差がある)。前世が暗殺者である者は特に上手い。異端者戦においてあまり有効でないため、わざわざ鍛えている者は少数派である。
武曲(ぶきょく)
七つある<<神足通>>の派生技の一つで、北斗の第六星の名を冠する歩法。<<剛力通>>によるパワーで強引に加速する直進歩法。途中で止まることや横に移動することが困難になる。
破軍(はぐん)
七つある<<神足通>>の最上級派生技で、北斗の第七星の名を冠する歩法。他の派生技すべてを同時に行うことにより、瞬間移動をしたかのような速さで動くことができる。避けられた場合、大きく体勢を崩して隙ができるので諸葉は好まない。
五星技(光技の応用又は上位技)
太白(たいはく)
武器に通力を流し込むことで破壊力が増し、相手の体内に毒のような効果をもたらす。この光技は通力をありったけ流せば良いので通力に自信がある人はすぐにマスターする。ただし、普通の武器ではすぐに自己崩壊してしまうので聖剣や名剣などでなくては通力を大量に流すことができない。
辰星(しんせい)
通力を武器に通わせて自在に操る(念動力)。使いこなすにはセンスと習練が要る。使い手によっては水で竜を作ることや鎖を蝶結びなども可能なほど。
鎮星(ちんせい)
肉体を傷つけず精神のみを攻撃し意識を刈り取る。ただし、よほど通力量に差がなければ効果を及ぼすことのできない技である。
太歳(たいさい)
通力をためて放出し暴風を起こす。この光技は使い手が少ないのは通力が多くないと使えないため。
熒惑(けいこく)
通力を己の根源たる象へと近付け、変化させる。そのため、多種多様な能力がある。この光技だけは、魂の質に左右されるため誰もが使えるわけではない。故に超高等光技である。
長時間使い続けることはできない(熾場が例外的に長時間使用できる)。
一部熒惑には副次効果ような力があるものがあり、熒惑を使ってなくても力が発揮されている。諸葉の相手の通力や魔力を見ることで相手の実力や格闘スタイルが判る能力、サツキの異常なまでの打たれ強い能力と異端者を感じとる能力、熾場の相手の通力や魔力の熱で実力を感じたりする能力は熒惑がもたらしている可能性がある。
裏光技
通力でなく呪力を使い普通の光技と異なる効果や特質を変化させた光技の事。
普通は一つの裏光技を習得するのに膨大な修行が必要であり二つ以上習得するのは難しい。(裏光技には向き不向きがあり一つの技を窮めることに努力するため)
ただし、石動迅は内活通以外の光技を一通り裏でも使用でき、ヂーシン曰く呪力をまるで通力のように扱い、光技の効果や特質を変化させる迅のセンスは稀有である。(これは異常で才能のある迅だけ)

闇術(あんじゅつ)[編集]

魔力(マーナ)を使うことで自然界のエネルギーを吸い込み、己の望むエネルギーに変換する技術。闇術の使用者を<<黒魔>>(くろま)と呼ぶ。7巻やコミック、アニメで名称が変更されたものもある。
使用には、通常、宙に文字を書くこと(スペリング)と詠唱が必要。詠唱なしでも発動できるが、その際は威力が弱くなる。詠唱する際は「綴る」と言わなければならない。また、詠唱とスペリングの際に強くイメージすればするほど威力が増す。
闇術はアレンジが可能で威力を抑えたり、呪祖を追加して威力を上げたりすることもできる。
闇術は破壊を得意とし、治癒や修理を得意としない。だが、ごく稀に治癒術が得意な者がいて生まれつきの資質がないと治癒闇術は極められない。これは努力云々より資質が無ければ絶対に極めることができない神から貰った稀有な才能である。
スペリングの行数によって第n階梯と分類する。行数が増えると成功難易度と威力が格段に増加する。
通常の闇術は第九階梯まで。その先は第十三階梯の禁呪(使用する際に代償を伴うもの)となる。普通の黒魔は第九階梯を目指して鍛練する。
詠唱に関しては、原作やコミック、アニメでも一部しかないため、ここに表記することは控える。
1 火炎(フレアー)
2 猛火(ブレイズ)
3 火葬(インシネレート)
4 炎の大嵐(ブレイズストーム)
5 黒縄地獄(ブラックゲヘナ)
6 紅蓮地獄(ブライトレッドフレイム)
7 大焦熱地獄(インフェルノ)
1 氷の吐息(ホワイトブレス)
3 凍てつく影(フリージングシェイド)
4 凄まじき吹雪(ドレッドフルブリザード)
5 吹雪の死霊(ブリザードスペクター)
6 氷結地獄(ブライトホワイトフロスト)
7氷の牢獄 (ヨトウンヘイム)
8 霜の巨人 (フロストジャイアント)
9 霧氷鱗の魔竜 (フロストウィルム)
1 水流破(ハイドロブラスト)
5 流水の海蛇 (ハイドロサーベント)
1 稲妻(ライトニング)
2 四筋の稲妻 (フォーウェイライトニング)
3 狂乱する球雷(ブリッツボール)
5 雷雲の精霊 (サンダースピリット)
8 稲妻の螺旋(サンダーストームヘリックス)
9 稲妻の魔竜(サンダーボルトドラゴン)
1 引き裂く突風(ブリーズブレイド)
2 吠えたける強風(ブリーズメイス)
3 切り裂く風 (ブリーズシャムシール)
5 嵐の精霊 (テンペストジン)
閃光(フラッシュ)
一瞬だけ強い光を放つ。
精神の剣(マインドソーズ)
精神力を斬る力に変化して放つ闇術。アニメでは魔力を丸鋸の形状にして飛ばしていた。
精神の槍(マインドスラスト)
精神力を貫く力に変化して放つ闇術。アニメでは魔力の竜巻となっていた。
精神の鎚 (マインドビート)
精神力を叩く力に変化して放つ闇術。
束縛(バインド)
鎖を作り相手を束縛する。
魂の紐 (スピリットストリングス)
半透明の紐でできており、《束縛》の鎖に比べて耐久度はないが、しばらく間は消滅せずどこまでも伸びる特性がある。使い手によっては一時間も消滅せず保つことができる。
万の眠り(スリープニアデス)
死んだような深い眠りに落ちる闇術。
護法印(ヘクス)
闇術の防御技、使いやすいが防御力は高くない。(属性に特化した防御力を上げるため違う属性にはあまり有効にならないため間違えると効力がないため)
青の護法印(ブルーヘクス)
四方を囲む青い障壁を作り出す(風や水属性に有効)。炎や熱は防げない。
赤の護法印(レッドヘクス)
炎や熱を遮断する赤い障壁(炎や雷属性に有効)。全体攻撃は防げない。
上天の障壁(エイジャー グリッド)
闇術の強力な防御技(上空に各属性に耐える防御壁を作る)。ランクB上位やランクA以上でないと使えない。
傷跡の治療(ヒーリング)
素肌の上に直接魔法文字を綴り該当箇所を治癒する。対象は安静にしていなければならず治癒にも時間がかかる。資質に関係なく使えて術者の魔力の大小によって回復するので大抵の術者は効率を考えてこの闇術を使う。アニメでは傷に手を当てて治療していた。
神秘の回復 (ミステイカルリカバリー)
かけられた者の自然治癒能力を前借し、瞬間的に傷や病を治すことの出来る不思議な効力を持つ回復闇術。ただし、前借した期間は負った怪我や病は治らなくなる強力な副作用もある。(例)風邪をひいたら前借した期間は治らない。
この闇術は大抵の術者では一日分の前借しか出来ないのであまり効果はない。だが、カルガ・リンは1ヶ月前借できる。
蘇生の天使 (エンジェリックレストア)
魔力と資質を治癒力に換えて他者を治す回復闇術。反魂を用いると生命力を直接奪う最悪の闇術になる。
羽毫の体現(デクリーズウエイト)
自身の体重を限りなくゼロにすることができる。
幻影の像(ファンタズマルヴィジョン)
光学的幻影(分身)を作る闇術。自分のイメージによって幻影は作れるためイメージが強ければ何でも幻影で作れる。
遥か見(マギスコープ)
天眼通と同じ効果を得る闇術。魔力に自信がある人なら一キロ先まで見えてランクSなら五キロ先を楽に見える。
作者のtwitterにて名称が変更されていた。
抑制の場(サプレッションフィールド)
結界系の闇術で、魂の無い存在を弱体化させる。雷の禁呪の雷獣を白鉄に例えるとランクCとDの中間くらいまで弱体化させる大魔法。しかし使用者は発動中、身じろぎも出来ず他の闇術も使用することは出来ないと効果範囲が広いため調整が出来ないが欠点がある。
月銀の槍(ムーンライトジャベリン)
月光のような輝きを放つ槍を展開させ、相手に向けて飛ばす。飛距離はあるが、命中率はそれほどでない。
霧消の場 (ヴァシングフィールド)
術者の周囲にしばらくの間、不可視の障壁を作り、術者に害を及ぼそうとする闇術を完全に無効化する。
強力で便利そうな護身闇術に思えるが術者のマーナや練度が加害者のマーナや練度を圧倒してなければ無効化できない。
もし術者の力及ばなかった場合、霧消の場はダメージの軽減すらしない。
そのため普通に攻撃闇術を撃ち合った方が良いので相手を圧倒する力がないとあまり意味の無い闇術である。
ゴーレム
黒魔が認識票によって顕現させる前世で作り出した使い魔。闇術を行使する際のサポートを行う。身体能力的に常人と変わらない黒魔が、問答無用の直接攻撃に対抗するため、長い時間をかけて創り出した前世の異形の近衛(ゴーレム)。
フランス支部では現代の材料で作製する技術が存在する。
反魂(はんごん)
詠唱はそのままだがスペリングが右から左ではなく、左から右へ鏡文字を綴ることで本来あるべき性質を反転させる法(言魂ヲ反転サセル法)。威力は甚大だが人為的に暴走させた魔力の一部が逆流し使い手を傷付ける。作中では7巻で諸葉が魔神級に対して第三階梯の反魂を使用し、15巻で静乃が個人特訓で第五階梯の反魂を使用している。
個人特訓の際、静乃が無詠唱で放つ第五階梯の反魂が諸葉の第六階梯(詠唱有り)を相殺している。無詠唱による威力低下(PSG曰く通常は半減、修練によって上げられるがせいぜい73パーセント)、第五階梯と第六階梯の威力の差、静乃と諸葉の魔力の差という3つの不利な条件を埋め合わせるほどに反魂による威力強化は大きい。
極めれば人間の限界を超えることも可能。その究極が禁呪であり、反魂は禁呪に至る鍵となる技術でもある。
禁呪
通常の闇術とは比べ物にならないほどの威力を持つ最高位の闇術。第十三階梯まで綴りスペリングする必要はあるが、威力は折紙付きで使用すればその土地の地形を変えてしまうほど。そのため使用には政府の許可が必要となる。2巻にて諸葉がエドワードを破るために禁呪をぶつけ、夢石の面晶体に囲まれているにも拘らず漏れ出た余波で地域全体に雪を降らせた。また5巻にて諸葉がヴァシリーサの禁呪を破るために禁呪をぶつけた際にエカリテンブルクが内海に変わってしまいロシア政府も頭を抱えてしまうほど。個人にしか使えないため固有秘法となっており、使える者は禁呪保持者(グリモアホルダー)と呼ばれる。
禁呪を使うには人の限界を超える魔力が必要となる。元より人の限界を超える魔力を持つ規格外の存在を除き、反魂を用いて発動に足る魔力を絞り出す必要がある。しかも反魂を用いて禁呪を使用した場合、禁呪の成功・失敗に関係なく術者は必ず死に至る。そのため実験も出来ず、発動は非常に困難で諸葉と静乃の前世では、砂漠化に悩まされてた国で水の禁呪により湖を作り出そうとする計画が立てられたが、第七階梯すら自在とする大魔術師が十人以上も挑戦し全員が失敗して命を散らせる結果に終わったという記録が存在する。

太極(インヤン)[編集]

光技と闇術を併用する諸葉独自の術理。魔力が通力を喰らって高まり、それに反発して通力が高まることで際限なく威力が上昇する。一撃で弩級の異端者を倒す威力を誇る。
11巻で六翼会議のレナード・ヴァン=パーシーが、アーリンの手によって作成された魔法道具によって使用していると思われていたが、18巻にて正確にはインヤンとは違う技だという事が判明。
天をも焦がす降魔の黒剣(クリカラ)
光技の太白に、炎の第五階梯闇術〈黒縄地獄〉の掛け合わせた技。一撃で川の水を蒸発させてしまう熱量を有する。
万象噛み潰す九頭の皓剣(ハイドラ)
闇術羽毫の体現によって重力を軽減した上で、光技貪狼を9分身で使用。一撃の威力が軽くなってしまうが、森羅万象すらも切断する熒惑を使用することで解決した。九つの斬撃によって、相手をバラバラに切り裂く。
日天呑み降す常夜の白剣(エクシュキシュ)
光技の太白に氷の第六階梯〈氷結地獄〉を掛け合わせた技。亮と宇佐子の熒惑<<赤鬼>>に対抗して使用し、引き分けても余波で雪を降らせた。
11巻にて直撃でなくとも、広範囲に広がる通力を伴った冷気によってダメージを与えることが判明。
鳴神まつろわす霹靂の蒼剣(ナム・ドウルツク)
光技の太白に雷の第八階梯〈稲妻の螺旋〉を掛け合わせた技。百雷が束ねられ、天をも穿つ刀身となった神威の剣。アニメ第一話で使用されたが、原作には12巻にて初めて使用された。
ヴリトラ
光技の太白に炎の第八階梯を掛け合わせた技。クリカラの上位にあたる技。アニメオリジナル。
剣聖フラガと冥王シュウ・サウラの力を一つの体に顕現させ、サツキと静乃がそれぞれ本当の力を覚醒し、三人の力を一つに纏めて放つことで謎の異端者エンシェントドラゴンを一撃で倒すことができた。
青白い炎をまとわせた剣を超巨大化させエネルギーを放ち攻撃をする。
作者のtwitterからの情報にて、作者が必要部分だけ決めただけらしく詳細については不明。

固有秘宝 / 固有秘法(ジ・オリジン)[編集]

その者にしか使えない唯一無二の武具や闇術の総称。
聖剣サラティガ(せいけんサラティガ) 使用者:灰村諸葉、嵐城サツキ
諸葉が前世で使用していた武器。コンドラートが操るレーシャを救うために、大量の通力を流し込んで無理やり顕現させた際は一撃を与えた後に自己崩壊してしまった。
聖剣の巫女であるサツキの通力に常に流されていたIDタグを使うことで自己崩壊することなく使用を続ける事ができる。
通力を神通力(アルスマグナ)に昇華させる能力を持ち魔剣レプラザンが力を喰らいきれず崩壊させるほどの力がある。
諸葉のように絶大な通力量を持っていなければ神通力に昇華することができないため、他の白鉄が使うとあまり意味を為さない。ただし7つの門を完全に開いたサツキは通力を神通力に昇華することが出来る。
この聖剣の特性は莫大な量の通力を注ぎ込んだ時にだけ神通力に昇華させる。
巫剣アーキュール(かんなぎのつるぎアーキュール)使用者:嵐城サツキ
サラティガと同じく王家に伝わる宝刀。サツキの有り余る通力に耐えることができ、名剣の本領を発揮させて破壊力を収束させるための器として素晴らしく機能する。原作1巻から登場していたが、7巻にて名称が判明。
魔剣ガルガーンティガ(まけんガルガーンティガ) 使用者:駿河安東
聖剣サラティガと対となる魔剣。この魔剣は危険で封印されていたが皇帝が強奪した。
この魔剣の特性は通力を走らせたら最後持ち主の意思に関わらず通力を吸い上げて無理やり神通力に換えてしまう、そして吸収量は莫大で大抵の持ち主は一瞬で干からびて絶命するため膨大な通力を持っていなければならない。ただし、サラティガと違い通力を吸い続けて限度がくると自己崩壊してしまう。
魔剣レプラザン(まけんレプラザン)使用者:レーシャ
周囲にある通力と魔力を喰らい無効化する効果がある。使用者の意思で能力のオンオフを切り替えることができる。能力がオンになっている間は周りの通力、魔力を無差別に食らうため本人も通力を使うことができない。オフの状態では刃に触れているもの、切ったものの通力、魔力を食らう。そのため使用者は太白などの刀身に通力を纏わせて使う光技は使うことができない。
喰らいきれない量の通力、魔力は無効化できない。
16巻にて、レーシャが自身の通力を吸わせることで呪力も喰らうことができるようになった。
その威力は一突きで魔神級の呪力を吸いきり、屠るほどである。
竜杖ナーグラヴィッツ(りゅうじょうナーグラヴィッツ) 使用者:漆原静乃
静乃が前世で使用していた杖で、氷と冷気と水晶でできた竜の形をしたゴーレムに変化する。
静乃が反応できないような高速の攻撃でも自動的に防ぐ。ランクAの白鉄を倒すことができるほど強い。
前世にいた氷の蛟竜をシュウ・サウラとともに捕まえて素材に使った傑作のゴーレムである。
原作4巻にて登場したが、アニメでは第二話から顕現させている。
饕餮カラスボラス(とうてつカラスボラス)使用者 :漆原静乃
諸葉が前世で従えていた四体のゴーレムの内の一体を静乃が諸葉のIDタグを用いて顕現した。
見た目は胴体が五メートル近い巨体の毛むくじゃらの雄牛型のゴーレム。
巨体ではあるが器用で俊敏性も高く使用者を守る性能も高い。
普通のゴーレムとは格が違い強さは別格でシュウ・サウラが造り出した四凶と畏れられた傑作。
共工エイジャエイジャ(きょうこうエイジャエイジャ) 使用者:漆原静乃
諸葉が前世で従えていた四体のゴーレムの内の一体を静乃が諸葉のIDタグを用いて顕現した。
見た目は薄気味悪い人面の大蛇で、象でも絞め殺せそうなほど巨体をしている。
シュウ・サウラ曰く、魔術合戦用のかりっかりの特化ゴーレムで第五階梯以下の闇術を完全に無効にする。
並の黒魔ではこのゴーレムがいるだけで闇術が使えなくなり一方的に攻撃することができる。それゆえにシュウ・サウラが造り出した四凶と畏れられた傑作。
混沌ルズガズリンケンス(こんとんルズガズリンケンス) 使用者:カルガ・リン
諸葉が前世で従えていた四体のゴーレムの内の一体。今はカルガ・リンが所持しているゴーレム。
見た目は黒犬のようであるが虎に負けないほどの体躯で七匹で一つのゴーレムで普段は使用者の影のなかにいる。
シュウ・サウラが幼少期に造り上げて、彼曰く偶然と幸運の産物で再現が二度と出来ない最初にして最強のゴーレム。かりっかりの戦闘用ゴーレムで自律的に学習して効率的な戦術を編み出す。そのため、シュウ・サウラが造り出した四凶と畏れられた傑作中の傑作。
カルガ・リンが持つ経緯はシュウ・サウラが、最強に最強の取り合わせは面白かろうと言ういたずら心。
窮奇レンヅァイツヴァイ(そゅうきレンヅァイツヴァイ) 使用者:カルガ・リン
諸葉が前世で従えていた四体のゴーレムの内の一体。今はカルガ・リンが所持しているゴーレム。
見た目は有翼の虎で人を乗せることができるほどの大きな体躯を持ち、且つ飛翔能力を持つゴーレム。人を乗せる飛翔能力を持つゴーレムの製作は誰もが夢見るがカルガ・リンが知る限り窮奇レンヅァイツヴァイ以外不可能である。
不可能を可能にしたこのゴーレムは代償に燃費が悪くて魔力を大量に使い魔力に自信があるものでもわずかな時間しか飛べないが常識はずれの魔力量を持つシュウ・サウラのために造ったゴーレム。制空権を取れるためシュウ・サウラが造り出した四凶と畏れられた傑作。
カルガ・リンが来世へと旅立つに当たり、シュウ・サウラが餞別代わりに授かったが彼自身が使うために造ったため、彼女が使うと少しの間しか飛べない。
銀嶺アーガステン(ぎんれいアーガステン)使用者:エドワード・ランパード
白銀の甲冑。『天をも焦がす降魔の黒剣(クリカラ)』で攻撃し続けてもヒビを入れることしかできないほどの圧倒的な防御力を誇る。
アニメでは盾と槍も合わせて顕現させており、twitterにて三つあわせて銀嶺アーガステンであることが判明。
移ろいの門(トランスポータル)使用者:四門万里、四門摩耶
数百キロ離れた場所に多数の人間を瞬時に転移させることができるが、色々と制約がある(一日に一回しか使用できない。繋ぐ場所をはっきりと思い浮かべなければならない等)。摩耶が使用に成功したことから固有秘法から外されたが、その戦略的価値は些かも減じていない。
帽子の下の小鬼(スプリガン) 使用者:四門万里
一寸法師のような小さな鬼のゴーレム。いつもは万里のトンガリ帽子の中にいて主の危機に帽子から出てきて、口を開けて深く息を吸い込むと魔法のように体積を膨張させて身の丈八寸の大鬼に変化させることができる。
夢石の面晶体(フィールドオブドリーム)使用者:四門摩耶
現実世界の位相をずらすことで別の空間を作る結界闇術。この結界の中で壊れた物はしばらくすれば、負傷した人は結界の外へ出れば元通りになる。ただし結界の範囲を広くした場合は生物は元通りにならない。結界を作成するには時間がかかる。多少の攻撃で壊れたりはしないが、諸葉のエクシュキシュと熾場の赤鬼のぶつかり合いで崩壊した。
上記のように結果のキャパシティを超えてしまうと結界が壊れてしまい事象のリセットできず外に影響を及ぼす。
摩訶鉢特摩地獄(コ キュートス)使用者:灰村諸葉、漆原静乃(ただし静乃は反魂を用いる必要があり使用すれば死に至る)
広範囲に渡り極寒地獄を作り出す禁呪。諸葉が使用した時は摩耶の結界の範囲を超えて作用したため、夏にもかかわらず街に雪を降らせてしまった。あまりにも強力で結界がなければ永久凍土と化してしまうほど。使用には日本支部の許可が必要になった。シュウ・サウラの時も使用したことがある。こちらは結界もなく使用したため辺り一面が永久凍土と化し、未来永劫雪に閉ざされた状態となっている。18巻では静乃が使用し六翼会議の拠点「この世ならざる音楽室」の内部を極寒地獄に変えた。
氷の禁呪。
世界喰らいの蛇(ウロボロス)使用者:灰村諸葉
すべてを飲み込む魔海を作り出す禁呪。使用すると一つの大きな内海を作り出してしまう。諸葉が合図することで動き出すため、何もしない時は静かな内海となる。ヴァシリーサの禁呪でさえ飲み込むこと凶悪。
水の禁呪。
天界十字軍(クリューセルクルセイダー)使用者:ヴァシリーサ・ユーリエヴナ・モストヴァヤ
数え切れないほどの雷獣と雷の巨人一体を召喚する禁呪。空を暗雲で覆い尽くしそこから雷獣や雷の巨人を召還する。
雷獣の強さは白鉄のランクBとランクCの中間で対地包囲完備、対空迎撃完備、ボスキャラ完備の至れり尽くせりの闇術。
広大な土地を代償として使用される。
雷の禁呪。
鳳扇ツァザルエー 使用者:ヴァシリーサ・ユーリエヴナ・モストヴァヤ
前世で三つの邑を滅ぼした魔鳥の魂を使って作製したゴーレム。炎を纏って神足通と同等のスピードで飛ぶ。
一千六十三フィートの高座(オーヴァロード オーヴァウォッチ)使用者:シャルル・サン=ジェルマン
空を縦横無尽に飛行することができる闇術。羽毫の体現(デクリーズウエイト)や神足通(じんそくつう)でさえ不可能な高度を飛行するため、救世主同士での戦闘では一方的な攻勢になる。
この世ならざる音楽室(ティル・ナ・ノーグ)使用者:ルイーズ・サン=ジェルマン
どこか閑散とした境界を思わせる空間にピアノが置かれた空間。次元のずれた場所に存在しピアノを演奏中は別の空間へと繋げることができる。
実は素体に要塞級《異端者》を丸々一体を使い作り上げたゴーレム。

その他[編集]

救世主(セイヴァー)
前世で英雄だった者が時間や場所を超え転生した人間を指す。主に<<白鉄>>と<<黒魔>>の二種類に大別され、それ以外の<<救世主>>は世界でも希少である。
機関の仮説によると魂の転生には数千万年単位の時間を要し、その長い時を経ても摩耗しない強靭な魂だけが救世主になると考えられている。そのため、基本的に前世の記憶は一人分であり、諸葉が現れるまでは二つ以上の前世を持つ救世主は観測されていなかった。
日本では中学3年生に目的非公開のテストを受けさせられる。これにて前世の能力を使うことができると判明した者は、『異端者』と戦う戦士候補として亜鐘学園にスカウトされる。この際、救世主と判明した者にはリスクとリターンが詳細に説明され、亜鐘学園への進学を決めると両親には素晴らしい進学校と説明が行く。
基本的に強い救世主はより多くの記憶(前世)の覚えており強い力を使える。(諸葉は前世の記憶をあまり覚えてなくても強い救世主やサツキのように前世は鍛えていない救世主など例外は数人いる)
摩耶のように早くから救世主に目覚めてしまうこともある。
最も古き英霊(エンシェント・ドラゴン)
二つ以上の前世の記憶を持つ救世主(二重輪廻転生者)を指す俗称。現状確認されているのは諸葉のみだが、それまでは理論上のみの存在だった。
「エンシェント・ドラゴン」という呼び名はサー・エドワードがつけたもので、二重輪廻転生には理論上一億年たっても劣化しない魂が必要とされるため、「そこまで強い魂はもう人間が持ちうるものではない」という意味で総称されている。
亜鐘学園(あかねがくえん)
日本の救世主の育成機関。日本以外にも存在するがレベルは日本より低い。
目的非公開のテストで救世主と判明した者を育成する機関。通常教育の他に座学と実習を行う。特に公用語である英語に重きを置いており、卒業後は大学へ進学することも出来る。実習では白鉄と黒魔に分かれて行われる。全寮制(個室で生活に必要なものは全て揃っておりシャワー、トイレも完備)で授業料免除となっている。
通常の部活も存在するがランクC以上で構成された実戦部隊がある。
石動迅の考案でリーグ戦制度を設け、リーグを3つに分けて勝負が成立するようにしてある。1,黒魔が闇術のみで戦うメージリーグ、2,太白を習得していない白鉄が戦うノーマルリーグ、3,何でもありのエキスパートリーグの3つがあり二学期からは一年生のみが戦うノービスリーグも行われる。ペア戦のポイント制で一定ポイントを達するとランクCやBに昇格でき、リーグで優勝したペアはランクAの挑戦権がありエキスパートリーグは石動迅が、メージリーグは静乃が相手して勝つことが出来ればランクAになることができる。(ランクA以上の実力者は参加を禁止されている)
白騎士機関(オーダー)
異端者と戦うために救世主が集う機関。本部はイギリスにあり、日本やロシア、アメリカ、中国、フランスに支部がある。
前世の記憶があるため『若いから見識がない』という常識は当てはまらず、若くして幹部になる者も多い。
世界支配に乗り出そうとする過激派もいる(ロシアとフランス)。
ランク
救世主は、対異端者における戦力を基準として、下からD・C・B・A・S・SSとランク分けされている。Aは各支部で10人ほど。Sは機関全体で7人。SSは日本支部長と中国支部長の2人。
ランク認定は学生は「弟子階級」のランクD、正式に認定を受けた人は「一般階級」のランクC、救世主の中でも秀でていると認められると「精鋭階級」のランクB、他の追随を許さない高みに到達した者は「真打階級」のランクA、正真正銘の救世主たちを「特別階級」のランクS、救世主の中の救世主と意でランクSSと大別している。
ランクSとランクAでは天と地の差がある。
ランクS以上は人の皮を被った化生(バケモノ)である。
ランク付けは異端者に対する戦力であるため、救世主の強さ=ランクとはならない。
ちなみに亜鐘学園へ入学するとランクD。卒業試験に合格し、白騎士機関に入るための資格を得た者をランクCと定められているが既にそれ以上の実力があると認められた場合は学生であってもランクC以上に認定される。
認識票(IDタグ)
学生証の役割を果たし、アメリカ支部長によって作成されて支給される。アーリンしか作成できないためかなりボっており、その収入がアメリカ支部の資金源なっている。お得意先はシャルル率いるフランス支部。
通力や魔力と想いに反応して記憶を元に再現し、掌中に顕現する。普通は武器を顕現させるほどの確固な記憶を複数、イメージすることが難しいので自分が一番得意とする武器を1つ、そのイメージを日々練磨するのが普通である。諸葉曰く、複数の武器を顕現させるより最高に強力な武器を1つ顕現できるようにイメージを鍛える方が王道で複数の武器を顕現させるのは強力な武器を顕現できず、普通の武器のイメージしか鍛えることしかできないため邪道と言っている(前世で業物とか使わずに戦っていた救世主に見られる傾向があり、悲しい戦闘スタイルである)。
通力あるいは魔力を流すことで、前世で自分が使っていた武器やゴーレムを顕現させることができる道具。込めた想いが、記憶が強ければ、どんな奇跡の武具やどんなゴーレムだって創造できる。壊した場合は始末書を書かされ、小言も言われる貴重な物。アーリンの指示で壊れた認識表は回収されアーリンの保管庫に全て保管されており、お気に入りは諸葉とエドワードが戦った時に壊れた物。
戦闘服(せんとうふく)
白鉄であれば通力で、黒魔であれば魔力で強化するアメリカ支部長の作製した魔法道具の一つ。諸葉は前者を使用していたが、11巻にてアーリンが作製した専用の物を使用するようになり、それは通力と魔力の両方で強化される。
実戦部隊(ストライカーズ)
亜鐘学園の学生で構成される異端者と戦う部隊。正規隊員は14人。ランクC以上の力があると判断されれば正隊員として、ランクCに近い実力であれば予備隊員として認められる。名目上は奨学金だが、毎月大卒初任給を遥かに超える給料が支払われる。当代の《実戦部隊》は黄金世代と呼ばれ、学生でありながら日本支部屈指の戦績を誇る。黄金世代と呼ばれているほとんどはランクB。
11巻にて三年生の卒業により、戦力弱体化が懸念されている。特に黒魔の実力が下がってしまう(黒魔の力が半減以上になる)。
15巻で石動迅が考えたリーグ戦のおかげで正隊員は13名になり、去年と同じになった。あと、予備隊員の数は去年より多い。上記のように三年生の卒業により、黒魔の実力が下がってしまったが静乃がランクAになり正隊員になったことにより黒魔の火力不足は解消された。
白鉄(しろがね)
光技を使う<<救世主>>の日本での呼び方。ライトセイヴァー。
白鉄はタイプがあり、スピード特化タイプやパワーとタフネスを持つ戦車タイプなどがある。ただし、強い人ほど隙のない白鉄になりタイプは存在しない。
白鉄の実力はほぼ通力の大小て決まってしまう。(色が同じなら通力が多い方が強い)
ただし、救世主殺しの救世主は特殊な武器や特殊な源祖の業により通力が少なくてもランクAの人を簡単に倒してしまう実力がある。(例)人喰いや不可視など。
通力(プラーナ)
光技を使用する時に使う力。体内にある七つの門を開き、そこから汲み取った力。作者のtwitterにて通力の色が純粋なほど強く、色分けされているが、特に法則性はなく作者のイメージなどできめていることも明かされている。
どんな白鉄でも持ってる通力は必ず有限なので、攻撃にどれだけ回すか防御にどれだけ回すか速度にどれだけ回すかやりくりしながら戦う必要がある。
神通力(アルスマグナ)
聖剣サラティガによって通力を濾過し、より純粋にした力。あと、調息という特殊な呼吸法により通力を神通力にすることができる。
黒魔(くろま)
闇術を使う<<救世主>>の日本での呼び方。ダークセイヴァー。
身体能力的には常人と変わらない。
第五階梯闇術は大魔法なので使える黒魔はランクAでなければ使うことすらできない。(第五階梯以上の闇術となれば使い手はほんの一握りである)
優秀な黒魔は少なくて、フランス支部以外の支部は黒魔不足で頭を抱えている。(イギリスは一人、日本は二人しか居らず中国には一人も居ない)
優秀な黒魔とはその場で最適な力を最適に使いこなせる者をいう。強力な闇術だけを使える者は優秀な黒魔とは言わない。
魔力(マーナ)
闇術を使用する時に使う力。世界に溢れている力を奪って変換した力。
魔力の色は全て黒で通力のように色の違いはない。ただし、魔力制御が高いほど美しく見える。(諸葉のみ分かる)
妖精力(レプラカーナ)
アメリカ支部長が、魔法道具(アーティファクト)を作る際に使用する力。また、戦闘時には自身の魔法道具にこめて使用している。
仙人(せんにん)
フィクションに出てくるような仙人でなく、通力や魔力が豊かでよく練ることが出来る人は老化しない原理を特別な修行法で突き詰めて肉体を捨て、通力で体を創ることで昇仙すること。なにも食べなくても生きていけるが人の負の感情を溜めすぎると動けなくなる(本人曰く、死ぬ事と変わらない)。仙人になれたのは迭戈と貝利のみ。
異端者(メタフィジカル)
どこからともなく現れる人間世界に害をなす異形異端の生物。頭の数が多いほど強い多頭種。尋常ではない生命力を持つ海魔種。光技が効き辛い邪霊種。《子》(バグ)と呼ばれる生物兵器を搭載する巨蟲種など、色々な種類が存在する模様。
ランクSなしに倒せない弩級(ドレッドノート)や要塞級(フォートレス)も存在し、その上に存在する魔神級(アークフィンド)はランクSですら苦戦させられる。大きさに比例して強いとされていたが、魔神級は人間とほぼ変わらない。
正体は不可視によって誘拐され、源祖の業によって変化させられた人間の魂。要塞級までは人間の魂によって作られるが、魔神級は救世主の魂を使って作られる。魔神級の自己回復力は「妄執」の強さに直結するらしい。
異端者化は一人一度しかなれないので同じ人から何度も異端者は作れない。
弩級(ドレッドノート)
大きさが10メートル前後の異端者。Sランクなしには倒せないほど強い異端者であり、要塞級(フォートレス)が出現するまでは最強の異端者であった。
要塞級(フォートレス)
実戦部隊の合宿時に初めて確認された異端者。大きいもので300メートル、小さいものでも30メートルとそれまで出現していたものとは段違いの巨体を誇る。さら巨蟲種と多頭種とのハイブリッドや蛇霊種のバグを生み出すものなどこれまでに無い特徴を持つものも存在している。攻撃力および攻撃範囲が広いため、通常の異端者のように数を揃えての攻撃は無効化されている。
群体要塞級(ストロングホールド)
要塞級が複数体集まっている特殊な要塞級。中心となる要塞級を護るように複数の要塞級が存在し、その内一体を倒しても中心となる要塞級や他の要塞級から呪力が倒された要塞級に送られ即座に復活する。これが本来の要塞級の在り方ではないかとエドワードは推察している。
魔神級(アークフィンド)
救世主の魂を使って作られた異端者。大きさや全体的な造形は人間と変わらないが、他の異端者と同じくその姿は醜悪である。
火力、機動性が今までの異端者とは段違いに高く、高い自己回復力を持っている上、特殊能力を持っている個体も存在する。しかも使用された魂の願望を歪めた形で喋る(正確にはテレパシーで伝える)ので、使用された魂の関係者に心理的な圧力がかかってしまうこともある。
機動性がこれまでの異端者より遥かに優れているため、これまでの対異端者戦術が無効されている。そして、心臓部分にある呪力できた黒い球体が半分位の薄さになると戦闘スタイルが変わりより強力な能力を使ってくる。
使用されている魂の強さに強さが左右されるため、弱い個体と強力な個体の差が激しい。また、回復能力は魂の「妄執」の強さに左右されるため、回復力が高くても弱い個体も存在する。
騎士級(ブラックナイト)
自らの意思で魂を捧げ、長い時間をかけて調整を施して《異端者》になった《救世主》たち。
見た目は人間と同じぐらいであるが頭が動物の顔であり通力と呪力の両方を纏っている。あと喋る事も可能。
騎士級は裏光技を1つ極めた《異端者》で普通の光技とはまるで違う性質がある。(石動迅以上の裏光技)
ただし、普通の《異端者》よりタフではないので反魂の第五階梯闇術一発で灰にすることができる。(これはPSGの魔力と技術があっての事)
天使級(フォールエンジェル)
他の《異端者》たちとあらゆる要素において別格で、本人そのままの人格と自意識を持ち造物主の命令すら受け付けず、どんな攻撃でもたちまちに復活してしまう不死身の《異端者》。
普通は何十年もの修行して肉体を捨てた仙人がこの境地に至るが、《異端者》の種を用いることでわずかの間で仙人になることができる。(ただし、誰でも成れる訳ではなく魂が強い人間に限られる)
未だに二体しか産み出せておらず、顕現条件も不明。(最低でもランクS並の最高ランクの魂の強さを持たないといけない)
エンシェントドラゴン
アニメオリジナルの新種の異端者。見た目はドラゴンそのものである。
能力は闇術の反転による無効と使ってきた闇術をそのまま返す能力と瞬間移動と諸葉が今までに戦った全ての異端者の能力を持っている。
この異端者は諸葉の二つの前世で大切な人を奪っていった異端者である。
呪力(サターナ)
異端者の力の根源。魂の力らしく、石動迅やルー・ヂーシン達が使用していた。
呪力を光技に使用すると普通の光技と効果や特質を変化させるこの事を裏光技と名付けている。

既刊一覧[編集]

漫画[編集]

月刊コンプエース』2014年6月号より2016年3月号まで連載。作画は七桃りお。

テレビアニメ[編集]

2015年1月より3月まで、テレビ東京ほかにて放送された。

第7話では本作と同じ原作スタッフによるライトノベル『あるいは現在進行形の黒歴史』が作中作のアニメ映画として登場している。

スタッフ[編集]

  • 原作 - あわむら赤光GA文庫 / SBクリエイティブ刊)
  • キャラクター原案 - refeia
  • 監督・音響監督 - 稲垣隆行
  • シリーズ構成 - 山口宏
  • キャラクターデザイン - 石川雅一
  • サブキャラクターデザイン - 渡辺はじめ
  • 総作画監督 - 石川雅一、渡辺はじめ
  • メタフィジカルデザイン - 朴性厚
  • 武器デザイン - 小菅和久
  • 美術監督 - 池田繁美、丸山由紀子
  • 美術設定 - 池田繁美、大久保修一、友野加世子
  • カラーコーディネイト - 海鋒重信、大武恭子
  • CG監督 - 植木麻央
  • 撮影監督 - 松井伸哉
  • 編集 - 柳圭介
  • 音楽 - 坂部剛
  • 音楽制作 - ZERO-A
  • 音楽プロデューサー - 工藤智美
  • プロデューサー - 八塚敬昌、岡澤俊介、宮崎誠司、中山卓也、清水美佳、田中利明、松村俊輔、城野陽一、吉田敦則、盛谷尚也
  • アニメーションプロデューサー - せきやまあきひろ
  • アニメーション制作 - ディオメディア
  • 製作 - ワルブレ製作委員会

主題歌[編集]

オープニングテーマ「緋ノ糸輪廻ノGEMINI」
作詞 - 宝野アリカ / 作曲・編曲 - 片倉三起也 / 歌 - petit milady
第1話ではエンディングテーマとして使用。
エンディングテーマ「マグナ・イデア」
作詞 - 中村彼方 / 作曲 - 俊龍 / 編曲 - Sizuk / 歌 - fortuna[嵐城サツキ(竹達彩奈)、漆原静乃(悠木碧)、四門摩耶(小倉唯)、百地春鹿(内田真礼)]
第1話では未使用。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1話 転生せし者
-The Reincarnater-
山口宏 稲垣隆行 小菅和久、斉藤和也
依田正彦、seo jung duck
ju hyun woo、shin min seop
2話 我が剣に宿れ魔焔
-The Swordbringer comes back-
朴性厚 荻原露光 大西陽一、竹上貴雄
梶浦紳一郎
3話 冥府の魔女
-The Black Sorceress-
井上美緒 三沢伸 岩田義彦 徳川恵梨、j-cube
4話 白騎士強襲
-The Silver Knight-
平田智浩 のりみそのみ 安達祐輔、武本大介
興石暁
5話 We Are The・夏
-We are the "Natsu"-
山口宏 こでらかつゆき 呉唯男
風見明広
NAM HYUN SIK、KIM HYUN OK
YU HYUN JIN
6話 我ら、救世の剣なり
-We are the "Saviors"-
三沢伸 秦義人 丸山修二、植竹康彦
桜井正明、j-cube
7話 銀髪の異邦人
-a foreigner-
井上美緒 稲垣隆行 石森真平 山田雅之、黒田和也
小野田貴之、服部憲知
江森真理子
8話 魔剣と聖剣
-ambivalent-
高林久弥 西田美弥子、Seo Jung Duck
上野卓志、依田正彦
9話 シベリア行
-Lonely Soldier-
山口宏 こでらかつゆき 本南宗吾郎 徳川恵梨、桑島望
j-cube
10話 決戦・エカテリンブルク
-Ouroboros-
福田道生 荻原露光 古瀬登、安達祐輔
月岡英明、Han Jung Y
11話 悪夢は前世より
-Karma-
三沢伸 呉唯男 さゆみれい、獅子山竜
NAM HYUN SIK、YU HYUN JIN
SEO SEONG JONG
12話 二つの生を越え
-Beyond the Time-
宮崎なぎさ 稲垣隆行 安達祐輔、武本大介
Han Jung Y、Seo Jung Duk

放送局[編集]

テレビ東京系列 / 放送期間および放送時間[4]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [5] 備考
2015年1月12日 - 3月29日 月曜 1:05 - 1:35(日曜深夜) テレビ東京 関東広域圏
2015年1月14日 - 4月1日 水曜 2:10 - 2:40(火曜深夜) テレビ大阪 大阪府
水曜 2:35 - 3:05(火曜深夜) テレビ愛知 愛知県
水曜 20:00 - 20:30 AT-X 日本全域 CS放送
リピート放送あり
2015年6月からの再放送はリテイク版を放送
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[6]
配信期間 配信時間 配信サイト
2015年1月14日 - 4月1日 水曜 23:30 - 木曜 0:00 ニコニコ生放送
2015年1月15日 - 4月2日 木曜 0:00(水曜深夜) 更新 ニコニコチャンネル
2015年1月17日 - 4月4日 土曜 12:00 更新 バンダイチャンネル

2015年7月からは上記サイト及びdアニメストアソフトバンクアニメ放題にてリテイク版を配信予定。

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2015年3月25日 第1話 - 第2話 ZMXZ-9871 ZMBZ-9881
2 2015年4月24日 第3話 - 第4話 ZMXZ-9872 ZMBZ-9882
3 2015年5月27日 第5話 - 第6話 ZMXZ-9873 ZMBZ-9883
4 2015年6月24日 第7話 - 第8話 ZMXZ-9874 ZMBZ-9884
5 2015年7月24日 第9話 - 第10話 ZMXZ-9875 ZMBZ-9885
6 2015年8月26日 第11話 - 第12話 ZMXZ-9876 ZMBZ-9886
BOX 2017年3月24日 第1話 - 第12話 ZMAZ-11010 -

ゲーム[編集]

スクール・オブ・セイヴァーズ〜聖剣使いの禁呪詠唱 ONLINE〜
iPhoneiPadiPod touchAndroid用ゲームとして、アソビモより2016年8月に配信開始。ジャンルはオンライン3DアクションRPG
当初は2015年に配信予定だったが延期された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Twitter / GA_Myzo: 【再掲】『聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>』ドラマCDキャスト情報。…”. 2013年11月17日閲覧。
  2. ^ 断片的な記憶(主に戦闘中の記憶)しかなく、これを思い出すことで強くなる。アニメでは「思い…だした!」というセリフが多用される。なお諸葉が他の救世主より前世の記憶が思い出せないのはカルガ・リン(諸葉の叔母)が前世の記憶の一部を封印する闇術を使っていたため。特に自分の事や皇帝の事は厳重に封印していた。
  3. ^ a b 追加キャスト発表! エレーナ アルシャヴィナ役に上田麗奈さん、アンジェラ ジョンソン役に小見川千明さんが決定!更にお二人は12月22日のニコ生にもご出演頂きます!お楽しみに!”. 2014年12月10日閲覧。
  4. ^ 放送局情報”. テレビ東京・あにてれ 聖剣使いの禁呪詠唱. 2014年12月1日閲覧。
  5. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  6. ^ 放送局情報”. テレビ東京・あにてれ 聖剣使いの禁呪詠唱. 2014年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ東京 月曜1:05(日曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
聖剣使いの禁呪詠唱
※本作までアニメ枠
(廃枠)
*週代わり特番
(またはYOUは何しに日本へ?(再放送)など)
(1:05 - 2:05)