マージナルプリンス〜月桂樹の王子達〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マージナルプリンス〜月桂樹の王子達〜
ジャンル 女性向け恋愛シミュレーションゲーム
アニメ
原作 森本繭斗、セレンディピティ
監督 稲垣隆行
シリーズ構成 早坂律子
脚本 早坂律子
キャラクターデザイン 佐々木敏子 / 原案:甲斐智久
音楽 岩崎文紀
アニメーション制作 東京キッズstudioT&Bゴンジーノ
製作 聖アルフォンソ学院理事会
放送局 放送局参照
放送期間 2006年10月1日 - 12月24日
話数 全14話(TV未放送1話)
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト ゲームアニメ
ポータル ゲームアニメ

マージナルプリンス〜月桂樹の王子達〜』( - げっけいじゅのおうじたち)は、NTTドコモi-mode2005年8月15日より配信されている初の携帯特化型女性向け恋愛シミュレーションゲームで、2006年2月からはauEZWebでも配信が開始されている。

ゲームの内容[編集]

プレイヤーの弟であるユウタは、知り合いの推薦で全寮制の聖アルフォンソ学院に留学することとなった。そこは聖アルフォンソ島と呼ばれる島にあり、周りを月桂樹の森で囲まれているため、島民からは「月桂樹の館」と呼ばれている。学院の敷地は特別自然保護区となっており、関係者以外は立入禁止。さらにセキュリティーがしっかりしていることから、学院は全世界のワケあり生徒達が集まる避難所の役割も担っている。 生徒達は各々のホットラインを持っていて、島内まで電波は届くのだが携帯電話を持っておらず、従って携帯電話を持っているのはプレイヤーの弟であるユウタだけである、という設定。電話を掛けたプレーヤーに対し、ユウタはテレビ電話機能内蔵の携帯電話を通して留学先の生徒たちを紹介する。弟の携帯電話と通して彼らと仲良くなり、愛のメッセージやラヴソングをゲットするのを目的としている。

ゲームシステム[編集]

ユウタの携帯電話を介し、プレイヤーとキャラクターとの会話が選択肢形式に進められることでストーリーは展開していくが、時にはプレイヤーとの会話ではなく、キャラクター同士の会話をうかがうという形で進むこともある。会話での選択肢によって手に入る着ボイス(待ちうけ画像)は異なり、恋愛ポイントと呼ばれる好感度も変わる。また現実の時期に合わせたイベントも用意され、特別な待ち受けや着ボイスが手に入るといった工夫もなされている。 そしてこのゲームの最大の特徴は、携帯電話という形態が持ち得る特性を最大限に活かしている点にある。キャラクターからプレイヤーの携帯に電話が掛かってきたり(時間帯はあらかじめ設定できる)、電話NTTコミュニケーションズの音声認識システムを利用することで、双方の会話を可能な限り実現している。そういった意味合いでは新しく画期的な携帯ゲームである。

キャラクター[編集]

ジョシュア・グラント(Joshua Grant)
置鮎龍太郎
誕生日:7月28日獅子座)、血液型:AB型。
アルフレッド・ヴィスコンティ(Alfred Visconti)
声:森田成一
誕生日:3月21日魚座)、血液型:O型。
アンリ=ユーグ=ド=サン・ジェルマン(Henri-Hugues de Saint Germain)
声:野島健児
誕生日:6月6日双子座)、血液型:AB型。
シルヴァン・クラーク(Sylvain Clark)
声:三宅淳一
誕生日:1月13日山羊座)、血液型:O型。
小林 春也(こばやし はるや、Haruya Kobayashi)
声:岡本寛志
誕生日:4月29日牡牛座)、:血液型:A型。
ユウタ(Yuuta)
声:菅沼久義
誕生日:12月15日射手座)。
染谷 俊教授(そめや しゅんきょうじゅ、Prof. Shun Someya)
声:染谷俊
誕生日:2月22日魚座)。
スタニスラフ・ソクーロフ(Stanislav Sokurov)
声:石川英郎
誕生日:11月2日さそり座)、血液型:AB型。
ミハイル・リューリコヴィッチ・ネフスキー(Mikhail Nevsky)
声:宮田幸季
誕生日:9月19日乙女座)、血液型:AB型。
エンジュ・ファドラーン(Yenje Fadlan)
声:遊佐浩二
誕生日:9月1日(乙女座)、血液型:B型。

その後の展開[編集]

  • ゲーム配信に先駆け2005年7月2日から2006年3月31日まで、ラジオ関西にて『レディオマージナル 置鮎龍太郎の「君へ、おやすみ」』が放送されていた。こちらは地上波ラジオから数日遅れの放送で、携帯電話ではVポータル、PCではMUMIXラジオにてストリーミング配信もされていた。
  • 2005年9月1日にはキャラクターソングを収録されたアルバムが2枚同時にリリース、同年9月15日には上記ラジオ内で放送されたラジオドラマを収録したドラマCDがリリースされた。
  • 2006年1月22日にはキャラクターソングの発売を記念した初のイベントがZepp Tokyoにて行われた。
  • 2006年9月にはラジオ関西とインターネットラジオにて『レディオマージナル 置鮎龍太郎の「君へ、おやすみ」〜アニメ前夜祭〜』が放送されていた。

アニメ[編集]

2006年7月8日、公式サイトにてTVアニメ化が発表され、10月から12月にUHF各局他で放送。

アニメ版の特色[編集]

本来、ユウタの姉(プレーヤー)が男性キャラクターと仮想恋愛を楽しむというのがこの作品の趣旨であったが、アニメ版ではユウタと男子同級生との友情と葛藤の物語が主軸となっている。これはユウタの姉という不特定の女性像の在り方を守るためと、女性キャラを廃することで別の層(801系)の顧客の支持を狙った製作サイドの意図が読み取れる。実際のゲームでは同性愛的選択肢を選ぶと男性キャラの心証がマイナス(嫌われる)になるので、この点を見るとアニメが原作(ゲーム)とは違った構図でストーリーを作っていると読み取れる。

アニメ版キャラクター[編集]

主人公格はゲーム版の項を参照。

バトラー
声:長克巳
アイヴィー
声:藤原啓治
オーギュストン・ボージュ
声:渋谷茂
エンジュ
声:遊佐浩二
クリスティーナ・グラント
声:國府田マリ子
姉貴(ユウタの姉)
声:伊藤美紀

スタッフ[編集]

  • 原作:森本繭斗、セレンディピティ
  • 企画:有馬あきこ石川真一郎
  • 監督:稲垣隆行
  • シリーズ構成:早坂律子
  • キャラクター原案:甲斐智久
  • キャラクターデザイン・総作画監督:佐々木敏子
  • プロップデザイン:水谷麻美子
  • 美術監督:東厚治
  • 色彩設計:阿部みゆき
  • 撮影監督:今泉秀樹
  • 編集:柳圭介
  • 音楽:岩崎文紀
  • 音響監督:飯田里樹
  • プロデューサー:和泉凱、秦充洋、井上律子、難波秀行
  • 制作プロデューサー:箕ノ口克己、吉田悟
  • アニメーション制作:東京キッズstudioT&Bゴンジーノ
  • 製作:聖アルフォンソ学院理事会

主題歌[編集]

オープニングテーマ「離したくはない」
歌:FLAME
エンディングテーマ「LOOK UP DAYS」
作詞・作曲・歌:黒田倫弘

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 翠緑のエスクエラ 早坂律子 稲垣隆行 麦野アイス 佐々木敏子
水谷麻美子
2006年
10月1日
2 暁のエーデルシュタイン 唐戸光博 高橋敦子 10月8日
3 幻像のイプセ 永本敬二郎 白石道太 山崎輝彦 10月15日
4 陽光のフォアシュピール 松本佳久 大隈孝晴 10月22日
5 純白のメモリア 稲垣隆行 大関雅幸 高乗陽子 10月29日
6 閃光のアニヴェルセール 稲垣隆行
友田政晴
白石道太 水谷麻美子
箕輪悟
高梨光
崔富京
11月5日
7 海風のトライフルス 稲垣隆行 浅見松雄 佐藤敏明
山沢実
11月12日
8 深遠のメイズ 稲垣隆行
関野昌弘
稲垣隆行 高橋敦子 11月19日
9 嵐のエトランゼ 楠本巨樹 杉本光司
山崎輝彦
11月26日
10 孤高のトリスティティア 稲垣隆行 白石道太 藤井真澄 12月3日
11 情熱のトロヴァーレ 金﨑貴臣 水谷麻美子
佐藤清光
山沢実
12月10日
12 祝祭のエンペサール 稲垣隆行 楠本巨樹 高橋敦子 12月17日
13 絢爛のアプロース 稲垣隆行 佐々木敏子
水谷麻美子
箕輪悟
佐藤哲也
12月24日

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
福岡県 RKB毎日放送 2006年10月1日 - 12月24日 日曜 26:13 - 26:43 TBS系列
北海道 北海道放送 2006年10月2日 - 12月25日 月曜 26:25 - 26:55
埼玉県 テレ玉 2006年10月4日 - 12月27日 水曜 25:30 - 26:00 独立UHF局
東京都 TOKYO MX 水曜 26:00 - 26:30
神奈川県 tvk 2006年10月5日 - 12月28日 木曜 25:45 - 26:15
兵庫県 サンテレビ 2006年10月6日 - 12月29日 金曜 26:10 - 26:40
千葉県 チバテレビ 金曜 26:25 - 26:55
日本全域 AT-X 2006年10月20日 - 2007年1月12日 金曜 10:00 - 10:30 CS放送 リピート放送あり
アニメ女子部」枠

関連項目[編集]

外部リンク[編集]