前世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前世(ぜんせ)とは、ある人生を起点として、それより前の人生のことを指す。転生を認める世界観ならば、必然的に内包する概念である。人の転生が何度も繰り返されているということを認めるならば、全ての人は皆、ひとつではなく多数の前世を持っているということになる。

概要[編集]

インドでは、ヒンドゥー教でも前世が認められている。仏教では、三世のうちの過去世にあたる。インド起源の宗教に限らず、前世の記憶を持って生まれ変わったと主張する人は、古今東西に多い。

また、現代の先進国に暮らし、物理科学合理性を信奉し、転生や前世の存在を全く信じない人でも、退行催眠を受けている時に、本人としても思いがけず、前世を思い出すということが起きるとの報告がある。近年では、医学博士ブライアン・ワイス英語版の著作『前世療法』[1]により、世界中で広く再認識されるようになった。ブライアン・ワイスが、患者の治療中に前世を半ば偶然に発見した経緯、発見をありのまま公表するのか、あるいは科学者としての保身のために発見を隠すか、悩んだ経緯などについては、彼の著書『前世療法』に詳しい。

研究例[編集]

イアン・スティーヴンソンによる調査[編集]

転生を扱った学術的研究の代表的な例としては、イアン・スティーヴンソンによる面接調査がある。スティーヴンソンは1961年から生まれ変わり事例の調査を始め,最終的に2000 例を超える「生まれ変わりを強く示唆する事例」を収集した。そして考察の結果、スティーヴンソンは最終的に,ある種の「生まれ変わり説」を受け入れている。

ジム・タッカーによる調査[編集]

ヴァージニア大学ジム・タッカーは、イアン・スティーヴンソンの研究を引き継ぎ、約1100の生まれ変わり事例を調査した。

前世療法研究[編集]

前世療法で用いられる退行催眠については、虚偽記憶を生み出すという批判もあるが、検証の結果「前世の記憶」である可能性が高い記憶が想起されたケースもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブライアン・L.ワイス 『前世療法 : 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘』 山川紘矢・亜希子訳、PHP研究所〈PHP文庫〉、1996年ISBN 4-569-56932-3

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]