皆神龍太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

皆神 龍太郎 (みなかみ りゅうたろう、1958年1月6日 - )は、日本の作家、疑似科学ウォッチャー。と学会運営委員。ASIOS会員。懐疑的組織JAPAN(Japan Anti-Pseudoscience Activities Network)の代表。本業は会社員朝日新聞社勤務)。元と学会会員の植木不等式とは同僚[1]

東京都出身。東京工業大学物理学科大学院修了。超常現象と疑似科学について強い関心を抱いており、1989年頃より本格的に研究をしているが、その実在は証拠が確認できないため信じないと表明[2]。その立場から、太田出版のSkeptic libraryを監修したり、と学会名義の共著書を出すなどの活動をしている。 また、唐沢俊一盗作問題に関して、唐沢を批判しないことが擁護・正当化にあたるとして藤岡真から厳しい批判を受けている[3]が、皆神が唐沢を擁護・正当化する明確な発言を行った事実はない。

著書[編集]

単著[編集]

共著・編著・共編著[編集]

訳書[編集]

監修[編集]

  • ジェイムズ・ランディ 『ノストラダムスの大誤解――イカサマまみれの伝説43の真相』 望月美英子訳、太田出版〈Skeptic library 1〉、1999年5月。ISBN 4-87233-459-0
  • ウィリアム・スタイビングJr. 『スタイビング教授の超古代文明謎解き講座』 福岡洋一訳、太田出版〈Skeptic library 2〉、1999年10月。ISBN 4-87233-482-5
  • ジョー・ニッケル 『ニッケル博士の心霊現象謎解き講座』 望月美英子訳、太田出版〈Skeptic library 3〉、2000年3月。ISBN 4-87233-509-0
  • ポール・エドワーズ 『輪廻体験 神話の検証』 福岡洋一訳、太田出版〈Skeptic library 4〉、2000年9月。ISBN 4-87233-541-4
  • M・ラマー・キーン 『サイキック・マフィア』 村上和久訳、太田出版〈Skeptic library 5〉、2001年3月。ISBN 4-87233-567-8
  • ピーター・ジェイムズ、ニック・ソープ 『古代文明の謎はどこまで解けたか』1、福岡洋一訳、太田出版〈Skeptic library 7〉、2002年7月。ISBN 4-87233-668-2
  • ピーター・ジェイムズ、ニック・ソープ 『古代文明の謎はどこまで解けたか』2、福岡洋一訳、太田出版〈Skeptic library 8〉、2004年1月。ISBN 4-87233-811-1
  • ピーター・ジェイムズ、ニック・ソープ 『古代文明の謎はどこまで解けたか』3、福岡洋一訳、太田出版〈Skeptic library 9〉、2004年12月。ISBN 4-87233-888-X
  • ジョエル・アカンバーク 『人はなぜ異星人を追い求めるのか 地球外生命体探索の50年』 村上和久訳、太田出版、2003年9月。ISBN 4-87233-767-0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 唐沢俊一「と学会こぼれ話・10」と学会 『トンデモ世紀末の大暴露』 イーハトーヴ出版、1998年4月。ISBN 4-900779-24-5p137
  2. ^ 志水一夫トンデモ超常レポート傑作選楽工社、2007年8月。ISBN 978-4-903063-11-9p.201、p.292
  3. ^ 藤岡真blog 2010年7月12日「徹底検証 唐沢俊一番外編 おれが「と学会」を批判する理由」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]