宮崎なぎさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「宮﨑なぎさ」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

宮﨑 なぎさ(みやざき なぎさ)は、女性アニメーターキャラクターデザイナー、アニメーション監督宮崎と表記されることが多い(崎の右上が「立」になるのが正しい字だが、環境により表示できない。右上が「大」の心理カウンセラーは別人)。また、一部の作品において二宮 ハルカ(にのみや ハルカ)という変名を使う時もある。

略歴[編集]

神奈川県立横須賀高等学校卒業。テレコム・アニメーションフィルムにて動画デビュー。宮崎駿監督作品他の動画原画としてアニメーターとしてのキャリアを積み、後に独立。数多くのテレビアニメ・劇場アニメで原画・作画監督として活躍する。

1990年代後半から演出業に進出、大地丙太郎の下で助監督他様々な役職を兼務した。1999年に『十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密-』と『今、そこにいる僕』、2001年『フルーツバスケット』で助監督を務め、2002年オムニバス作品『シスター・プリンセス RePure』で初監督を務めた。翌2003年の『D.C. 〜ダ・カーポ〜』ではシリーズ物の初監督を務めた。2004年『カッパの飼い方』で監督に加え、シリーズ構成や作詞も手がけるようになった。

現在も監督業をしているが、オフまたは準備期間にあたる時期は交友のある演出家・アニメーターが関わる作品で単発の演出・原画として活動している。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]