君のことが大大大大大好きな100人の彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
君のことが大大大大大好きな100人の彼女
ジャンル 恋愛ギャグ
漫画
原作・原案など 中村力斗
作画 野澤ゆき子
出版社 集英社
その他の出版社
台湾の旗東立出版社
掲載誌 週刊ヤングジャンプ
レーベル ヤングジャンプコミックス
発表号 2020年4・5合併号 -
発表期間 2019年12月26日 -
巻数 日本の旗 既刊12巻(2022年12月現在)
台湾の旗 既刊3巻(2022年8月現在)
その他 少年ジャンプ+』でも配信中
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

君のことが大大大大大好きな100人の彼女』(きみのことがだいだいだいだいだいすきなひゃくにんのかのじょ)は、中村力斗原作、野澤ゆき子作画による日本漫画。略称は『100カノ[1]。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2020年4・5合併号より連載中[2]。『少年ジャンプ+』(集英社)でも2020年4月16日より配信されている[3]。2022年12月時点で単行本の累計部数が115万部を突破している[4]

あらすじ[編集]

100人の女性に告白しては振られてきた愛城恋太郎。中学卒業の日に彼は神社の神様からお互いが好きで好きでたまらなくなる“運命の人”が100人いると告げられる。高校生になった恋太郎は早速2人の“運命の人”と出会い、その2人から告白される。一転して嬉しくも悩ましい立場に置かれた恋太郎だが、「“運命の人”と出会った人間は、その相手と愛し合って幸せになることができなければ色々不幸な目に会ったあとに死ぬ」運命を辿ることを知る。

2人の好意のみならず命まで天秤にかけることとなってしまった恋太郎が悩み抜いた末に出した答えは、「正々堂々、2人と同時に付き合うことを宣言する」ことだった。恋太郎は自分にできる最大限の誠意を示し、その意向を受け入れてもらうことに成功する。しかし、恋太郎の“運命の人”はあと98人いる。次々と出会ってしまうこととなる“運命の人”と誠心誠意付き合い続ける、世にも奇妙な一夫多妻恋愛が始まった。

登場人物[編集]

担当声優は、ボイスドラマ版でのキャスト。

恋太郎ファミリー[編集]

主人公の恋太郎と、その彼女たち全員をまとめて指す呼称。第14話「愛と魂をかけた聖戦」で、イベントに参加する際のチーム名として恋太郎が考案し、その後も作中で度々使われている。
愛城 恋太郎(あいじょう れんたろう)
本作の主人公。高校1年生。
顔は悪くなく性格も真面目ながら気さく。頭も運動神経もいい方で男女問わず人望がある。好きな食べ物は卵料理。中間テストでは240人中88位。
彼女たちのことは、付き合う前は基本的に名字で呼ぶが、付き合い始めてからは名前の方で呼ぶようになる。同学年や年下はそのまま名前を呼ぶか「ちゃん」付けで呼び、上級生には「先輩」、教師には「先生」、学生ではない年上には「さん」を付ける。
誠実さの塊のような人物。彼女たち全員を世界一可愛いと平等且つ真剣に愛し、時には彼女のために自らの命を顧みない行動を取ることもある。個性豊かな彼女たちに振り回されてツッコミに回ることも多いが、彼女たちへの思いの強さから生まれる常軌を逸した思考や行動をツッコまれる側になることも多い。普段は温厚だが、彼女たちを悪く言われると激怒して過激な発言も厭わなくなり、危害を加えられそうになると暴力を辞さないほどに凶暴となり[注 1]彼女たちのことを守ろうとする。健全な人物でもあり、彼女たちが風呂を覗きに来たときには逆に説教するなどエッチなことには厳しい対応を取る。その意思は固く、羽香里から「おむねあてゲーム」を提案された時には「そんな不誠実な事をするくらいならば自ら主人公を降りる」と言って彼女たちの胸を触ることを拒否するほど。しかし、性欲はあるようで初期に羽香里や凪乃の胸に触れた時には鼻血を出したり、山女がスカートを捲ったのを見たときには壁にめり込むほど吹っ飛んでは周りにも聞こえるほど心音を高鳴らせた。また、肉体の疲労や大きな怪我を負っても彼女たちと一緒にいると癒やされ回復する体を持っている。
中学卒業までに100人の女子へ告白したが、好感触でありながらも恋愛対象とは見られず全て振られてしまう。なお、最初の告白は生後8ヶ月[注 2]。恋愛成就祈願のために訪れた神社で出会った神様から、“運命の人”が100人おり、彼女たちと高校生の間に出会うことを告げられる[注 3]。当初は“運命の人”と付き合わなければ相手が死ぬことについて思い悩む描写もあったが、静の告白を受けた際に“運命の人”であることや付き合わなければ死ぬことなど関係なく、自身が純粋に相手を好きになっていることに気付き、以降はそのことで思い悩むような描写は無くなっている。また、彼女たちには“死にたくないから付き合う”のではなく“幸せだから付き合う”という恋をして欲しいと心から願っており、「愛し合わなければ死ぬ」という事情を彼女たちには全く告げていない。
花園 羽香里(はなぞの はかり)
- 上田麗奈[5]
恋太郎へ最初に告白した可憐でおしとやかな少女。高校1年生で恋太郎と同じクラス。
ぶりっ子で計算高い側面があるものの、唐音に問い詰められる静を気遣ったり、凪乃に恋太郎の思いの強さを教えるなど、基本的には他人に気配り出来る優しい性格である。頭も良く、中間テストで240人中の25位。名前の通り謀(はかりごと)をめぐらすことが多く、妙案があれば他人の案でも「完璧な計画!」と言うのが口癖のようになっている(ただし、自身が計画した作戦などは何らかの要因で破綻することも多い)。自身のプロポーションに絶対の自信を持っており(Gカップ)、褒められるとドヤ顔になる。また、自作のセクシーブロマイド集を恋太郎へ送ったこともあった。胸の先っちょが敏感。右太股の裏側と左胸の下に特徴的なホクロがある。考え事をするときには無意識に口元に手をやる癖があり、熱中するとはむはむしてしまう。生まれつき恋に対して盲目的であり、恋太郎への思いの強さから変態じみた行動や思考を取ることも少なくない。
恋太郎には「くん」、他の彼女たちには年下年上関係なく「さん」を付けて呼び、母親である羽々里のことは「お母様」と呼ぶ。
同時に彼女となった唐音とは何かと張り合うことが多いが、内心では互いに認め合っており親友と呼べる関係になっている。唐音と羽々里がキスしかけた時には思わず嫉妬して唐音を投げ飛ばすほど。唐音がツンデレを喪失してしまった時には、かつて彼女が羽々里を力ずくで止めてくれたことを回想し、出来うる限りのことをしてツンデレを取り戻そうとした。
花が大好きな山女とも仲が良く、彼女が褒められるとまるで自分のことのように喜んでいた。
実はお金持ちのお嬢様であり、家では大きな犬と高級そうな猫を飼っている。
母親である羽々里を尊敬し慕っているが、羽々里が恋太郎の彼女になった時には流石に動揺を見せていた。親子仲睦まじい描写も多いが、羽々里があまりに大人気ない姿を見せた時には苦虫を噛み潰したような顔になったり、厳しい言葉を浴びせかけることも。
院田 唐音(いんだ からね)
声 - 白石晴香[5]
恋太郎へ2番目に告白した金髪ツインテールの少女。高校1年生で恋太郎と同じクラス。
恋太郎との出会いの時期は羽香里と一緒だが、告白は先を越されている。恋太郎ファミリーの中では主にツッコミポジションである。
事ある毎に「○○じゃないんだからね!」と言ってしまう、いわゆるツンデレキャラであり、恋太郎だけではなく他の彼女たちや無生物に対してもツンデレをかましている[注 4]。自分の気持ちを素直に言えないことが多いが、突っ込む時や真剣に相手のことを思ったときにはズバリと物事を言ってのける。その一方で非常に打たれ弱い一面を持っており、自身の性格について落ち込むことも多々ある。褒められると照れながらも無意識におさげの先を指でくるくるするといった仕草を取る。あまり笑顔を見せないためか、笑顔になると珍しさに写真を撮られたり、逆に怒っていると思われたことも。
中間テストの成績は恋太郎より1つ上の87位。
スレンダーな体型(A寄りのBカップ)を気にしていて、レジャープールに行った時には暫く恋太郎へ水着姿を見せられずにいた。また、見た目によらずゴリラのような腕力を持っており、そのパワーで呉莉羅連合の総長と渡り合ったり、花園家の屋敷の赤外線突破に貢献する。ごくたまに恋太郎へ暴力を振るうこともあるが、その時は毎回直後に泣いて謝っている。このパワーは彼女の人並み外れたツンデレ因子によるもので、楠莉の「ツンデレじゃなくなる薬」を服用してツンデレを喪失した際には非力な少女となっていた。
恋太郎や他の彼女のことは基本的には年下年上関係なく名前を呼び捨てにしている(例外として静のことを最初は「好本」と名字の方を呼んでいた)。
羽香里とは最初の頃は衝突していたが、恋太郎とのファーストキスを経てから次第に絆を深めて自ら親友と口にするほど仲良くなる。キスゾンビ事件の時には抜群のコンビネーションを見せ、お互い理性が無くなっていたとはいえ、二人で何度も何度もキスを交わしており、その仲の良さは恋太郎と楠莉が力ずくで引き剥がそうとしても離れないほどであった。
好本 静(よしもと しずか)
声 - 石見舞菜香[6]
恋太郎へ3番目に告白したが大きでものかな少女。図書委員であり、制服の時は常に腕章をつけている。本を読んでるときにシーンによって無意識につま先を動かす癖がある。高校1年生で恋太郎と同じクラス。
喋ることが非常に苦手で、子供の頃からずっと「持ち歩いている愛読書の一文を指差す」ことで意思疎通をとっている。(恋太郎が「目を見て話せるように」と音声読み上げアプリを使うことを提案し[注 5]、以降はそれを使って会話するようになった)そのことでクラスメイトから変人扱いされたり母親から叱責を受けるなどして自信を失い長らく孤立していたが、恋太郎と付き合い始めて羽香里や唐音たちとも親交を深めることで、それ以前よりも明るく行動的になる。恋太郎に対してはより積極的になることができ、ファーストキス以降は何度も自ら進んで口づけを交わしている。
上述の通り彼女の台詞は自分で喋っているわけではなく、愛読書の文章や登場人物の台詞からその時適切なものを選んでいるため、口調が安定せず仰々しかったり継ぎ接ぎの言葉遣いになることが多く、時々「~でやんす」と子分のような口調になったりもする。また、笑う時も声を上げずに『高らかに笑った』という定型文を常に使用している。感情が昂った時などには思わず声が漏れたりすることもあり、そういった場合や作中で描写されるモノローグでの素の言葉遣いは普通の範疇である。言葉が読み上げアプリ内に存在しないと思われる場合は別々の単語や文章を繋げて表現している。なお、指差しや読み上げアプリを使っている時の台詞はカッコ書きつきで表記されている。
中間テストでは240人中44位。
恋太郎のことは「くん」付けで呼び、他の彼女たちには後輩の胡桃や知与なども含めて基本的に「さん」を付けて呼ぶが、楠莉との初対面時はアプリの中に彼女の名前を入れていなかったためか、“薬物を支配せし者(ドラッグルーラー)”と愛読書内で登場する異名で呼んでいた。
真面目な性格なので恋太郎ファミリーの中ではどちらかと言えばツッコミのポジションにいる。
小顔で口が小さく、体型も非常に小柄で子供のようであるため、15歳ではあるものの羽々里や胡桃からは度々幼女扱いされている。あまりの軽さに強風で空へ飛ばされてしまうこともあった。時々、恋太郎の肩に乗せて貰っている。恋太郎ファミリーの中で一番非力であり、そのか弱さは縄張りを守る番犬が思わず庇護してしまうほど。泳ぎも苦手でレジャープールに行ったときには浮き輪を使っており、アクシデントで浮き輪が破れた時は流れるプールの中洲で漂流してしまっていた。また、花園家では勢いでプールの中に飛び込んだはいいものの溺れてしまい凪乃と楠莉に助けられている。
凪乃とは二人でいるシチュエーションが多く、男装した凪乃のことを「我が騎士」と呼んだり、恋太郎とのキスで倒れそうだったのを助けてくれたときにキュンとなるなど彼女のことを慕っていることを示す描写が多く、かくれんぼの際には二人で段ボール箱の中に寄り添い合う形で隠れるなど要所で仲睦まじい様子が描かれている。
栄逢 凪乃(えいあい なの)
声 - 陶山恵実里[6]
恋太郎へ4番目に告白したAIのように知的でクールな美少女。高校1年生で恋太郎と同じクラス。
長く美しい銀色の髪が特徴。羽香里に負けず劣らずグラマラスだが締まるところは締まったモデルのような体型をしている。学業優秀で中間テストでは全教科満点の学年1位。動揺した時などに心を落ち着かせるために円周率をひたすら挙げる癖がある。また、身体能力も彼女たちの中では比較的高めであるが、高所恐怖症で高いところに立つと一歩も動けなくなってしまう。食事をサプリだけで済ますこともあるためか食が異様に細く、寿司9貫で満腹となったり、普段の弁当からウインナー一つ多く食べただけで吐きそうになるほど。
他人のことを呼ぶときには誰に対してもフルネームで敬称をつけずに呼ぶ。
何よりも効率を優先しており、かつては人間関係など無駄だと切り捨てていたが、恋太郎と出会ったことで効率優先は変わらないものの、人との繋がりにも意義を見出だすようになる。また、当初は感情表現に乏しく感情が無いと周りに言われたこともあったが、恋太郎の彼女になってからは以前よりも感情が表に出るようになった。
恋太郎の彼女だからといって皆が馴れ合う必要はないという意見を持ってはいるが、自身は皆のことが好きなので一緒にいると語っている。特に静に対しては頭を撫でたり、ばた足の練習を手伝ったりなど、彼女のことを気にしている描写が多く、芽衣を驚かせるための芝居(カッターで刺すように見せて直前で刃を引っ込めるもの)で静が泣いてしまった時には今までにない程狼狽していた。休日には二人で買い物に出掛けるなど回を追うごとに親密になっており、カラオケのエピソードでは「……好本静 私はあなたのことが──」と吐露している。また、美しさ探しにおいて静の番が来た際には無意識に美しいところではなく可愛いところを挙げてしまっている。
美々美については、かつて自身に差し伸べてくれた手を無意義と振り払ってしまったことを後悔しており、贖罪の意味を込めて彼女の提案した美しさ探しの勝負を受けて立ち、その後和解へ至った。
薬膳 楠莉(やくぜん くすり)
声 - 金元寿子[7]
恋太郎へ5番目に告白した静よりも小柄な少女。
名前の通りが大好きで、ノーベルもビックリするような様々な薬を開発している。アホ毛と語尾に「なのだ」を付けて喋ったり、笑うときには「くすりくすり」と笑うのが特徴。薬の実験に夢中になるとトイレに行くのが面倒になるため、いつ漏らしてもいいように常にオムツを履いている。恋太郎や他の彼女のことは下の名前で呼んでいる。左胸にホクロがある。おひつじ座。
開発する薬の効果は様々であり、有用性が高い且つ副作用がないものもあれば、1歩間違えれば命に関わるレベルの劇薬も存在する。作中本編では、奇想天外な薬を駆使して幾度もトラブルを起こしており、彼女の薬が話の発端となることも多い。また、常に何らかの薬を所持しているが、それを全て取られてしまうと禁断症状を起こしてしまう。
3チャンの児童向けアニメ「ぺぺぺのペン太郎」が大好きであり、恋太郎に似ているという理由で主人公のペン太郎を好み、母親からガチャポンでペン太郎の人形を買って貰っている。
実は恋太郎らより先輩の3年生で化学部の部長であり、普段の小さい姿は失敗した不老不死の薬を飲んだ際の副作用によるもの。そのため、打ち消しの薬を飲むことで少しの時間だけ元の姿に戻れる。元の姿に戻ると背と髪が伸びてグラマラスな体型になり、精神年齢も年相応のものとなる。また、語尾が「なのだよ」と変化する。一方で視力が低下するため、元の姿の状態ではメガネが必須となったり胸が実験の邪魔になるため、特別な理由がないときは元の姿になることは少ない。
祖母であるヤクのことを強く慕っていて、上述の不老不死の薬はヤクのために作っていたものである。
花園 羽々里(はなぞの ははり)
恋太郎へ6番目に告白した女性で花園羽香里の親。29歳。
卓越した美貌と羽香里を超える胸囲(Iカップ)を持つ。とても大きな屋敷に住んでおり、たくさんの使用人を従えている大富豪。年下と可愛いものが大好きで、恋太郎と恋太郎ファミリーの女の子たちを常に愛でており、あまりの可愛さに頻繁によだれを垂らしている。特に胡桃のことを気に入っていて、よくちょっかいを出してはキツい突っ込みを食らうのが定例となっている。恋太郎や他の彼女たちのことは「ちゃん」付けで呼んでいるが、例外として芽衣は自身の従者なので立場上呼び捨てにしている(初期は「銘戸」、恋太郎の彼女になってからは「芽衣」と呼んでいる)。また、実の娘である羽香里のことも「羽香里」と名前で呼んでいる。
羽香里の父親とは学生の頃に知り合う。互いに愛し合っていたものの、彼は病に侵され死の運命を背負っており、恋に盲目だった羽々里は彼の生きた証を残すため、13歳にして最新の医療を用い人工受精を行い、羽香里を産んだ。
上述のこともあって羽香里のことを溺愛しており、羽香里が赤ちゃんの時には何度もディープキスをしていた。羽香里以外に複数の女性と付き合っていた恋太郎のことも当初は五股男や蛆虫呼ばわりするなど敵対視し、二度と会えないよう羽香里を軟禁してその後に転校と引っ越しを画策していたが、直接恋太郎と対面したことで目が合い“運命の人”であることが判明。即座に恋太郎へ交際を申し込んだ。直後に羽香里が飛び降りを謀ったことで窮地に陥るが、それを命懸けで救った恋太郎を見て彼の思いが全て本心であることを思い知り、叩頭しながら羽香里との交際を認める。この時に「羽香里だけじゃなくあなたにも幸せになって欲しい」と恋太郎から先程の告白を受け入れられたことで、恋太郎の彼女となった。
登場時は荘厳で気品溢れる佇まいであったが、恋太郎の彼女になってからは本能の赴くまま行動しており、娘以上に暴走することが多くなっている。恋太郎が学校へ行っている間に会えなくなるのが嫌で恋太郎が通う高校を買収し、理事長に就任したのもその一例である。なお、普段は腰まである長い髪を下ろしているが、理事長の仕事をする時はアップにして纏めている。また、楠莉が「赤ちゃんになる薬」を持っていることを知ると皆に着せるため、わざわざベビー服を作ってはベビー服を着せたいと子供のように駄々をこねるなど、回が進むごとに過激な行動をとるようになっている。
恋太郎の彼女になって以降、羽香里から度々きつい言葉を浴びせられることもあるが、親子仲は基本的に良好である。
持ち前の財力は話の起点や恋太郎の作戦などに効果的に使われることが多い。
幼い頃にテレビ番組で見ていたテディベビーに思い入れがあり、毎晩一緒に寝てはディープキスをしていたことを述懐している。
原賀 胡桃(はらが くるみ)
恋太郎へ7番目に告白した黒髪でエメラルド色の瞳を持つ少女。中等部の3年で恋太郎たちの後輩。恋太郎ファミリーの中では唐音に次ぐツッコミを担当。
先輩や年上相手にも容赦ない物言いをするが、一応敬意は持ち合わせている。恋太郎と学年が上の彼女たちには名前に「先輩」をつけて呼び、年上相手にも「さん」を付けて呼んでいるが、羽々里のことは「アンタ」と頑なに名前を呼ばない。
食欲旺盛ですぐにお腹が空いてしまう体質を持ち、その時は腹がくるくると鳴るのが特徴。いつも食べ物のことばかりを考えており、何を見聞きしても連想ゲームのように食べたいものが浮かんでしまう[注 6]ため、普段はフードを被りヘッドホンをして視界と音を遮っている。なお、いざ食べる時には全身全霊で味わうためにフードを取りヘッドホンを外す。これはキスのときも同様。ものを食べるときには別人のように目を輝かせ、物凄く美味しそうに食べ、フードファイトフェスティバルではその姿を見た参加者が思わず触発されてしまい余計におかずを食べるほどであった。反面、空腹時は常にイライラして他人にキツく当たってしまう悪癖があり、すぐにお腹が空くことと併せて自己嫌悪していたが、美味しそうに食べる胡桃を見ると幸せになると恋太郎に言われてからは以前ほどイライラしなくなる。
当初は他の彼女たちとは馴れ合わないスタンスだったが、フードファイトフェスティバルを共に戦い抜いたことで絆を深め、皆を慕うようになり、ディープキスの味が気になってイライラが抑えきれなくなった時には、皆と一緒に昼食が食べられないことが辛くて涙を流す程にファミリーとの親交が深まっている。静に対しては一目置いている節があり、カラオケのエピソードでは彼女のことを可愛くて頭をなでなでしたいと思っていることを吐露していた。採れたて新鮮な野菜を持ってきてくれる山女には思わず「嫁ぎたいっ!!!!」と口にしている。
紅葉とは同学年で同じクラスの隣同士。ハイキングの時に些細なことで喧嘩をするものの、すぐに仲直りしてからは互いに気のおけない関係となっている。
銘戸 芽衣(めいど めい)
恋太郎へ8番目に告白した常に微笑みを絶やさない可憐な女性。19歳。花園家のメイド
闇金漬けのDV両親に捨てられ行き倒れていたところを羽々里に救われたため、彼女のことを深く敬愛している。それ故、当初は恋太郎のことが好きになっても主人の恋人であるならば恋をするなど言語道断と言っていた(直後に羽々里から「自分の気持ちに素直になりなさい」と言われ、即座に意見を翻している)。羽々里のためならばどんなことでもすると語っており、時折物騒なことを口にしたり狂気じみた行動に走ることも。口調がとても丁寧で、恋太郎たちのことは「様」付けである。ただし後輩である妹に対しては口調は変わらないものの呼び捨てである。滅多に怒ることは無いが、同僚の妹に対してはメイドの先輩として叱りつけることもある。恋太郎へ告白したのは30話だが、初登場はもっと前で花園家の騒動の時点から登場している。
所謂「糸目」に見える姿をしているが、漫画的な表現ではなく本当に普段から目を閉じており、目を開こうとしても常日頃から笑顔を維持しているせいで顔面の筋肉が制御できず、自力での開眼は殆んど不可能であり、何かのきっかけで強く感情を突き動かされた時のみ無意識に開くようになっている。虹色という特徴的な瞳を持つが、初登場時点で彼女の瞳を見たことがあるのは羽々里のみであった。上述の通り閉眼しているため、当然周りも見えていないが、本人曰く音や気配を察知して行動していて日常生活やメイドの業務に支障は無い模様で、この状態で車やヘリコプターの運転も問題なくこなしている。運動神経も抜群で超人的な動きが可能。野球部の助っ人をした時にはドラベースのような魔球を投げていた。料理も得意で恋太郎に好物の卵料理を取り揃えた弁当を作ったり、胡桃も絶賛するお茶を淹れたりしている。
他人に尽くすことを信条としており、命令されたことに応えることを喜びとしていたが、その陰には自身にはそれ以外に価値がないという思い込みがあった。しかし、恋太郎から彼女自身が存在することに価値があると言われてからは、尽くされることにも幸せを感じるようになる。
恋太郎に尽くす様子を作中では犬のように描写され、犬の耳と尻尾を生やされることが度々ある。また、ナディーから自由な姿を見せて欲しいと言われた時には犬のコスプレをしていた。
須藤 育(すとう いく)
恋太郎へ9番目に告白したスポーティーで爽やかでボーイッシュな少女。高校1年生で恋太郎の隣のクラス。スレンダーな体型でスパッツを常に履いている。一人称は「ボク」。
女子野球部に所属しているが、彼女を除いた部員全員がアメリカへ留学してしまったため、部が存続の危機に瀕し、素振りのデモンストレーションを兼ねて部員募集をしていた時に恋太郎と出会い恋に落ちた。
トレーニングや体を鍛えることに対して名前の通りストイックであるが、その量については度を越していて、10万回以上も素振りをしていたこともある。一度やり始めると倒れるか体が壊れるまで続けようとするなどオーバーワークで常に肉体を酷使しており、[注 7]その度に「キッツ…」と口癖のように言いながらも喜びに満ち満ちた顔をする、いわゆるマゾヒストである。これを見抜いた恋太郎が告白の際にわざと一度断わった時は、その心の痛みを全身で味わって悦に入っていた。ケツバットが好きで、部活以外のプライベートでもバットを服に忍ばせてはそれを他の彼女たちへ差し出してことあるごとに要求している。特に芽衣からのケツバットを好んでいる模様。逆に痛みを失うことには弱く、紅葉のマッサージで筋肉痛を消された時にはあまりの悲しみに絶叫していた。
過去に自身が打ったホームランで観客に怪我を負わせたことがトラウマになっており、打席に立つとバットを振れなくなっていた。しかし、相手チームに静を攻められたことへの怒りや恋太郎の助力もあり最終的にはトラウマを克服する。
美杉 美々美(うつくしすぎ みみみ)
恋太郎へ10番目に告白した麗人のような少女。高校2年生。
長身で恋太郎よりも背が高い。自己愛と自己肯定力が極めて強く、自分が世界で一番美しいと強く信じている。可能であれば自分で自分と付き合いたいと恋太郎に語ったことも。とにかく美しいものを好んでおり、それが他人であっても美しければ称賛を惜しむことはない。愛々の素顔を見たときも興奮を隠しきれないでいた。基本的にはポジティブであり、他者からの言葉を逐一自分への称賛と受け取っては「ふふーんですわ」と得意気な顔になる(恋太郎曰くこの時は美しいというよりも可愛い)。このように「~ですわ」といったお嬢様のような喋り方をするのが特徴だが、これは美しさを磨くため後天的に習得したものである。とてもノリが良く、他の彼女たちともすぐに打ち解けた。
美に対しては強い拘りを持ち、美しくなるための努力を決して怠ることはなく、例え他人であってもそのスタンスは変わらない。美への知識も豊富で、コスメグッズも一通り所持している。なお、美への資金は美容のためも兼ねて新聞配達のアルバイトで稼いでおり、それで鍛えられた結果足が速く、美しいフォームで走れることも相まって四町対抗市民運動会ではアンカーとして活躍した。世界で一番美しいのは自分であると自負しているが、自分より美しいと感じる者が現れても、そのことを認める潔さも持ち合わせている。また、外見だけでなく内面の美しさも見ることが出来、恋太郎のやさしさを感じ取って内面の美しさに改めて惚れ直していた。一方で、汚れることに対しての恐怖心も強く、当初はチョコソースクリームを溢して服を汚すことを想像して青ざめていた。
恋太郎ファミリーについては全員地の美しさが高いと評している。特に凪乃の美しさを特別視しており、かつてはその美しさに一目惚れして友達になろうとした過去があった。その切っ掛けを作るため、凪乃に無断で校内ビューティーコンテストへ応募するも、優勝を奪われた上にその壇上で無意義なものを排除していた当時の彼女に拒絶されてしまい、それ以降は彼女に対して憎しみのようなものを抱いていた。恋太郎を通じて凪乃と再会した際にはその感情を爆発させ、恋太郎ファミリーからの追放をかけて美しさ探しで勝負することを提案する。その勝負の末、凪乃が恋太郎の彼女となったことで当時から心境の変化があったことを知らされる。凪乃から改めて「友達になりたい」と言われたことで過去のわだかまりは氷解し、それを受け入れて漸く彼女と念願の友人関係を築くこととなった。
華暮 愛々(かくれ めめ)
恋太郎へ11番目に告白した前髪でしている少女。高校1年生で恋太郎と同じクラス。
極度の恥ずかしがり屋であり、特に顔を見られることを苦手としていて、強風でスカートがめくれ上がった時ですらスカートではなく前髪を押さえる程である。前髪で目を隠す前はお面や覆面をつけていた。なお、その素顔は偶然目撃した恋太郎や美々美によるとかなりの美貌の模様だが、読者に見えるような描写は未だない。また、スタイルの方も普段は小さく見せる下着をつけているが、それでも目立つ程にバツグンであり、巨乳(Hカップで羽々里に次ぐナンバー2)。
編み物が得意であみぐるみをよく作っている。また、制服の上に着ている服も自作のものである。
恥ずかしくなり過ぎると無意識で上述のあみぐるみを投げ、それに気を取られている内に隠れる「ミスディレクション」を使ってしまう。そのため、例え好きになっても目の前から消えてしまうことになるので自分に恋など出来ないと思っていたが、消えた彼女を実際に見つけた上に「どんなに隠れても必ず見つけ出す」と言ってくれた恋太郎を受け入れて彼女となった。彼女になった後も暫くは恥ずかしくなるとすぐに消えていたが、恋太郎ファミリーの他の彼女たちと交友を深めたことでその頻度も減ってきている。
皆から注目を浴びても堂々としていられる美々美に対して憧れを抱いており、ナディーから自由な自分の姿を見せて欲しいと言われた時には美々美の格好をしており、以降もペアとなって行動する描写が多い。
伊院 知与(いいん ちよ)
恋太郎へ12番目に告白した眼鏡を掛けたお下げの小柄な少女。中等部の1年で恋太郎の従妹であり、眉毛の形が酷似している。母親とは死別しており、父親であるヒロ叔父さんと二人で暮らしている。
責任感が強く、名前の通り委員長気質な性格。特に乱れを嫌っており、乱れたものを見ると顔をしかめて「ゔーッ!」と唸りをあげる癖があり、それを正さないと収まらない。また、数ヶ月前まで小学生だったとは思えない程しっかりしていて家事などもこなしている。作中では、唐音や胡桃に次いでツッコミを担当。
普段つけている眼鏡は亡き母の形見であり、フレームが今の彼女にはサイズが大きいため、ふとした拍子で外れてしまうことが多い。この時、何も見えなくなることで強い不安を抱くため、普段の佇まいとは打って変わってボロ泣きしてしまう。また、上述の癖を抑えるために自ら眼鏡を外すこともある。
就寝の時には髪を下ろしている。また、格好によっては昼間から髪を下ろすこともある。
上述の通り恋太郎とは親戚だが、妹みたいな感覚になられては困るからと、ヒロ叔父さんにより幼い時には一度も対面させては貰えなかった。成長してから初めて対面し、"運命の人"であることが判明する。その後、ヒロ叔父さんの作戦によって恋太郎とスキンシップを重ねている最中に恋太郎が自らが一番欲しい言葉を欲しい時にくれたことで心が大きく動き、ヒロ叔父さんの仕掛けで眼鏡を外されたことで感情が爆発してそのまま告白。一度は他人によって仕掛けられた告白であることから断られるも、本心からの告白であることを伝え、恋太郎の彼女となった。
校内でのキスを乱れた行為であると恋太郎ファミリーに向けて禁じたことがあったが恋太郎とキスをした後に「ゔーッ!」とならなかったことから乱れた行為ではないと思い直してキスを解禁した。
元の姿の楠莉に母親の姿を重ねており、打ち消しの薬を飲むように促したこともある。
ナディー / 大和 撫子(やまと なでしこ)
恋太郎へ13番目に告白したアメリカンな格好をした金髪の女性。24歳。国語教師。常に英語混じりの言葉(いわゆるルー語)を話す。フリーダムを信条とし、強いアメリカ愛を持っている。
他者の名前を呼ぶ時は名前の後にその人物を形容する英単語を付けて呼ぶ(例:愛城恋太郎=恋太郎ボーイ)。
普段はナディーと名乗っているが、本名は大和撫子であり、実は純然たる日本人である。元々は黒髪で純和風な容姿をしており常に着物を着せられていた。由緒正しい大和家の長女であり、幼少期から親に伝統文化を無理に押し付けられて育ってきたが、琴を上手く弾けなかった罰として蔵の中へ閉じ込められた際に偶然アメリカのホームドラマのビデオを見てその中の自由な世界に衝撃を受け、アメリカに強い憧れを抱くようになる。金髪に派手な格好をするようになって家を勘当されてしまうものの、親という縛りが無くなったことで彼女なりに自由に生きるようになる。一方で、警察から事情聴取された時など不測の事態が起きた時には素に戻ってしまい、普段のフリーダムさとは打って変わって、大人しく常識的な立ち振る舞いをするようになる。
英語教師志望であったものの、英語が全然出来なかったため、英語教師を諦めて国語教師となった。アメリカ帰りという触れ込みを作るためにわざわざ一度アメリカまで行って5分程滞在している。
恋太郎に一目惚れして自ら告白するが、アメリカ人には交際を始める際に告白を行う習慣が無いことから日本人であることを見破られてしまう。しかし、恋太郎ファミリーの皆も初見では日本人であることに誰も気付かず、第三者からは外国人に見られることの方が多い。なお、恋太郎ファミリーには日本人であることを自ら明かしている。普段はアメリカに影響を受けた言動が多いが、日本舞踊や剣道など和について幼少期からの教育が表に出てしまうケースも多々ある。
委員長として振る舞おうと無理をしていた知与に過去の自分を見て、自らの経験を基に彼女へアドバイスしたことが切っ掛けとなり、以降は二人でいるシチュエーションが増えた。
優敷 山女(やさしき やまめ)
恋太郎へ14番目に告白した200cmもの身長を誇る巨躯の少女。高校1年生で、育と同じクラス。園芸部の部員で学校の畑で中学から花や野菜を育てている。頭に特徴的な髪飾りをしているように見えるが、これは本物の花と蝶々であり、いつの間にか住み着いたのを追い出すのが可哀想だからとそのままにしている。自分のことを「おで」と言ったり語尾に「〜だど」と付けるなど独特な喋り方をする。他の人のことを呼ぶ時は名前の後に「サン」を付けている。
とても心優しい性格で全ての動植物に対して愛を持って接しており、自然が多い場所では自身の大きな足で虫や植物を踏まないように竹馬を使用して移動したり、雑草ですら捨てることを拒んで専用の畑を作ったりもしている。「○○だって生きてるんだど」と言うのが口癖のようになっている。自然を愛し自然に愛されていて、鳥や動物なども自ら彼女に近付いて来る程である。
昔に山火事を見たことから火を苦手としており、教頭先生のお灸ですら見ると恐怖で震えてしまう。お灸が髪に引火した教頭から放たれた火の粉が飛んでくるのを恋太郎に庇われたことで、初めて誰かから守られたことに感情を揺さぶられてそのまま告白し、それを受け入れられて彼女となる。
小さな命を守ることが出来る大きくて頑丈な自身の体を誇りにしているものの、体が大きいことをコンプレックスとしている一面もあり、世の男性が自分より大きな女性を好まないという街頭インタビューを見てからそのことを気にしていた。しかし、恋太郎に自分は大きな女性にも萌えると告げられたことでその辺りは払拭された模様。
茂見 紅葉(もみ もみじ)
恋太郎へ15番目に告白したマイペースな少女。中学3年生で胡桃と同じクラスで席が隣同士の間柄。小柄な胡桃よりも小さく、静や楠莉や知与と同程度の身長で普段は大きなリボンを付けている。誰に対しても「〜なのです」と丁寧な口調で喋る。父親の名前はもみ助(紅葉曰く野比のび太と同じシステム)。
マッサージが得意でどんな凝りも揉みほぐすことが出来、受けた者は皆恍惚の表情を浮かべるほどの腕前を持っている他、相手の何処が凝っているかを瞬時に見抜く力がある。マッサージ師を目指しているが、その理由は女体の感触が大好きだからというのが大半を占めており、感触フェチを自称している。人物以外にもおっぱいマウスパッドや焼く前のパン生地など感触の良いものを好んでいる。揉み甲斐のある凝りや女体を揉むときには興奮して「ふぉーー」と思わず口に出してしまう癖がある。また、恋太郎の唇の感触もお気に入りである。
校内に出没する謎の凄腕マッサージ師の情報を聞きつけた恋太郎が彼女たちを癒やして貰おうと探していた時に出会う。恋太郎のアトムのように硬くなった凝りをほぐしたことで親密になり、自分の夢への手助けのために毎日体をアトムのように凝らせてくる恋太郎の熱意と優しさを感じて告白し、彼女となった。
上述の通り席が隣同士の胡桃と面識はあったが話したことはなく、恋太郎ファミリー入りしてから初めてまともに会話することとなった。ハイキングで遭難した際には喧嘩をしたもののすぐに仲直りし、以降は気のおけない関係となっている。
薬膳 ヤク(やくぜん やく)
恋太郎に告白された幼老併せ持つ少女。楠莉の祖母で実年齢は89歳。年金暮らし。名前のヤクは薬の"ヤク"ではなく屋久杉の"ヤク"から取られている。不老不死の薬の副作用で楠莉同様に8歳児の姿になっているが、楠莉が服用したものより完成に近い強力な薬だったため、打ち消しの薬を使用しても元の姿には戻れない。また、見た目だけが若返っているわけではないようで、あと80年くらいは生きると語っていた。見た目は楠莉とよく似ていて恋太郎曰く双子の姉妹にしか見えない。喋りは実年齢に則した「〜のじゃ」といった老人口調となっていて、笑うときは楠莉同様に「くすりくすり」と笑う。夫(楠莉の祖父)とは既に死別している。
英語やカタカナで表記される言葉が分からず日本語以外が全く通じない。それもあってか、ナディーのことはなでーと読んでいる。
彼女自身も薬作りのエキスパートで、若い頃は衛生兵として従軍していたかのような描写があり、死別した夫とはそこで出会った。
孫の楠莉を溺愛していて、よく一緒にテレビ番組を見ている。
恋太郎との出会いでビビーンとなったもののそのことには気付いておらず、恋太郎から告白することになった珍しいケースの彼女。当初は孫ほど年齢が離れていた恋太郎を子供扱いしていたが、必死に頑張る恋太郎を見て何かを感じ取ったのか、恋太郎の告白に対して「いつかわしのことも本気にさせてくれるのを楽しみに待っておるよ」と恋太郎ファミリー入りを承諾した。なお、その後の描写を見るとちゃんと恋太郎には惚れている様子が伺える。
学校関係者では無いが、楠莉の親類縁者として羽々里から許可を貰い、毎回のように来校している。
土呂瀞 騎士華(とろとろ きしか)
恋太郎へ16番目に告白した騎士道精神を持つポニーテールの少女。高校3年生で楠莉と同じクラス。剣道が得意でその腕は身体能力の高い芽衣や経験者と思わしきナディーとヤクよりも強い。面倒見も良く普段は頼りになる性格だが、幼少期から幼い弟や妹の面倒も親に代わって見てきたことで自らが親に甘えることが出来ず、その反動で母性や父性に飢えており、一度甘えだすととろとろになり、最終的には赤ん坊のようになってしまう。恋太郎と出会うまでは自分の声をボイスチェンジャーで変えてそれを両親に見立てて河原で一人で想像上の親に甘えていたが、それを恋太郎に見られ、受け入れられたことでそのまま恋太郎の彼女となった。
剣道ゲームで羽々里の策略の前に負け、勝者である羽々里から本心を見抜かれ「甘えて頂戴」と命令されて本気の赤ちゃんプレイをしてしまって以降は羽々里と絡むことが増えた。
同じ体育会系であることから育とは同調することが多く、ラーメン屋へも二人で来店している。
毛樽井 亜愛子衣(けだるい あーしー)
恋太郎へ17番目に告白したギャルの少女。高校1年生。通称あー子。珍しい名前だがハーフというわけではなく所謂キラキラネーム。言葉遣いはフランクでギャル語を使用するのが特徴。一人称は「あーし」で、他の人を呼ぶときは名前の後に「っち」を付ける(例:恋太郎っち)ことが多いが、ヤクのことは「ヤクばーちゃん」と呼んでいる。ぬいぐるみなどかわいいものが好きで、将来的には恋太郎と一緒にファンシーショップをやりたいと思っている。基本的には明るくポジティブな性格だが、低血圧でけだるい状態から表情の変化には乏しくて常にへらへらとしたように見えることから誤解を受けやすく、かつての友人からはそれが理由で距離を取られてしまったことがあった。また、運動が苦手でスタミナも乏しい。
唐音と一緒に買い物に出掛けた際に疎遠となった友人たちと偶然再会し、そこで起きたひと悶着が唐音との友情をより深めることになった。
中二 詩人(なかじ うと )
恋太郎へ18番目に告白した吟遊詩人を自称する少女。スナフキンのような格好をし、持って回った言い回しを好む所謂中二病。恋太郎と初めて出会った際には常に各地を放浪しているような物言いで別れてそのまま遠くへ行ってしまうことを匂わせて恋太郎の前から去ったが、すぐに再会し、同じ学校の中等部の2年生であることが判明する。とても口が立ち、時に煙に巻くようなことを言っては相手をそのまま説き伏せてしまうこともある。一人称は「ボク」で、他の人を呼ぶときは年齢に関わらず名前を呼び捨てにしている。
自ら吟遊詩人を名乗ってはいるものの詩のセンスは恋太郎や唐音が思わず突っ込むほど独特であり、オカリナも上手く吹くことが出来ない。
女井戸 妹(めいど まい)
恋太郎へ19番目に告白したメイドの少女。恋太郎と同い年。花園家の先代メイド長の孫で、中学校を卒業してから住み込みでメイド職に就いており、学校に通ってはいない模様。自身が理想とするメイド像そのものである芽衣を一目見た時から深く慕っており、名字も同じ読み方から彼女のメイドを自称している。芽衣ばかりを見てしまうが故に注意力散漫であり、かなりのドジっ子でミスも多い。なお、恋太郎への告白は101話だが、芽衣同様にその姿を見せたのはもっと前からで、唐音のツンデレが喪失した事件の折には風呂場を覗いて大量の鼻血を出した羽々里への輸血を芽衣から指示されるメイドの一人として登場している。(第31話、第49話、第66話、第78話)
基本的にはツンデレな性格で恋太郎に対しては唐音以上に自分の気持ちを素直に出せないものの、彼の顔を物凄くイケメンであると評したり、その優しさに心をときめかせたりしていてべた惚れであることが伺える。当初はお姉様と慕う芽衣を取られたことで恋太郎を敵視し、二人の仲を引き裂こうとしていたが、その工作中に運命の人であることが判明して彼女となるに至った。
恋太郎ファミリー入りした直後に芽衣が他の彼女たちと親しくしているところを見たことで嫉妬のような感情を抱いたことと素直になれない性格が災いして思わずその場から飛び出してしまうが、胡桃と知与によって呼び戻されてからは打ち解け合い、年齢が近いこともあって彼女たちと友人関係になる。

その他[編集]

神様
恋太郎に運命の人の存在を教えた縁結びまくり神社の神様。見た目は立派な白い髭をたくわえた老人で天使風の羽と輪を付けている。
本来であれば運命の人は1人につき1人しかいないが、金曜ロードショーで天空の城ラピュタのバルスのシーンを初めて見ながら作業していたことにより、誤って恋太郎に100人の相手を設定してしまう。このことには罪悪感を抱いており、恋太郎が運命の人について相談してきた時にはアドバイスを送ったり、後に恋太郎へその運命を背負わせたことを謝罪した上で悲運を辿ることになったかも知れない彼女たち全員を幸せにしていることへの感謝と賛辞を送った。1話以降はほぼ回想での登場に留まり、コミック2巻相当分では一切出番がない(そのことをコミックのカバー裏で嘆いていた)。4巻のフードファイトフェスティバルで吹き出しの中などにツッコミとして久々に登場している。その後も本編での出番はあまり無いが、コミックのおまけページやカバー裏等では度々登場し、85話で久々に本編へ再登場した。
教頭先生 / 馬場杏(ばば あん)
恋太郎たちが通う学校の教頭。元砲丸投げ日本代表。元陸上選手のため足が速く、“地上で最も音速に近いババア”という二つ名を持つ。おひつじ座。校則に厳しく、廊下を走った生徒に対してディープキスをしようとする。恋太郎が羽香里、唐音とファーストキスをゲームで行おうとするも幾度となく失敗した際、恋太郎が教頭でファーストキスを捨てようとしたが、唐音が教頭に対してキャメルクラッチをかけたことで未然に終わっている。その容貌や言動などから度々妖怪呼ばわりされている。
総長
呉莉羅連合のボス。ゴリラに似た容姿をしているが、れっきとした人間の女性。
語尾に「ウホ」を付けて喋るのが特徴。恋人のユウ君を常に引き連れていて、彼のために奮闘する。ユウ君とは“運命の人”同士であり相思相愛の関係。蘭舞園フラワーパークでのブーケトスイベントでは唐音とタイマンで激闘を繰り広げ、フードファイトフェスティバルでは呉莉羅連合を引っ提げて恋太郎ファミリーやタケコ・スーパーデラックスと優勝を争い、最後には倒れて病院へと搬送された。
羽々里の髪が暴走した時にはそれに巻き込まれたユウ君を仲間と共に助けている。恋太郎ファミリーがプリクラに閉じ込められた時には恋太郎のSOSを受け取り救助した。あー子の過去の友人たちから缶をぶつけられたのでしめようとしたところ、唐音とあー子に遭遇し、あー子からしめる許可を貰っていた。
ユウ君
呉莉羅連合の総長の恋人。メガネを掛けた小柄な少年。
トラックに轢かれそうになったところを総長に助けられ、その時にビビーンとなり交際を始める。
友人A
恋太郎の中学時代の友人。本名は不明。中学校の卒業式後には100回目の失恋をした恋太郎を慰めた。1話以降の登場は無し。
浅川(あさかわ)
恋太郎が中学校の卒業式に告白した少女。
好感度は高かったものの恋愛対象としては反吐が出るという理由によりフられてしまった。
羽香里の父
羽々里が恋太郎の前に付き合っていた美少年。
病に侵され、余命幾ばくもなかったので、自分よりも長く大事にしてくれる男性のために取っておいて欲しいと羽々里のファーストキスを奪わなかった。幽霊として恋太郎の前に現れ、羽々里と羽香里を奪ったことへの文句と彼女たちを大事にして欲しいと言いに来たが、あまりに恋太郎がいい子過ぎて安心し、この世に未練が無くなって成仏してしまったのだが、羽々里の髪暴走事件の時に再登場。羽々里の元へ行こうとする恋太郎の背中を押した。9巻のおまけページにも登場している。
タケコ・スーパーデラックス
現大食い世界王者の賞金王。
ONE PIECE』の世界観を思わせるようなサイズ感をしている。フードファイトフェスティバルでは、たった一人で恋太郎ファミリーや呉莉羅連合を圧倒していたが、実際は、かいけつゾロリを彷彿とさせる装置を用いてイカサマをしていた。巨大な体格もその装置を隠すためのもので、実際の体格は通常の人間と同じである。
やるやる三姉妹
恋太郎の友人の三姉妹。野球の試合の助っ人を「やるやる」と快く快諾するも姉妹の中で風邪が連鎖してしまい、試合に来ることが出来なかった。
辺路木 ラプ子(べろき らぷこ)
寿裸漆区高校女子野球部のキャッチャー。3年生。細身でトカゲのような顔をしている。相手チームの分析力が高く、運動の苦手な静に精神攻撃を仕掛けるなど、勝つためには相手の弱点を躊躇なく突いてくる。また、育のトラウマについても知っていた。判断力も秀でており、育がトラウマを払拭する気配を感じ取るや否やピッチャーである寺野に1日に1度しか投げられない全力投球を自身の手が壊れる覚悟で投げさせた。寺野とのバッテリーに"必狩双竜(デステニーハントバッテリー)"という異名をつけて自称している。
文化祭で再登場して、恋太郎ファミリーのステージを鑑賞している。
寺野 サウル子(てらの さうるこ)
寿裸漆区高校女子野球部のピッチャー。3年生。マッチョな外見通りのパワーピッチャーだが、真ん中にしか投げることが出来ない。"暴君竜の大砲(ティラノ・キャノン)"と名付けられたストレートの球威は凄まじく、相手のバットを弾くほどである。当初は唐音のパワーをもってしても前に飛ばせなかった。更に必殺の"全力投弾(フルバースト)"が存在し、バットに当てた相手の腕に大きなダメージを与えるほどの威力を誇るが、その分反動も強く、肩が壊れるため1日に1度だけしか投げられない。
文化祭で再登場して、恋太郎ファミリーのステージを鑑賞している。
責任感の申し子
責任感を感じて死のうとする幼い少女。芽衣が羽々里へのプレゼントのために購入したハンカチを、転んだ拍子にアイスを飛ばして汚してしまった際に、「ごめんなちゃい…死(ち)にまちゅ…」と震えながら言った(このとき、恋太郎が“責任感の申し子”とツッコんだ)。
ヒロ叔父さん
恋太郎の叔父で知与の父親。長髪を後ろで縛っている。タンクローリーに轢かれそうなったところを助けて貰ったことで恋太郎にいたく心酔し、愛娘と付き合わせようと色々画策していた。知与のことも溺愛しており、二人が付き合うことになったのを知った時は飛び上がって喜んでいた。
恋太郎ファミリーが文化祭でアイドルとなった時にも登場し、九織コーチの策略などで客がいなくなった会場で恋太郎と共に(知与を)応援して場を盛り上げた。なお、その際には知与の父親であることを知らない他の彼女たちに知与のストーカーと勘違いされている。
四町対抗市民運動会に参加した際は知与が一番可愛いと主張して楠莉の父と言い争いを繰り広げた。
雉根田 兎留々(きじねた とるる)
愛々のことを付け狙う新聞部の部長。厳しい修行の末に習得した全集中・記者の呼吸により愛々の姿を写真に収めて記事にしてしまう。愛々の意思を無視したやり方には恋太郎を新聞部の部室に火を点けに行こうと決意させる程に怒らせた。そのことを注意した羽々里に対しても羽々里が胡桃たちを追い掛ける様子や恋太郎との熱愛の様子を写すスキャンダラスな写真を盾に逆に脅迫するなど手段を選ばずに自らのジャーナリズムを強行しようとする。
しかし、愛々がミスディレクションの特訓で自分でも気付かぬ内に自信を得たことと恋太郎のアイディアによる美々美と愛々のコンビネーションの前に彼女の写真が撮れなくなり、敗北を喫する。
九織 ティーナ(くおり てぃーな)
元トップアイドルで春の文化祭でアイドルをやることになった恋太郎ファミリーのコーチを受け持つ。途中で挫けそうになった雇い主の羽々里の頬を叩くなどレッスンは厳しい。クォリクォリと言うのが口癖。自身の過去の経験からクオリティ優先のために下の者を切ることを厭わないが、恋太郎ファミリーの子たちにそれを拒否されて解任された。その腹いせに知り合いの人気アイドルを呼んで恋太郎ファミリーのステージの邪魔を行うが、それでも一生懸命に歌って踊る彼女たちを見て、純粋な気持ちで頑張っていた頃の自分を思い出し、最終的には彼女たちのことを認める。
野澤先生(のざわせんせい)
この漫画の作画担当。白と黒の猫を飼っている。
キャラ愛が強く原作が指定しなくても彼女たち全員を描いている。自身が描いている恋太郎が仕事場へ訪ねに来て戦慄していた。なお、プライバシー保護のために全身がモザイクとなっている。
楠莉の母
楠莉の母親。55歳だが、娘同様に不老不死の薬の影響で幼児化している。語尾は「なのよ」。複数の彼女と付き合う恋太郎を受け入れている模様。
楠莉の父
楠莉の父親。娘同様に不老不死の薬の影響で幼児化している。語尾は「なのさ」。複数の彼女と付き合う恋太郎を受け入れておらず、楠莉と付き合うなら他の彼女と別れろと迫った。自分の体で様々な実験を行っていた結果、元の姿に戻った時は超人的な肉体に変化する。
四町対抗市民運動会に参加した際は楠莉が一番可愛いとヒロ叔父さんと言い争いを繰り広げた。
ラーメン屋の店主
美味しいと評判のラーメン屋を営んでいる女性。かつてチャレンジラーメンに挑戦して醜態を晒したことで恨みを抱き、自分と同じ思いを他の人たちにも味わわせてやろうとラーメン屋を始め、最後まで食べ切ることが困難なチャレンジラーメンを開発する。そのチャレンジラーメンは独特なラインナップが多いが、挑戦した恋太郎ファミリーの彼女たち曰く味はとても美味しいらしい。個性豊かな彼女たちによって自身の考案したチャレンジラーメンを悉く破られ廃業を決意する。(第83話)その後の消息は不明。
本尾 角夜(ほんお かくよ)
静の愛読書『王冠恋物語』の著者で優しげな顔の中年女性。貸本カフェで初サイン会を開催した際に、恋太郎がその参加抽選に当選しており邂逅する。偽者の手によりサイン会を台無しにされかけるも恋太郎の誠意によって偽者が自らの過ちを認め退散し事なきを得る。読者である静の心からの感謝を聞いて改めて自分の仕事に自信を持ち、彼女へ快くサインを書く。(第90話)
木雷杉町長(きらいすぎちょうちょう)
例年市民運動会で勝てない梳杉町をライバル視する日本の町長。税金を使ってアスリートを町の代表として参加させたり、妨害工作を行った。(第97-99話)
やるやるパパ
やるやる三姉妹の父。四町対抗市民運動会で梳杉町に参加しており、騎馬戦で恋太郎の馬として戦う。(第98話)

用語[編集]

運命の人
人が生まれた時に決められる最高の恋愛パートナー。
運命の人同士が出会う(正確には「お互いの目で互いを見る」ことが条件となる)と全身にビビーンと衝撃が走り、男は徐々に惚れ、女は一目惚れをする。出会う時期は定まっており、恋太郎の場合は高校生から出会うことになっている。本来は1人の人間に対し1人のみだが、神様のミスにより恋太郎には100人の運命の人が定められてしまった。すべての人間に定められているわけではないので運命の人がいること自体が大変幸運なことであり、そのことに一生分の運気を費やすことになるため、もしも愛し合って幸せになれなかった場合、相手は不幸な目にあった後に死んでしまう。
王冠恋物語(サークレットラブストーリー)
静の愛読書である恋愛小説。イオ姫と騎士カマクルによる数多の困難や運命に阻まれた恋と冒険を描く壮大な物語。タイトルは原作者のデビュー作「シークレットラブスクーリー」が元ネタと思われる。
呉莉羅連合(ごりられんごう)
21世紀の初頭に結成された日本の暴走族。
蘭舞園フラワーパークでのブーケトスイベントやフードファイトフェスティバルで恋太郎ファミリーと争った。
お花の蜜大学附属高等学校(おはなのみつだいがくふぞくこうとうがっこう)
恋太郎たちが通う中高大一貫校。後に羽々里が買収し、現在は彼女が理事長を務めている。
寿裸漆区高校(じゅらしっくこうこう)
恋太郎ファミリーが野球の練習試合を行った際の相手校。
新章“アイドルロード編”
お花の蜜大学春の学園祭でステージに出た恋太郎ファミリーは敏腕アイドルPのジーザス中井からアイドルグループとしてスカウトされたが、ルール「恋をしないこと」を守ってくれと言われたため開幕した次のページで終了した。(第63話)
本気グループ
「提供する全品質を本気で」のモットーで知られる企業グループ。作中で登場したサービス等には以下のものがある。
本気温泉
本気ボディソープ、本気シャワー、本気ジェットバス、本気ジャグジー、本気豊乳の湯、本気打たせ湯、本気水風呂、本気極楽湯を備えたスーパー銭湯(第77話)
一泊二日本気修行体験
本気寺にて本気作務雑巾掛け、本気座禅、本気祈祷、本気精進料理、本気滝行に挑む地獄の修行。(第89話)
本気こどもビール
マジで酔った気分になるジュース。第19回四町対抗市民運動会で木雷杉町長の陰謀に使われた。(第98話)
巨大な壺
羽々里がヤクのために買ったお高い壺。5,6人入ることができる程大きな壺で、理事長室に入らないので屋上に設置してみたら、蠱毒イベントが発生した。ヤクによると稀代の陶芸家、出貝野作(でかいのつくる)の伝説の作品。(第96話、第12巻p25)
第19回四町対抗市民運動会
優勝賞品の旅行券を目当てに恋太郎ファミリーが参加することにした運動会。四町は、梳杉町(すきすぎちょう)、木雷杉町(きらいすぎちょう)、不津宇町(ふつうちょう)、度血裸加戸家場酢木町(どちらかといえばすきちょう)。恋太郎たちが住んでいるのは梳杉町。(第97-99話)

楠莉の開発した薬[編集]

磁石人間になる薬
飲んだ人の血液中の鉄分に10分程度磁力を持たせる薬で、磁極の指定で2種類ある。副作用で三日三晩想像を絶する便秘に苦しむことになる。不良に絡まれた時にもこれを使用して静と知与を助けている。(第10話、第61話)
惚れ薬
相手を自分に惚れさせる。楠莉が恋太郎に対して使用したが、恋太郎が元から楠莉に惚れていたため、過剰に惚れてしまい拒絶反応が出た。(第10話)
薬の効果を打ち消す薬「打ち消しの薬」
名前の通りだが、薬の効果によってはこれでは解決できないケースも多々ある。楠莉が元の姿に戻るためにも使用されるので、作中で一番登場頻度が高い。初登場時を除き「打ち消しの薬」と縮めた名前で呼ばれる。(第10話他)
胸が大きくなる薬
ひねくれ者じゃなくなる薬
少しは女の子らしくなる薬
いずれも唐音に渡そうとして拒否される。(第11話)
よりセクシーになる薬
実は衣服を溶かす汗が出る薬であり、羽香里の服を溶かしつくした。(第11話)
うさぎみたいになる薬
うさぎの耳が生える薬で、静が使用した。生えた耳には感覚がちゃんとある模様。羽々里の髪が暴走した事件の際には囮になるために再び使用している。(第11話、第42話)
髪を操れる薬
自身の髪を手のように動かせるようになる薬。凪乃が飲んだ。1本で約10分間効果があるが、2本目からはハゲるリスクが高まってしまう。後述の毛生え薬と併用すると恐ろしいことが起きてしまう。実際に併用した羽々里の髪は暴走し、可愛い女の子たちに手を出してはやがて地球全体を覆ってしまった。(第11話、第42話)
大好きな人とチューしたくてしたくてたまらなくなる薬
キスを欲する状態にする男子用の薬。もし女子が飲んでしまうと、キスがしたいという本能に支配された「キスゾンビ」状態となり、薬が全身に回りきる前に打ち消しの薬を使わないと一生その状態となってしまう。後に誤って知与に飲ませてしまったことで再びキスゾンビを生み出すこととなった。(第11話、第54話)
ぶっかけると皮膚がただれて滅茶苦茶痛てー薬
名前の通りの劇薬。思わず教頭先生にぶっっかけてしまったが、土壁のようなファンデーションに阻まれダメージは無かった。また、芽衣を驚かせるために使おうとして即却下される。
睡眠薬
どんな生き物も一瞬で眠らせる薬。(第16話)
赤外線が見える薬
名前の通りさすと赤外線が見えるようになる目薬。代わりに赤外線以外のものが見えなくなる(この作用から、羽々里が運命の人と判明するまでに若干のタイムラグが発生した)。花園家の赤外線センサーを超えるのに役立ったが、実は楠莉が薬学研究チームのメンバー募集への応募のために提出するつもりのものだった。(第16話)
新しい自分に生まれ変わる薬
性格を改造する作用のある薬。調合に失敗してその作用が暴走し、飲んだ人同士の魂と肉体が入れ替わってしまう薬となった。
赤ちゃんになる薬
名前の通り赤ん坊になる薬。液体で飲んで服用するもののように見えるが、地面に落としたときに何故か爆発する。赤ん坊になってから1時間以内に打ち消しの薬で元に戻ると肉体への負担で死んでしまう。
かわいさに過敏になる薬
可愛さを強く感じ取ってしまう薬。服用するのではなく、室内に充満させて使用する。その威力はカラオケで使用した際、歌う静のあまりの可愛さに全員が吹っ飛び、壁を突き抜けてしまう程。
耳が腐り落ちる薬
耳が腐り落ちて音が聞こえなくなる。打ち消しの薬を使っても手遅れになる可能性が高い危険な薬。
キスがすんごい気持ちよくなるリップ
媚薬。唇に塗って使用する。
毛生え薬
名前の通り毛が生えてくる薬。美しさ探しで髪の毛と眉毛を失った恋太郎のために楠莉が作った。髪を操れる薬と併用すると恐ろしいことが起きてしまう。
超元気出てハイになる薬
羽々里の見舞いにもっていった。(第43話)
ツンデレじゃなくなる薬
間違えて作り廃棄する予定だった薬。外界から刺激を受けた際の反応パターンの一つであるツンデレを呼び起こす脳からの電気信号を根こそぎ体外に放出する。唐音が飲み、ツンデレでは無くなってしまう。(第48話)
ツンデレになる薬
体外に放出した"ツンデレを呼び起こす脳の電気信号パターン"である"ツンデレ因子"を体内に吸収する薬。(第49話)
ゲロがキラキラになる薬
キラキラのエフェクトで吐瀉物を隠す効果があると思われる薬。知与に乱れを正されたことで限界以上に食べ物を食す羽目になった凪乃に対して使おうとするも未遂に終わる。(第52話)
目ぇギンギンになって眠れなくなる薬
恋太郎が実験体となった薬。詳細は不明だが、恋太郎の睡眠時間が削られたことに関係がある模様。(第56話)
ホルマリンに似てるだけの人体にあんまり害のない薬
楠莉が自由な自分の姿として、自分のホルマリン漬け風仮装に使った薬。影響はちょっとしっこ黄色くなる程度。(第58話)
代謝がブチ上がる薬
恋太郎ファミリーがプリクラに閉じ込められた時に登場した薬。打ち消しの薬の効果を早く切れさせる効果があるが、使用する描写はないまま退場した。(第59話)
媚薬
羽香里が欲情を刺激するというラッコ肉を模造するために楠莉に作ってもらった。法に触れるレベルで効く(第66話)
体重が100倍になる薬
ラッコ鍋相撲大会で楠莉が自身で使用した。しかしあまりの重さに自身が土俵なめり込んでしまった。(第67話)
小さくなる薬
手のひらサイズまで人間を縮める薬。パンを喉につまらせた凪乃に楠莉がお茶と間違えて渡した。肉体への負荷が大きいため、自然に効果が切れるのを待つ必要がある。(第72話)
市販の3億倍強い風邪薬
倒れそうになった山女を心配して飲ませようとした。(第78話)
マジヤバい薬
劇薬らしいが詳細不明。ヤクモトチヨシ薬局で売ろうとした。(第88話)
マジウケる薬
ヤクモトチヨシ薬局であー子に売った笑い薬。飲まされた知与は大爆笑したが、あー子の場合は「マジバチクソブチウケるー」と言いながらも爆笑はしなかった。(第88話)
ギチギチが楽しくなる薬
プリクラでギチギチになった時のために作っておいた薬。(第96話)
足が速くなる薬
運動会のリレーで自分がズルするために用意したが、ファミリー皆の必死な頑張りを見て、使わなかった。(第99話)もし使うと、下半身が馬のケンタウロス形態になるらしい。(第12巻p93)
全ての感情を失う薬
一時的に無感情になる。羽香里の発情期対策用として恋太郎に渡された。しかし羽香里の計略にかかった際に、恋太郎が自分に使った。(第103話)

受賞歴[編集]

次にくるマンガ大賞2020」では、4,768に及ぶエントリー作品の中で19,902ポイントを集め、コミックス部門の2位を受賞した[8][9]

2021年にバレンタインに合わせて実施された『少年ジャンプ+』のラブコメヒロイン投票企画では1位に輝いた[10]。これに際し、同年3月17日まで全話を無料公開するキャンペーンが行われた[11]

AnimeJapan 2022の「第5回アニメ化してほしいマンガランキング」(2022年2月投票)では8位となった[12]

企画展開[編集]

  • コミックス第1巻発売記念として、理想の彼女を募集する企画が展開された[13]
  • 2020年8月6日発売の週刊ヤングジャンプ36・37合併号では本作とのコラボで「君のことが大大大大大好きな41人の彼女」と題した企画が展開され、計41人のグラビア写真が掲載された[1]
  • 2021年7月に累計85万部突破記念・お気に入りエピソード総選挙が行われた[14]。対象は第1話~第65話。結果は1位から「第38話 カラオケ・クライシス」「第3話 好本さん」「第37話 好き好き大好き♥」(以下comment)
  • 2021年9月にガシャポンで全40種(大サイズ4種、ノーマルサイズ36種)の"負けヒロイン0"缶バッジが発売された[15][16]
  • 2022年3月に累計100万部突破を記念して全40種類のLINEスタンプが発売された[17]
  • 2022年6月9日に連載100話到達(および10巻発売、100万部突破)を記念して、第99話までとフルカラー版第38話の合計100話無料キャンペーンが6月16日まで開催された[18]
  • 2022年12月に公式サイトで恋太郎ファミリーをナディー語で紹介するクイズが公開された[19]
  • 2022年12月15日から2023年1月9日までヴィレッジヴァンガードとのコラボでグッズの受注販売が実施された。グッズはTシャツ、マルチポーチ、コットンバッグ、アクリルキーホルダー[20][21]
  • 2023年2月2日から2月10日まで公式サイトで「彼女たちと一緒に!バレンタイン大大大大大作戦」が実施された。カカオ豆応援クリックで彼女アイコン画像(全20種類ランダム)を提供した[22][23]

書誌情報[編集]

  • 中村力斗(原作)・野澤ゆき子(作画)『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』 集英社ヤングジャンプコミックス〉、既刊12巻(2022年12月19日現在)
    1. 2020年4月17日発売[24]ISBN 978-4-08-891533-3
    2. 2020年6月19日発売[25]ISBN 978-4-08-891569-2
    3. 2020年9月18日発売[26]ISBN 978-4-08-891656-9
    4. 2020年12月18日発売[27]ISBN 978-4-08-891736-8
    5. 2021年3月18日発売[28]ISBN 978-4-08-891816-7
    6. 2021年6月18日発売[29]ISBN 978-4-08-892007-8
    7. 2021年9月17日発売[30]ISBN 978-4-08-892072-6
    8. 2021年12月17日発売[31]ISBN 978-4-08-892164-8
    9. 2022年3月18日発売[32]ISBN 978-4-08-892245-4
    10. 2022年6月17日発売[33]ISBN 978-4-08-892338-3
    11. 2022年9月16日発売[34]ISBN 978-4-08-892427-4
    12. 2022年12月19日発売[35]ISBN 978-4-08-892537-0

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ それを見た不良が恐怖で思わず失禁してしまったこともある
  2. ^ 第1巻の番外編「恋太郎の初恋」で顛末が描かれている。相手は同じ保育園に通う「あーたん」で、恋太郎が泣いていた時に頭を撫でられて好きになる。
  3. ^ それ以前の告白が失敗続きだったのは運命の人が100人いることで全ての“恋愛運”がそこに注ぎ込まれたのが原因。
  4. ^ 生物の授業で顕微鏡を用いてタマネギの細胞を観察する際に、「別に細胞なんか見えたって何とも思わないんだからねっ!」と言うなど
  5. ^ 必要になる愛読書のデータは恋太郎が自力で打ち込んで渡し、後にその続刊や周囲の人名のデータを追加で入力している。
  6. ^ 名前の「胡桃」については幼少期から死ぬほど食べてきたので免疫がある模様。
  7. ^ 元々幼少の頃はキツいことが苦手ですぐ投げ出していたが、兄の叱咤とアドバイスによってキツいことを我慢してやり続けたことで上手くなり、キツいことはいいことだと思い始めたのが切っ掛けである。

出典[編集]

  1. ^ a b Inc, Natasha. “市役所職員描く本宮ひろ志新連載がYJで、「100カノ」キャラ参加のグラビアも” (日本語). コミックナタリー. 2021年10月9日閲覧。
  2. ^ まったくモテない男子に運命の人が突然100人も現れる?YJのラブコメ新連載”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年12月26日). 2020年5月4日閲覧。
  3. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女”. 少年ジャンプ+. 2021年3月4日閲覧。
  4. ^ [休載イラスト15君のことが大大大大大好きな100人の彼女]”. 少年ジャンプ+ (2022年12月15日). 2023年1月9日閲覧。
  5. ^ a b 「君のことが大大大大大好きな100人の彼女」の2020年9月3日のツイート2020年9月4日閲覧。
  6. ^ a b 「君のことが大大大大大好きな100人の彼女」の2020年12月18日のツイート2020年12月18日閲覧。
  7. ^ 【ASMR-金元寿子】君のことが大好きな彼女たちの目覚ましボイスドラマ④【クスリの力で幸せ⁉編】【公式】”. 2021年3月18日閲覧。
  8. ^ 歴代受賞作品 次にくるマンガ大賞2020コミックス部門”. 次にくるマンガ大賞. 2022年9月14日閲覧。
  9. ^ 次にくるマンガ大賞2020、コミックス部門1位は戸塚慶文「アンデッドアンラック」”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年8月19日). 2020年8月19日閲覧。
  10. ^ 少年ジャンプ+バレンタイン ラブコメヒロイン投票企画”. 週刊少年ジャンプ. 2021年3月11日閲覧。
  11. ^ @hyakkano (2021年3月7日). "ジャンプ+ラブコメヒロインバレンタイン投票企画、100カノが1位となりました!..." (ツイート). Twitterより2021年3月11日閲覧
  12. ^ アニメ化してほしいマンガランキング”. AnimeJapan. 2022年4月21日閲覧。
  13. ^ ““理想の彼女”募集企画が開始 『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』1巻発売記念”. アニメ&ゲーム (オリコン). (2020年4月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2160017/full/ 2020年9月28日閲覧。 
  14. ^ “100カノ大大大大大好きエピソード総選挙!!!!!”. 週刊ヤングジャンプ. (2021年9月17日). https://youngjump.jp/info/cp_100kano/ 2021年10月6日閲覧。 
  15. ^ 負けヒロイン0の缶バッジ、ラインナップ全40種公開!”. ガシャポンオフィシャルサイト. バンダイ (2021年9月1日). 2022年9月11日閲覧。
  16. ^ @hyakkano (2021年9月1日). "【かわいいお知らせ】100カノガシャポン登場です!" (ツイート). Twitterより2022年9月11日閲覧
  17. ^ @hyakkano (2022年3月18日). "★祝100万部突破記念★LINEスタンプになりました!!" (ツイート). Twitterより2022年4月21日閲覧
  18. ^ @hyakkano (2022年6月9日). "【連載100話到達!!】" (ツイート). Twitterより2022年6月9日閲覧
  19. ^ ♡100カノ♡恋太郎ファミリーをナディー語でイントロデュースクイズ★”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト (2022年12月1日). 2022年12月31日閲覧。
  20. ^ @vv__official (2022年12月15日). "君のことが大大大大大好きな100人の彼女 とヴィレヴァンがコラボ!" (ツイート). Twitterより2022年12月31日閲覧
  21. ^ 【『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』×ヴィレッジヴァンガード】~コラボグッズ発売決定!!~”. ヴィレッジヴァンガード公式サイト (2022年12月15日). 2022年12月31日閲覧。
  22. ^ 100カノ 彼女たちと一緒に!バレンタイン大大大大大作戦”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト (2023年2月2日). 2023年2月4日閲覧。
  23. ^ @hyakkano (2023年2月2日). "【#100カノ 最新13巻3/17(金)発売御礼!!】「彼女たちと一緒に!バレンタイン大大大大大作戦」実施中!" (ツイート). Twitterより2023年2月4日閲覧
  24. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 1”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2020年4月22日閲覧。
  25. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 2”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2020年6月25日閲覧。
  26. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 3”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2020年8月26日閲覧。
  27. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 4”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2020年12月18日閲覧。
  28. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 5”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2021年2月19日閲覧。
  29. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 6”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2021年6月18日閲覧。
  30. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 7”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2021年9月17日閲覧。
  31. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 8”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2021年12月17日閲覧。
  32. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 9”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2022年3月18日閲覧。
  33. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 10”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2022年6月17日閲覧。
  34. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 11”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2022年9月16日閲覧。
  35. ^ 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 12”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2022年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]

映像外部リンク
【公式】『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』PV
YouTube:ヤンジャンTV 2020年6月18日公開
【次にくるマンガ大賞2020】『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』受賞記念スペシャルPV
YouTube:ヤンジャンTV 2020年8月19日公開