オトメの帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オトメの帝国
ジャンル 青年漫画 百合 コメディ
漫画
作者 岸虎次郎
出版社 日本の旗 集英社
掲載誌 ビジネスジャンプ
グランドジャンプWEB
少年ジャンプ+
レーベル ヤングジャンプコミックス
発表号 ビジネスジャンプ2010年17号 -
発表期間 2010年6月30日 -
巻数 既刊13巻(2018年6月時点)
テンプレート - ノート

オトメの帝国』(オトメのていこく)は、岸虎次郎による日本漫画作品。2010年6月30日発売の『ビジネスジャンプ増刊・BJ魂』(集英社)54号で読切が掲載され、『ビジネスジャンプ』(集英社)2010年17号にてレギュラー連載を開始[1]。2011年に同誌が休刊[2]となってからは、後継誌となる『グランドジャンプ』(集英社)へ移籍し[3]、「グランドジャンプWEB」にて第162話まで連載された[4]。2017年10月11日、グランドジャンプ公式サイトにて『少年ジャンプ+』(集英社)への移籍が発表され[4]、第163話(2017年11月22日配信)からは『少年ジャンプ+』で連載されている。

概要[編集]

女子高を舞台に、そこに通う少女たちが織りなす群像劇を描いたショート百合コメディ作品[1]。2015年には8巻発売記念としてアニメ『ユリ熊嵐』のキャラクターデザイナー・住本悦子による原画でアニメーションPVが作成された[5]ほか、2016年にはThreeAが制作・発売する女の子フィギュア・シリーズ「ザ・ワールド・オブ・イゾベル・パスハ」とのコラボフィギュアの販売がされた[6][注釈 1]。 また、ヴィレッジヴァンガードが主催する「百合(ガールズラブ)」をテーマにした企画展「百合展」には、2016年、2017年、2018年の全3回で取り上げられており[8][9][10]、複製原画の展示や限定グッズの販売が行われた。

本作の連載について、作者の岸は第12巻の発売時に「12巻の売れ行きによっては13巻で完結となる可能性がある」という旨をTwitter上で明かし[11]、後に同ツイートに対して多くの応援が集まったことと、それがきっかけで『少年ジャンプ+』へ移籍することになったことを語っている[12]。移籍前までの162話は『少年ジャンプ+』にて期間限定で3話ずつ無料配信され(初日のみ60話まで配信)[13]、2017年10月17日の初回分配信後はTwitterのトレンドに表示された[14][15]

登場人物[編集]

1年生[編集]

音沢 茉莉(おとさわ まり)
陸上部所属。健康的な小麦肌が特徴。一見勝気な性格だが根っからのドMで、しょっちゅう麻峰優にいじめられている。
部活の先輩である岡山亜衣を慕っており、岡山からも「期待の新人」として一目置かれている。
麻峰 優(あさみね ゆう)
愛らしい外見とは裏腹に根っからのドSで、音沢茉莉に対して「ノーブラで乳首に絆創膏を貼って登校する」、「ファミレスでノーパンになる」などの無理難題を押し付け楽しんでいる。だが相手からの押しには弱く、ツンデレな態度を取ることが多い。また嫉妬心も強く、音沢茉莉が岡山亜衣と談笑していたり他の子からバレンタインチョコをもらっているのを快く思っていない。
「真珠」という名前の犬を飼っている。
読切「いぬのいるいえ」の主人公麻峰凛は姉[16]
小城 まひる(おぎ まひる)
大下まひろとは超に超がつく親友で常に同じ格好をしている。見た目も言動もかなり幼い。
大下 まひろ(おおした まひろ)
小城まひるとは超に超がつく親友で常に同じ格好をしている。見た目も言動もかなり幼い。
まりり
ディベート部所属。人懐っこく屈託がない。広いおでこが特徴。クリスマスが誕生日。バイト先で出来た彼氏がいたが別れている。
市ノ瀬 美緒(いちのせ みお)
文芸部所属。部活の先輩である浅水静香に憧れており、彼女の言動などに興奮すると脳内で謎のポエムを綴る(しかし話数が進みつれてそのような描写は少なくなっている)。
浅水静香と段々親密な関係になり、ある日思い切ってデートに誘うが、デート前日に図書室で静香が山田かおるとキスをする現場を目撃してしまい断念。翌日、部室で静香と二人きりで話し合い、お互いに泣き崩れながら和解したのち、付き合うこととなった。
響木 繭(ひびき まゆ)
生徒会書記。3年生の山田かおるに憧れているオシャレ好きな少女。クラスメイトの藍葉碧や同じ生徒会役員の沢野奈緒と仲が良い。
藍葉 碧(あいば みどり)
漫画研究部所属。部のマスコットキャラ的存在の不思議ちゃんで、非常に小柄な体格。クラスメイトの響木繭と仲良し。愛称は“みどりり”。よく体育をサボり部誌原稿を描いている。
自分の作品に自信を持っているが画力はかなり下手で、漫研の先輩たちは彼女の機嫌を損ねないようあえてそのことを指摘せず苦笑いしている。
隠れ巨乳で、漫研の先輩に測ってもらったところ「D」はあるらしい。
沢野 奈緒(さわの なお)
生徒会副会長。裕福な家庭で育った優等生で、周囲からも品行方正なお嬢様キャラを期待されているが、それとは裏腹にかなりの変態趣味を持っており、「夜道でスカートをたくしあげる」「無人の教室でパンツを下ろす」「スカートを脱いでコートを着て外を歩く」などの行為をしては快感を感じている。その中で「股間に粘着式包帯(前貼り)をつけて登校する」行為をしていた際、うっかり鬼火冴子にスカートの中を見られてしまい激しく狼狽するが、のちに漫画のネタに出来たお礼として逆に感謝状をもらい困惑する。

2年生[編集]

桜井 美好(さくらい みよし)
チアリーディング部所属。好奇心旺盛でお喋りな快活娘。九条綾乃とは小学校からの幼馴染で仲が良く、よく一緒につるんでいる。部活で鍛えられたおかげで運動神経や体力はあり、片手で腕立て伏せもできる。
九条 綾乃(くじょう あやの)
知的でちょっと腹黒いクールビューティー。日常会話程度の英語が話せる。桜井美好との会話によると、彼女のスカートをめくらない日はないらしい。帰宅部(?)所属で、学校の体育祭にも帰宅部員としてパン食い競走に参加している。
桜井美好とは小学校からの幼馴染で、同性ながら彼女のことが好きであるようなそぶりをたまに見せているが、美好本人にはいつも気づかれていない。
神園 ちえ(かみぞの ちえ)
関西弁を操るヤンチャな金髪ギャル。父親の転勤で関西から引っ越してきた。当初は隣の席に座っていた岡山亜衣を嫌っていたが、交流が続くにつれて仲良くなる。ちゃんと測ってはいないが大体Fカップはある巨乳が特徴。本人は自分の胸をあまり気に入ってはいないが亜衣のおかげで自信がついた模様。話数が進むにつれて髪型が変わっている。
岡山 亜衣(おかやま あい)
陸上部所属。一匹狼オーラを放つ硬派でボーイッシュな娘だが、意外とピュアなところもある。小さい胸がコンプレックス。愛称は“あーちゃん”。
小野田 奏恵(おのだ かなえ)
受験に命をかける生徒会長。真面目だが実はかなりの天然。
当初は周囲の同級生達がじゃれあう様子を内心で嫉妬交じりに見下していたが、連載が進むにつれて次第に性格が丸くなり友人も増えた。
吹奏楽部に所属しているが、部活動に参加している描写がないため担当楽器は不明。
優等生で自分より成績の良い菜々沢遥を当初は嫌っていたが、のちに仲良くなり親友となる。
菜々沢 遥(ななさわ はるか)
テニス部所属。容姿端麗で成績優秀。性格も優しく死角なしの才女だが、ちょっと常人とは違った価値観を持っており、そのことで友人に引かれたこともあるが、小野田奏恵だけは違うことを感じ取っており、彼女に対し特別な感情を抱く。
細川 ミチル(ほそかわ ミチル)
写真部所属。女子高生を撮るのを生き甲斐にしているカメラガール。主に三田原愛里をモデルにきわどい写真を撮っている。
三田原 愛里(みたはら あいり)
愛称は“ありぃ”。細川ミチルの写真のモデルで、見られたり撮影されたりするのが好きな(変態)モデル気質を持つ。体育祭では九条綾乃と同じ帰宅部員の一人として参加している。
5歳の時からプロボウラーの祖父にボウリングを教えられ、スプリットが得意。
山田 ほのか(やまだ ほのか)
漫画研究部所属。腐女子で歴女なオタク娘で、趣味は歴史上の人物同士のBL妄想。山田かおるの妹で、姉と同じく長身で180センチを超えている。部活の後輩である藍葉碧からは“ほのっちぃ先輩”と呼ばれている。大工の父親にやらされた経験から肩もみが得意。
エリーシャ・サマセット
米国からの留学生。日本語はまだまだ勉強中。山田ほのかに興味津々で、漫画の合作をしたり自宅でのクリスマスパーティーに招いたりしている。
まゆゆ
お喋りが大好きだが、特に弁が立つわけではない。ディベート部所属。
ゆみみ
よく喋るが、それ以上によく笑う。ディベート部所属。

3年生[編集]

浅水 静香(あさみ しずか)
文芸部の部長。眼鏡をかけた知的な美女で、部活の後輩である市ノ瀬美緒をからかうのが趣味。クラスメイトの野々宮恵奈と仲が良く“しーちゃん”と呼ばれている。中学生のときに山田かおると付き合っていたが、絶交と仲直りを経て、現在は複雑な関係にある。
市ノ瀬美緒からデートの誘いを受けたあと、図書室で山田かおるにそのことを話し彼女の気を引こうとしたが気にもとめられず悔しさのあまりキスをし、その現場を市ノ瀬に見られてしまう。翌日、部室で市ノ瀬と二人きりで話し合い和解、付き合うようになる。
山田 かおる(やまだ かおる)
山田ほのかの姉で、優雅でゴージャスな雰囲気を持つ美女。体が弱く、指先を少し切ったり急に椅子から立ち上がっただけで倒れてしまう。浅水静香とは複雑な関係。
マスク先輩のことを「棒ちゃん」と呼び、自分になびかない彼女の気をなんとか引こうとしている。
野々宮 恵奈(ののみや えな)
ディベート部の部長。おっとりして気弱な性格。上級生なのに喋り下手なことを気にしている。部活の後輩であるゆみみと仲良くしたがっている。ぽっちゃり系でバストはHカップ。ディベート部での愛称は“のののん先輩”。
マスク先輩
漫画研究部所属で、山田ほのかから“マスク先輩”、鬼火冴子から“マスク氏”、藍葉碧から“先輩ザ☆マスク”、と呼ばれている。山田ほのか同様に歴史モノBL好き。ペンネームは横山棒左衛門(よこやま ぼうざえもん)。花魁のような口調と、歯の矯正器具を隠すため常に着けているマスクが特徴。マスクを取った笑顔を気に入られて山田かおるにアプローチされるが「めんどうくさい」と一蹴する。
鬼火 冴子(おにび さえこ)
漫画研究部の部長。眼鏡とボサボサの癖毛が特徴だが眼鏡を取ると美人になる。武士のような古風な口調で話すことが多い。

その他[編集]

主事さん
学校職員の初老の女性。百合カップルたちがプレイに興じているところに通りかかっては、それをいじめだと勘違いして大騒ぎする。
イアンとエドワード
エリーシャ・サマセットの親戚のゲイカップル。イアンは物腰が柔らかいオネエ寄りのキャラで、エドワードは理屈っぽく行儀にうるさく、山田ほのかが描いた「ヤマなし・オチなし・意味なし」なBL漫画を、ジェンダー論やLGBT問題の啓発的な意図があると深読みし、絶賛している。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第137話での岡山亜衣のパンツの色と柄はこのコラボ作品に準じている[7]

出典[編集]

  1. ^ a b 岸虎次郎、ビージャンでJK群像劇。日坂水柯は次号に登場”. コミックナタリー (2010年8月4日). 2018年6月5日閲覧。
  2. ^ ビジネスジャンプ最終号、「傷だらけの仁清」など連載に幕”. コミックナタリー (2011年10月5日). 2018年6月5日閲覧。
  3. ^ 新青年誌グランドジャンプ本日創刊、新連載7作スタート”. コミックナタリー (2011年11月16日). 2018年6月5日閲覧。
  4. ^ a b WEB連載「オトメの帝国」最新話10月11日更新!”. 集英社 グランドジャンプWEB (2017年10月11日). 2018年6月5日閲覧。
  5. ^ グランドジャンプWEB連載作品『オトメの帝国』ぷちアニメ付きスペシャルPV”. 集英社マンガネット S-MANGA.net channel (2015年7月17日). 2018年6月5日閲覧。
  6. ^ グッドスマイルカンパニー Isobelle Pascha X Otome no Teikoku:CHIE(イゾベル・パスハ×オトメの帝国:ちえ)”. 2017年11月14日閲覧。
  7. ^ @kishitorajiro. "劇中の亜衣のパンツが黒に白の水玉だったのはthreea toys とのコラボ作品『オトメイゾベル AI 』に準じているからです。ちょうどこのころ発表されました。" (ツイート). 2018年6月5日閲覧Twitterより. 
  8. ^ 本日より開催の『百合展2016』に『やがて君になる』が参加!グッズ販売など見逃せない情報満載!”. コミックウォーカー (2016年2月22日). 2018年6月5日閲覧。
  9. ^ 「百合展2017」が今年も開催!雨隠ギドや平尾アウリら15名のマンガ家参加”. コミックナタリー (2017年2月21日). 2018年6月5日閲覧。
  10. ^ 「百合展2018」東京開催決定!缶乃、サブロウタら総勢30名参加の百合フェア”. コミックナタリー (2018年3月16日). 2018年6月5日閲覧。
  11. ^ @kishitorajiro. "『オトメファンの方々へお知らせ』です。" (ツイート). 2018年6月5日閲覧Twitterより. 
  12. ^ @kishitorajiro. "オトメの帝国ファンの方々へお知らせです。" (ツイート). 2018年6月5日閲覧Twitterより. 
  13. ^ 岸虎次郎の百合コメ「オトメの帝国」ジャンプ+移籍で計162話を無料配信”. コミックナタリー (2017年10月18日). 2018年6月5日閲覧。
  14. ^ @kishitorajiro. "今朝の5時にオトメの帝国がトレンド入りしていたなんて!ねんがんのとれんどいり。" (ツイート). 2018年6月5日閲覧Twitterより. 
  15. ^ @shonenjump_plus. "お早うございます!配信開始後即トレンド入り!至高の百合漫画「オトメの帝国」、通勤通学のお供に、可愛い女子高生達の日常をどうぞ(о´∀`о)本日1~60話無料!" (ツイート). 2018年6月5日閲覧Twitterより. 
  16. ^ 岸虎次郎のTwitter”. 2017年12月1日閲覧。
  17. ^ オトメの帝国 1”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  18. ^ オトメの帝国 2”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  19. ^ オトメの帝国 3”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  20. ^ オトメの帝国 4”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  21. ^ オトメの帝国 5”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  22. ^ オトメの帝国 6”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  23. ^ オトメの帝国 7”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  24. ^ オトメの帝国 8”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  25. ^ オトメの帝国 9”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  26. ^ オトメの帝国 10”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  27. ^ オトメの帝国 11”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  28. ^ オトメの帝国 12”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。
  29. ^ オトメの帝国 13”. 集英社コミック公式. 2018年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]