ダンダダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダンダダン
ジャンル 少年漫画
オカルト
漫画
作者 龍幸伸
出版社 集英社
掲載サイト 少年ジャンプ+
レーベル ジャンプ・コミックス
発表期間 2021年4月6日[1] -
巻数 既刊6巻(2022年8月4日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

ダンダダン』(英語: DAN DADAN)は、龍幸伸による日本漫画作品。幽霊の存在を信じる女子高生とUFOの存在を信じるオタクの少年が怪奇現象と戦うオカルティック怪奇バトル漫画[2]。『少年ジャンプ+』(集英社)にて、2021年4月6日より連載中[1]。最新話の更新ごとに100万閲覧を突破するなど、『SPY×FAMILY』、『怪獣8号』に続く同サービスの看板漫画になっている[3]。電子書籍を含めたコミックスの累計発行部数は2022年5月時点で120万部を突破している[4]

2021年8月4日にコミックス第1巻が発売。同日には作者の龍が誕生秘話を語る動画「ダンダダンができるまで」などが公式YouTubeチャンネル「ジャンプチャンネル」で公開された[5]。同年12月には第3巻が発売されることを記念して、タワーレコードとのコラボレートが実施される[6]

あらすじ[編集]

霊媒師を祖母に持つ女子高生、綾瀬桃は、宇宙人の存在は信じていないが幽霊は信じている。オカルトマニアの男子高校生、高倉健は、幽霊の存在は信じていないが宇宙人は信じている。ある日、俳優高倉健似の人生初の彼氏に振られた桃は、偶然見かけた健をいじめから庇う。健は話しかけてきた桃を同好の士と勘違いするが、オカルトに対して正反対のスタンスを持つ二人は取っ組み合いになり、「自分の信じるものの存在を証明出来たら相手をパシリにする」という勝負をすることなる。互いが指定した「UFOスポット」「心霊スポット」で奇しくも同時に宇宙人と妖怪に遭遇してしまった二人は、互いの理解を超越した怪奇の世界へと足を踏み入れていく。

登場人物[編集]

人間[編集]

綾瀬桃(あやせ もも)
本作の主人公の1人。いわゆるギャル。
宇宙人の存在は信じていないが幽霊の存在は信じている。霊媒師の祖母を持ち、幼少期に周りからそのことでからかわれたことから、祖母に対して素直な態度を取れずにいるが、実際はおばあちゃん子であり、幽霊なども信じている。
俳優の高倉健の大ファンであり、容姿や性格などに高倉健の要素を持つ男性に惹かれる。同姓同名で口調なども似ている健のことも意識してしまっており、意図的に『オカルン』というあだ名で呼んでいる。健とは友人同士だが、互いのことをそれ以上に意識している描写もある。
健とはいじめから庇ったことで関わりを持ち、彼との「勝負」をきっかけとして怪異と深くかかわっていくこととなる。勝負の際にセルポ星人に誘拐されたことで超能力に目覚め、人や妖怪、物体のオーラを掴んで、自由に動かせるようになる。祖母の星子の見立てによれば、今はまだ力を封印された状態らしい。
超能力以外にも揺るぎない胆力と機転の速さを持っており、真っ向から怪異に立ち向かい制圧していく。
高倉健(たかくら けん)
本作の主人公の1人。通称:オカルン。いわゆるオタク。
幽霊の存在は信じていないが宇宙人の存在は信じている。幼少から友人がおらず、宇宙人なら友達になってくれるかもしれないという思いからオカルトに傾倒していくが、それによってさらに孤独を深めてしまっていた。
桃とはいじめから庇われたことで関わりを持ち、彼女との「勝負」をきっかけとして怪異と深くかかわっていくこととなる。勝負の際にターボババアにイチモツを奪われたことで呪われ、周囲にも呪いを振りまく媒介にされてしまうが、桃との共闘でターボババアを下して以降は、自分の意志でターボババアの力を利用できるようになる。当初はおかっぱのような髪型だったが、一度変身してからは無造作なパーマヘアーのようになった。
基本的には控えめで卑屈な性格をしており、気負いなく人と接することも不得手。喧嘩や戦闘などはもってのほかだが、桃と同じく土壇場では度胸と機転を発揮する。義理堅く優しい人物でもあり、桃など人のために動くときには力を発揮することができる。桃とは友人同士だが、互いのことをそれ以上に意識している描写もある。
変身
ターボババアの呪いを利用して変身した姿。当初は桃が頭部の呪いを抑えていなければ意識を保てなかったが、ターボババアに勝利し、その意識を人形に移してからは力のみを引き出せるようになった。
変身すると髪が白くなり、衣服とともに逆立つ。口は歯がむき出しになったマスクのようなものに変わり、体躯も筋張って細長くなるなど、妖怪じみた見た目になる。
ターボババア由来の超人的なスピードと膂力、顎を持ち、宇宙人や妖怪にも太刀打ちできるが、体への負担が大きく、全力も日に2回までしか発揮できない。その分、全力を出した時の威力は他の追随を許さない。
変化は体だけでなく精神にも表れ、フランクで攻撃的な性格になる。口調も普段の敬語が砕け、女性を下の名前で呼ぶようになる。一方でひどい抑鬱状態にもなってしまい、「萎えるぜ」が口癖になる。姿勢も異常な猫背になるが、元来の卑屈な面や消極的な面にはあまり変化が見られない。
綾瀬星子(あやせ せいこ)
綾瀬桃の祖母。
ドドリア三太という名前で霊媒師をしている。自称エセ霊媒師だが、実力は本物であり、芸能人の経歴詐称を言い当てたり、健の体を乗っ取ったターボババアと着の身着のままで渡り合ったりできる。特に結界術を得意としているが、土地神の力を借りた霊能力であるため、自身が住む町の外や、強力な地縛霊のテリトリーでは力を発揮することができないという弱点もある。
格好こそ乱れているが、孫を持っているとは思えないほどに若々しい容姿をしており、「美魔女」を自負している。基本的には粗野で周囲を振り回すような言行が目立つが、情の深い人物でもあり、故人への敬意や桃への愛情は決して忘れない。
白鳥愛羅(しらとり あいら)
自他ともに認める美少女だが、自信過剰で思い込みも激しく、美少女である自分は選ばれた存在である、という歪んだ使命感を持っている。健の金玉を拾ったことで幽霊が見えるなど軽微な霊能力に目覚めており、それによってさらに自分は選ばれた存在であるという思い込みを強めてしまった。健をからかったことで桃にタライを頭に落とされた際に、桃の超能力を象った手を悪魔の羽と思い込み、以来は桃を目の敵にしている。
幼少期に母親を失っており、彷徨っていたアクロバティックさらさらを母親と勘違いしてしまったため、狙われてしまう。
アクロバティックさらさら戦にて瀕死の状態に陥るが、桃の力でアクロバティックさらさらのオーラを取り込み復活する。以後アクロバティックさらさらの能力を使用することが出来るようになる。また健に好意を抱くようになり積極的にアプローチをしている。
円城寺仁(えんじょうじ じん)
通称ジジ。桃の幼馴染。
両親が入院したため、綾瀬家へ泊まりにやってくる。両親の入院の理由は自殺未遂であり、その理由を家に現れた怪異と考えている。呪われた家の調査を星子にお願いするも市外のため、代わりに桃とオカルンと共に調査に向かう。
桃の初恋の人物であり、第一話にてモモを馬鹿にしていた人物。常にハイテンションでおちゃらけた雰囲気だが、その実怪異に毎晩うなされており不眠である。桃を馬鹿にしたことを後悔しており、今では好意を抱いている。

怪異[編集]

セルポ星人
第1話で登場。桃が最初に出会った宇宙人。モデルはプロジェクト・セルポに記述がみられる宇宙人。種が雄しかおらず、クローン技術によって固体を増やしている。その結果、生物としての進化が止まってしまっており、地球人の生殖機能を研究するために誘拐と解剖を試みる。「セルポ式測量法」なる構えで相手を捉え、「六根」の掛け声で壁にクレーターができるほどの念能力を放つことができる。
ターボババア
第1話で登場。健が最初に出会った妖怪。モデルは同名の都市伝説。100キロババアなどの異称も持つ「近代妖怪」であり、非常に強力な妖怪。かけっこで負けたら呪われると言われており、動転して走って逃げてしまった健のイチモツを奪って呪った。
名前の通り驚異的なスピードが一番の特徴だが、強力な妖怪らしく膂力や自身を変化させる力も備えている。また、上述の通り呪いにも長けており、呪った者を介してさらに呪いを振りまくことができる非常に危険な存在。桃に挑発されてイチモツを取り戻すための勝負に乗り、市内の地縛霊や浮遊霊を使役して桃と健を追い詰めるが、電車と道連れに桃たちの居住市まで引きずり出され、星子の結界術によって撃退される。
消滅したかに思われたが、すんでのところで健に憑りついて永らえており、星子によって力のみ健の中に残して意識だけ招き猫に封じられる。先の勝負の際に健の「タマ」を落としてしまっており、自身の力と交換する条件で桃たちと共同歩調をとることになる。ターボババアとしての力は失ったが、今度は招き猫として桃たちに有利な状況を作り出す力を得る。
フラッドウッズモンスター
第2話で登場。モデルはフラットウッズ・モンスター。「3メートルの宇宙人」としても知られている。セルポ星人の仲間とみられ、健の性器を狙って桃の家まで襲いに来る。相撲取りのような恰好をしており、圧倒的な膂力で二人を追い詰めるが、桃の機転によって結界術にかかり、撃破された。
トンネルの地縛霊
第3話で登場。なにか強い執着を持って、その場所に居続ける霊を総称して地縛霊と呼び、自分のテリトリーの中では最強ともいえる力を誇る。ターボババアがいたトンネルの地縛霊はターボババアを慕っており、蟹のような姿を取ってターボババアと合体し、襲いかかる。
アクロバティックさらさら
第13話で登場。モデルは同名の都市伝説。通称アクさら。赤いワンピースを着た異常に大柄な女の妖怪。なぜか愛羅に目を付けている。
生前は貧しいシングルマザーだったが借金取りに娘を攫われ、取り戻そうとするも叶わず自殺した。死後、生前の記憶を失い幽霊となって彷徨っていたところ、母親を亡くしたばかりの幼い愛羅から母親と間違えられ、愛羅を自分の娘と思い込むようになる。
ネッシー
第19話で登場。セルポ星人の仲間であるUMA。
ギグワーカー
第21話で登場。セルポ星人に雇われた宇宙人。
走る人体模型
第28話で登場。

評価[編集]

反響[編集]

筆致は週刊連載とは思えないほど美麗、画面構成は密度の高さに反して見やすいと評価されている。宇宙人妖怪の不穏な登場シーン、怪異たちとのキレのあるバトルアクションシーンなど、そのクオリティから瞬く間に話題となり、Twitterのトレンドをにぎわせ、公開2日で100万PVを達成した[5]

2021年8月11日発表のトーハン・週刊ベストセラーコミックス部門で初登場10位を記録[7]。同年8月24日に発表された次にくるマンガ大賞2021では『怪獣8号』に次ぐWebマンガ部門第2位にランクインした[8]

2022年1月発表の「全国書店員が選んだおすすめコミック 2022」では第1位を獲得[9]。同賞のスピンオフ企画である「出版社コミック担当が選んだおすすめコミック 2022」でも第1位に選ばれている[9]。同年3月、「マンガ大賞2022」では第7位を獲得し[10]、同年6月には「第6回みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」にて4位を獲得[11]

批評[編集]

作者の龍幸伸は『チェンソーマン』(藤本タツキ)、『地獄楽』(賀来ゆうじ)のアシスタントを務めていた[3]。藤本は本作を絶賛している[1]

フリーライターの青木圭介は本作の魅力は「爆発力とスピード感」であると語る[1]。さらに「軽妙さ」と龍の画力により、「重厚な作品に絶妙な軽妙さを加え、作品自体を読みやすくしている」と評価している[1]

書誌情報[編集]

  • 龍幸伸『ダンダダン』 集英社ジャンプ・コミックス〉、既刊6巻(2022年8月4日現在)
    1. 2021年8月4日発売[12]978-4-08-882599-1
    2. 2021年10月4日発売[13]978-4-08-882804-6
    3. 2021年12月3日発売[14]978-4-08-882854-1
    4. 2022年3月4日発売[15]978-4-08-883046-9
    5. 2022年5月2日発売[16]978-4-08-883103-9
    6. 2022年8月4日発売[17]978-4-08-883208-1

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『チェンソーマン』作者も絶賛! 宇宙人と幽霊が共存するバトル漫画『ダンダダン』がスゴい”. Real Sound. blueprint (2021年5月7日). 2021年8月22日閲覧。
  2. ^ 「少年ジャンプ+」人気新連載「ダンダダン」1巻がベストセラーランキングに登場 限定無料公開中”. 2021年8月14日閲覧。
  3. ^ a b “ジャンプ+の看板作品『ダンダダン』1巻発売 作者は『チェンソーマン』元アシスタント”. ORICON NEWS (ORICON). (2021年8月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2202341/full/ 2021年8月13日閲覧。 
  4. ^ 毎週100万閲覧超え『ダンダダン』作者「新しい表現作っていきたい」”. 日経クロストレンド. 日経BP社 (2022年5月30日). 2022年6月21日閲覧。
  5. ^ a b ダンダダン:毎話100万PVの「ジャンプ+」話題作 コミックス第1巻 怪奇バトル&ラブコメ” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2021年8月15日閲覧。
  6. ^ “「ダンダダン」×タワレコのコラボグッズ発売、桃やオカルンがアクキーやTシャツに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年11月30日). https://natalie.mu/comic/news/455656 2021年11月30日閲覧。 
  7. ^ 「少年ジャンプ+」人気新連載「ダンダダン」1巻がベストセラーランキングに登場 限定無料公開中 | ニュース”. Book Bang -ブックバン- (2021年8月14日). 2021年8月15日閲覧。
  8. ^ 『次にくるマンガ大賞 2021』大賞作品は『【推しの子】』&『怪獣8号』”. オリコン (2021年8月24日). 2021年8月25日閲覧。
  9. ^ a b “書店員が選んだおすすめコミック2022、第1位は龍幸伸「ダンダダン」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年1月27日). https://natalie.mu/comic/news/463266 2022年1月27日閲覧。 
  10. ^ “マンガ大賞2022発表!大賞はうめざわしゅん「ダーウィン事変」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年3月28日). https://natalie.mu/comic/news/471523 2022年3月28日閲覧。 
  11. ^ “「山田くんとLv999の恋をする」が「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」で大賞獲得”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年6月21日). https://natalie.mu/comic/news/482488 2022年6月21日閲覧。 
  12. ^ ダンダダン 1/龍 幸伸”. S-MANGA. 集英社. 2021年8月4日閲覧。
  13. ^ ダンダダン 2/龍 幸伸”. S-MANGA. 集英社. 2021年10月4日閲覧。
  14. ^ ダンダダン 3/龍 幸伸”. S-MANGA. 集英社. 2021年12月3日閲覧。
  15. ^ ダンダダン 4/龍 幸伸”. S-MANGA. 集英社. 2022年3月4日閲覧。
  16. ^ ダンダダン 5/龍 幸伸”. S-MANGA. 集英社. 2022年5月2日閲覧。
  17. ^ ダンダダン 6/龍 幸伸”. S-MANGA. 集英社. 2022年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]