ターボばあちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ターボばあちゃんは、現代妖怪に関する都市伝説の一つ。

概要[編集]

トンネル内をで走っていると、突如窓を誰かに叩かれる。見ると自分の車と並走する老婆がこちらを見ている、というもの。場所は六甲山とされる場合が多い。まれに、真夜中の町内に現れ、追いかけては来るが、突き抜けて

テレポーテーションする。

老婆の速度は、最速で時速140キロメートル以上とされる[1]。車と併走してドライバーを驚かせる以外は危害を加えるなどは無く無害だとされる[2][3]

派生形[編集]

バスケばあちゃん
バスケットボールをドリブルしながらバイクに併走し、ボールを投げつけてくる、というもの。うっかりボールを受け取るとバイクが転倒し、無視してもボールをぶつけられて転倒し、どちらにしろライダーは死んでしまう、とされる。
ホッピングばあちゃん
山道で、突然ホッピングに乗って目の前に落下してきて、そのまま大ジャンプで車を飛び越す、というもの。それ以上何かしてくる事はないが、驚いてハンドル操作を誤れば死亡事故につながる、と続く場合も。
棺桶ババア
運転手をつかみ出し、担いでいた棺桶に入れてそのまま火葬場まで運ぶ、というもの。
ボンネットばばあ
国道を走っているといきなりババアがボンネットに乗ってくる。びっくりして操作を誤ると死ぬこともあるのでそのまま7km走り続けるのが良いとされている。

「ばあちゃん」の部分は、「ばあさん・ばばあ」など地方によって異なる。同じく「ターボ」も、「ダッシュ・ジェット・ハイパー・光速」などの派生がある[4]。その走行速度が名称となっている場合もあり、「40キロばばあ」を始め「60キロ、80キロ、120キロ」など、道路交通法上の制限速度ごとのバージョンが存在する[4]。また、主体が男性の場合もあり、「ターボじいちゃん」などと呼ばれている。

「高速併走型怪奇現象」は他にも以下のようなパターンがある。

  • 自転車で高速道路を走るサラリーマン
  • 「高速でハイハイをする赤ちゃん
  • 陸王に乗って追いかけてくるOL
  • ミサイルに跨る女子高生
  • 「首都高を走るドナルド
  • 鞠つきをしている最中にひき逃げされた少女の霊が、自動車以上のスピードで道路を疾走する「鞠つきマリちゃん」[4]
  • 鞠つきをしながら路上の自動車を猛スピードで追いかける「鞠つきじじい」[4]
  • 北海道でリヤカーを引いた女性が時速80キロメートルの車と競走する「リヤカーおばさん」[4]
  • 岡山県の津山インターチェンジ付近で、白いブラウス、赤いスカート、ランドセル姿の少女が時速80キロメートルでスキップしながら車と車の間を通る「スキップする少女」[4]

さらには犬や猫などの動物が主体のパターンが存在し、攻撃の有無、顛末などは様々である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 並木伸一郎 『最強の都市伝説』 経済界、2007年、155頁。ISBN 978-4-7667-8398-8
  2. ^ 松山ひろし 『壁女-真夜中の都市伝説』 イースト・プレス、2004年、38-40頁。
  3. ^ 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、241-242頁。
  4. ^ a b c d e f 山口敏太郎 『本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑』 笠倉出版社、2007年、90-94頁。ISBN 978-4-7730-0365-9

関連項目[編集]