HEART GEAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HEART GEAR
ジャンル SF
ポストアポカリプス
アクション
冒険
漫画
作者 タカキツヨシ
出版社 集英社
掲載サイト 少年ジャンプ+
レーベル ジャンプコミックス
発表期間 2018年1月22日 - 連載中
巻数 既刊3巻(2020年3月4日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

HEART GEAR』(ハートギア)は、タカキツヨシによる日本漫画。『少年ジャンプ+』(集英社)にて2019年4月3日より連載中。

第三次世界大戦によって人類が壊滅した後の世界で、数少ない人間の少女ルゥと「ギア」と呼ばれるロボットたちを描いた作品[1]フランスで人気があり、現地での初版は日本の3倍以上に上った[2]

あらすじ[編集]

第三次世界大戦で人類が一掃された二百年後の世界。そこに唯一人の人間として生きる少女、ルゥ。ゼットはギアのルゥの保護者として二人で穏やかに生きていたが、そこに謎のギア、クロムが加わる。ゼットが狂機(インセイン)により破壊されたことを受け、ゼットを蘇生させるためにルゥはクロムと共に旅に出ることを決意する。

登場人物[編集]

ルゥ
本作の主人公。地上でただ一人の人間の少女。父親的存在だったギアのゼットを復活させるためにクロムと共に旅に出た。BLACK TORCHのロゴが入ったジャンパーを身につけ、人間だとバレないようにするカチューシャ型の“ジャマー”を身に付けている。
クロム
戦闘用の第5世代型試験用ギア。ルゥに偶然見つけ出され、「ルゥを守る」ことを新たなる基底プログラムに設定した。あらゆる物質の燃料変換が可能であり、自己修復機能も兼ね備えている。
ゼット
学術研究用のギア。ルゥを育てた父親的存在。狂機(インセイン)に破壊され、コアユニットのみ残る。
マリー
給餌用のギア。「人間への奉仕」が基底プログラムのため、ルゥに会うのを何よりも楽しみにしていた。狂機(インセイン)のこともあり、脚部を戦闘ユニットに換装している。
アイザック
研究用のギア。マリーの主人。ルゥからは「先生」と呼ばれる。
キッド
エンジニアギア。ロケットを飛ばす実験をしている。ルゥに“ジャマー”をプレゼントした。
ヴォーダン
ギアたちの闘技場・ヴァルハラに将軍として君臨するギア。
ヒルド
ヴァルハラの戦いを阻止するためにやってきた指揮官型(コマンダークラス)ギア。
六号機
指揮に従わず自分の意志で行動するカメラギア。通称ロック。

書誌情報[編集]

  • タカキツヨシ 『HEART GEAR』 集英社ジャンプコミックス〉、既刊3巻(2020年3月4日現在)
    1. 2019年7月4日発売[3]ISBN 978-4-08-882036-1
    2. 2019年11月1日発売[4]ISBN 978-4-08-882123-8
    3. 2020年3月4日発売[5]ISBN 978-4-08-882208-2

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 荒廃した世界に唯一残された人間の少女と機械の旅を描く、タカキツヨシのSF”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年7月4日). 2020年8月13日閲覧。
  2. ^ "「SNS受け」を狙うよりも、「圧倒的な面白さ」を突き詰めるべし。『SPY×FAMILY』&『チェンソーマン』担当編集者に聞く、マンガづくりのセオリー". 2020年7月21日閲覧
  3. ^ HEART GEAR 1”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2020年8月13日閲覧。
  4. ^ HEART GEAR 2”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2020年8月13日閲覧。
  5. ^ HEART GEAR 3”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2020年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]