段田男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
段田 男
出生名 深谷 委宏
生誕 (1967-03-02) 1967年3月2日(53歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県みよし市
ジャンル 演歌
職業 演歌歌手、建築業、歌唱指導者
活動期間 1986年 - 1989年
2011年
レーベル 日本コロムビア

段田 男(だんだ だん、1967年3月2日 - )は、日本の元演歌歌手。本名は深谷 委宏(ふかや ともひろ)。愛知県みよし市(旧・三好町)出身。

来歴・人物[編集]

愛知県立東郷高等学校在籍中から地元名古屋のローカル番組に出場し、高校卒業後に作曲家市川昭介に入門[1]文化放送のオーディション「スターは君だ!」審査員特別賞を受賞[2]。週刊明星の公募で20代OLが名付けた「段田男」の芸名で[3]1986年日本コロムビアよりシングル『玄界灘』でデビュー。新人離れした抜群の歌唱力で、日本歌謡大賞日本有線大賞横浜音楽祭など13の新人賞を受賞。珍名や角刈りの男らしい風貌などが相まって、瞬く間に人気演歌歌手の仲間入りを果たした。また当時のフジテレビの人気番組だった『夕やけニャンニャン』にも準レギュラー格で出演した。

2枚のシングルと1枚のアルバムを発表した後、原因不明の精神・体調不良に見舞われ歌手活動を休業。1989年に所属事務所の社長から解雇を告げられ[1]、芸能界を引退。実家に戻り家業である大工となり、傍らで音声多重DVDカラオケのレコーディングなども行っていた。

大工と並行して2004年豊田市にて歌謡教室を開講。かつての所属事務所の許諾を得て「段田男歌謡教室」とし、自宅や名古屋市緑区など4ヵ所で後進を育成[1]、プロ歌手2名を輩出した[2]

また、2007年2009年2010年には愛知県安城市の七夕まつりのステージに出演し数曲を披露した。その他、本名で地元の高齢者介護施設等で歌を披露したりする活動をしている。

2011年9月、東海地区でCMソング歌手として活動する横井則子とのデュエットを含むコラボCDを発売[4]

2013年9月13日放送の『爆報!THE フライデー』で、引退以来初めてとなるTV出演[5]

1990年から三好町の消防団に所属。その後消防団長に昇進、2019年3月末退任した。退任記念に自作の応援歌「進め!みよし市消防団」を発表した[3]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • 『男華』 - 1987年3月21日
    • 日本コロムビアの受注生産型音楽ソフト販売サービスオンデマンドCDで購入可能だった[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]