SUPER SHIRO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SUPER SHIRO
ジャンル ギャグアニメアニメ
アニメ
原作 臼井儀人
総監督 湯浅政明
監督 霜山朋久
シリーズ構成 うえのきみこ
脚本 うえのきみこ
アニメーション制作 サイエンスSARU
製作 テレビ朝日シンエイ動画
放送局 AbemaTVビデオパス
放送期間 2019年10月13日 -
シロ
ヒーロー語り
ビボー
デカプー
真柴摩利
大塚明夫
ゆかな
勝杏里
テンプレート - ノート

SUPER SHIRO』(スーパーシロ)は、2019年10月13日よりAbemaTVビデオパスで独占配信予定のウェブアニメ。

概要[編集]

テレビ朝日の開局60周年を記念として製作された「クレヨンしんちゃん」シリーズの外伝最新作。本作では、極普通の野原一家に、極々普通に飼われている犬・シロがスーパーヒーローとなり、世界を守る姿を描く。伝説の骨“ボボボボボーン”を巡って、世界征服を企む発明犬・デカプーとシロが壮大な追いかけっこを繰り広げる[1]

これまでもしんのすけ以外のキャラクターがメインとなる作品はあったものの、主役して起用されるのは史上初の試みである。

2019年2月3日に情報解禁。その際、シロが主人公に起用されたことについて、野原しんのすけは「オラ、なんにもきいてないゾ~」と語っていた。その後、7月11日に予告編と配信日程が解禁された。

2019年10月13日よりAbemaTVビデオパスで独占配信。

スタッフ[編集]

夜は短し歩けよ乙女」「きみと、波にのれたら」などの作品を送り出し、近年の劇場版で制作協力として参加しているサイエンスSARUがアニメーション制作を担当。シンエイ動画は製作委員会の立場で参加している。

総監督にはシリーズ初期から設定デザインや作画を手掛け、国内外で高い評価を受けている湯浅政明を起用。湯浅が「クレヨンしんちゃん」シリーズの監督を務めるのは2012年に放映された「SHIN-MEN」以来2度目である。

シリーズ構成にはテレビシリーズや劇場版、外伝シリーズでもシリーズ構成・脚本を務めるうえのきみこが脚本を執筆する。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 湯浅政明「SUPER SHIRO」初映像解禁、野原家の愛犬シロがスーパーヒーローに”. 映画ナタリー (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]