赤坂アカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤坂 アカ
生誕 (1988-08-29) 1988年8月29日(29歳)
日本の旗 日本新潟県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
ジャンル 青年漫画
代表作 ib インスタントバレット
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜
テンプレートを表示

赤坂 アカ(あかさか アカ、1988年8月29日[1] - )は、日本漫画家イラストレーター。男性。新潟県佐渡市出身[2]

漫画作品執筆の他、イラストレーション、キャラクターデザインなどの多岐にわたる分野で活動を展開している。

略歴[編集]

人物[編集]

主な作品[編集]

連載[編集]

読切[編集]

  • かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ヤングジャンプ出張版特別読切(集英社『週刊ヤングジャンプ』、2015年40号)
  • かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ミラクルジャンプ凱旋特別読切 (集英社『ミラクルジャンプ』、2016年8月号)
  • かぐや様は告らせたい ダークネス (集英社『ヤングジャンプ GOLD』、Vol.1&Vol.2)

イラストレーション[編集]

  1. 2012年3月30日発売、ISBN 978-4-04-727927-8
  2. 2012年5月30日発売、ISBN 978-4-04-728076-2
  3. 2012年10月29日発売、ISBN 978-4-04-728417-3
  1. 2013年9月30日発売、ISBN 978-4-07-292712-0
  2. 2013年12月26日発売、ISBN 978-4-07-294214-7
  1. 『謎好き乙女と奪われた青春』 2015年2月28日発売、ISBN 978-4-10-180028-8
  2. 『謎好き乙女と壊れた正義』 2015年8月28日発売、ISBN 978-4-10-180045-5
  3. 『謎好き乙女と偽りの恋心』 2016年1月28日発売、ISBN 978-4-10-180058-5

アンソロジー参加[編集]

キャラクターデザイン[編集]

  • IA -ARIA ON THE PLANETES-ボーカロイド
  • 東方蒼神縁起 (同人ソフト、Windows
  • チュウニズム (アーケード用ゲーム) 2015年7月16日稼働開始 ※プレイキャラクターの1人『ピリオ』をデザイン
  • IA/VT-COLORFUL- (家庭用ゲーム、PS Vita) 2015年7月30日発売
  • 東方蒼神縁起V (家庭用ゲーム、PS Vita) 2016年4月28日発売 ※ダウンロード専用ソフト

CDジャケットイラスト[編集]

  • The Gate of Dreams / jAcKp☆TrASH 2012年12月29日発売
  • IA/02-COLOR- / V.A. 2013年3月10日発売
  • The Legend of 超絶調声師 / V.A. 2013年3月20日発売

作詞[編集]

  • フラワードロップ / 感傷ベクトル
  • ib-インスタントバレット- (full ver.) / 赤坂アカくん大好き倶楽部(赤坂アカ、グシミヤギヒデユキ、白神真志朗、じん、田口囁一、春川三咲) ※同作品の応援ソングとして制作された
  • Call Me / Annabel

ゲスト出演[編集]

インターネットラジオ[編集]

  • 超!えどっ娘 天下大変!!超!A&G+、2011年7月31日)
  • 小野瀬幸一のブルー☆これくしょん!! (ブルーレディオ・ドットコム、2012年2月20日、2月27日)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Twitter / akasaka_aka: 27歳。連載作品4作品目に突入してしまったのですがまだ新人ということで大丈夫でしょうか? ...”. Twitter (2015年8月29日). 2016年4月30日閲覧。
  2. ^ 小野瀬幸一のブルー☆これくしょん!! 第139回『漫画家・イラストレーターの赤坂アカ先生』”. カルチャー&エンターテイメント放送局 ブルーレディオドットコム (2012年2月27日). 2016年4月30日閲覧。
  3. ^ Twitter / kataoka_syouten: ちなみに作者の赤坂アカはうちの元デジアシさんで、 ...”. Twitter (2014年7月1日). 2016年4月30日閲覧。
  4. ^ Twitter / akasaka_aka: 僕も長いことアシスタントで勉強させて頂いた樋口先生の新作!! ...”. Twitter (2015年10月12日). 2016年4月30日閲覧。
  5. ^ 赤坂自身、初のオリジナルであるこの作品には強い思い入れを持っており、打ち切りによる不完全燃焼に終わってしまったことから「いつか続編か完全版を執筆したい」という旨を語っている(単行本第5巻のあとがきより)。
  6. ^ Twitter / akasaka_aka: 大きい胸を書く練習ついでに塗りの練習。 ...”. Twitter (2016年1月15日). 2016年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]