田淵智也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田淵智也
出生名 田淵智也
生誕 1985年4月26日(31歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ポップ・ロック
ロック
アニメソング
J-Pop
職業 作詞家
作曲家
ベーシスト
担当楽器 ベース
ギター
活動期間 2004年 -
レーベル トイズファクトリー
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
著名使用楽器
Sago Classic Style J4 Custom

田淵 智也(たぶち ともや、1985年4月26日[1] - )は、日本ミュージシャン作詞家作曲家ベーシスト

スリーピース・バンドUNISON SQUARE GARDENベースとコーラスを担当しており、同バンドのほぼ全ての楽曲の作詞作曲を手掛けている。また、近年では他のアーティストへの楽曲提供も行っている。2015年10月29日、畑亜貴田代智一黒須克彦とともにプロデュースチーム・Q-MHzを結成。

人物[編集]

音楽[編集]

キャッチーなメロディーを数多く生み出すメロディメーカーのひとり。アレンジ次第でロック、ポップ、アニメソングまで変化する。

作詞面では、〜でしょう、〜です、〜な、〜よ、〜だよ、〜だろ、〜よね、〜じゃん、など語尾が特徴的。

「日本で一番見切れるベーシスト」とUNISON SQUARE GARDENのボーカル&ギター斎藤宏介が評する通り、ステージを縦横無尽に駆け巡る。 正確には決まっていないが、同バンドのリーダーの役割。ボーカル・ギターの斎藤宏介が作曲した2曲「スカースデイル」「三日月の夜の真ん中」を除くすべての楽曲の作詞・作曲を手掛ける。

他のバンドメンバーの2人とは同い年で、ボーカル&ギターの斎藤宏介とは高校の同級生、ドラムの鈴木貴雄とは小学校の同級生という間柄であり、付き合いは長い。

2014年2月14日にテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」にバンドとして初出演を果たし、自身のクレジットが放送された。と同時に、キャッチーなメロディでアニメ界とロック界から注目されているバンドと紹介された。楽曲披露の際はTwitterに一時「ベースの人」がトレンド入りするほどの暴れっぷりを見せた。

近年ではLiSAミュージックレイン所属声優歌手を中心に楽曲の提供などを行っているほか、漫画・テレビアニメ『夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜』にはバンドとしても個人としても携わっている。 高垣彩陽に提供した「夢のとなり」(作詞・作曲を担当)では約6分に及ぶ楽曲の中に最多のメロディを詰め込んでいる。アレンジは黒須克彦である。

アニメアニメソング、アニメソング作家、声優の知識があり、アニメソングファン。アニメソング専門雑誌「リスアニ!」では田淵による連載コーナー「呼び水なんてごめんだ」がある[2]

演奏楽器にベースを選択した理由は、とにかくバンド活動がやりたかったがベースをする人がいなかったのと、ギターをする人には上手い人が多かったからと語っている。[3]

田淵が好きなアニメソング作家のひとり、一と自身也によるインターネットラジオポッドキャスト)「田っ智(たっち)レディオ」を2011年4月から毎週日曜更新している。詳しくは後述。

2015年10月29日、畑亜貴、田代智一、黒須克彦とともにプロデュースチーム・Q-MHzを結成。[4]

楽曲[編集]

トイズファクトリー[編集]

  • UNISON SQUARE GARDEN
  • 夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜 関連(アルバム「桜新町の鳴らし方。」)[5]
    • V・りら・F(茅野愛衣) - 種も仕掛けもありふれて(作詞・作曲)
    • 比泉秋名(梶裕貴) - ハレーションローテーション(作詞・作曲)
    • 岸恭助、岸桃華(小野大輔戸松遥) - 超力buddy!(作詞・作曲)
    • 館林水奈(高垣彩陽) - 足並み揃って selfish open heart!(作詞・作曲)
    • 槍桜ヒメ(福圓美里) - 約束のヴェール(作詞・作曲)
    • 篠塚英二(小野友樹) - holy sensation(作詞・作曲)
    • 東鈴(又吉愛) - ただいま、sweet home(作詞・作曲・編曲)
    • 七海アオ(藤田咲) - 適材適所サテライター(作詞・作曲)
    • 岸桃華(戸松遥) - let me say!!(作詞・作曲)
    • 五十音ことは(沢城みゆき) - MIRAI インストール(作詞・作曲)
    • 士夏彦雄飛(松本さち) - 神のみぞ知らない(作詞・作曲)
    • 岸恭助(小野大輔) - phaser braver(作詞・作曲)
    • 槍桜ヒメ、七海アオ、五十音ことは(福圓美里、藤田咲、沢城みゆき) - かしましかしまっ!(共作詞・共作曲)[6]
    • 槍桜ヒメ、比泉秋名、七海アオ、五十音ことは、岸恭助、岸桃華、V・じゅり・F、V・りら・F
      (福圓美里、梶裕貴、藤田咲、沢城みゆき、小野大輔、戸松遥、大久保藍子、茅野愛衣) - またねとまたね(作詞・作曲)
    • 槍桜ヒメ、比泉秋名(福圓美里、梶裕貴) - 鳴り響け!桜新町賛歌(作詞・作曲)

講談社[編集]

  • 夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~(上記のアルバムリリース後に原作漫画単行本限定版付属CDに収録された曲)
    • 槍桜ヒメ(福圓美里) - 夏祭り Don't cry(共作詞・作曲、第17巻)

アニプレックス[編集]

  • LiSA
    • 妄想コントローラー(作曲、アルバム「Letters to U」)
    • confidence driver(作曲、シングル「oath sign」)
    • now and future(作曲、アルバム「LOVER"S"MiLE」)
    • ROCK-mode(共作詞・作曲、アルバム「LOVER"S"MiLE」)
    • ジェットロケット(作詞・作曲、アルバム「LOVER"S"MiLE」)
    • best day,best way(作詞・作曲、シングル「best day,best way」、アルバム「LANDSPACE[7]
    • say my nameの片想い(共作詞・作曲、アルバム「LANDSPACE[7]
    • Rising Hope(共作詞・作曲、シングル「Rising Hope[8]、アルバム「Launcher」)
    • rapid life シンドローム(作詞・作曲、アルバム「Launcher」)
    • Bad Sweet Trap(共作詞・作曲、アルバム「Launcher」)
    • Hi FiVE!(共作詞・作曲、アルバム「LUCKY Hi FiVE!」)

ミュージックレイン[編集]

ランティス[編集]

  • 梶裕貴
    • Hello!(作曲、シングル「Hello!」)[14]
    • ジャイキリ(作曲、シングル「Hello!」)[14]

A-Sketch[編集]

ポニーキャニオン[編集]

  • 内田真礼
    • ギミー!レボリューション(作曲、シングル「ギミー!レボリューション」、アルバム「PENKI」[16]
    • Hello, 1st contact!(作詞・作曲、アルバム「PENKI」[16]
    • Hello, future contact!(作詞・作曲、アルバム「PENKI」[16]

たっちレディオ[編集]

たっち(田っ智)レディオ
ジャンル トーク
放送方式 録音
放送期間 2011年4月24日 -
放送時間 毎週日曜
放送回数 242(2015年11月末時点)
パーソナリティ 田代智一、田淵智也
出演 畑亜貴徳永愛、他
テーマ曲 なんてこった林檎(徳永愛)
ディレクター 小寺寛志
公式サイト 公式サイト
特記事項:
インターネットラジオポッドキャスト
テンプレートを表示

田淵が好きなアニメソング作家のひとり、一と自身也によるインターネットラジオ(ポッドキャスト)である。

2011年4月に始まり、毎週日曜日更新している。閉塞感を打破するのが目的。主に田代宅で収録している。一回の放送時間は30〜40分前後。

なお、2015年2月10日以降はひらがな読みの「たっちレディオ」と呼称している。

通常回で主に扱う話題は投稿メッセージへの対応、時事ニュース、サブカルチャー(アニメ、漫画など)、音楽(ポップス、アニメソング、楽曲制作)が多い。 内容はエピソードタイトルで大まかにわかるようになっている。

キャスト[編集]

メインパーソナリティは田代智一と田淵智也。合間にこのインターネットラジオ番組の構成作家、ディレクターの小寺寛志(愛称:デラさん)がコメントすることがある。

投稿コーナー[編集]

リスナーが投稿できるコーナーがあった。(全て終了)

現在は感じた閉塞感、二人に話して欲しいこと、して貰いたいこと、感想の投稿を募集していた。不定期に投稿メッセージだけを特集した回もあった。

とっても大好きドエムもん
ドMなエピソードを投稿してもらうコーナー
アンジェリーナ・不条理
生きていて不条理に思ったことを投稿してもらうコーナー
田っ智ディクショナリー
専門用語を二人に教えるコーナー
お願いギブ・アンド・テイク
もしも願いが叶うなら、これを諦めるということを投稿してもらうコーナー
キュンとしてブー
他人には理解されず、自分だけがキュンとすることを投稿するコーナー

ゲスト[編集]

ゲストが出演する際は前編・後編の2回に別れることが慣例になっている。

  • 畑亜貴(第43,44,238,239回) - アニメソングを数多く手がける作詞家。
  • 徳永愛(第49,50回) - 声優、歌手。オープニングテーマを歌っている。
  • 奥井亜紀(第68,69回)‐ 女性シンガーソングライター。
  • 野間勤(第71,72,126回) - 図書館司書(一般人)
  • リタ・ジェイ(第97,98回)- 芸人、イラストレーター。
  • 黒須克彦(第108,109,134,178,179,238,239回)- ベーシスト、作曲家、編曲家。
  • イズミカワソラ(第123,124回)‐ 女性シンガーソングライター。
  • 新井弘毅(第136,137回) - プライベートでも仕事でも関わりがあるミュージシャン。
  • やしきん(第151 - 153回) - 同じく、プライベートでも仕事でも関わりがあるミュージシャン。
  • 鈴木このみ(第154,155回)- 最年少ゲスト。女子高生アニメソングシンガー。1stシングルが田代智一、畑亜貴提供。
  • 常見陽平(第161,162回) - 人材コンサルタント、評論家。
  • ヨシナガ(第167,168回) - サラリーマンクリエイター。
  • タニザワトモフミ(第182,183回) - シンガーソングライター。
  • 山田高弘(第189,190回) - 作曲・編曲家。
  • 武者慶佑(第201,202,225,226回) - アニメコンテンテンツマーケティングプランナー・日本グミ協会会長。
  • 浅岡雄也(第222,223回) - 元FIELD OF VIEW(ボーカル)・シンガーソングライター・作詞家・作曲家。
  • サンキュータツオ (第233,234回) - 芸人(米粒写経)、日本語学者。

テーマソング[編集]

オープニングテーマソング[編集]

オープニングテーマソングとして「なんてこった林檎」が第1回から使用されている。田代智一が作曲した。 当初、タイトルや歌詞はなくインスト曲だったが、田代智一が詞を畑亜貴に、歌を徳永愛にそれぞれ依頼し快諾、制作された。 作詞した畑亜貴がゲスト出演した第43回(2012年2月12日)にて楽曲が初披露、制作エピソードが披露された。

新曲の「Uターン」と「なんてこった林檎」の英語歌唱版「Anti-gravity VIEWS!」がカップリング収録されたCDシングルが2012年12月12日に田代智一のインディーズレーベルCHMONOTH COM.(くものすこむ)よりリリースされた。 一般のCDショップでは販売・取扱しておらず、通信販売のアマゾンエクレアでのみ販売している。 また、Gumroadでデジタル配信もしている[17]

  1. なんてこった林檎 [3:20]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:田代智一、歌:徳永愛
  2. Uターン [2:33]
    作詞・作曲・編曲:田代智一、歌:徳永愛
  3. Anti-gravity VIEWS! [3:20]
    作詞:畑亜貴、英訳詞:Anastasia Moreno、作曲・編曲:田代智一、歌:徳永愛
  4. Uターン [off vocal]
  5. なんてこった林檎 [off vocal]

エンディングテーマソング[編集]

タイトル不明。第1回から使用されている。田淵智也が作曲した。テーマは「おうちへ帰ろう」。インスト曲。歌詞は未定。

脚注[編集]

外部リンク[編集]