星街すいせい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
星街 すいせい
人物
生誕 3月22日(永遠の18歳)
職業 バーチャルYouTuber
バーチャルアイドル
身長 160 cm (5 ft 3 in)
公式サイト 公式ウェブサイト
YouTube
別名 星街彗星
チャンネル
作者 星街すいせい
手島nari
活動期間 2018年3月22日 -
ジャンル ゲーム実況
登録者数 41.1万人
総再生回数 2638万回
事務所(MCN ホロライブプロダクション
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年7月9日時点。
テンプレートを表示

星街 すいせい(ほしまち すいせい、3月22日[1] - )は、日本バーチャルYouTuberバーチャルアイドル[2]。所属事務所はホロライブプロダクション[1]。愛称は、すいちゃん[3]日本武道館でライブを開催することを目標として掲げている[1][4]

概要[編集]

キャラクターを、永遠の18歳の高校生アイドルVTuberと設定し[1][4]歌手活動やゲーム実況などのライブ配信の他、イラスト動画の作成なども行っている[5]。ファンの呼称は、2019年5月19日までは「こめとも」、以降は「星詠み(ほしよみ)」[6]

2018年3月18日YouTubeチャンネルを開設[7]、同日に自身のTwitterにてキャラクターデザインを公開した[8]。その後の同月22日にYouTubeチャンネルに1本目となる動画を投稿した[4]。企業などの支援を受けずに個人で活動をするいわゆる「個人勢」としてデビューをしたため、自身のアイコンやロゴ、キャラクターデザイン、Live2Dの設定、動画の編集などをすべて星街1人で行っていた[5]

2019年5月19日ホロライブプロダクション内に新たに設立された音楽活動に特化したレーベル「イノナカミュージック」への所属が決定した[9]。同年12月1日に星街のサポート強化などを理由にイノナカミュージックから、女性バーチャルYouTuberグループ「ホロライブ」への転籍が発表された[10]。ホロライブへの転籍と同時にキャラクターデザインを担当するデザイナーが星街から手島nariへ[11]、Live2Dモデルの制作がrariemonnへとそれぞれ変更となった[12]

2019年10月より、bilibili動画でも星街彗星の名義でライブ配信を開始。2020年3月17日には舰长[注 1]の人数が1000人を超え、bilibili投稿者の中で4番目に、バーチャルYouTuberとしては初めて1000人の舰长を獲得した。bilibili動画の視聴者の間では、あらゆる技術に精通しており、総合的にバランスの取れている人物を表す六边形战士(六角戦士)とも評価されている[5]

2020年1月28日豊洲PITで開催された「hololive 1st Fes. ノンストップ・ストーリー」において3Dモデルを披露し[13]、同年3月1日に自身のチャンネルにて3Dモデルのお披露目配信を行った[14]。3Dモデルを作成したのは、3DCGモデレーターの八剣[15]

活動・実績[編集]

歌手活動、ゲーム実況などの配信活動、イラスト・デザイン作成、動画編集などを行っている[5]

イラスト・デザインの作成では、自身のYouTubeチャンネルやTwitterで利用するコンテンツの作成以外にも、他のバーチャルYouTuberのYouTubeチャンネルロゴイラストの作成などを行う[16]。動画編集においては、自身のYouTubeチャンネルで投稿する動画以外にも、Re:AcTやホロライブに所属するバーチャルYouTuberのミュージック・ビデオの制作を行い[17][18]映像編集者としても活動をしている。

2019年3月から、同年5月までココナラで、新しくバーチャルYouTuberとして活動を始めようとする人を支援する活動を行っていた[19][20]

2020年3月1日に行った3Dモデルのお披露目配信では、全編ライブとしてオリジナル曲とカバー曲をライブ形式で歌い、高い歌唱力を披露[21]。ライブ配信の最大同時接続者数は約55,000人を記録し、Twitterではトレンド世界1位を獲得した[22]

2020年4月からは文化放送超A&G+にて初の冠ラジオ「星街すいせいのMUSIC SPACE」を担当[3]。同年6月17日には文化放送において日本の地上波ラジオ番組でバーチャルアーティストとしては初のスタジオライブ「音楽で日本をアゲる!」をもこ田めめめ、花鋏キョウの2人と共に行った[23]

歌手活動[編集]

2018年4月30日に自身のYouTubeチャンネルに初の「歌ってみた」動画を投稿[24]。その後もいくつもの楽曲をカバーし投稿している。その他にも、ライブ配信を行いながら、カラオケ音源を使用し歌唱を披露する配信(通称、歌枠)を行っている[25]

オリジナルソング[編集]

映像外部リンク
ミュージックビデオ
comet / 星街すいせい - YouTube
天球、彗星は夜を跨いで / 星街すいせい - YouTube
NEXT COLOR PLANET / 星街すいせい - YouTube
1stオリジナルソング『comet』
2018年11月22日公開された楽曲[26]。作詞作編曲は*Luna[2]
2018年7月2日に自身のライブ配信にて制作を発表した[27]。発表時は、同年9月に公開をするとしていたが、2か月遅れの公開となった[5]。これは、2018年7月1日から始動したバーチャルYouTuberグループ「S:gnal」へ参加したが、活動の方向性の違いが埋まらず[28]、同年8月に脱退をしたためである[5]
楽曲のミュージック・ビデオは星街自身が制作した[26]
エレクトロ系の華やかな曲調と切なくも愛らしいメロディが印象的な楽曲[29]。楽曲の制作にあたり、星街から*Lunaへは「アイドルっぽさとかは別に無くてもいいので。星街すいせいを見ていただいて感じたことを曲にしてください」との指示がされた[22]
2018年12月29日に配信された「V紅白歌合戦」においてcometが紹介され、星街のYouTubeチャンネルの登録者が2600人未満から、5000人まで約2倍に増加させることとなった[5]
2ndオリジナルソング『天球、彗星は夜を跨いで』
2019年3月22日に公開された楽曲[30]。作詞作編曲はキタニタツヤ[2]
2019年2月22日に自身のYouTubeチャンネルにて制作を発表した[31]
楽曲のミュージック・ビデオは星街自身が制作した[30]。公開されたミュージック・ビデオは、2020年3月28日に100万回再生を達成した[32]
星街の憂いを帯びた歌声を中心とし、鋭利なイメージの音楽と夜空を駆け抜ける彗星をモチーフとした歌詞がバランスよくミックスされた楽曲[29]
1stオリジナルソング『comet』の発注よりも前に発注された楽曲で、楽曲の制作にあたり、星街からキタニタツヤへは「王道のアイドル路線の曲みたいなことは全然意識せず、アーティスティックな路線で、ちょっとハイカラな方向で作ってもらえたら」との指示がされた[22]。出来上がった音楽を聞いた時、1曲目よりも2曲目として出した方が良いと判断し、cometよりも後の発表となった[22]
2020年1月28日に豊洲PITで開催された「hololive 1st Fes. ノンストップ・ストーリー」において、初めて公開された3Dモデルと共に高い歌唱力で楽曲を披露した[33]
3rdオリジナルソング『NEXT COLOR PLANET』
2020年3月21日に発表された楽曲[34]。作詞は星街すいせい、作編曲は酒井拓也[34]。略称は「カラプラ」[35]
2020年3月21日に行われたデビュー2周年の前夜祭として行われた3Dライブ配信において歌唱され、翌22日にミュージック・ビデオが公開された[36]。6月5日に100万再生を達成した[35]
楽曲の制作はArte Refactが行い、サウンドプロデューサー兼ディレクターとして桑原聖が参加している[34]
ギター、ベース、ホーンセクションの生々しい響きとシンプルな4つ打ちビートによる高揚感溢れる音楽と、ライブを想起させる歌詞が一つになった楽曲で、星街のファンに対する愛情が込められている[29]
星街が酒井の制作した楽曲を歌いSNSに投稿したのを酒井が見つけ、星街に声をかけたことがきっかけとなりArte Refactの制作で楽曲が作られる運びとなった[3]。「ようやくスタートラインに立った」楽曲となるべく、パーティーソングのような曲調で制作するような指示がなされた[22]
楽曲は同年3月22日より、各種音楽配信サイトより配信発売が行われた[37]オリコンデイリーデジタルシングル(単曲)において、2020年3月22日付で5位を獲得した[38]moraアニソンランキングでは、初週2位[39]、第2週8位[40]と2週連続のランクインをした。

配信活動[編集]

YouTubebilibiliなどの動画共有サービスにおいて配信を行なっている。

YouTube[編集]

2018年3月より、動画の投稿、ライブ配信を行っている[7]

活動を開始した2018年末では、チャンネル登録者数が約3,600人であったが、2018年12月29日に行われた「V紅白歌合戦」で紹介されたことをきっかけに2019年1月には約5300人へと増加した[5]。その後ホロライブプロダクションへ所属し、2019年7月に1万人、2020年1月末に10万人のチャンネル登録者数を達成している[41]

bilibili動画[編集]

2019年10月より、動画の投稿、ライブ配信を行っている[5]

2020年3月1日に行われた、3Dモデルのお披露目配信において視聴者人気値[注 2]が260万に達し、2.2億の金瓜子榜[注 3]を獲得した。また、1時間のライブ配信中に新たに773人の舰长[注 1]を獲得し、舰长の総数は847人に達した。同月17日には舰长の総数は1000人を突破し、bilibiliの全ての配信者の中で4番目、バーチャルYouTuberの中では初めて1000人の舰长を獲得した。星街のbilibiliのファン数に対する舰长の人数の比率は、他のバーチャルYouTuberと比較した時に高い。例として、同じホロライブに所属する湊あくあは約64万人のファンに対し441人の舰长を獲得しているが、星街は約27万のファンに対し、約1000人の舰长を獲得している[5]

出演[編集]

ラジオ[編集]

※はインターネット配信

テレビ番組[編集]

※はインターネット配信

ライブ・イベント[編集]

※はライブストリーミングのみ。

  • The Shitest Start(2019年5月22日、秋葉原エンタス)ゲスト出演[47]
  • INNK EXHiBiTiON(2019年8月9日、秋葉原エンタス)[48]
  • hololive 1st Fes. ノンストップ・ストーリー(2020年1月24日、豊洲PIT[49]
  • VTuberおしゃべりフェス(2020年2月16日、3331 Arts Chiyoda 体育館)[50]
  • It's a Virtual Pop World!(2020年7月3日、SPWN)※[51]
  • バーチャルユニットフェス「VILLS」(2020年7月19日、SPWN・bilibili〈中国国内〉)※[52][注 4]
  • Bilibili Macro Link(2020年7月25日、bilibili)※[56]
  • BilibiliWorld 2020(2020年8月7日 - 9日、上海新国際博覧中心〈上海市〉)[57]

ディスコグラフィ[編集]

タイトル 発売日 規格
NEXT COLOR PLANET 2020年3月22日 音楽配信

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 配信者に対し、月額198以上の支援を行った視聴者に対する呼称[5]
  2. ^ 人気値は、ビリビリ動画独自のアルゴリズムにより算出されるもので、20〜30で割った数が同接と言われている。
  3. ^ 視聴者が1で1000金瓜子にて購入できるbilibili内の仮想通貨[42]
  4. ^ 当初、2020年3月21日に日テレホール(汐留)とプラザC(ささしまライブ)で開催予定だったが[53][54]2019新型コロナウイルス感染症拡大の影響により無期限延期が発表され[55]、オンラインイベントとして開催されることが決定された[52]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 星街すいせい”. hololive.tv. カバー株式会社. 2020年4月19日閲覧。
  2. ^ a b c VTuber事務所「ホロライブ」内音楽特化レーベル「イノナカミュージック」始動!AZKi、星街すいせいが新規加入!” (2019年5月19日). 2020年4月19日閲覧。
  3. ^ a b c 「ああっバーチャル様っ(仮) Vol.11 星街すいせい」『アニメディア』第40巻第8号、学研プラス、2020年6月10日、 104–105。
  4. ^ a b c 【自己紹介】彗星の如くあらわれたアイドルVTuber!!!【#01】 - YouTube”. YouTube (2018年3月22日). 2020年4月19日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 冯提莫不是B站直播的杀招,Vtuber才是_详细解读_最新资讯_热点事件_36氪” (中国語). 35Kr中国語版 (2020年4月9日). 2020年4月19日閲覧。
  6. ^ @suisei_hosimati (2019年5月20日). "☄️お知らせ☄️…" (ツイート). Twitterより2020年4月19日閲覧
  7. ^ a b Suisei Channel – YouTube”. YouTube. 2020年4月19日閲覧。
  8. ^ @suisei_hosimati (2019年3月18日). "はじめまして!この度アイドルVTuberとして始動しました!…" (ツイート). Twitterより2020年4月19日閲覧
  9. ^ VTuber事務所“ホロライブ”に星街すいせい&AZKiが加入、音楽レーベル始動も発表 | Daily News | Billboard JAPAN”. ビルドボード・レコード. 阪神コンテンツリンク (2019年5月19日). 2020年4月19日閲覧。
  10. ^ ホロライブ所属VTuber「星街すいせい」新Live2Dモデルお披露目放送と転籍のお知らせ|カバー株式会社のプレスリリース”. PR TIMES (2019年11月29日). 2020年4月19日閲覧。
  11. ^ @_17meisai23 (2019年12月1日). "と言うことで…星街すいせいちゃんの新デザイン担当させていただきました…!!!…" (ツイート). Twitterより2020年4月19日閲覧
  12. ^ @rariemonn765 (2019年12月1日). "ホロライブ所属Vtuberの星街すいせいちゃん(@ suisei_hosimati)の新Live2Dモデルの制作を担当させていただきました!…" (ツイート). Twitterより2020年4月19日閲覧
  13. ^ すべての内容がエモかった。ホロライブ初のグループ全体ライブイベント“ノンストップ・ストーリー”をレポ - 電撃オンライン”. 電撃オンライン. KADOKAWA Game Linkage (2020年2月1日). 2020年4月19日閲覧。
  14. ^ ホロライブ所属VTuber「星街すいせい」3Dモデルお披露目放送実施のお知らせ:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年2月27日). 2020年4月19日閲覧。
  15. ^ @yatsurugi_mmd (2020年3月1日). "VTuber星街すいせいちゃん(@suisei_hosimati )の良いカメラ(3Dモデル)を担当しました!…" (ツイート). Twitterより2020年4月19日閲覧
  16. ^ 久遠藍 | 概要 – YouTube”. YouTube. 2020年4月19日閲覧。
  17. ^ 本日は星天なり/TOKOTOKO(西沢さんP)作詞・作曲【星街すいせい様 ver.】”. YouTube (2018年11月2日). 2020年4月19日閲覧。
  18. ^ 馬と鹿 - 米津玄師 / 天音かなた(Cover)”. YouTube (2020年4月18日). 2020年4月19日閲覧。
  19. ^ @suisei_hosimati (2019年3月4日). "【お知らせ】活動資金の調達も兼ねて、Vtuberになりたい方向けに依頼を受け付けることにしました!…" (ツイート). Twitterより2020年4月19日閲覧
  20. ^ 💫いつも応援してくれるみなさまへ💫|星街すいせい-official|pixivFANBOX”. PIXIV FANBOX. ピクシブ (2019年5月20日). 2020年4月19日閲覧。
  21. ^ ときのそらさんやさくらみこさん、星街すいせいさんらホロライブ0期生(ソロデビュー組、無印組)を紹介”. 電撃オンライン (2020年6月21日). 2020年6月26日閲覧。
  22. ^ a b c d e ラジオ初冠のアイドルVTuber星街すいせい「VTuberを『サブカル』から『カルチャー』にしたい」”. エキサイト (2020年5月2日). 2020年6月26日閲覧。
  23. ^ a b 音楽特番『音楽で日本をアゲる!』人気バーチャルアーティストが担当!生放送STUDIO LIVEに初挑戦 | 文化放送 記事詳細”. 文化放送 (2020年6月4日). 2020年6月9日閲覧。
  24. ^ 【歌ってみた】メルティランドナイトメア【#07】 - YouTube”. YouTube (2018年4月30日). 2020年4月19日閲覧。
  25. ^ 【歌枠】チャンネル登録20万人記念歌枠!【ホロライブ / 星街すいせい】 - YouTube”. YouTube (2020年4月15日). 2020年4月19日閲覧。
  26. ^ a b comet / 星街すいせい – YouTube”. YouTube (2018年11月22日). 2020年4月19日閲覧。
  27. ^ 【重大告知アリ】ほしまちすたじお【#4】”. YouTube (2018年7月2日). 2020年4月19日閲覧。
  28. ^ @Signal_virtual (2018年8月5日). "【メンバー2名の脱退報告】01/04…" (ツイート). Twitterより2020年4月19日閲覧
  29. ^ a b c 星街すいせい 彗星の如くあらわれたアイドルVTuber!!! 3月にオリジナル楽曲第3弾発表、4月からラジオ番組もスタート。人気上昇中”. エムオン・エンタテインメント (2020年6月12日). 2020年6月26日閲覧。
  30. ^ a b 天球、彗星は夜を跨いで / 星街すいせい – YouTube”. YouTube (2019年3月22日). 2020年4月19日閲覧。
  31. ^ 【重大発表】待望の…〇〇〇 – YouTube”. YouTube (2019年2月22日). 2020年4月19日閲覧。
  32. ^ 緊急ゲリラ!!「天球、彗星は夜を跨いで」ミリオン達成を見守る会【ホロライブ / 星街すいせい】”. YouTube (2020年3月28日). 2020年4月19日閲覧。
  33. ^ 2ページ目:ホロライブ初の全体ライブ『ノンストップ・ストーリー』レポート”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2020年1月31日). 2020年4月19日閲覧。
  34. ^ a b c 「ホロライブ」所属VTuber「星街すいせい」、ニューシングル「NEXT COLOR PLANET」を本日発表! |カバー株式会社のプレスリリース”. PR TIMES (2020年3月21日). 2020年4月19日閲覧。
  35. ^ a b 緊急ゲリラ!!「NEXT COLOR PLANET」ミリオン達成を見守る会【ホロライブ / 星街すいせい】”. YouTube (2020年6月5日). 2020年6月5日閲覧。
  36. ^ 星街すいせいの新曲「NEXT COLOR PLANET」配信開始 | Mogura VR”. MoguLive. Mogura (2020年3月23日). 2020年4月19日閲覧。
  37. ^ 星街すいせい、ニューシングル「NEXT COLOR PLANET」3/22より配信 | PANORA”. PANORA. パノラプロ (2020年3月22日). 2020年4月19日閲覧。
  38. ^ オリコンデイリー デジタルシングル(単曲)ランキング 2020年03月22日付 | ORICON NEWS”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月24日閲覧。
  39. ^ 【moraアニソンTOP10】VTuber星街すいせいが初登場2位! μ's3年半ぶりのニューシングルもリリース - PHILE WEB”. Phile web. 音元出版 (2020年3月25日). 2020年4月19日閲覧。
  40. ^ 【moraアニソンTOP10】Aimer『劇場版Fate [HF]』主題歌が1位! “ヒプマイ”一二三と独歩もランクイン - PHILE WEB”. Phile web. 音元出版 (2020年4月1日). 2020年4月19日閲覧。
  41. ^ Suisei Channel's YouTube Stats (Summary Profile) - Social Blade Stats”. 2020年4月19日閲覧。
  42. ^ 【記事コラム】ビリビリ“動画クリエイター”のマネタイズが加速、Eコマースに活路を見いだす“UP主”達 - 中国KOL・越境ECの記事コラム | WeStock | 広告費不要で2億人にリーチできる中国KOLのECショップネットワーク。” (2019年7月3日). 2020年4月19日閲覧。
  43. ^ 「ホロライブ」所属VTuber「星街すいせい」、文化放送 超!A&G+にて初の冠ラジオ番組「ホロライブ presents 星街すいせいのMUSIC SPACE」がスタート!:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年3月22日). 2020年4月19日閲覧。
  44. ^ ぶいおん!! SAKURA MUSIC LIVE 2020年3月19日放送 #アメノセイ #星街すいせい #ココツキ(#鈴代ここね #鈴代つきね #響かさね ) - YouTube”. YouTube (2020年3月19日). 2020年3月19日閲覧。
  45. ^ @ToriiPro (2020年3月19日). "てぇてぇTV明日2330放送…" (ツイート). Twitterより2020年4月19日閲覧
  46. ^ 「NHKバーチャル文化祭」放送決定! | NHKアニメワールド”. 日本放送協会 (2020年7月21日). 2020年7月21日閲覧。
  47. ^ バーチャルシンガーAZKi、初の単独リアルライブイベント『The Shitest Start』が完売、そして大盛況に終了!<オフィシャルライブレポート>|カバー株式会社のプレスリリース”. PR TIMES (2019年5月22日). 2020年4月19日閲覧。
  48. ^ バーチャルシンガー・VTuber「AZKi」2ndライブ『A GOODDAY TO DiE』、所属レーベルイベント『INNK EXHiBiTiON』ソールドアウトで終幕!<オフィシャルライブレポート>|カバー株式会社のプレスリリース”. PR TIMES (2019年8月9日). 2020年4月19日閲覧。
  49. ^ hololive 1st Fes. 『ノンストップ・ストーリー』@20/1/24 豊洲PIT - 超満員の豊洲PITで開催、VTuberグループホロライブ初の全体ライブ!<オフィシャルライブレポート>|カバー株式会社のプレスリリース”. PR TIMES (2020年1月28日). 2020年4月19日閲覧。
  50. ^ 2/16に「会える! 話せる! VTuberおしゃべりフェス on バレンタイン ホロライブ編」を開催 | PANORA”. PANORA. パノラプロ (2020年1月30日). 2020年4月19日閲覧。
  51. ^ SPWN It's a Virtual Pop World!”. 2020年6月9日閲覧。
  52. ^ a b バーチャルユニットフェス「VILLS」再始動!7/19(日)配信プラットフォームSPWNでオンライン開催|中京テレビ放送株式会社のプレスリリース”. PR TIMES (2020年6月8日). 2020年6月9日閲覧。
  53. ^ 3月21日(土)バーチャルユニットフェス「VILLS」新情報ホロライブの星街すいせい&さくらみこが音楽ステージに出演!さらにPalette Projectの選抜メンバーが決定!|中京テレビ放送株式会社のプレスリリース”. PR TIMES (2020年2月7日). 2020年4月19日閲覧。
  54. ^ ホロライブの星街すいせい&さくらみこ、バーチャルユニットフェス「VILLS」音楽ステージに出演” (日本語). www.screens-lab.jp. 2020年4月28日閲覧。
  55. ^ 3/21 バーチャルユニットフェス「VILLS」新型コロナウイルス感染拡大防止のため無期限延期|中京テレビ放送株式会社のプレスリリース”. PR TIMES (2020年2月27日). 2020年4月19日閲覧。
  56. ^ 【B限3D】重大发表!原创曲披露!”. Bilibili (2020年6月16日). 2020年6月26日閲覧。
  57. ^ BilibiliWorld 魔法之门开启在即!” (中国語). bilibili. 2020年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]