浅岡雄也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浅岡雄也
出生名 浅岡雄一
別名 u-ya asaoka
uyax
生誕 (1969-01-25) 1969年1月25日(48歳)
出身地 東京都
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
作詞家/作曲家
活動期間 1990年
レーベル FlyBlue
事務所 U-Factory
共同作業者 NORWAY
公式サイト http://www.uyax.jp/

浅岡 雄也(あさおか ゆうや、1969年1月25日 - )は東京都出身の歌手であり、元FIELD OF VIEWボーカルである。FIELD OF VIEW解散後はソロ活動を続けている。身長175cm。左利き

来歴[編集]

バンド活動[編集]

1990年Missing Peaceボーカルとして、ストリートで活動。主に都内ライブハウス、原宿ホコ天等でヴィジュアルロックバンドとして活動していた。三宅裕司のいかすバンド天国にて完奏、湯川れい子に「可愛いで賞」を貰う。

1991年PANDORAのボーカルとしてPIONEER LDCよりメジャーデビュー。シングル/アルバム各一枚を発売。

1994年viewのボーカルとしてメジャーデビュー。1995年FIELD OF VIEWのボーカルとして再デビュー。2002年11~12月のライブをもって解散。活動については、FIELD OF VIEWの項を参照。

ソロ活動開始[編集]

FIELD OF VIEW解散時は、今後の活動について触れられていなかったが、2003年1月25日、本人の誕生日に、オフィシャルサイト『Uyax.com』が設立され、それをもって、ソロ活動開始となった。

7月30日にソロデビューアルバム『ウタノチカラ』がトライエムよりリリースされる。12月3日には、ソロデビューシングル『Life goes on』をリリース。テレビ東京特撮テレビドラマ超星神グランセイザー』オープニングテーマで、作曲はEddy Blues名義で織田哲郎である。

ソロ活動[編集]

2004年3月17日に2ndアルバム『コトノハ』をリリースし、それを引き下げて、6月に初のソロライブツアー『1st LIVE TOUR コトノハ2004 ~To the Next From Here~』を開催。9月29日にそのライブを収録したDVD『1st LIVE TOUR KOTONOHA 2004 "To The Next From Here"』をリリースする。

ライブツアー終了後もコンスタントに新曲がリリースされ、2005年3月に2回目のソロライブツアー『2nd LIVE TOUR 2005 "spice"』を開催し、9月にはアコースティックライブツアーを開催するなど、ライブ活動も積極的に行う。10月26日、4thアルバム『トキノシズク』リリースの際に、レーベルの吸収に伴い、レコード会社が徳間ジャパンコミュニケーションズに変更となった。

2006年は、4月6日にアコースティックアルバム『ウタウタイ其の一』をリリースし、7月と11月にアコースティックライブツアーを開催した。年末にも都内でライブを開催している。

2007年3月21日に、5thシングル『僕達のHarmony』をリリース。作曲は、韓国ドラマ冬のソナタ』の主題歌で作曲を手掛けたユ・ヘジュンである。4月25日には5thアルバム『Horizon』をリリースし、各地にてインストアのリリースイベントが開催された。12月にライブツアー『4th LIVE TOUR "Horizon"』を開催。また、その頃から『快感MAP』に出演するなど、TVにも顔を出すようになる。

2008年1月18日、『欠けたパズル』『いつの日か』をdwango.jpにて配信。ライブで発表され、温められてきた曲である。4月11日、『卒業写真』(荒井由実のカバー)をdwango.jpにて配信。同日にカラオケ番組にて披露している(エピソード参照)。9月3日にベストアルバム『ウタノチカラタチ+4 〜u-ya asaoka Best Album〜』をリリースし、ここでも各地にてインストアのリリースイベントが開催されている。

その頃より、都内を中心に多くのライブハウスでの活動が多くなり、安部潤との共演や飛び入り参加のものもある。

2012年1月7日よりLOVE FM福岡市)にて、約10年振りとされる[1]冠番組がスタート。放送は当初毎週土曜日23時30分からの30分間だったが、2012年4月より毎週火曜日21時30分からの30分間に時間帯が変更された。番組は公式ポッドキャストでも配信されているため、LOVE FMの可聴地域(九州北部地域)以外からも聴くことができる。

同年5月、秋に開催予定の「BEING LEGEND」と題されたイベントツアーに「FIELD OF VIEW」としての参加を発表(バンド名義であるが、参加は浅岡のみが全公演参加)。競演は再結成した「T-BOLAN」、「B.B.クィーンズ」と「DEEN」である。

事務所変更[編集]

ベストアルバムがリリースされた頃に、所属事務所との契約が翌年9月で満了となり、事務所が変更になることが公式に発表された。

2009年1月25日プレオフィシャルサイト『Uyax.jp』(外部リンク参照)を開設。同日には「両国Fourvalley」にてBirthdayライブを実施。その際、新曲『Fly / Never stop for new day』を限定リリース[2]。プレオフィシャルサイトに不定期つぶやきというコーナーがあるが、結局は流行のTwitterにアカウント登録してつぶやくこととなった(アカウントは外部リンク参照)。9月30日にオフィシャルサイト『Uyax.com』を前事務所との契約終了をもって閉鎖(10/1現在空白)し、10月1日に『Uyax.jp』がオフィシャルサイトに昇格。11月25日、8thアルバム『ウタハトビラヲアケテユク』をリリース[3]

2010年5月15日、デビュー15周年ライブを渋谷Duoで行う。ゲストは織田哲郎。ライブ会場にて『世界の真ん中で』をリリース。2011年1月1日、2枚目のミニアルバム「メビフォエバ」をリリース[4]1月30日、渋谷プレジャープレジャーにて3度目の「u-ya asaoka BirthdayLive」を行う。満員のファンの前で、前半はTechnoSTYLE、後半はBandSTYLEにて、『uyax』(浅岡雄也Techno名義)と『浅岡雄也』を使い分けていた。

略歴[編集]

1991年1992年
1994年2002年
2003年
  • 1月25日: オフィシャルサイト『Uyax.com』を設立。ソロ活動開始。
  • 7月30日: ソロデビューアルバム『ウタノチカラ』をリリース。レコード会社はトライエム
  • 12月3日: ソロデビューシングル「Life goes on」をリリース。
2004年
  • 3月17日: 2ndアルバム『コトノハ』をリリース。
  • 6月: 初のソロライブツアー『1st LIVE TOUR コトノハ2004 ~To the Next From Here~』を開催。
  • 9月29日: 6月のライブを収録したDVD『1st LIVE TOUR KOTONOHA 2004 "To The Next From Here"』をリリース。
  • 10月21日: 2ndシングル「キミヲマモリタクテ」をリリース。
  • 11月25日: 3rdアルバム『キボウノネイロ』をリリース。
2005年
  • 2月23日: 3rdシングル「桜色」をリリース。
  • 3月: ライブツアー『2nd LIVE TOUR 2005 "spice"』を開催。
  • 9月: アコースティックライブツアー『10th Anniversary~Acoustic Live Tour 2005“Go back to the basics I』を開催。
  • 9月22日: 4thシングル「旅人たちへ」をリリース。
  • 10月26日: 4thアルバム『トキノシズク』をリリース。レーベルの吸収に伴い、レコード会社が徳間ジャパンコミュニケーションズに変更。
  • 11月: ライブツアー『10th Anniversary ~3rd LIVE TOUR 2005 "トキノシズク"』を開催。
  • 12月29日: ライブ『10th Anniversary BEST LIVE SELECTION 2005 "Go back to the basics" & "トキノシズク"』を開催。
2006年
  • 1月25日: 2005年11月のライブを収録したDVD『10th Anniversary~3rd LIVE TOUR 2005 "トキノシズク"』をリリース。
  • 4月6日: アコースティックアルバム『ウタウタイ其の一』をリリース。
  • 7月: アコースティックライブツアー『10th Anniversary"Acoustic Live 2006"Go to back to the basics II"』を開催。
  • 11月: アコースティックライブツアー『10th Anniversary Final〜Acoustic Live Tour 2006 "kimochi" & "kokoro"』を開催。
  • 12月28日: ライブ『10th Anniversary Final〜BEST LIVE SELECTION 2006 "ALL OVER AGAIN"』を開催。
2007年
  • 3月21日: 5thシングル「僕達のHarmony」をリリース。
  • 4月25日: 5thアルバム『Horizon』をリリース。
  • 12月: ライブツアー『4th LIVE TOUR "Horizon"』を開催。
2008年
  • 1月18日: 「欠けたパズル」「いつの日か」をdwango.jpにて配信。
  • 4月11日: 「卒業写真」(荒井由実のカバー)をdwango.jpにて配信。
  • 9月3日: ベストアルバム『ウタノチカラタチ+4 〜u-ya asaoka Best Album〜』をリリース。
  • 12月3日: 6thシングル「生きる星」をリリース。
2009年
  • 1月25日プレオフィシャルサイト『Uyax.jp』を開設。同日に「両国Fourvalley」にてBirthdayライブを実施。その際、新曲「Fly / Never stop for new day」を限定リリース。
  • 9月30日、オフィシャルサイト『Uyax.com』を前事務所との契約終了をもって閉鎖。
  • 10月1日、『Uyax.jp』がオフィシャルサイトに昇格。
  • 11月25日、8thアルバム『ウタハトビラヲアケテユク』をリリース。
2010年
  • 5月15日、ライブ会場にてミニアルバム『世界の真ん中で』をリリース。デビュー15周年ライブを渋谷Duoで開催。
2011年
  • 1月1日、2ndミニアルバム『メビフォエバ』をリリース。
  • 1月30日、渋谷プレジャープレジャーにて3度目の「u-ya asaoka BirthdayLive」を開催。
  • 7月9日、デビュー16周年ライブを渋谷Duoで開催。
  • 10月10日、9thアルバム『キミガセカイヲカエテユク』をリリース。
  • 10月: ライブツアー『7th LIVE TOUR "キミガセカイヲカエテユク"』を開催。
2012年
  • 1月7日福岡市内のFMラジオ局LOVE FMにて、ラジオ番組 浅岡雄也Presents「キミガセカイヲカエテユク」がスタート。
  • 3月24日、3rdミニアルバム『空の果て』をリリース。
  • 10月4日、ベストアルバム『u-ya asaoka Legend Anniversary FlyBlue Best 2012』をリリース。

人物・エピソード[編集]

  • 『ましろ』という名前の犬を飼っている。かつては『さけび』という名前の猫も飼っていたが、2011年7月1日に永眠したとされている。
  • 2003年、ソロデビューアルバムリリースにちなんで、公式発表の前日に日記で「旅に出ます。探さないで下さい。」と意味深な表現をしたため、ファンだけではなく、知り合いからも波紋を呼んだ。後日に日記で反省の弁を述べている。
  • 織田哲郎安部潤の公式ホームページのBBSブログに書き込んだことがある。
  • インターネットテレビ局のあっ!とおどろく放送局での『織田哲郎のオダテツ辞典』にゲスト生出演した(現在はオンデマンドにて視聴可能)。
  • 2008年4月11日テレビ朝日史上最強のメガヒットカラオケBEST100 完璧に歌って1000万円!!』の『得点カラオケ名曲カバー対決』に出演し、荒井由実の『卒業写真』を披露した[5]。その後に、カヴァー曲としてdwango.jpにて配信された[6]
  • 2008年9月11日フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!』のコーナー『朝のヒットスタジオ』に出演。トークでは、小倉智昭に「(ソロではすべてが自分の責任になるけど、)印税は独り占めだからね(笑)」とツッコミをされて、思わず苦笑いをしながら、「お金とかよりも、いい歌を歌って、歌をちゃんと届けていきたいです」と語った。生演奏で『突然』を披露した[7]
  • 2008年10月10日、『再び史上最強のメガヒットカラオケBEST100 完璧に歌って1000万円!!』に出演。徳永英明の『レイニーブルー』を披露した[8]
  • 2011年7月17日TBSクイズ☆タレント名鑑』の『カラオケで持ち歌歌われるまで帰れません』企画に出演、午後3時のスタートから12時間以上持ち歌が歌われず、ウトウト寝てしまったところでようやく「DAN DAN 心魅かれてく」のリクエストがあった部屋に乱入、最下位のBro.KORNに僅差で勝ち抜けた[9]
  • 2012年1月7日浅岡雄也presents「キミガセカイヲカエテユク」第1回放送内で、かつて自身が所属していたFIELD OF VIEWの名前を噛んでしまう場面を見せてしまう。
  • 飯野賢治GLAYHISASHIらと直接スタジオに入らず、音楽ファイルのやりとりだけでレコーディングするバンド『NORWAY』を結成。ボーカルを務める。『グロリアス』、『GET WILD』、『君に、胸キュン。』等の名曲カバーがyoutubeにて公開されている[10][11]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 楽曲制作 規格品番 最高位
1st 2003年12月3日 Life goes on 作詞:浅岡雄也
作曲:Eddy Blues
編曲:沢崎公一
TKCU-72614 55位
2nd 2004年10月21日 キミヲマモリタクテ。 作詞:浅岡雄也
作曲:木村真也
編曲:久米康隆
MECR-1045 63位
3rd 2005年2月23日 桜色 作詞:浅岡雄也
作曲:浅岡雄也
編曲:久米康隆
MECR-1049 117位
4th 2005年9月22日 旅人たちへ 作詞:浅岡雄也&Karin
作曲:阿部靖広
編曲:板垣祐介
MECR-1054 74位
5th 2007年3月21日 僕達のHarmony 作詞:浅岡雄也
作曲:ユ・ヘジュン
編曲:田辺トシノ
TKCA-73171 97位
6th 2008年12月3日 生きる星 作詞:石森ひろゆき
作曲:矢田部正&カラオケ事業者協会
編曲:矢田部正
TKCA-73387 132位
7th 2013年7月26日 ダウト/七色 作詞:浅岡雄也
作曲:浅岡雄也
編曲:浅岡雄也
FBCR-10th 対象外
8th 2014年7月26日 奇跡のような確率で/Rainbow 〜あの虹の向こうへと〜 作詞:浅岡雄也
作曲:浅岡雄也
編曲:浅岡雄也
FBCR-11th 対象外
9th 2015年4月25日 未来のReality/True or Lie 作詞:浅岡雄也
作曲:浅岡雄也
編曲:浅岡雄也
FBCR-20150425 対象外

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2003年7月30日 ウタノチカラ MECR-3017 50位
2nd 2004年3月17日 コトノハ MECR-3022 99位
3rd 2004年11月25日 キボウノネイロ MECR-3023(限定盤)
MECR-3024
85位
4th 2005年10月26日 トキノシズク TKCA-72922 79位
5th 2007年4月25日 Horizon TKCA-73176 152位
6th 2009年11月25日 ウタハトビラヲアケテユク FBCR-001 対象外
7th 2011年10月10日 キミガセカイヲカエテユク FBCR-002 対象外
8th 2013年10月25日 ミライノツクリカタ FBCR-10th 対象外

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2010年5月15日 世界の真ん中で FBCR-002
2nd 2011年1月1日 メビフォエバ FBCR-003
3rd 2012年3月24日 空の果て FBAL-20120324
4th 2013年3月31日 Only Lonely FBCR-20130331

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2008年9月3日 ウタノチカラタチ+4 〜u-ya asaoka Best Album〜 TKCA-73348 103位
2nd 2012年10月4日 u-ya asaoka Legend Anniversary FlyBlue Best 2012 FBCD-Best2012 対象外

アコースティックアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
2006年4月26日 ウタウタイ 其の一 TKCA-72997 143位

リミックスアルバム(uyax名義)[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2004年7月31日 UYAX 002 HGM-0001
2nd 2005年7月31日 UYAX 003 [MINIMALISM] HGM-0501
3rd 2006年10月25日 UYAX 001 [Custom logical circuit Remix2006] HKAL06001
4th 2007年7月30日 UYAX 004 [AIR CONTROL] HKAL-07002
5th 2011年5月15日 uyax_005 【Pray】 FBTA-2011
6th 2014年1月25日 uyax 006 【Despair and happiness】 βversion FBCR-Pri006

ライブアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2013年9月14日 u-ya asaoka 10th Anniversary Live Vol.1 FBCR-10thVol1
2nd 2013年12月28日 u-ya asaoka 10th Anniversary Live Vol.2 FBCR-10thVol2

配信限定[編集]

発売日 タイトル 備考
2007年4月24日 僕達のHarmony 〜Symphony Arrange〜 着うた配信
2007年12月12日 ウタノチカラ (1st LIVE TOUR KOTONOHA 2004 ~To the Next From here~) 着うた配信
Moment (10th Anniversary~3rd LIVE TOUR 2005 "TOKINOSHIZUKU") 着うた配信
2008年1月18日 欠けたパズル 着うた配信
いつの日か 着うた配信
2008年4月11日 卒業写真 着うた配信
2010年7月30日 7th_Anniv_loveme_remix 期間限定無料配信
2011年7月6日 ウタハトビラヲアケテユク/音楽連鎖 ver. 2011

プリプロダクションズ[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2009年1月25日 u-ya asaoka pre-productions 001 PRSG-001
2nd 2009年3月28日 u-ya asaoka pre-productions 002 PRSG-002
3rd 2009年7月19日 u-ya asaoka pre-productions 003 PRSG-003
4th 2009年8月16日 u-ya asaoka pre-productions 004 PRSG-004

デモ音源集[編集]

発売日 タイトル
2011年12月24日 ウタハトビラヲアケテユク demo集
2011年12月24日 キミガセカイヲカエテユク_demo集
2014年11月16日 MirainoTsukurikata Demo+@2014-2015

公式海賊版[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2012年7月29日 uyax 9th Anniversary 2012 OfficialBootLeg FBCR-9thBootLeg
2015年1月25日 u-ya asaoka Official Bootleg 2015 FBCR-20150125


コラボレート[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
2010年2月10日 Songs that open doors Techno style Remix FBCR-501 uyax & crock名義
2012年6月3日 R3+u-ya asaoka Collaborate CD FBCR-20120603 R3+u-ya asaoka名義

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位 備考
1st 2004年9月29日 1st LIVE TOUR KOTONOHA 2004 "To the Next From Here" MEBR-4008 59位
2nd 2006年1月25日 10th Anniversary~3rd LIVE TOUR 2005 "TOKINOSHIZUKU" TKBA-1079 201位
2008年9月 U-YA ASAOKA 5th Anniversary vol.1 U-04108 対象外 前公式サイト通販限定(現在は取り扱い終了)
2009年9月 U-YA ASAOKA 5th Anniversary vol.2 U-04110 対象外 前公式サイト通販限定(現在は取り扱い終了)
2015年7月27日 u-ya asaoka 20150425 Live Bootleg FBDR-20150425-727 対象外 公式サイト通販限定

参加作品[編集]

発売日 アーティスト タイトル 備考
2015年10月28日 相川七瀬 - カバーアルバム「Treasure Box -Tetsuro Oda Songs-」にコーラスで参加[12]

脚注[編集]

  1. ^ 「浅岡雄也Presentsキミガセカイヲカエテユク」第1回放送内本人談による。
  2. ^ シングルでの一般販売は行わず、11月25日リリースの8thアルバム『ウタハトビラヲアケテユク』に収録。
  3. ^ 浅岡雄也8thアルバム『ウタハトビラヲアケテユク』紹介ページ
  4. ^ 浅岡雄也2ndミニアルバム『メビフォエバ』紹介ページ
  5. ^ 得点カラオケ名曲カバー対決”. 『史上最強のメガヒットカラオケBEST100 完璧に歌って1000万円!!』番組公式サイト (2008年4月11日). 2015年1月13日閲覧。
  6. ^ ドワンゴ「卒業写真」浅岡雄也
  7. ^ 浅岡雄也、小倉智昭氏からのツッコミみに苦笑い BARKS 2008年9月11日
  8. ^ 得点カラオケ名曲カバー対決”. 『史上最強のメガヒットカラオケBEST100 完璧に歌って1000万円!!』番組公式サイト (2008年10月10日). 2015年1月13日閲覧。
  9. ^ "カラオケで持ち歌歌われるまで帰れません". クイズ☆タレント名鑑. TBSテレビ. 2011年7月17日放送.
  10. ^ Twitter発、有名アーティストによるユニット「NORWAY」”. CNET Japan. 2013年5月30日閲覧。
  11. ^ 次世代型レコーディングの可能性を見せるバンド NORWAY!”. OPENERS. 2013年5月30日閲覧。
  12. ^ 全ナンバー織田哲郎作曲!相川七瀬カバー集、つるの剛士や大黒摩季ら参加”. 音楽ナタリー (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]