新世界ノート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新世界ノート
UNISON SQUARE GARDENミニアルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル UKプロジェクト(再発)
トイズファクトリー(再々発)
UNISON SQUARE GARDEN アルバム 年表
新世界ノート
(2006年)
流星前夜
2008年
テンプレートを表示

新世界ノート』(しんせかいノート)は、UNISON SQUARE GARDENのインディーズ1作目のミニアルバム2006年8月1日発売。2008年1月16日再販後廃盤。2019年7月3日再々発。

概要[編集]

2006年8月1日に下北沢CLUB251で行われたUNISON SQUARE GARDEN自主企画『箱庭ノスタルジア vol.2』で発売を開始した[1]。その後、ライブ会場とハイラインレコーズでのみ販売を行い、計1,000枚を1年間で完売させた。

2008年1月16日にリマスタリング盤をUKプロジェクトより全国発売。2枚目のミニアルバム『流星前夜』と同時発売となった。また、ジャケットが先のものから変更されている。 さらに、2019年7月3日にトイズファクトリーから再々発。ジャケットは変更されていない。

楽曲について[編集]

アナザーワールド
アウトロに次曲のカウントが入っている。2017年4月現在、ライブ音源を除くバンドの楽曲の中では演奏時間が最長。
自主盤と流通盤とではイントロが異なる。
センチメンタルピリオド
メジャーデビュー時、1stシングルとしてカット。音源は異なる。
さよなら第九惑星
「第九惑星」は冥王星を指し、歌詞もそれに即して書かれている。
サーチライト
自主盤と流通盤とではイントロが異なる。
箱庭ロック・ショー
メジャーデビュー1stアルバム『UNISON SQUARE GARDEN』、10周年記念アルバム『DUGOUT ACCIDENT』にも収録。それぞれ全て音源は異なる。

収録曲[編集]

全作詞・作曲: 田淵智也、全編曲: UNISON SQUARE GARDEN。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「アナザーワールド」田淵智也田淵智也
2.センチメンタルピリオド田淵智也田淵智也
3.「さよなら第九惑星」田淵智也田淵智也
4.「サーチライト」田淵智也田淵智也
5.「ライトフライト」田淵智也田淵智也
6.「箱庭ロック・ショー」田淵智也田淵智也
合計時間:

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ unisonHP(UNISON SQUARE GARDENの旧ウェブサイト)