鈴木貴雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 貴雄
出生名 鈴木 貴雄
生誕 (1985-06-13) 1985年6月13日(37歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル
職業 ドラマー
担当楽器
活動期間 2004年 -
レーベル Toy's Factory
事務所 Sony Music Artists
共同作業者 UNISON SQUARE GARDEN

鈴木 貴雄(すずき たかお、1985年6月13日[1] - )は、日本のミュージシャンドラマーゲーム実況者YouTuber。スリーピース・ロックバンドUNISON SQUARE GARDENドラムスとコーラスを担当しているほか、PACAO名義でYouTubeゲーム実況動画を投稿している。

人物[編集]

  • UNISON SQUARE GARDEN結成前は浪人しながら複数バンドを掛け持ちして活動していたが、USG結成を機に他バンドと予備校を同時に辞めて加入した[2]
  • ESP専門学校出身という誤った情報が出回っているが、ドラムを完全に独学で習得した自称「野良ドラマー」である。[要出典]
  • 好きな音楽は「ミッシェルとか、イエモンの時代のロックバンド」であり、特に黒夢のファンであることを公言している。また洋楽ではMuseのことを「世界で一番かっこいいスリーピースバンド」と評している。[要出典]
  • 2014年よりSchroeder-HeadzのサポートでマレーシアのJAZZ FESTIVALに出演するなど、サポートミュージシャンとしても活動している。

服作り[編集]

  • UNISON SQUARE GARDENではドラマーという役割のほか、バンドのグッズ開発も手掛けている。
  • 2020年に「ストフ(STOF)」の谷田浩によるブランド「ストラマ(STORAMA)」の他業種コラボプロジェクト「SESSIONS」でコラボアイテムを販売[3]
  • 2021年に、谷口浩と共に新レーベル・パンタレイ(PANTARHEY)をスタートした[4]
  • ストフへの愛は「少しネガティブな言い方をすると99%これしか着れない」と言うほどである[5]

使用機材[編集]

  • 自分の使う楽器に制限を作りたくないという思いからエンドース契約をしていない[6][7]
  • 通常はバスドラムの上に置かれるタムをフロアタムの位置にセットしており、「自分の叩くバック・ビートをお客さんに視覚でも感じてほしい」という理由からである[8]。通常のセッティングでは、タムに隠れてスネアドラムを叩いている手元は見えないが、フロアタムの位置にセットすることでしっかりと見ることが出来る。2015年頃までは一般的なワンタムセッティングだったが、2016年頃に上記の理由からスネアと同じ高さまでタムの位置が下がった後現在の位置に移動した。
  • シンバルは鈴木が良いと思ったサウンドのモデルを自由に配置していくためにメーカーはバラバラである[8]
  • シンバルワッシャーには、CIMPADのブルーとイエローを使用している。
  • スネア、タム、フロアタムは布をクリップで止めてミュートしている。以前はムーンジェルでミュートしていた[7]
  • バラード等では、リングミュートを使用する場合もある。
  • スタンドなどのハードウェアは基本的にDWのものを使用。
  • TOUR 2018「MODE MOOD MODE」、TOUR 2019「MODE MOOD MODE ENCORE」では、LPのボンゴ、ヴィブスラップ、サンバホイッスルを使用したドラムソロを披露した。
ドラムセット
  • Ludwig ビスタライト(3rd アルバム頃まで)
  • DW Collector's Maple (Natural to Regal Blue Fade) バスドラム 22"×16"、タム 12"×8"、フロアタム 16"×14"(4th アルバム頃〜2021年現在)
    鈴木曰く「アタックとローエンド、音量に優れている」[6]
    ライブ、レコーディング共に不動のメイン・キットとして活躍している。
スネアドラム
  • Pearl ウルトラキャスト アルミ 14"x5"(2014年頃)
  • Pearl リファレンス ブラス 14"×6"1/2 (2014〜2016年頃)
  • Slingerland ブロンズ 1970年製 14"×6" (2016年頃)
    鈴木曰く「暖かくスカーンと上に抜ける音。ただギュッとした中域の音が弱い」[6]
  • GOSTRAY EVO メイプル 14"×6.5"(2017年〜2019年頃)。
    鈴木曰く「メイプルらしい明るい音色で、鳴らしたいサウンドがすべて鳴ってくれる」[8]
    ヘッドはアクエリアンのテクスチャー・コーテッドを使用。
  • DW ブラス 14"×4"(2019年頃)
ハイハットシンバル
  • Zildjian 14" new beat(2014年〜2016年頃)
  • AGEAN 14" extreme(2014年〜2016年頃)
    トップをAGEAN extreme、ボトムをZildjianニュービートにして使用していた[6]
  • MEINL 14" Byzance Traditional Medium(2017年〜2019年頃、2021年現在再び使用中)
  • SABIAN 14" Crescent Element(2019年〜2021年頃)
クラッシュシンバル
  • Zildjian 16" 18"­­ A rock(2014年頃)
  • Zildjian 16" 18" A Medium(2016年頃)
  • AGEAN 17" 18" extreme(2016年頃)
  • MEINL 16" Byzance Medium Thin(2018年頃)
  • MEINL 20" Byzance Vintage(2018年頃)
  • MEINL 16" Byzance Jazz Medium Thin(2019年頃)
  • MEINL 18" Byzance Vintage Sand Thin(2019年頃)
ライドシンバル
  • PAISTE 22" スチュワートコープランド big blue bell(2014年頃)
  • Zildjian 20" A ロック(2016年頃)
  • MEINL 20" Byzance Traditional Medium(2018年頃)
  • MEINL 21" Byzance Traditional Heavy(2019年頃)
スプラッシュシンバル
  • Zildjian 8" ZHT(2016年頃まで)
  • Zildjian 10" A(2016年頃まで)
  • MEINL 10" Classic Custom(2016年頃〜2021年現在)
    2016年頃まではZildjianの8インチと10インチをセットしていたが、2016年以降はMEINLの10インチ1枚のみ。
チャイナシンバル
  • PAISTE 20" the paiste(2014年頃)
  • Zildjian 18" Fx Oriental China Trash(2015年〜2018年頃)
  • MEINL 20" Byzance Traditional(2018年頃〜2021年現在)
スタックシンバル
  • SABIAN HH 14"&12" Max Stax(2016年頃〜2021年)
    歯切れの良い機械的な音の重ねシンバル。
    「アトラクションがはじまる(they call it “NO.6”)」「サンタクロースは渋滞中」「Own Civilization (nano-mile met)」「MIDNIGHT JUNGLE」等で使用。
    「オトノバ中間試験」ではライブで使用。
    2021年にセットから外されている。
タンバリン
  • Pearl ホワイト(2012年頃まで)
  • LP レッド(2012年〜2015年頃)
  • MEINEL TMT2BK(2015年頃〜2021年現在)
    アタッチメントはTAMAのCBA56を使用。
カウベル
  • LPのものを使用。
    フロアタム付近に設置。ハイハットの上のタンバリンの横に設置していた時期もあった。
フットペダル
  • DW 5002 TD4(〜2019年頃)
  • DW 9002(2019年頃〜2021年現在)
スティック
  • PROMARK rock 747(2014年頃)
  • Pearl 9STH(2016年頃)
  • LOSCABOS Shotguns(2016年頃)
    チップがないモデル。左手のみに使用していた。
  • LOSCABOS LCD5BH 5B ヒッコリー(2017年頃)
  • LOSCABOS LCD5AH 5A ヒッコリー(〜2021年現在)
  • PROMARK HOT RODS
    たらればわたがし」などでレコーディング、ライブ共に使用。
サンプリングパッド
ヘッドホン
  • SONY MOR-C900STE
    同期音源を流す曲を演奏する際に使用する。クリックが流れている。
    同期音源を使用しない曲から使用する曲へと続ける際は、スタッフがヘッドホンを付け外しすることも多々ある。

「PACAO」名義での活動[編集]

PACAO
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年2月29日 -
ジャンル ゲーム実況
登録者数 1.32万人
総再生回数 1,530,315回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年11月5日時点。
テンプレートを表示

ゲーム実況[編集]

  • 大のゲーマーであり、特に『スプラトゥーン』シリーズは全国ランキング800万人中、2000位以内にランクインするほどの腕前。2019年には友人と共にチーム「スナッ区・シジマ駅」を結成し、公式大会である「スプラトゥーン甲子園2019」に出場した(3回戦敗退)[9]
  • 2020年2月29日よりYouTubeチャンネル「PACAO」でゲーム実況者として活動開始[10]
  • YouTubeではスプラトゥーン2や、リトルナイトメア2、ピクミンデラックス3などの生配信、実況動画の公開を行っている。
  • USGのドラマーとしての活動やその他音楽活動では自らを「ヒト状態」、スプラトゥーンなどゲーム関連の活動をする時は「イカ状態」と呼んで使い分けをしており、自身のTwitterのプロフィールやYouTubeチャンネルの概要欄などに度々登場する言葉である。(「イカ状態」に関しては、主にプレイしているゲームがスプラトゥーンでありイカをモチーフにした作品ということに由来している)[要出典]
  • 「PACAO」名義でスプラトゥーンの大会である「PACAO CUP」を主催している[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ UNISON SQUARE GARDEN | TOY'S FACTORY” (日本語). www.toysfactory.co.jp. 2021年9月30日閲覧。
  2. ^ 『UNISON SQUARE GARDEN』の結成、そしてこれから|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる” (日本語). 読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる. 2021年10月1日閲覧。
  3. ^ FASHIONSNAP.COM (2020年2月28日). “「ストラマ」が他業種とのコラボプロジェクト発表、第1弾はユニゾンの鈴木貴雄がデザイナーに” (日本語). FASHIONSNAP.COM [ファッションスナップ・ドットコム]. 2021年10月1日閲覧。
  4. ^ ストフ : STOF - ファッションプレス”. www.fashion-press.net. 2021年10月1日閲覧。
  5. ^ 公式ブログ”. 2021年11月15日閲覧。
  6. ^ a b c d UNISON SQUARE GARDEN - official web site” (日本語). UNISON SQUARE GARDEN - official web site. 2021年10月7日閲覧。
  7. ^ a b UNISON SQUARE GARDEN - official web site” (日本語). UNISON SQUARE GARDEN - official web site. 2021年10月8日閲覧。
  8. ^ a b c 鈴木貴雄's DRUM KIT | ドラマガWeb” (日本語) (2020年7月15日). 2021年10月7日閲覧。
  9. ^ ファミ通.com (2019年8月3日). “スプラトゥーン甲子園にUNISON SQUARE GARDENの鈴木貴雄が本気で挑んでいた! トップアーティストのガチすぎるエピソードを訊く”. 2019年8月3日閲覧。
  10. ^ PACAO - YouTube”. www.youtube.com. 2021年9月30日閲覧。
  11. ^ https://mobile.twitter.com/pacaocup2” (日本語). Twitter. 2021年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]