Argonavis

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
from ARGONAVIS > Argonavis
Argonavis
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
ポップ・ロック
アニメソング
活動期間 2018年7月 -
レーベル ブシロードミュージック
事務所 HiBiKi(森嶋、前田、日向、伊藤)
キャストコーポレーション(橋本)
公式サイト from ARGONAVIS 公式サイト
メンバー 七星蓮(伊藤昌弘)(ボーカル)
五稜結人(日向大輔)(ギター)
的場航海(前田誠二)(ベース)
桔梗凛生(森嶋秀太)(キーボード)
白石万浬(橋本祥平)(ドラム)

Argonavis(アルゴナビス)は、メディアミックス作品「from ARGONAVIS」から派生した日本の5人組ボーイズバンド[1]。 テーマカラーはVOYAGE BLUE。公式ファンクラブは「Pier」。

概要[編集]

メンバーが担当キャラクターの声優を務め、かつ同じ楽器を実際に演奏し、ライブ活動を行うメディアミックス作品『from ARGONAVIS』の活動の一環で結成されたバンド。

作中に登場する同名のバンド「Argonavis」の"キャラクターとして"ステージに立ち、演奏や歌唱、MCを行う(一部のライブや、アンコールパートなどではキャスト本人として歌唱やMCを行うこともある)。

本バンドへの加入をきっかけに楽器をはじめた「本業が俳優・声優」のメンバー、本作への参加をきっかけに演技を始めた「本業がミュージシャン」のメンバーなど、さまざまな出自のメンバーが集まり結成されている。アニメ収録などの演技の場では声優のメンバーが、バンド活動においてはミュージシャンのメンバーが指導し、お互いに助け合う関係性を構築している。

楽曲は基本的に作品のストーリー、キャラクターの心情などに基づいて作られ、渡辺拓也田淵智也UNISON SQUARE GARDEN)など、様々な作曲家・ミュージシャンから提供を受けている。

メンバー[編集]

  • 公式サイトの紹介順に基づく。
  • 誕生日、出身地、血液型はキャスト本人のもの。
名前 担当楽器 担当キャラ 誕生日 出身地 血液型
いとう まさひろいとう まさひろ
伊藤昌弘
ボーカル 七星蓮 7月24日 静岡県 O型
ひゅうが だいすけひゅうが だいすけ
日向大輔
ギター 五稜結人 1月27日 宮崎県 A型
まえだ せいじまえだ せいじ
前田誠二
ベース 的場航海 7月1日 大阪府 AB型
もりしま しゅうたもりしま しゅうた
森嶋秀太
キーボード 桔梗凛生 8月13日 新潟県 A型
はしもと しょうへいはしもと しょうへい
橋本祥平
ドラム 白石万浬 12月31日 神奈川県 A型
  • 伊藤昌弘(ボーカル担当・七星蓮 役)
    • 『Argonavis 0-2nd LIVE -始動-』より参加。声優になる前はシンガーソングライターだった。
    • 担当キャラクターである七星蓮は楽器演奏が不得意だが、伊藤本人はギターや、大学で専攻していたトランペットをはじめ、様々な楽器の演奏が得意。役を伴わずに本人としてステージに立つ際(アコースティックライブなど)には、演奏を披露することもある。
  • 日向大輔(ギター担当・五稜結人 役)
    • 2018年より声優として活動開始。それ以前はシンガーソングライターだった。
    • 伊藤とのアコースティックライブでは、ギターの他にハーモニカなどの演奏も披露。
    • 2022年2月1日、株式会社アルゴナビスの広報に就任。以降、ファンクラブのブログの更新や写真撮影などを担当している[2]
  • 前田誠二(ベース担当・的場航海 役)
    • 2017年より声優として活動開始。
    • GYROAXIA真野拓実(ギター担当・美園礼音 役)とは同期である。
    • ベースは学生時代に9mm Parabellum Bulletのコピーバンドで担当して以来未経験だった[3]が、現在は宮内告典の友人のミュージシャンにプロと勘違いされるほど上達している[4]
  • 森嶋秀太(キーボード担当・桔梗凛生 役)
    • 2010年より声優として活動開始。
    • 歌が好きで、ゴスペル教室に通っていた。
    • 本プロジェクトへの参加で声優デビューとなった伊藤・日向や、GYROAXIA橋本真一宮内告典に、声優としての技術的な指導を行った。
  • 橋本祥平(ドラム担当・白石万浬 役)
    • 『Argonavis 0-BEYOND LIVE -始動-』より参加。
    • 普段は舞台俳優として活動。舞台の稽古の空き時間を利用してドラムの練習をしている[5]
    • いとこに電子ドラムを貰ったことをきっかけに独学で叩いていたところ、番組企画でドラムの基礎を学ぶ[6]。本プロジェクトへの参加から本格的に習得。
    • 月刊GiGS」にて、初心者向けドラム講座『万里一空の境地を求めてドコドコドン!』を連載していた[7]

エピソード[編集]

楽曲について[編集]

  • 楽曲は「王道」でありつつ、キャラクターが抱える苦悩などを描いた「泥臭さ」や「苦難を乗り越えた希望」のある雰囲気で作られている[8]
  • メインボーカルはほぼ全ての楽曲で伊藤(七星蓮)だが、日向(五稜結人)や森嶋(桔梗凛生)が一部のボーカルパートを担当する楽曲も多い。全員のコーラスが入る楽曲が数曲あるほか、1stライブ等では全メンバーのソロ歌唱(カバー楽曲)が披露された。

ライブについて[編集]

  • ライブでのアレンジ、ステージ演出などはメンバーによる提案で決まっていくことが多い。
  • 『Argonavis 0-1st LIVE -始動-』時は森嶋(キーボード)、日向(ギター)、前田(ベース)のみでライブを行った。ボーカルは持ち回りで担当。練習期間は3〜4ヶ月だった[3]
  • 初期には伊藤・日向による路上ライブなども行われた[8]

来歴[編集]

2018年[編集]

  • 5月12日 - 『BanG Dream!』の男性バンドプロジェクト『ARGONAVIS from BanG Dream!』、バンド「Argonavis」の結成を発表。メンバーとして森嶋秀太日向大輔前田誠二の加入が発表された。
  • 7月29日 - 東京・下北沢GARDENにて『Argonavis 0-1st LIVE -始動-』が開催[9]
  • 9月15日 - 東京・下北沢GARDENにて『Argonavis 0-2nd LIVE -始動-』が開催。伊藤昌弘の参加、キャラクター名とシルエットが発表された。
  • 12月10日 - 東京・下北沢GARDENにて『Argonavis 0-BEYOND LIVE -始動-』を開催。橋本祥平の参加、プロジェクトスタッフ、キャラクターデザインが発表され、5人態勢での活動が開始された。

2019年[編集]

  • 2月20日 - 1stシングル「ゴールライン」発売。
  • 2月22日 - BanG Dream! 7th☆LIVE Day2「Genesis」にオープニングアクトとして演奏。
  • 5月17日 - 舞浜アンフィシアターにて『BanG Dream! Argonavis 1st LIVE』を開催。
  • 7月20日 - 幕張メッセ国際展示場にて『BanG Dream! Argonavis 1.5th LIVE』を『D4DJ 1st LIVE』DAY1と合同開催。
  • 8月21日 - 2ndシングル「STARTING OVER/ギフト」が発売。両曲とも『カードファイト!! ヴァンガード』関連のタイアップ楽曲となる[10]
  • 12月5日 - TOKYO DOME CITY HALLにて『BanG Dream! Argonavis 2nd LIVE「VOICE -星空の下の約束-」』を開催[11]

2020年[編集]

  • 1月15日 - ARGONAVIS 3rdCD「VOICE/MANIFESTO」が発売。
  • 4月28日・29日 - 舞浜アンフィシアターにて『ARGONAVIS 3rd LIVE「CROSSING」』を開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響により延期[注 1][13]
  • 4月29日 - 3rdシングル「星がはじまる」が発売。
  • 6月15日 - デジタルシングル「STARTING OVER feat.旭 那由多」が配信開始。
  • 7月15日 - MixChannelにてオンラインライブ『ARGONAVIS Special Live -Starry Line-』を配信。
  • 8月12日 - 1stアルバム「Starry Line」が発売。
  • 8月29日 - 『Animelo Summer Live 2020 -COLORS-』に出演予定だったが、新型コロナウイルスの影響により2021年に延期となった。
  • 9月26日 - LisOeuf♪ Party 2020 -AUTUMN-に出演。
  • 10月10日 - 東京ガーデンシアターにてGYROAXIA、Fantôme Iris、風神RIZING!、εpsilonΦとの合同ライブ『ARGONAVIS AAside ライブ・ロワイヤル・フェス2020』を開催[14]
  • 12月27日 - デジタルシングル「リスタート」が配信開始。

2021年[編集]

  • 1月5日 - デジタルシングル「超夢宙閃隊〈スターファイブ〉より愛を込めて」が配信開始。
  • 1月9日 - TOKYO DOME CITY HALLにて「ARGONAVIS AAside New Year Event “ナビ初め”」を開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響によりオンライン配信に変更。
  • 1月14日 - デジタルシングル「AAside」が配信開始。
  • 3月12日・13日 - パシフィコ横浜国立大ホールにてにてGYROAXIAとの対バンライブ「ARGONAVIS 3rd LIVE「CROSSING」振替公演」を開催。
  • 4月4日 - 5月2日 - 「アルゴナビス Acoustic Tour 2021 -Spring Session-」を開催。
  • 5月26日 - 4thシングル「JUNCTION/Y」を発売。
  • 5月30日 - コニファーフォレストにてGYROAXIAとの対バンライブ「ARGONAVIS LIVE 2021 JUNCTION A-G」が開催。
  • 6月24日 - 27日 - 舞台『ARGONAVIS the Live Stage』をシアター1010で開催[15]
  • 7月14日 - 5thシングル「可能性/Stand by me!!」を発売[16]
  • 8月28日 -「Animelo Summer Live 2021 -COLORS-」に出演。
  • 9月11日 - 10月31日 - 「アルゴナビス Acoustic Tour 2021 -Autumn Session-」を開催。
  • 10月5日 - KT Zepp YokohamaにてGYROAXIA、Fantôme Iris、風神RIZING!との合同カバーライブ「ARGONAVIS LIVE 2021 COVER FESTIVAL」を開催。
  • 11月19日 - ARGONAVIS シングルCD「きっと僕らは/火花散ル」を発売[17]
  • 11月23日 - 函館市民会館にて「Argonavis LIVE 2021 -きっと僕らは-」 を開催。
  • 12月12日 - Roselia「Edelstein」に伊藤昌弘と日向大輔がオープニングアクトとして出演。

2022年[編集]

  • 1月2日 - パシフィコ横浜国立大ホールにてGYROAXIA、Fantôme Iris、風神RIZING!、εpsilonΦとの合同ライブ「ARGONAVIS LIVE 2022: 1st SHOW  ARGONAVIS LIVE 2022 COVER FESTIVAL mini / 2nd SHOW from ARGONAVIS 1st LIVE -始動-」を開催。
  • 2月3日 - Songful days SEASON2 with“Argonavis”powered by SPICE に伊藤昌弘と日向大輔が出演。
  • 3月9日 - デジタルシングル「As Is あるがままで」が配信開始。
  • 3月23日 - デジタルシングル「銀の新星<SILVER NOVA> feat. 二条 遥 from εpsilonΦ」が配信開始。
  • 3月30日 - デジタルシングル「夏のBURRRRN!!!」が配信開始。
  • 4月2日 - 23日 - 「アルゴナビス Acoustic Tour 2022 -Spring Session-」を開催。
  • 5月7日 - パシフィコ横浜国立大ホールにて「Argonavis LIVE 2022 -DIVE into CYAN-」を開催。
  • 5月14日 - TOKYO DOME CITY HALLにおいて「ARGONAVIS 4th NAVIVERSARY EVENT -CHEMISTRY-」を開催[18]
  • 5月25日 - 2ndアルバム「CYAN」が発売。
  • 6月12日 - D4DJ presents #ARGONAVIS_DJTIME に伊藤昌弘と日向大輔が出演。
  • 8月2日 - デジタルシングル「BLACK&WHITE feat. 旭 那由多 from GYROAXIA」が配信開始。テレビアニメ『カードファイト!! ヴァンガード will+Dress』のオープニングテーマに起用された。
  • 10月1日 - 10日 - ライブツアー「Argonavis TOUR 2022 RUN-UP」を開催予定。
  • 11月13日 - ブシロード15周年記念ライブ in ベルーナドーム に出演予定。

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 販売形態 規格品番 形態 オリコン
最高位[19]
1st 2019年2月20日 ゴールライン CD+Blu-ray BRMM-10178 初回限定盤 34位
CD BRMM-10179 通常盤
2nd 2019年8月21日 STARTING OVER/ギフト CD+Blu-ray BRMM-10206 初回限定盤 34位
CD BRMM-10207 通常盤
3rd 2020年4月29日 星がはじまる CD+Blu-ray BRMM-10259 初回限定盤 17位
CD BRMM-10260 通常盤
4th 2021年5月26日 JUNCTION/Y CD+Blu-ray BRMM-10411 初回限定盤 16位
CD BRMM-10412 通常盤Type-A
BRMM-10413 通常盤Type-B
5th 2021年7月14日 可能性/Stand by me!! CD+Blu-ray BRMM-10426 初回限定盤 12位
CD BRMM-10427 通常盤

アルバム[編集]

発売日 タイトル 販売形態 規格品番 形態 オリコン
最高位
1st 2020年8月12日 Starry Line CD+Blu-ray BRMM-10286 初回限定盤 3位
CD BRMM-10287 通常盤
2nd 2022年5月25日 CYAN CD+Blu-ray ARCA-10001 初回限定盤 20位
CD ARCA-10002 通常盤Type-A
ARCA-10003 通常盤Type-B

配信シングル[編集]

  発売日 タイトル
1st 2020年12月27日 リスタート
2nd 2021年1月5日 超夢宙閃隊〈スターファイブ〉より愛を込めて
3rd 2021年1月14日 AAside
4th 2021年3月14日 Hey! Argonavis
5th 2022年3月9日 As Is あるがままで
6th 2022年3月30日 夏のBURRRRN!!!

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
2021年12月8日 舞台「ARGONAVIS the Live Stage」 Blu-ray+CD BRMM-10452
2022年4月6日 Animelo Summer Live 2021 -COLORS- 8.28 Blu-ray LABX-8534~5/9
2022年4月20日 ARGONAVIS LIVE 2021 JUNCTION A-G Blu-ray+CD BRMM-10541
BRMM-10542

参加作品[編集]

発売日 タイトル 楽曲 収録曲
2020年1月15日 Argonavis×GYROAXIA「VOICE/MANIFESTO 「VOICE」
メリッサ
Argonavis
2020年6月15日 STARTING OVER feat.旭 那由多 from GYROAXIA 「STARTING OVER feat.旭 那由多 from GYROAXIA」 Argonavis feat. 旭 那由多 from GYROAXIA
2021年2月3日 AAside 「AAside」 七星 蓮 × 旭 那由多 × FELIX × 神ノ島風太 × 宇治川紫夕
Argonavis×GYROAXIA
UNION Argonavis
2021年11月17日 Argonavis/GYROAXIA「きっと僕らは/火花散ル 「きっと僕らは」
「Root of Love」
ARGONAVIS Cover Collection -Mix- GO!!!
READY STEADY GO
スターライトパレード
*~アスタリスク~
2022年3月23日 銀の新星<SILVER NOVA> 「銀の新星<SILVER_NOVA>」 Argonavis feat. 二条 遥 from εpsilonΦ
2022年8月2日 BLACK&WHITE 「BLACK&WHITE」 Argonavis feat. 旭 那由多 from GYROAXIA

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ 時期
ゴールライン TCG『カードファイト!! ヴァンガード』CMソング 2019年
テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌 2020年
STARTING OVER ゲーム『カードファイト!! ヴァンガード エクス』主題歌 2019年
テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌 2020年
ギフト テレビアニメ『カードファイト!! ヴァンガード』 新右衛門編 エンディングテーマ 2019年
星がはじまる テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』オープニングテーマ 2020年
テレビ番組『JAPAN COUNTDOWN』エンディングテーマ
雨上がりの坂道 テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』エンディングテーマ
What-if Wonderland!! テレビアニメ『カードファイト!! ヴァンガード外伝 イフ-if-』オープニングテーマ
TCG『カードファイト!! ヴァンガード』CMソング
Steady Goes! テレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』挿入歌
流星雨 Acoustic Ver.
Starry Line
AGAIN
VOICE
Pray
AAside ゲーム『アルゴナビス from BanG Dream! AAside』主題歌 2021年
Y テレビアニメ『カードファイト!! ヴァンガード overDress』エンディングテーマ
可能性 テレビアニメ『ぼくたちのリメイク』エンディングテーマ
きっと僕らは 映画アニメ『劇場版アルゴナビス 流星のオブリガート』オープニングテーマ
Anthem 舞台『ARGONAVIS the Live Stage』テーマソング
BLACK&WHITE (feat.旭那由多 from GYROAXIA) テレビアニメ『カードファイト!! ヴァンガード will+Dress』オープニングテーマ 2022年

ライブ・コンサート[編集]

単独・合同ライブ[編集]

開催年 タイトル 出演者 共演 公演日・会場
ARGONAVIS from BanG Dream!
1 2018年 Argonavis 0-1st LIVE -始動- 日向大輔
前田誠二
森嶋秀太
全1公演:7月29日
下北沢GARDEN[20]
2 Argonavis 0-2nd LIVE -始動- 伊藤昌弘
日向大輔
前田誠二
森嶋秀太
全1公演:9月15日
下北沢GARDEN
3 Argonavis 0-BEYOND LIVE -始動- 全員 全1公演:12月10日
下北沢GARDEN
4 2019年 BanG Dream! Argonavis 1st LIVE 全1公演:5月17日 舞浜アンフィシアター[21]
5 BanG Dream! Argonavis 1.5th LIVE D4DJ 1st LIVE」と合同開催 全1公演:7月20日 幕張メッセ国際展示場[22]
6 BanG Dream! Argonavis 2nd LIVE「VOICE -星空の下の約束-」 サプライズゲスト:GYROAXIA 全1公演:12月5日
TOKYO DOME CITY HALL[23]
7 2020年 MixChannel Presents ARGONAVIS Special Live -Starry Line- ゲスト:小笠原仁旭那由多 役) 全1公演:7月25日
MixChannel (オンラインライブ)[24]
8 ARGONAVIS AAside ライブ・ロワイヤル・フェス2020 GYROAXIA
Fantôme Iris
風神RIZING!
εpsilonΦ
全1公演:10月10日 東京ガーデンシアター[25]
9 2021年 ARGONAVIS 3rd LIVE「CROSSING」 GYROAXIA 全2公演:3月12日・13日 パシフィコ横浜国立大ホール[26]
10 ARGONAVIS LIVE 2021 JUNCTION A-G 全1公演:5月30日 富士急ハイランドコニファーフォレスト[27]
11 ARGONAVIS LIVE 2021 COVER FESTIVAL 全員
(橋本祥平のみ映像出演)
GYROAXIA
Fantôme Iris
風神RIZING!
全1公演:10月5日
KT Zepp Yokohama[28]
12 Argonavis LIVE 2021 -きっと僕らは- 全員 全1公演:11月23日
函館市民会館[29]
from ARGONAVIS
13 2022年 ARGONAVIS LIVE 2022 :
1st SHOW ARGONAVIS LIVE 2022 COVER FESTIVAL mini
2nd SHOW from ARGONAVIS 1st LIVE -始動-
全員 GYROAXIA
Fantôme Iris
風神RIZING!
εpsilonΦ
全2公演:1月2日
パシフィコ横浜国立大ホール[30]
14 Argonavis LIVE 2022 -DIVE into CYAN- 全1公演:5月7日 パシフィコ横浜国立大ホール[31]
15 Argonavis TOUR 2022 RUN-UP 3会場3公演:

10月1日予定 Zepp Namba
10月2日予定 Zepp Fukuoka
ツアーファイナル
10月10日予定 KT Zepp Yokohama[32]

アコースティックツアー[編集]

伊藤昌弘と日向大輔が出演。ゲストが加わることもある。

  公演年 タイトル  公演日 会場 ゲスト 備考
ARGONAVIS from BanG Dream!
1 2021年 アルゴナビス Acoustic Tour 2021 -Spring Session- 4月4日 LIVE ROXY SHIZUOKA (静岡) 7会場全14公演
4月10日 TAKARA OSAKA (大阪) 小笠原仁
4月11日 京都FANJ (京都 宮内告典
4月17日 ダイアモンドホール愛知) 橋本真一
秋谷啓斗
4月18日 横浜みなとみらいブロンテ (神奈川
4月25日 彩の国さいたま芸術劇場小ホール(埼玉 SHiNNOSUKE (ROOKiEZ is PUNK'D/S.T.U.W)
5月1日5月2日
5月2日
山野ホール東京
生配信
ASH DA HERO ※昼公演
森嶋秀太 ※夜公演
2 アルゴナビス Acoustic Tour 2021 -Autumn Session- 9月11日 DRUM LOGOS(福岡 森嶋秀太
橋本祥平
8会場全16公演
9月12日 FLOOR(宮崎 森嶋秀太
宮内告典
10月16日 KOBE Harbor Studio (兵庫) 前田誠二
10月17日 岡山YEBISU YA PRO (岡山)
10月23日 Rensa (宮城) 小笠原仁
宮内告典
10月24日 HIPSHOT JAPAN (福島) 秋谷啓斗
10月30日 NAGANO CLUB JUNK BOX (長野) 森嶋秀太
10月31日 NIIGATA LOTS (新潟) 森嶋秀太
ランズベリー・アーサー
from ARGONAVIS
3 2022年 アルゴナビス Acoustic Tour 2022 -Spring Session- 4月2日 HEAVEN'S ROCK 宇都宮 (栃木) 7会場全14公演
4月3日 水戸VOICE(茨城 宮内告典
4月9日 柏PALOOZA(千葉 小笠原仁
4月10日 CLUBCHANGE WAVE(岩手 秋谷啓斗
4月16日 岐阜CLUB ROOTS(岐阜
4月17日 四日市CLUB ROOTS(三重
アルゴナビス Acoustic Tour 2022 -Spring Session- feat. Songful days by SPICE
※昼公演
4月23日 カルッツかわさき神奈川 秋谷啓斗
アルゴナビス Acoustic Tour 2022 -Spring Session- Tour Final ※夜公演

参加イベント[編集]

その他のイベント[編集]

出演日 タイトル 出演者 会場 備考
2019年 10月26日 「STARTING OVER/ギフト」リリースイベント 伊藤昌弘
日向大輔
東京都内某所 ミニトーク&握手会
2020年 1月18日 Argonavis×GYROAXIA「VOICE/MANIFESTO」リリースイベント 伊藤昌弘を除く4人 科学技術館1階 展示・イベントホール 握手会
12月30日 アルゴナイト ずっと練習中 ぼうねんかいスペシャル 伊藤昌弘
日向大輔
有料配信 トーク&弾き語りライブ
ゲスト:ASH DA HERO
2021年 1月9日 ARGONAVIS AAside New Year 生放送“ナビ初め”ONLINE 全員 バラエティ・ミニライブ(合同イベント)

前半は無料配信

12月24日 ナビクリ! -ARGONAVIS Christmas Edition- 伊藤昌弘
日向大輔
朗読・バラエティ
2022年 5月14日 ARGONAVIS 4th NAVIVERSARY EVENT -CHEMISTRY- 全員 TOKYO DOME CITY HALL バラエティ・ミニライブ(合同イベント)
8月1日 from ARGONAVIS プロジェクト発表会 伊藤昌弘
日向大輔
飛行船シアター

出演イベント[編集]

出演日 タイトル 出演者 会場 備考
2019年 2月23日 BanG Dream! 7th☆LIVE Day2「Genesis」 橋本祥平を除く4人 日本武道館 オープニングアクト
5月3日 大ヴァンガ祭×大バディ祭2019+しろくろフェス2019 全員 東京ビッグサイト エンディングステージ
8月10日 MEN'S PANIC 2019 幕張メッセ
11月9日 アニメイトガールズフェスティバル 2019 橋本祥平を除く4人 池袋サンシャインシティ 噴水広場ステージ スペシャルトークショー&ミニライブ
2020年 9月26日 LisOeuf♪ Party 2020 -AUTUMN- 全員 パシフィコ横浜国立大ホール
2021年 8月4日 〈2021プロ野球エキシビションマッチ〉コラボ企画 北海道日本ハムファイターズ 伊藤昌弘 千代台公園野球場 国歌斉唱[33]
8月28日 Animelo Summer Live 2021 -COLORS- 全員 さいたまスーパーアリーナ
12月12日 Roselia「Edelstein」 伊藤昌弘
日向大輔
名古屋国際会議場センチュリーホール オープニングアクト
2022年 2月3日 Songful days SEASON2 with "Argonavis"

powered by SPICE

有料配信 アコースティック公演
6月12日 D4DJ presents #ARGONAVIS_DJTIME eplus LIVING ROOM CAFE&DINING
7月14日 ヴァイスシュヴァルツブラウ ~Starting Party!~ 橋本祥平を除く4人 飛行船シアター
11月13日予定 ブシロード15周年記念ライブ in ベルーナドーム ベルーナドーム

ミュージックビデオ[編集]

公開日 曲名 ディレクター
2019年 1月17日 ゴールライン 丹修一

ラジオ[編集]

ゲストとして伊藤昌弘森嶋秀太橋本祥平も出演。
ゲストとして日向大輔、前田誠二も出演。

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当日は予定されていたセットリスト、演出を元に音声のみのライブ『Sound Only Live』がYouTubeにて配信された[12]

出典[編集]

  1. ^ https://argo-bdp.com/cast/argonavis/
  2. ^ Inc, Aetas. “株式会社アルゴナビス設立セレモニーをレポート。ナビからの質問に代表取締役社長の村上一馬氏と広報の日向大輔氏が回答するコーナーも” (日本語). 4Gamer.net. 2022年4月12日閲覧。
  3. ^ a b 前田誠二「悩んでいた昔の自分に『今、頑張ってるで!』と言ってあげたい」声優図鑑 | アニメ ダ・ヴィンチ” (日本語). ダ・ヴィンチWeb. 2022年7月27日閲覧。
  4. ^ (日本語) ナビチャート vol 1 「新春!ファンクラブサービス開始直前特番!」アーカイブ, https://www.youtube.com/watch?v=SJt_XuQ4t9A 2022年7月27日閲覧。 
  5. ^ 「万里一空の境地を求めてドコドコドン!」『GiGS 2022年 4月号』、シンコーミュージック・エンタテイメント
  6. ^ 橋本祥平『夢。』” (日本語). 橋本祥平オフィシャルブログ「Show Hey! Hey!」Powered by Ameba. 2022年7月30日閲覧。
  7. ^ Argonavisの橋本祥平さんによる初心者講座『万里一空の境地を求めてドコドコドン!』” (日本語). Twitter. 2022年3月6日閲覧。
  8. ^ a b 【インタビュー】春アニメ『アルゴナビナス』の音楽愛。下積みも失敗も「物語の一部」に - 記事詳細|Infoseekニュース” (日本語). Infoseekニュース. 2022年7月31日閲覧。
  9. ^ 「バンドリ!」新プロジェクト「ARGONAVIS from BanG Dream!」の1st LIVEをレポート。オリジナル曲の披露や2nd LIVEの開催も決定”. 4Gamer.net. Aetas (2018年7月31日). 2018年10月15日閲覧。
  10. ^ Argonavis 2nd Single「STARTING OVER/ギフト」”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト. 2021年1月17日閲覧。
  11. ^ BanG Dream! Argonavis 2nd LIVE 「VOICE -星空の下の約束-」開催決定!”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2019年7月20日). 2021年1月17日閲覧。
  12. ^ 「ARGONAVIS」延期になった3rdライブを音のみで再現、YouTubeで2日間無料配信”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年4月23日). 2020年10月15日閲覧。
  13. ^ 【延期のご案内】ARGONAVIS 3rd LIVE「CROSSING」”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2020年3月31日). 2021年1月17日閲覧。
  14. ^ 5バンドが初集結した「ARGONAVIS AAside ライブ・ロワイヤル・フェス2020」が開催!”. Gamer. イクセル (2020年10月10日). 2020年10月11日閲覧。
  15. ^ 舞台「ARGONAVIS the Live Stage」”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト. 2021年1月17日閲覧。
  16. ^ 「ARGONAVIS from BanG Dream!」全5バンドのシングル本日同時発売!”. PR TIMES (2021年7月14日). 2022年1月16日閲覧。
  17. ^ 劇場版「アルゴナビス」のOPをArgonavis,EDをGYROAXIAが担当。各主題歌のシングルが本日発売”. 4Gamer女子部(仮). Aetas (2021年11月17日). 2022年1月16日閲覧。
  18. ^ “ARGONAVIS 4th NAVIVERSARY EVENT -CHEMISTRY-”. from ARGONAVIS (アルゴナビス)公式ポータルサイト. (2022年3月1日). https://argo-bdp.com/live/post-34718/ 2022年3月30日閲覧。 
  19. ^ Argonavisの売上ランキング”. ORICON NEWS. オリコン. 2021年9月27日閲覧。
  20. ^ Argonavis 0-BEYOND LIVE -始動-”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2018年12月10日). 2020年12月28日閲覧。
  21. ^ BanG Dream! Argonavis 1st LIVE 開催決定!”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2019年2月13日). 2020年12月28日閲覧。
  22. ^ BanG Dream! Argonavis 1.5th LIVE 開催決定!”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2019年4月8日). 2020年12月28日閲覧。
  23. ^ BanG Dream! Argonavis 2nd LIVE 「VOICE -星空の下の約束-」開催決定!”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2019年7月20日). 2020年12月28日閲覧。
  24. ^ MixChannel Presents ARGONAVIS Special Live -Starry Line-”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2020年7月25日). 2020年12月28日閲覧。
  25. ^ ライブ・ロワイヤル・フェス2020”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2020年10月10日). 2020年12月28日閲覧。
  26. ^ ARGONAVIS 3rd LIVE「CROSSING」”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト. 2020年12月28日閲覧。
  27. ^ ARGONAVIS LIVE 2021 JUNCTION A-G”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2021年5月30日). 2020年12月28日閲覧。
  28. ^ ARGONAVIS LIVE 2021 COVER FESTIVAL”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2021年10月5日). 2020年12月28日閲覧。
  29. ^ Argonavis LIVE 2021 -きっと僕らは-”. ARGONAVIS(アルゴナビス) from BanG Dream! 公式ポータルサイト (2021年11月23日). 2020年12月28日閲覧。
  30. ^ “ARGONAVIS LIVE 2022”. from ARGONAVIS(アルゴナビス) 公式ポータルサイト. (2021年11月2日). https://argo-bdp.com/live/post-32792/ 2021年12月18日閲覧。 
  31. ^ “Argonavis LIVE 2022 -DIVE into CYAN-”. from ARGONAVIS(アルゴナビス) 公式ポータルサイト. (2022年1月2日). https://argo-bdp.com/live/post-34186/ 2022年5月7日閲覧。 
  32. ^ “Argonavis LIVE TOUR 2022 RUN-UP”. from ARGONAVIS(アルゴナビス) 公式ポータルサイト. (2022年7月15日). https://argo-bdp.com/live/post-36383/ 
  33. ^ “〈2021プロ野球エキシビションマッチ〉での国歌斉唱・ファーストピッチに登場!”. from ARGONAVIS (アルゴナビス)公式ポータルサイト. (2021年7月30日). https://argo-bdp.com/news/post-27959/ 2021年7月30日閲覧。 
  34. ^ Argonavis ラジオライン”. 響 - HiBiKi Radio Station -. ブシロード. 2021年1月17日閲覧。
  35. ^ “#1 ナビゲーターラジオ”. 番組ブログ (ARGONAVIS ナビゲーターラジオ|ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93). (2020年10月12日). https://www.1242.com/argp/argp_blog/blog20201012-241326/ 2021年3月8日閲覧。 
  36. ^ Argonavis LIVE 2022 -DIVE into CYAN- Live & Documentary”. 2022年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]