紅蓮華 (LiSAの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紅蓮華
LiSAシングル
初出アルバム『LEO-NiNE
B面 “PROPAGANDA”
やくそくのうた
リリース
規格 12cmCD(マキシシングル)
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 音響ハウス & VICTOR STUDIO
ジャンル J-POP(アニメソング)
ロック
時間
レーベル SACRA MUSIC
作詞・作曲 LiSA/草野華余子(ex.カヨコ)
プロデュース 江口亮
ゴールドディスク
チャート最高順位

  • Billboard JAPAN
  • オリコンチャート
    • 週間3位[5]
    • 週間1位■(デジタルアルバム・2週連続、通算5週)
    • 2019年度合算シングル年間37位オリコン
    • 2019年度CDシングル年間91位(オリコン)
    • 2019年度デジタルシングル年間9位(オリコン)
    • 2019年度カラオケ年間58位(オリコン)
    • 2020年度年間DLシングル1位(オリコン)
    • 2020年度年間アニメ合算・DLシングル・ストリーミング1位(オリコン)
    • 2020年度カラオケ上半期2位(オリコン)
LiSA シングル 年表
赤い罠(who loves it?)/ADAMAS
(2018年)
紅蓮華
(2019年)
unlasting
(2019年)
ミュージックビデオ
『紅蓮華』 -MUSiC CLiP YouTube EDIT ver.- - YouTube
LEO-NiNE 収録曲
play the world!! feat.PABLO
(1)
紅蓮華
(2)
晴レ舞台
(3)
テンプレートを表示

紅蓮華」(ぐれんげ)は、LiSAの楽曲で、15枚目のCDシングル。2019年7月3日にSACRA MUSICから発売された。また、表題曲「紅蓮華」[6]は、CDシングルリリースに先立ち、同年4月22日に表題曲のみの単曲がフルサイズで先行配信された[7]

概要[編集]

前作『赤い罠(who loves it?)/ADAMAS』から約7か月ぶり、SACRA MUSIC移籍後4作目となる2019年1作目のCDシングル。表題曲の「紅蓮華」は、テレビアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマとなっている[8]。同作の社会現象的な大ヒットにより、現時点で、LiSAにとって最大のヒット曲となっている。

本作発売の1年前、初のベストアルバム『LiSA BEST -Day-』・『LiSA BEST -Way-』の制作が決まった時に30代になってどうやって生きていこうか迷っていてメンタルがズタボロだった所に、女優の天海祐希から届いたメッセージに感動し、紅蓮華の歌詞の冒頭部分は、彼女からかけられた言葉が大きく影響していることを明かした[注 1]

テレビアニメバージョンとオリジナルバージョンとでは歌詞の一部が異なる[10]

発売形態は、初回生産限定盤・期間生産限定盤・通常盤の3形態となり、初回盤には「紅蓮華」のPVと撮りおろしブックレット、期間限定盤は三方背スリーブ仕様で描き下ろしミニポスターや、表題曲ノンクレジットOP映像を収録したDVDが付く[11]

同年3月24日開催「AnimeJapan 2019」内の『鬼滅の刃』スペシャルステージにて「紅蓮華」を使用した第2弾PVが公開、発表となった。

2019年10月にはNewtype×マチ★アソビ アニメアワード2018 - 2019主題歌賞を受賞した[12]

2019年12月31日放送の『第70回NHK紅白歌合戦』で歌唱した[13]。その際にバックでは『鬼滅の刃』の映像が使用された[14]

2020年7月にはDJのKSUKEがリミックスした「KSUKE REMiX」がトヨタ自動車アクア」のCMソングとして起用された[15]

2020年7月6日より、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」のドリームトラックとして起用された[16]。当初は9月28日まで搭載の予定だったが、アルバム『LEO-NiNE』の発売を記念し、9月12日に2021年1月31日までの延長が発表された[17]

2020年12月31日放送の『第71回NHK紅白歌合戦』でアニメ「鬼滅の刃」紅白SPメドレーの1曲目で歌唱した[18]

2021年8月8日『東京五輪閉会式』にて、東京スカパラダイスオーケストラと東京都立片倉高等学校吹奏楽部がともに「紅蓮華」を演奏した[19]

チャート成績[編集]

先行配信された4月22日付の各配信ストアのデイリーチャートで1位を獲得。「ADAMAS」の単曲先行配信が記録した23冠[20]を更新し、38冠を記録した[21]

オリコンでは、2019年4月22日付のデジタルシングルデイリーランキングで2.4万ダウンロードで1位にランクイン。アニメ歌手によるデイリーDL数の最高記録を更新した。5月6日付の週間デジタルランキングでは、5.3万ダウンロードを売り上げ1位を記録。前作に続き2作連続で1位を獲得するのはアニソン歌手では史上初の快挙となった[22]

さらに翌週の5月13日付でも2.2万ダウンロードで1位にランクイン。アニソン歌手による2週連続のオリコン1位獲得は史上初の快挙となった。この2つの週は平成令和が切り替わる境目と重なったため、「平成最後の1位」と「令和最初の1位」を同時に達成した楽曲となった[23]。 12月23日付オリコン週間デジタルシングルランキングで5月13日付以来、32週ぶりの1位を獲得。シングル、アルバム、デジタルを通じ、自身初の首位返り咲きとなった[24]

2021年6月7日付の「オリコン週間シングルランキング」で96位にランクインし、2019年7月15日付での初登場3位から100週連続のTOP100入りを記録。史上7作目となった [25]

日本レコード協会によるゴールドディスク認定では2020年2月度にデビューシングル「oath sign」以来となるゴールドを受け[26]、同年12月度にはプラチナ認定された[1]

また、有料音楽配信認定では、2019年9月、同年に配信された女性ソロアーティスト楽曲として初めて30万ダウンロードを突破しプラチナを獲得[27]、12月度には50万ダウンロードを超え自身初となるダブル・プラチナ[28]、2020年3月度にトリプル・プラチナ [29]、更に6月度にはミリオンと認定[30]された。

ストリーミング配信では、2020年5月18日付の集計[31]において1億回を突破し「プラチナ認定作品(1億回再生以上)」に認定[32]された。

2019年12月6日に平成アニソン大賞のスピンオフ企画として開催された「令和元年アニソン大賞」では第1位にランクインした[33]

2020年7月8日に発表された「JOYSOUND カラオケ」の「2020年上半期ランキング」では”アニメ・特撮・ゲーム”ランキングでは1位を、上半期総合では2位を獲得した[34]

2020年9月6日にテレビ朝日系列にて放送された『国民13万人がガチ投票! アニメソング総選挙』では、第2位にランクインした[35]

2020年12月4日に発表された「Spotify」の「海外で最も再生された国内アーティストの楽曲」で1位を獲得した[36]

2020年12月30日に放送した「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」(TOKYO FMJFN系列)2020 年間ランキングにおいて1位を獲得した。

オリコンデジタルシングルチャート[編集]

ミュージックビデオ[編集]

フカツマサカズが監督[37]、Hiroshi Takayamaがプロデュース[38]。2019年5月31日にYouTubeで「YouTube EDIT ver.」として公開された。フルバージョンはシングルの初回生産限定盤付属DVDに収録されている。

LiSAが二人の鬼と一緒に踊る内容[39]。鬼は金澤慎治と清水舞手が演じている[40]

賞歴[編集]

テレビ演奏[編集]

  • 2019年4月21日 - NHK BSプレミアム 「アニソン!プレミアム!
  • 2019年6月29日 - NHK BSプレミアム 「アニソン!プレミアム!夏の生放送SP!」
  • 2019年7月6日 - フジテレビ系「MUSIC FAIR
  • 2019年12月27日 - テレビ朝日系 「ミュージックステーション『ウルトラSUPERLIVE 2019』」
  • 2019年12月29日 - NHK BSプレミアム 「アニソン!プレミアム!Fes.2019」
  • 2019年12月31日 - NHK総合「第70回NHK紅白歌合戦
  • 2019年12月31日 - TBS系「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2019 ⇒ 2020」
  • 2020年2月7日 - テレビ朝日系「ミュージックステーション」
  • 2020年6月19日 - テレビ朝日系「ミュージックステーション」
  • 2020年6月22日 - TBS系「CDTVライブ!ライブ!」
  • 2020年6月27日 - NHK総合「明石家紅白!
  • 2020年8月8日 - NHK総合/BS 4K・8K「ライブ・エール」
  • 2020年8月26日 - フジテレビ系「2020FNS歌謡祭 夏」
  • 2020年9月6日 - テレビ朝日系「国民13万人がガチ投票! アニメソング総選挙
  • 2020年9月12日 - 日本テレビ系「THE MUSIC DAY
  • 2020年9月30日 - テレビ東京系「テレ東音楽祭
  • 2020年10月24日 - NHK総合「SONGS

収録内容[編集]

初回生産限定盤・通常盤[編集]

CDシングル
  1. 紅蓮華 [3:56]
  2. “PROPAGANDA” [3:21]
    • 作詞:日高央 / 作曲・編曲:PABLO a.k.a. WTF!?
  3. やくそくのうた [4:38]
  4. 紅蓮華 (-Instrumental-)
DVD (初回生産限定盤のみ)
  1. 「紅蓮華」-MUSiC CLiP-

期間生産限定盤[編集]

CDシングル
  1. 紅蓮華
    • テレビアニメ『鬼滅の刃』オープニングテーマ
  2. “PROPAGANDA”
  3. やくそくのうた
  4. 紅蓮華 -TV ver.- [1:29]
DVD(期間生産限定盤のみ)
  1. テレビアニメ『鬼滅の刃』non-credit opening-

カバー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年11月22日放送の『行列のできる法律相談所』より[9]

出典[編集]

  1. ^ a b “2020年12月度GD認定、King & Prince・櫻坂46のシングルとKing Gnuのアルバムがダブル・プラチナ”. Musicman (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2021年1月15日). https://www.musicman.co.jp/chart/371143 2020年1月22日閲覧。 
  2. ^ “6月度DL認定~Official髭男dism「I LOVE...」、LiSA「紅蓮華」がミリオン認定”. PR TIMES (株式会社PR TIMES). (2020年7月20日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000336.000010908.html 2020年7月20日閲覧。 
  3. ^ Billboard Japan Hot 100 年間(2019)”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2020年5月6日閲覧。
  4. ^ Billboard Japan Hot 100 年間(2020)”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2020年12月15日閲覧。
  5. ^ 紅蓮華|LiSA”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年5月6日閲覧。
  6. ^ LiSA [@LiSA_OLiVE] (2019年3月24日). "紅蓮華(ぐれんげ)とは、蓮の花。そして紅蓮地獄。の花という意味です。" (ツイート). Twitterより2020年5月23日閲覧
  7. ^ 4/22(月)LiSA最新曲 TVアニメ「鬼滅の刃」OPテーマ「紅蓮華」フル配信開始☆” (2019年4月20日). 2019年4月20日閲覧。
  8. ^ 主題歌タイトル決定‼︎”. 鬼滅の刃公式Twitter (2019年3月23日). 2019年4月20日閲覧。
  9. ^ “鬼滅歌姫”LiSAの恩人は天海祐希だった『紅蓮華』誕生の約1年前「心強くなった」と心打たれたメッセージとは”. 中日スポーツ. 中日新聞社 (2020年11月23日). 2021年5月5日閲覧。
  10. ^ LiSA、「鬼滅の刃」OP曲「紅蓮華」のテレビサイズとフルサイズで歌詞が異なる理由明かす”. AbemaTIMES (2019年4月23日). 2019年5月8日閲覧。
  11. ^ LiSAニューシングル「紅蓮華」、7/3(水)リリース決定☆”. LiSA Official Web Site (2019年4月29日). 2019年4月29日閲覧。
  12. ^ 「鬼滅の刃」&「プロメア」が作品賞の第1位を獲得! ニュータイプアニメアワード2018-2019最終結果発表!”. WebNewtype. KADOKAWA (2019年10月27日). 2021年5月5日閲覧。
  13. ^ 紅白“異例”の曲目先行発表!AKBは「恋チュン 世界選抜SP」LiSAは「紅蓮華」,スポーツニッポン,2019年12月15日
  14. ^ 【紅白】LiSA『鬼滅の刃』映像とシンクロ 会場も“紅”色に染められる”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年12月31日). 2021年5月5日閲覧。
  15. ^ KSUKEによるLiSA「紅蓮華」リミックス、トヨタ「アクア」のCM曲に”. BARKS. JAPAN MUSIC NETWORK (2020年7月22日). 2021年5月5日閲覧。
  16. ^ 期間限定! LiSAの大ヒット曲『紅蓮華』が、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドに登場!” (日本語). ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (2020年7月3日). 2020年9月12日閲覧。
  17. ^ 紅蓮華 1月31日まで延長決定”. Twitter (2020年9月12日). 2020年9月12日閲覧。 “ニューアルバム「LEO-NiNE」の発売を記念して期間限定楽曲 #紅蓮華 の延長が決定”
  18. ^ 紅白歌合戦:これぞ紅白! “歌合戦”で輝き放った歌姫たち LiSA、Superfly、MISIA”. MANTANWEB. 株式会社MANTAN (2021年1月1日). 2021年5月5日閲覧。
  19. ^ 【閉会式】東京スカパラダイスオーケストラ登場…高校生と「鬼滅の刃」主題歌「紅蓮華」も” (日本語). スポーツ報知 (2021年8月8日). 2021年8月9日閲覧。
  20. ^ LiSA新曲「ADAMAS」各配信サイト デイリー23冠達成!&オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングLiSA初のウィークリー1位を達成!”. リスアニ!WEB (2018年10月17日). 2019年4月23日閲覧。
  21. ^ LiSA最新曲・TVアニメ「鬼滅の刃」OPテーマ「紅蓮華」、配信デイリーチャート38冠を達成☆”. LiSA公式サイト (2019年4月23日). 2019年4月23日閲覧。
  22. ^ LiSA、「紅蓮華」がオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング1位獲得”. マイナビニュース (2019年5月1日). 2019年5月1日閲覧。
  23. ^ LiSA最新シングル「紅蓮華」ミュージッククリップ公開&新規ビジュアルワークによるアーティスト写真・CDジャケットを公開!”. リスアニ!WEB (2019年5月31日). 2019年9月3日閲覧。
  24. ^ LiSA『鬼滅の刃』OPテーマ「紅蓮華」で自身初返り咲き1位 「今日もいい日だっ」【オリコンランキング】”. ORICON (2019年12月18日). 2019年12月18日閲覧。
  25. ^ アニメ『鬼滅の刃』のサントラが1位 「紅蓮華」も史上7作目の大記録【オリコンランキング】,ORICON,2021年6月1日
  26. ^ 日本レコード協会2020年2月度GD認定 (PDF, 75 KiB)
  27. ^ LiSA、最新楽曲「紅蓮華」が30万ダウンロードを突破。2019年に配信された女性ソロアーティスト楽曲として初”. Anime Recorder (2019年9月24日). 2019年9月24日閲覧。
  28. ^ back number「花束」が3プラチナ、LiSA「紅蓮華」が2プラチナ レコ協12月度配信認定”. ORICON (2020年1月20日). 2020年1月22日閲覧。
  29. ^ “3月度有料音楽配信認定”. PR TIMES (株式会社PR TIMES). (2020年4月20日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000326.000010908.html 2020年4月22日閲覧。 
  30. ^ “6月度DL認定~Official髭男dism「I LOVE...」、LiSA「紅蓮華」がミリオン認定”. PR TIMES (株式会社PR TIMES). (2020年7月20日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000336.000010908.html 2020年7月20日閲覧。 
  31. ^ Official髭男dism&JUJUが総合首位、RADWIMPS全195曲解禁、ジャニーズ慈善ソング:今週の邦楽まとめニュース、Billboard JAPAN、2020年5月16日。
  32. ^ LiSA「紅蓮華」 CDセールス&配信DL数で合算ミリオン、ストリーミングは1億回突破スポーツ報知、2020年5月20日 18時0分。
  33. ^ 「平成アニソン大賞大ヒット記念〜年忘れトークSP〜」が@ロフトプラスワンで開催 令和元年アニソン大賞は「紅蓮華」 - ジェイタメ(2019年12月7日)
  34. ^ “「鬼滅の刃」LiSAの主題歌“紅蓮華”、圏外から総合2位へ大躍進!“20年カラオケ上半期ランキング”JOYSOUND発表”. IID, Inc.. (2020年7月8日). https://s.animeanime.jp/article/2020/07/08/54874.amp.html 2020年7月9日閲覧。 
  35. ^ “アニメソング総選挙:「残酷な天使のテーゼ」が首位 2位は「紅蓮華」”. MANTAN WEB (MANTAN). (2020年9月6日). https://mantan-web.jp/article/20200906dog00m200070000c.html 2020年9月7日閲覧。 
  36. ^ Spotifyでも「鬼滅の刃」人気 海外で最も再生された日本の曲に「紅蓮華」、アーティストはLiSA”. ITmedia (2020年12月4日). 2020年12月6日閲覧。
  37. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV
  38. ^ INFORMATiON | LiSA OFFICIAL WEBSITE
  39. ^ LiSAが2体の鬼の間で歌う「紅蓮華」ミュージックビデオ公開 - 音楽ナタリー
  40. ^ 金澤慎治さんはTwitterを使っています 「LiSA「紅蓮華」MVにて清水舞手と二体の鬼になりました。 @shimizu_mash 逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい 俺たちはここで生きてます。 https://t.co/9mIIQP5sM2 https://t.co/Iir2H2F5Qw」 / Twitter
  41. ^ 第34回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード大賞 (2020年2月28日). 2020年2月28日閲覧。
  42. ^ JASRAC賞にLiSA「紅蓮華」、Official髭男dism「Pretender」、2年連続の米津玄師「Lemon」,音楽ナタリー,2021年05月19日

外部リンク[編集]