the pillows

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
the pillows
Sawao Yamanaka - Delicious Bump Tour in USA 08.jpg
ボーカル・ギターの山中さわお(2008年のライブより)
基本情報
別名 the PILLOWS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル
活動期間 1989年 -
レーベル
事務所 BAD MUSIC GROUP
共同作業者 有江嘉典
公式サイト *the pillows official web site*
メンバー
旧メンバー

the pillows(ザ・ピロウズ)は、日本ロックバンド[1]

概要[編集]

メンバーは山中さわお(vo,g)、真鍋吉明(g)、佐藤シンイチロウ(dr)の3人。ヒットチャートの上位にランクインすることは少ないものの、長期にわたって音楽活動を継続しており[2]2000年代以降はアメリカ合衆国をはじめとした日本国外での人気も得ている[3][4]音楽レーベルは自主レーベルDELICIOUS LABELに所属。過去在籍したメンバーに上田ケンジ(ba)がいる。録音時やライブの際はサポートメンバーを起用し演奏を行う。詳細は後述のメンバーの節を参照のこと。

上田、山中、真鍋、佐藤の4人によって、1989年9月16日に結成された。インディーズでの活動を経て、1991年5月21日シングル「雨にうたえば」でポニーキャニオンよりメジャー・デビュー1993年にリーダーの上田が脱退し、それに伴い表立った活動が休止状態になったが[5]、翌年キングレコードに移籍して本格的に活動を再開した。2006年よりエイベックス・エンタテインメントtearbridge production、レーベルはavex traxに移籍。2009年には結成20周年を記念して初の武道館ライブを行った。2015年より山中主宰のDELICIOUS LABEL(販売元:キングレコード)に移籍。詳細は後述の来歴の節を参照のこと。2019年9月16日には結成30周年を迎えた。

2017年までにシングル39枚、オリジナルアルバム21枚、映像作品24点をリリースしている。詳細は後述の作品の節を参照のこと。

バンド名の以前の表記はthe PILLOWSであった。また、カタカナピロウズと表記されることも多い。the pillowsというバンド名は、結成時にメンバーが真鍋宅に集合した際、たまたまレコード棚にあったチェリーレッド・レコードオムニバス・アルバム『ピロウズ&プレイヤーズ - Pillows & Prayers』に由来する[6][注釈 1]。バンド名について山中さわおは「自分は多様な楽曲を書くソングライターであるため、バンド名はジャンルを特定しない名前がよかった」と語っている[7]。「pillow」が日本語で意味する「」という文字はしばしばバンドを象徴する言葉として用いられ、同様に結成日を示す「916(9月16日)」という数字もグッズなどのデザインに用いられることがある[注釈 2]

またthe pillowsのメンバーは、ファンのことを『LITTLE BUSTERS』にちなんで「BUSTERS(バスターズ)」と呼んでいる。LITTLE BUSTERSという言葉は、直訳すると「小さくて大きいもの」であり、「the pillowsとリスナーをつなぐような、僕たちのことでもあり、君たちのことでもあるような、そういう合言葉」として考えられたものである。またthe pillowsのマスコットである熊型のキャラクターの名前は「バスターくん」である[8]

メンバー[編集]

各メンバーの個別活動についてはそれぞれの記事を参照のこと。

山中さわお (やまなか さわお)
ボーカルギター担当。the pillowsのリーダーであり、ほぼすべての楽曲の作詞作曲やツアーグッズのデザインなども担当する。
真鍋吉明 (まなべ よしあき)
ギター担当。レコーディングの際には、ミキシングにも参加する。
佐藤シンイチロウ (さとう しんいちろう)
ドラムス担当。

過去のメンバー[編集]

上田ケンジ (うえだ けんじ)
ベース担当。結成時から1993年まで在籍。脱退までリーダーを務めた。

現在のサポートメンバー[編集]

有江嘉典 (ありえよしのり)
ベース担当。2015年より参加。VOLA & THE ORIENTAL MACHINEのメンバー。

過去のサポートメンバー[編集]

鹿島達也 (かしま たつや、1962年8月20日 - )
ex.SUPER BADてつ100%。ベース担当。1994年~1999年、2015年。東京都出身。
鈴木淳 (すずき じゅん)
ベース担当。ex.THE CHEWINGGUM WEEKEND1999年から2015年まで参加。愛称はじゅん。

来歴[編集]

the pillowsは、バンドの構成や楽曲の傾向から第一期(1989年 - 1993年)、第二期(1994年 - 1996年)、第三期(1996年 - 2012年)、第四期("末期")(2013年 - )に分けられる[9][10]

第一期[編集]

第一期とは結成日である1989年9月16日から初代リーダーであるベーシスト上田ケンジが脱退する1993年までの期間を指す。上田ケンジがバンドの主導権を握っており[7]、各メンバーの実力も発展途上の時期とされる[6]

第一期KENZI & THE TRIPSの解散[11] 後、ベーシストであった上田ケンジはコインロッカー・ベイビーズのボーカリストであった山中さわおとの新しいバンド結成を構想した。その後KENZI&THE TRIPSのドラマーであった佐藤シンイチロウを誘い、またペルシャのギタリストであった真鍋吉明を加えて、1989年9月16日にthe pillowsが結成された[12]

the pillowsはボーカルギターの山中さわお、ベースの上田ケンジ、ドラムスの佐藤シンイチロウの3ピースバンドとしてデビューする予定であったが、山中さわお本人によると「僕のギターがあまりに下手だったため、ほかの2人が頭を抱えてしまい」急遽ギタリストをオーディションすることとなり、後に怒髪天増子直純の紹介で真鍋吉明が加入した[12][注釈 3]

このようにして結成されたthe pillowsはインディーズで活動を始め、キャプテンレコードから2枚のミニアルバムをリリースした。1991年にはポニーキャニオンからシングル「雨にうたえば」でメジャーデビューを果たし、シングル2枚とアルバム2枚をリリースした。

第一期the pillowsの楽曲には目指す明確なジャンルや方向性はなく[6]、メンバー自身の語るところによれば「The Beatlesのように良い楽曲を奏でたい」という漠然とした共通認識のみが存在した[12]

パンク・ロックバンドとして人気を誇った[14] KENZI&THE TRIPSの知名度もあって精力的にバンド活動を展開した第一期the pillowsであったが、一方でバンド内での音楽的なイニシアティブの相違は徐々に深まり、1993年にリーダーの上田ケンジが脱退するにいたった。第一期the pillowsは上田ケンジと山中さわおという2人のコンポーザーを有していたが[6]、それぞれの目指す音楽性やバンドの方向性には次第に不可逆的なズレが生じていたという[7]。リーダーを失ったthe pillowsは、レコード会社の移籍なども重なり、およそ一年間にわたって表立ったバンド活動が休止状態となった[5]

第二期[編集]

第二期は脱退した上田ケンジに代わりボーカルの山中さわおがリーダーとなって本格的に活動を再開した1994年から、1996年に「Tiny Boat」での失敗を機に活動方針の転換を図るまでの時期である。上田ケンジ抜きの新たなthe pillowsを模索した時期であり、第三期への過渡期となる[12]

上田ケンジ脱退からおよそ一年間にわたって表立ったバンド活動が休止状態となっていたthe pillowsは、新たに山中さわおをリーダーとし、ベーシストにはサポートメンバーとしてSUPER BAD鹿島達也を迎え本格的に活動を再開。しかし、売上低迷の打開策として招かれた某・大物プロデューサーの持つ楽曲制作法に山中が相容れる事が出来ず(決して人間的に嫌悪していた訳ではなく、そういう方法もあるという一定の理解は示した上で)、レコーディング初日に反故した事から、ポニーキャニオンとの契約が破棄。その後、楽曲を評価してくれたキングレコードに移籍する事となり、鹿島達也の紹介によりプロデューサーSALON MUSIC吉田仁が加わるなど、バンドの様相が大きく変わった[12]。第二期の間にシングル3枚とアルバム2枚をリリースした。

第二期the pillowsの楽曲は、新たにリーダーとなった山中さわおがソウルミュージックボサノヴァ風のテイストを取り入れたことによる[12] 多彩なリズム・アプローチとスタイリッシュなサウンドをその特徴とし[6]ポップなメロディーを目指しつつも凝ったアレンジの楽曲が多く作られた[7]

第二期のthe pillowsは山中さわおが「売れることを凄く意識した時期」と語るように、周囲の意見を取り入れタイアップなどの商業戦略が積極的に試みられた[7]。しかし、望まれたほどの商業的な成功を収めることはできず、次第に周囲の考えと自分たちの求める音楽とのギャップに苦しむことになる[12]。特に1996年1月に発売した5thシングル「Tiny Boat」のセールスが低調に終わったことに対するメンバーの失意は大きく[7]、このことがきっかけとなってthe pillowsは第三期へと移行する。

第三期[編集]

第三期とは1996年6月の「ストレンジ カメレオン」発売以後、2012年の一時活動休止までの期間を指す。ロックやオルタナティブというスタイルを追求し[7]、現在のリスナーの多くがこの時期にthe pillowsを知ったとも言われるように[9]、緩やかに支持を伸ばし現在のイメージを確立した時期である。

6thシングル「ストレンジ カメレオン」は、大衆的な音楽を目指すも失敗した自分たちを「まわりの色に馴染まない出来損ないのカメレオン」とたとえ[15]、それまでthe pillowsが築いてきた音楽やスタイルを大きく否定するものであった。そのため「ストレンジ カメレオン」の発売は、反対するレコード会社とメンバーの対立の中、半ば強行的に行われた[12]。また「ストレンジ カメレオン」を収録した5thアルバム『Please Mr.Lostman』は、メンバーにとってインディーズへの後退も覚悟した「音楽業界への遺書」であり[7]、同時にどんな状況下でも自分たちの信じる音楽を頑なに貫く[6] という決意のアルバムであった。

こうしてバンドの方向性を大きく転換したthe pillowsは、「ストレンジ カメレオン」がFM局のヘヴィー・ローテーションを獲得するなど[16]、次第に支持を集めるようになる。また逆境を共に乗り越えたメンバーやスタッフの間の結束はより強固なものとなったという[12]。続く6thアルバム『LITTLE BUSTERS』で山中さわおが「初めてリスナーの方を向いて」「目の前の理解者に対する感謝の気持ち」を歌ったと語るように[7]、活動方針の転換を機にthe pillowsを取り巻く状況は徐々に好転していった。

その後、the pillowsはオルタナティブという手法を通じて、現在のロックバンドとしてのスタイルを確立していく[7]。この頃からサポートベーシストには鹿島達也に代わってTHE CHEWINGGUM WEEKEND鈴木淳が加入した。

第三期the pillowsはオリジナル・アルバムの作成と並行してベスト・アルバムB-side集をリリースし、2004年にはデビュー15周年を記念したセルフカバーアルバムとトリビュートアルバムを発表する[17] など、多様な楽曲展開を行うようになった。2006年末にはレーベルをavex traxへと移し、2007年にはキングレコード在籍時にリリースされたシングルの収録曲を網羅したシングル・コレクションも発売されている[18]。またDVDなどの映像作品やバンドスコアなどの書籍の発売も積極的に行うようになった。

2000年代以降は多くのファンの声に応え日本国外でのライブ活動も行っている。2005年アメリカツアーを皮切りに、度々日本国外で公演やツアーを行い成功を収めるなど、アメリカをはじめとした日本国外におけるthe pillowsの人気はメンバー自身も驚くほどに高いようである[19][20]。こうした海外での高い評価は、そのほとんどがthe pillowsがテーマソングや挿入歌を提供したガイナックス製作のOVAフリクリ』の海外での人気とともに得られたものである[21]。『フリクリ』は2000年~2001年にかけて公開されたもので、全6話中にthe pillowsの楽曲が20曲以上も使用されていた[22]

2008年Oasisの来日公演の前座のオファーがきたが、「断った方がネタになるから」という理由で断る[23]

2009年、結成20周年を迎え、『LATE BLOOMER SERIES』と称し、2枚のベスト・アルバムの発売や多数のツアー、動画サイトYouTubeを利用した全世界対象のカバーコンテストなどの企画に加え、更には初の日本武道館でのワンマンライブも行う。その翌月には16thアルバム『OOPARTS』を発表している。

2012年7月、公式サイトやファンクラブの会報などを通じて「バンドのメンテナンス&リハビリ」のため、一時的にthe pillowsとしての活動を休止することを発表。“解散に近い活動休止”と混同されないよう、山中は「休憩」と称している。その間、山中は3rdソロアルバム『破壊的イノベーション』を発表し、初のソロライブを行った。また、真鍋は初のギターソロアルバム『Rutile』を発表した。

第四期(“末期”)[編集]

2013年6月より、the pillowsの活動を再開することがアナウンスされた。

2014年、結成25周年を記念した企画『NEVER ENDING STORY』として、新宿ロフトにて元リーダーであり初代ベーシストの上田ケンジを迎えた第一期楽曲で構成されたライブ、2枚目となるトリビュートアルバムの発売およびその参加バンドとの対バンツアー、東名阪での第二期楽曲を中心に構成されたライブがおこなわれた。さらに10月4日にはアニバーサリーライブ『DON'T FORGET TODAY』が東京ドームシティホールにて開かれ、同月には19thアルバム『ムーンダスト』も発売された。山中は同アルバム発表時のインタビューで、2013年の活動再開後よりバンドが「“末期”」に突入したと宣言した[10]。第一期~第二期から第三期に変化した時ほどのサウンドの隔たりはないが、山中によれば、第四期は「オルタナティブを封印」した音楽性であるという[24]

2015年3月、「ムーンダスト」ツアー最終日をもって長年サポートを務めた鈴木淳が長年の素行不良が原因で離脱[25]

2016年4月、縁のある5人のベーシスト(上田ケンジ、JIROGLAY)、宮川トモユキ(HiGE)、鹿島達也、有江嘉典)を迎えて制作された20thアルバム『STROLL AND ROLL』を発売した。本アルバムより山中が主宰するDELICIOUS LABELに移籍し、アルバムの販売元は古巣のキングレコードに事実上復帰した。

2017年3月、再びオルタナティブロックに回帰した21stアルバム『NOOK IN THE BRAIN』を発売した。同年11~12月にかけて『RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.1』としてアルバム『Please Mr. Lostman』『LITTLE BUSTERS』収録の全楽曲の再現ライブが行われ、同時にその2枚のバンド初のアナログ盤が発売された。

2018年5月、『RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.2』としてアルバム『RUNNERS HIGH』『HAPPY BIVOUAC』収録の全楽曲の再現ライブが行われ、同時に2枚のアルバムのアナログ盤も発売された。9月、通算22枚目のアルバム『REBROADCAST』が発売され、同年11月~翌年3月にかけて『REBROADCAST TOUR』が開催される。また、同年公開されたアニメーション映画『フリクリ』の続編に書き下ろし新曲を2曲提供し、東宝よりアルバム『FooL on CooL generation』をリリース。新曲のほか、12曲の旧曲が全て再レコーディングされ収録されている。

2018年9月より、「Thank you, my highlight」と冠した30周年企画がスタート。アルバム、ツアーの他、アメリカツアーのドキュメントやドキュメンタリーではない劇場用映画「王様になれ」が製作され、2019年9月に公開された。さらに2019年10月17日、結成30周年記念ライブ『LOSTMAN GO TO YOKOHAMA ARENA』が横浜アリーナにて開催された。

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 オリコン最高位 備考
1st 1991年5月21日 雨にうたえば PCDA-00188
2nd 1992年4月17日 彼女はシスター PCDA-00300
3rd 1994年8月24日 DAYDREAM WONDER KIDS-197
4th 1995年4月21日 ガールフレンド KIDS-223 99位 映画『Love Letter』イメージソング
5th 1996年1月24日 Tiny Boat KIDS-247 CX系『とれたてガバット』テーマソング
TVKMutoma JAPAN』エンディングテーマ
6th 1996年6月21日 ストレンジ カメレオン KICS-557 FAKIN' ITはSimon and Garfunkelのカバー。
7th 1996年8月21日 Swanky Street KICS-563 ANB系『金之玉手箱』エンディングテーマ
When You Were MineはCyndi Lauperのカバー。
原曲はPrinceのカバーである。
8th 1996年11月21日 TRIP DANCER KIDS-307 TBS系『TICOS』テーマソング
NHK-FM645・大化の改新 青春記』エンディングテーマ
9th 1997年3月5日 彼女は今日、 KIDS-333 NHK-BS2『WEEKEND JOY』エンディングテーマ
NHK-FM『ミュージックスクエア』エンディングテーマ
10th 1997年6月28日 ONE LIFE KICS-619 CX系『来来圏』エンディングテーマ
映画『ラブ&ポップ』挿入歌(like a lovesong (back to back))
11th 1997年11月21日 ハイブリッド レインボウ KIDS-356 NHK-BS2『WEEKEND JOY』エンディングテーマ
12th 1998年1月21日 アナザーモーニング KIDS-369 CX系『来来圏』エンディングテーマ
13th 1998年9月2日 NO SELF CONTROL KICS-687 87位
14th 1998年11月27日 インスタント ミュージック KIDS-401
15th 1999年7月28日 カーニバル KICS-740 67位 TBS系『COUNT DOWN TV』エンディングテーマ
16th 1999年10月27日 RUSH KICS-757 81位
17th 2000年4月26日 Ride on shooting star KICS-781 54位 OVAフリクリ』テーマソング
18th 2000年11月22日 I think I can KICM-1008 69位 NTV系『スポーツMAX』エンディングテーマ
19th 2002年8月1日 白い夏と緑の自転車 赤い髪と黒いギター KICM-1054 56位
20th 2003年9月3日 ターミナル・ヘヴンズ・ロック KICM-1080 44位 OVER AMPはムームーに提供した楽曲のセルフカバー。
21st 2004年10月6日 その未来は今 KICM-1120 26位 Beehiveは米倉千尋に提供した楽曲のセルフカバー。
22nd 2005年9月14日 ノンフィクション KICM-1146 24位 HEART IS THEREは真鍋吉明のソロプロジェクトNINE MILESのカバー。
23rd 2005年11月23日 サード アイ KICM-1147 29位
24th 2006年2月26日 Gazelle city NKCD-6333
25th 2007年4月4日 スケアクロウ AVCD-31198 13位 WOWOWMOONLIGHT MILE』1stシーズン エンディングテーマ
つよがりはMr.Childrenのカバー。
26th 2007年8月15日 Ladybird girl AVCD-31250 15位 CNベン10』エンディングテーマ
27th 2008年1月30日 Tokyo Bambi AVCD-31310 9位
28th 2008年5月28日 New Animal AVCD-31410 10位
29th 2009年9月2日 雨上がりに見た幻 AVCD-31653 7位 20周年記念アイテム第5弾
30th 2010年1月20日 Rodeo star mate AVCD-31793 12位 テレビ朝日系『スティッチ! 〜いたずらエイリアンの大冒険〜』オープニングテーマ
31st 2010年12月1日 Movement AVCD-31947 18位
32nd 2011年2月18日 TABASCO DISCO AVCD-31999 ライブ会場・通販限定シングル
33rd 2011年6月8日 Comic Sonic AVCD-48045 19位 テレビ東京系『SKET DANCE』 エンディングテーマ
34th 2011年12月7日 エネルギヤ AVCD-48221
AVCD-48222
21位
35th 2013年9月16日 ハッピー・バースデー AVCD-48702 18位
36th 2014年9月17日 About A Rock'n'Roll Band AVCD-83068
AVCD-83069
18位 テレビ東京系『モヤモヤさまぁ~ず2』エンディングテーマ
37th 2019年10月9日 Happy Go Ducky! KICM-91982
KICM-1983
アニメ『あひるの空』オープニングテーマ

配信限定シングル[編集]

  発売日 タイトル 備考
1st 2016年2月26日 カッコーの巣の下で
2nd 2016年12月24日 王様になれ

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1991年6月21日 MOON GOLD PCCA-00279
2nd 1992年5月21日 WHITE INCARNATION PCCA-00369
3rd 1994年7月2日 KOOL SPICE KICS-421
4th 1995年3月24日 LIVING FIELD KICS-472
5th 1997年1月22日 Please Mr. Lostman KICS-606
6th 1998年2月21日 LITTLE BUSTERS KICS-666
7th 1999年1月22日 RUNNERS HIGH KICS-710
8th 1999年12月2日 HAPPY BIVOUAC KICS-758
9th 2001年10月31日 Smile KICS-900
10th 2002年10月23日 Thank you, my twilight KICS-976
11th 2003年11月6日 PENALTY LIFE KICS-1039 映画『ムーンライト・ジェリーフィッシュ』挿入歌(昇らない太陽)
12th 2004年11月3日 GOOD DREAMS KICS-1121
13th 2006年1月12日 MY FOOT KICS-1214 セイコーマート『爽美風茶』CMソング(Gazelle city)
14th 2007年5月2日 Wake up! Wake up! Wake up! AVCD-23282 WOWOW『MOONLIGHT MILE』2ndシーズン エンディングテーマ(BOAT HOUSE)
15th 2008年6月25日 PIED PIPER AVCD-23605
16th 2009年10月14日 OOPARTS AVCD-23939
17th 2011年1月26日 HORN AGAIN AVCD-38201 dビデオ powered by BeeTVスペシャル『闇金ウシジマくん (テレビドラマ)』主題歌(EMERALD CITY)
18th 2012年1月18日 TRIAL AVCD-38404/B(CD+DVD)
AVCD-38405(CD)
19th 2014年10月22日 ムーンダスト AVCD-93009/B(CD+DVD)
AVCD-93010(CD)
20th 2016年4月6日 STROLL AND ROLL QECD-90001(BUMP-052)(CD+DVD)
QECD-10001(BUMP-053)(CD)
TOKYO MX『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』TVシリーズ第1話エンディングテーマ(Locomotion, more! more!)
21st 2017年3月8日 NOOK IN THE BRAIN QECD-90003(BUMP-063)(CD+DVD)
QECD-10003(BUMP-064)(CD)
東新住建 CMソング(BE WILD)
22nd 2018年9月19日 REBROADCAST QECD-9008(BUMP-078)(CD+DVD)
QECD-10008(BUMP-079)(CD)
30周年企画「Thank you, my highlight」の第1弾リリース[26]

映画『純平、考え直せ』主題歌(眩しい闇のメロディー)

ベストアルバム・コンピレーションアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2001年2月7日 Fool on the planet KICS-850
2nd 2002年10月23日 Another morning, Another pillows KICS-977~8
3rd 2007年11月14日 LOSTMAN GO TO YESTERDAY KIZC-19~24 キングレコード在籍中の全シングルとそのC/WおよびPV
4th 2009年6月3日 Rock stock&too smoking the pillows AVCD-23873 20周年記念アイテム第3弾
5th 2009年6月3日 Once upon a time in the pillows KICS-1469 20周年記念アイテム第3弾
6th 2014年10月4日 BOOTLEG THE PILLOWS 1992-1993 AVC1-93004 第2期に入った頃の未発表曲集。
7th 2016年3月2日 Across the metropolis AVCD-93395~6/B
AVCD-93397~8
2007年以降のシングルのカップリング曲や限定シングル、新録2曲を含むベストアルバム

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1990年5月21日 パントマイム GONG-6021 インディーズ
2nd 1990年10月25日 90'S MY LIFE HOMO-001 インディーズ
3rd 2004年6月23日 TURN BACK KICS-1090 セルフカバー


非店頭販売[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2014年3月28日 FUTURE AVC1-48932 第2期の未発表曲。
ライブ会場・通販限定シングル。
2nd 2016年5月6日 カッコーの巣の下で BUMP-055 ライブ会場・通販限定シングル。
4、5曲目はライブ音源(LIVE at TOYOSU PIT / 2015.12.26 ‘LOSTMAN GO TO CITY’)。
3rd 2017年5月5日 どこにもない世界 BUMP-066 ライブ会場・通販限定シングル。
3~6曲目はライブ音源(LIVE at Zepp Tokyo / 2016.07.22“STROLL ANS ROLL TOUR”)。
4th 2017年11月8日 ぼくのともだち BUMP-073 ライブ会場・通販限定シングル。
3~6曲目はライブ音源(LIVE at Zepp Tokyo / 2017.07.22“NOOK IN THE BRAIN TOUR”)。

関連作品[編集]

発売日 タイトル 作品アーティスト 規格品番 収録曲 補足
1999年4月10日 RESPECTABLE ROOSTERS ルースターズ COCP-50061 7. Good Dreams ルースターズのトリビュート・アルバム。
2001年8月8日 LIFE IS DELICIOUS V.A. BUMP-006 1. 21 fingers
2. No substance
DELICIOUS LABELのコンピレーション盤。
2002年10月23日 BEAT OFFENDERS ザ・コレクターズ AMCT-10009 5. 1.2.3.4.5.6.7 DAYS A WEEK ザ・コレクターズのトリビュート・アルバム。
2004年9月16日 SYNCHRONIZED ROCKERS the pillows KICS-1103 結成15周年記念トリビュート・アルバム
2005年6月8日 FLCL Original Sound Track NO. 3 the pillows KICA-695 OVAフリクリ』のサウンドトラック
2008年5月28日 ELECTRIC RAYS V.A. NFCD-27901 1. Voice
2. Bite me
the pillowsの未発表曲「Voice」、「Bite me」を含む12曲を収録したオムニバスアルバム。
2009年9月2日 Lightning Runaway ~NO MUSIC, NO LIFE~ the pillows & Ben Kweller AVCI-31686 1. Lightning Runaway ~NO MUSIC, NO LIFE.~ the pillowsとBen Kwellerのコラボシングル。TOWER RECORDSのみで、初回受注限定生産で『雨上がりに見た幻』と同時販売。
2010年1月27日 NO MUSIC, NO LIFE. SONGS V.A. RZC1-46475 3. Lightning Runaway ~NO MUSIC, NO LIFE.~
2012年7月4日 PUFFY COVERS PUFFY KSCL-2061 13. 海へと PUFFYのトリビュート・アルバム。
2014年2月26日 ROCK AND SYMPATHY the pillows AVCD-38831 結成25周年記念トリビュート・アルバム
2017年10月18日 PAUSE 〜STRAIGHTENER Tribute Album〜 ストレイテナー
TYCT-69121
TYCT-60109
11. Farewell Dear Deadman ストレイテナーのトリビュート・アルバム。
2018年9月5日 FooL on CooL generation the pillows THCA-60224 劇場版「フリクリ オルタナ」「フリクリ プログレ」のためにthe pillowsが書き下ろした主題歌2曲とセルフカバー12曲を収録したサウンドトラック。
2019年7月24日 Thank you, ROCK BANDS! 〜UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album〜 UNISON SQUARE GARDEN TFCC-86673~5 2. シューゲイザースピーカー UNISON SQUARE GARDENのトリビュート・アルバム。
2019年9月4日 王様になれオリジナルサウンドトラック the pillows KICS-3841 Thank you, my highlight 07。
the pillows30周年記念映画王様になれのサウンドトラック。

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1998年1月21日(VHS)
2003年9月3日(DVD)
Hello, Welcome to Bubbletown's Happy Zoo (instant show) KIVM-228(VHS)
KIBM-48(DVD)
1997年12月21日LIQUIDROOMで行われた同名ライブの映像。DVD版はVHS版にボーナストラックとして「アナザーモーニング」と「ハイブリッド レインボウ」を追加収録した。
2nd 1999年2月26日(VHS)
2003年9月3日(DVD)
WE HAVE A THEME SONG KIVM-245(VHS)
KIBM-49(DVD)
6thシングルから14thシングルまでの全シングルのプロモーション・ビデオ集。DVD版はVHS版に加えて3rdシングル「DAYDREAM WONDER」と5thシングル「Tiny Boat」のプロモーション・ビデオをボーナストラックとして収録した。
3rd 2001年8月29日 BUSTERS ON THE PLANET KIBM-265(VHS)
KIBM-26(DVD)
ベスト・アルバム『Fool on the planet』発売に伴って行われた「Fool on the planet tour」のうち、2001年5月5日赤坂BLITZで行われたライブの映像。DVD版のみ特典映像「1週間でマスターできる、ハイブリッドレインボウ講座」が収録されている。
4th 2003年9月3日 DEAD STOCK PARADISE KIBM-47 15thシングルから20thシングルまでの全シングルとアルバム代表曲2曲のプロモーション・ビデオ集。ボーナストラックの「Thank you, my twilight」は2003年1月19日PENNY LANE 24で行われたライブの映像である。
5th 2004年9月16日 WALKIN' ON THE SPIRAL KIBM-69 バンド結成から15年の歴史を第一期と第二期を中心としたライブ映像などで振り返るドキュメンタリー。ライブ映像以外にも多数の映像特典を収録している。
6th 2005年1月26日 916 "15th Anniversary Special Live DVD" KIBM-80 バンド結成15周年の日にSHIBUYA-AXで行われたライブ「THANK YOU VERY MUCH, I LIKE YOU BUSTERS!」の映像。
7th 2005年9月14日 DELICIOUS BUMP TOUR IN USA KIBM-92 2005年3月にnoodlesを伴って行われた同名のアメリカツアーにおけるライブ映像。ツアーの模様を収録したドキュメンタリー映像でもある。
8th 2006年2月26日 DELICIOUS BUMP SHOW! ! BUMP-021 2005年11月10日Shibuya O-WESTにて行われた「DELICIOUS BUMP SHOW! !」の模様を収録したDVD。映像特典でバックステージなど収めたおまけ映像も収録。
9th 2007年2月7日(DVD)
2014年03月12日(Blu-ray)
LOSTMAN GO TO AMERICA THE PILLOWS MY FOOT TOUR IN USA AVBD-91372(DVD)
AVXD-92091(Blu-ray)
2006年6月にアメリカで行われた「MY FOOT TOUR IN USA」におけるライブ映像。ボーナストラックはメキシコでのライブの映像である。また、前作と同様にツアーの模様を収録したドキュメンタリー映像でもある。
10th 2008年1月30日(DVD)
2014年03月12日(Blu-ray)
Wake up! Stand up! and Go! -the pillows Wake up! Tour 2007.10.08 @Zepp Tokyo- AVBD-91501(DVD)
AVXD-92092(Blu-ray)
「Wake up! Tour」から、2007年10月8日ZEPP TOKYOで行われたライブを完全収録。映像特典に全国Zeppでのドキュメント映像。
11th 2009年1月28日(DVD)
2014年3月12日(Blu-ray)
PIED PIPER GO TO YESTERDAY AVBD-91572~3(DVD)
AVXD-92093~4(Blu-ray)
20周年記念アイテム第1弾。キングレコードより発売したシングルBOX『LOSTMAN GO TO YESTERDAY』からのTOURと、16thアルバム『PIED PIPER』からのTOUR内容を2枚組にわたって完全収録。
12th 2009年5月20日(DVD)
2014年3月12日(Blu-ray)
BLUE SONG WITH BLUE POPIES AVBD-91604(DVD)
AVXD-92095(Blu-ray)
20周年記念アイテム第2弾。2009年2月に行われた、ピロウズ初のアコースティックライブ。特典に、2008年に行われたファンクラブ限定ライブ映像を収録。
13th 2010年1月20日(DVD)
2014年3月12日(Blu-ray)
LOSTMAN GO TO BUDOKAN AVBD-91749~50(初回盤DVD)
AVBD-91751(通常版)
AVXD-92096(Blu-ray)
日本武道館で行われた結成20周年記念ライブを全曲収録。初回限定盤のみ、20周年期間ドキュメントDVD付2枚組+BOX仕様+写真集付き。
14th 2010年6月23日(DVD)
2014年3月12日(Blu-ray)
PARTS OF OOPARTS 2010.02.21 at JCB HALL“OOPARTS TOUR” AVBD-91779(DVD)
AVXD-92097(Blu-ray)
2010年2月12日、JCB HALLにて行われた"OOPARTS TOUR"FINALの模様を完全収録。
特典映像に、「バスター君の秘密がついに暴かれる?BUSTER-KUN GO TO OOPARTS TOUR」を収録。
15th 2011年2月16日 Born in The '60s AVBD-91817 全員1960年代生まれのアーティスト、the pillows、THE COLLECTORSTheピーズTOMOVSKY怒髪天による、2010年9月27日~10月18日に行われた、全国ツアー“Born in The’60s Tour”の模様をドキュメント収録。
映像特典としてメンバー全員格付けチェック、ファッションチェックも収録。
16th 2011年10月12日(DVD)
2014年3月12日(Blu-ray)
BORN AGAIN 2011.04.24 at Zepp Tokyo "HORN AGAIN TOUR" AVBD-91874(DVD)
AVXD-92098(Blu-ray)
2011年4月24日にZepp Tokyoで公演されたライブ『HORN AGAIN TOUR』を完全収録。
17th 2012年1月18日 WE ARE FRIENDS -NAP UTATANE TOUR 2011SEPTEMBER in USA- AVBD-91902 2011年9月にnoodlesAll Agesと共に行われたアメリカツアー「NAP UTATANE TOUR 2011 SEPTEMBER」の模様を完全収録。
映像特典で「DELICIOUS BUMP SHOW!! in CALIFORNIA」を収録。
18th 2012年4月11日 the pillows presents Born in The '60s 2011.10.09 at Zepp Sendai AVBD-91903 1960年代生まれのアーティストたちの「Born in The '60s」第2弾の模様をドキュメント収録。
映像特典で「格付けチェック ~お前ら何流ミュージシャン!?~」を収録。
19th 2012年11月14日 REAL TRIAL 2012.06.16 at Zepp Tokyo "TRIAL TOUR" AVBD-91965(DVD)
AVXD-91629(Blu-ray)
2012年6月16日、Zepp Tokyoにて行われた"TRIAL TOUR"FINALの模様を完全収録。
特典映像には「山中さわお 自曲カラオケ100点へのトライアル!」を収録。また、Blu-ray DiscのみLIVE PHOTOスライドショーを収録。
20th 2014年3月12日 REVIVAL OF MOTION PICTURES
AVBD-92101~2(DVD)
AVXD-92099~100(Blu-ray)
全シングルのMV、アルバム収録曲、新たに撮り下ろしたMVを加えたAll time BEST MV集。
2014年3月12日 OUR BLACK FLAG AVXD-92082~90(Blu-ray) the pillows結成25周年を記念し、avexからリリースされたワンマンライブDVD7枚に、「REAL TRIAL」を加えて完全コンパイルしたBlu-ray Disc9枚組BOX。
※avexからリリースされたワンマンライブDVDをBlu-ray化したシングルパッケージも同時発売。
21st 2014年9月17日 the pillows 25th Anniversary NEVER ENDING STORY “Do You Remember The 2nd Movement?” AVXD-92136(Blu-ray)
AVBD-92134~5(DVD)
結成25周年を記念して行われたホールツアーから、2014年4月5日に東京 日本青年館大ホールにて行われた、第2期の楽曲を中心にした激レアライブの模様を収録。
映像特典ではthe pillowsのリーダーであり初代ベーシストであった上田健司 (上田ケンジ)を22年振りに迎え、新宿LOFTで行われた一夜限りの復活ライブを収録。
22nd 2015年1月21日 the pillows 25th Anniversary NEVER ENDING STORY “DON’T FORGET TODAY!” 2014.10.04 at TOKYO DOME CITY HALL AVXD-92178(Blu-ray)
AVBD-92177(DVD)
結成25周年を記念してTOKYO DOME CITY HALLで行われた一夜限りのアニヴァーサリー・ライヴを完全収録。
23rd 2015年8月26日 MOONDUST LIGHT FOR YOU 2015.03.28 at Zepp Tokyo “moondust tour” AVXD-92241(Blu-ray)
AVBD-92240(DVD)
2015年3月28日にZepp Tokyoで行われた、moondust tourファイナル公演の模様を完全収録。
特典映像では、moondust tour 青森Quarter公演での笑撃映像をメンバーコメントと共に収録。
24th 2016年11月23日 STROLL AND ROLL BAND 2016.07.22 at Zepp Tokyo “STROLL AND ROLL TOUR” QEXD-10001(BUMP-061)(Blu-ray)
QEBD-10001(BUMP-060)(DVD)
2016年7月22日にZepp Tokyoで行われた、STROLL AND ROLL TOURファイナル公演の模様を完全収録。特典映像には「ザ・ピロウズのべろんべろん相談室」を収録。
25th 2017年11月22日 NOOK IN THE WORLD 2017.07.22 at Zepp Tokyo “NOOK IN THE BRAIN TOUR” QEXD-10002(BUMP-071)(Blu-ray)
QEBD-10002(BUMP-070)(DVD)
2017年7月22日にZepp Tokyoで行われた、NOOK IN THE BRAIN TOURファイナル公演の模様を完全収録。特典映像には「いい齢してお茶の違いくらいわかるだろがい!選手権!!」を収録。
2018年11月23日 ROCK’N’ROLL AND YOUR SUN BUMP-081 30周年企画「Thank you, my highlight」の第3弾リリース[27]。2018年に行われたアメリカツアー(MONO ME YOU SUN TOUR)のドキュメンタリー・DVD。ライブ会場、通販限定販売。
26th 2019年9月4日 LIFE IS ONLY ONCE 2019.3.17 at Zepp Tokyo “REBROADCAST TOUR” QEXD-10004(BUMP-086)(Blu-ray)
QEBD-10004(BUMP-085)(DVD)
30周年企画「Thank you, my highlight」の第6弾リリース。2019年3月17日にZepp Tokyoで行われた、REBROADCAST TOURファイナル公演の模様を完全収録。特典映像には「30周年!人気曲くらいわかるだろがい!選手権!!」を収録。
27th 2020年3月18日 the pillows "30th Anniversary THANK YOU, MY HIGHLIGHT" LOSTMAN GO TO YOKOHAMA ARENA 2019.10.17 at YOKOHAMA ARENA QEXD-90005(BUMP-094)(初回限定版:Blu-ray+2CD)
QEBD-90005(BUMP-092)(初回限定版:DVD+2CD)
QEXD-10005(BUMP-095)(Blu-ray)
QEBD-10005(BUMP-093)(DVD)
the pillowsが結成30周年を記念して2019年10月17日に、横浜アリーナで行ったライブを完全収録したLive Blu-ray&DVD。アニバーサリーライブらしくthe pillowsの魅力を一望できる新旧楽曲を織り交ぜた、約2時間半の構成となっている。
28th 2021年5月14日 RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.1 2017.12.03 at OSAKA BIGCAT BUMP-113(DVD+2CD)
BUMP-114(Blu-ray+2CD)
2017年に行った、5th album「Please Mr.Lostman」と6th album「LITTLE BUSTERS」の2枚のアルバム収録曲全曲で構成されたツアー「RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.1」から、2017/12/3 大阪 BIGCATで行われたライブの模様を収録。2枚組のライブ音源CDが付属。ライブ会場・通販限定。
29th 2021年5月14日 RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.2 2018.05.20 at NAGOYA THE BOTTOM LINE BUMP-115(DVD+2CD)
BUMP-116(Blu-ray+2CD)
2018年に行った、7th album「RUNNERS HIGH」、8th album「HAPPY BIVOUAC」の2枚のアルバム収録曲全曲で構成された再現ツアー第二弾「RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.2」から、2018/5/20 名古屋 THE BOTTOM LINEで行われたライブの模様を収録。2枚組のライブ音源CDが付属。ライブ会場・通販限定。
30th 2021年9月16日 RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.3 2021.07.16 at SHINKIBA STUDIO COAST BUMP-119(DVD+2CD)
BUMP-120(Blu-ray+2CD)
9th album「Smile」、10th album「Thank you,my twilight」の2枚のアルバム収録曲全曲で構成された再現ツアー第三弾「RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.3」から、2021/7/16 新木場 STUDIO COASTで行われたライブの模様を収録。2枚組のライブ音源CDが付属。ライブ会場・通販限定。

バンドスコア[編集]

タイトル 解説 リリース
JAN
Best Collection 5thアルバム『Please Mr.Lostman』から14thアルバム『MY FOOT』までの10アルバムから15曲を選んだメンバー監修によるベストバンドスコアで、メンバーによる楽曲解説やアドバイス、使用機材の紹介、年表、写真なども収録。 2006年3月25日
9784285106992
MY FOOT 13thアルバム『MY FOOT』の全曲を収録したメンバー監修によるバンドスコア。 2006年7月3日
9784285109337
Wake up! Wake up! Wake up! 14thアルバム『Wake up! Wake up! Wake up!』の全曲を収録したメンバー監修によるバンドスコア。 2007年5月30日
9784285114645
PIED PIPER 15thアルバム『PIED PIPER』の全曲を収録したメンバー監修によるバンドスコア。 2008年7月29日
9784285118339
Rock stock&too smoking the pillows ベスト・アルバム『Rock stock&too smoking the pillows』の全曲を収録したメンバー監修によるバンドスコア。 2009年7月4日
4514142123542
Once upon a time in the pillows ベスト・アルバム『Once upon a time in the pillows』の全曲を収録したメンバー監修によるバンドスコア。 2009年7月4日
4514142123559
OOPARTS 16thアルバム『OOPARTS』の全曲を収録したメンバー監修によるバンドスコア。 2010年3月24日
HORN AGAIN 17thアルバム『HORN AGAIN』の全曲を収録したメンバー監修によるバンドスコア。 2011年3月2日
Best selection II 2006年に出版された「Best Collection」に続き、山中さわおにより厳選された16曲を収載。巻頭にはライブフォトページ、メンバー使用機材が収載。巻末にはthe pillows 25年の軌跡がわかる「Discography」、「Biography」を収載。 2015年1月23日

タイアップ[編集]

タイトル 収録先 タイアップ先
ガールフレンド 4thシングル 映画『Love Letter』イメージソング
Tiny Boat 5thシングル CX系『とれたてガバット』テーマソング
TVKMutoma JAPAN』エンディングテーマ
Swanky Street 7thシングル ANB系『金之玉手箱』エンディングテーマ
TRIP DANCER 8thシングル TBS系『TICOS』テーマソング
NHK-FM645・大化の改新 青春記』エンディングテーマ
彼女は今日, 9thシングル NHK-BS2『WEEKEND JOY』エンディングテーマ
NHK-FM『ミュージックスクエア』エンディングテーマ
ONE LIFE 10thシングル CX系『来来圏』エンディングテーマ
ハイブリッド レインボウ 11thシングル NHK-BS2『WEEKEND JOY』エンディングテーマ
アナザーモーニング 12thシングル CX系『来来圏』エンディングテーマ
カーニバル 15thシングル TBS系『COUNT DOWN TV』エンディングテーマ
like a lovesong (back to back) 10thシングル 『ONE LIFE』収録 映画『ラブ&ポップ』挿入歌
Ride on shooting star 17thシングル OVAフリクリ』テーマソング
I think I can 18thシングル NTV系『スポーツMAX』エンディングテーマ
昇らない太陽 11thアルバム 『PENALTY LIFE』収録 映画『ムーンライト・ジェリーフィッシュ』挿入歌
Gazelle city 13thアルバム『MY FOOT』収録 セイコーマート『爽美風茶』CMソング
スケアクロウ 24thシングル WOWOWMOONLIGHT MILE』1stシーズン エンディングテーマ
Ladybird girl 25thシングル CNベン10』エンディングテーマ
BOAT HOUSE 14thアルバム『Wake up! Wake up! Wake up!』収録 WOWOW『MOONLIGHT MILE』2ndシーズン エンディングテーマ
Rodeo star mate 29thシングル テレビ朝日系『スティッチ! 〜いたずらエイリアンの大冒険〜』オープニングテーマ
Comic Sonic 33rdシングル テレビ東京系『SKET DANCE』 エンディングテーマ
Good by present 33rdシングル BeeTV 「モテキ」エンディングテーマ
EMERALD CITY 17thアルバム『HORN AGAIN』収録 dビデオ powered by BeeTVスペシャル『闇金ウシジマくん (テレビドラマ)』主題歌
About A Rock’n’Roll Band 36thシングル テレビ東京系『モヤモヤさまぁ~ず2』エンディングテーマ
Locomotion, more! more! 20thアルバム『STROLL AND ROLL』収録 TOKYO MX『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』TVシリーズ第1話エンディングテーマ
BE WILD 21stアルバム『NOOK IN THE BRAIN』収録  東新住建 CMソング [28]
Star overhead 「フリクリ」サウンドトラックFooL on CooL generation収録 劇場版『フリクリ オルタナ』主題歌
Spiky Seeds 「フリクリ」サウンドトラックFooL on CooL generation収録 劇場版『フリクリ プログレ』主題歌
眩しい闇のメロディー 22ndアルバム『REBROADCAST』収録  映画『純平、考え直せ』主題歌
Happy Go Ducky! 39thシングル アニメ『あひるの空』オープニングテーマ

カバー曲[編集]

タイトル 収録先 備考
FAKIN' IT 6thシングル「ストレンジ カメレオン」C/W Simon and Garfunkelのカバー
When You Were Mine 7thシングル「Swanky Street」C/W Cyndi Lauperのカバー
原曲はPrinceのカバーである
Good Dreams トリビュート・アルバム『RESPECTABLE ROOSTERS-a tribute to the roosters-』収録 ルースターズのカバー
1.2.3.4.5.6.7 DAYS A WEEK トリビュート・アルバム『BEAT OFFENDERS 〜A TRIBUTE TO THE COLLECTORS』収録 ザ・コレクターズのカバー
OVER AMP 20thシングル「ターミナル・ヘヴンズ・ロック」C/W ムームーに提供した楽曲をセルフカバー
Beehive 21stシングル「その未来は今」C/W 米倉千尋に提供した楽曲をセルフカバー
HEART IS THERE 22ndシングル「ノンフィクション」C/W 真鍋吉明のソロプロジェクトNINE MILESのカバー
つよがり 24thシングル「スケアクロウ」C/W Mr.Childrenのカバー
海へと トリビュート・アルバム『PUFFY COVERS』収録 PUFFYのカバー
散文とブルース トリビュート・アルバム『Yes, We Love butchers 〜Tribute to bloodthirsty butchers〜 Mumps』収録 bloodthirsty butchersのカバー
Farewell Dear Deadman トリビュート・アルバム『PAUSE 〜STRAIGHTENER Tribute Album〜』収録 ストレイテナーのカバー
シューゲイザースピーカー トリビュートアルバム『Thank you, ROCK BANDS! 〜UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album〜』収録 UNISON SQUARE GARDENのカバー

その他、ライブのみでカバーされた曲はニルヴァーナビートルズ佐野元春バグルズ怒髪天SALON MUSICなど多数ある。

提供曲[編集]

Beehive 米倉千尋の『azure』に収録。のち、22nd シングル『その未来は今』のカップリングにセルフカバーが収録される。
シュガー・ナイトメア V6の『Voyager』に収録。
MY TRUE COLORS THE COLLECTORSの『ロック教室 -THE ROCK'N ROLL CULTURE SCHOOL-』に収録。
サヨナラサマー PUFFYの『honeycreeper』に収録。
Twilight Shooting Star! PUFFYの『マイストーリー』に収録。編曲は元the pillowsメンバー上田健司が担当。
シュガーバイン つるの剛士の『シュガーバイン / Two weeks to death』に収録。
世界は屋上で見渡せた SKET×Sketchの『世界は屋上で見渡せた』、SKET DANCEのコンピレーション・アルバム『THE BEST DANCE』に収録。

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
今井"LuCY"淳也 Doggie Howl」「Funny Bunny」「Ladybird girl」「Movement」「New Animal」「Split emotion」「Tokyo Bambi」「YOUR ORDER」「その未来は今」「サード アイ」「スケアクロウ」「ターミナル・ヘヴンズ・ロック」「トライアル」「ノンフィクション」「ハッピー・バースデー」「ムーンダスト」「雨上がりに見た幻
オオシカケンイチ Go! Go! Jupiter
奥和義 ONE LIFE
木村真生(Masao Kimura) About A Rock’n’Roll Band」「Revival」「ハイブリッド レインボウ from DVD「LOSTMAN GO TO AMERICA」」
くぼめぐ PIED PIPER」「Rodeo star mate
小嶋貴之 エネルギヤ
近藤勝治 I think I can」「Ride on shooting star」「バビロン天使の詩」「白い夏と緑の自転車 赤い髪と黒いギター
鈴木潤 「Fool on the planet (LIVE Ver.)」「インスタントミュージック」「ハイブリッド・レインボウ (LIVE Ver.)」
辻友博 「僕らのハレー彗星」
藤田popolo宏治 1989」「Comic Sonic」「Wake up! dodo
不明 CARNIVAL」「Instant Music」「NO SELF CONTROL」「RUSH」「STRANGE CHAMELEON」「Swanky Street」「TRIP DANCER」「Tiny Boat」「girl friend」「この世の果てまで」「アナザーモーニング」「ハイブリッドレインボウ」「彼女はシスター」「彼女は今日、

主なライブ[編集]

  • 1990年10月〜11月 - 90'S MY LIFE TOUR
  • 1991年
    • 03月〜04月 - 8 PENNY TOUR 1991
    • 06月〜07月 - MOON GOLD TOUR 1991
  • 1992年05月〜08月 - WHITE INCARNATION TOUR
  • 1994年
    • 04月 - Naked Tour
    • 07月 - KOOL SPICE TOUR
    • 10月〜11月 - DAYDREAM TOUR
  • 1995年
    • 04月〜05月 - LIVING FIELD TOUR
    • 11月〜12月 - Tiny Boat Tour '95
  • 1996年
    • 02月 - Tiny Boat Tour '96
    • 07月 - ストレンジ カメレオン TOUR
    • 09月〜10月 - Swanky Street Tour
    • 11月 - TRIP DANCER TOUR
  • 1997年
    • 03月〜04月 - Please Mr. Lostman Tour
    • 07月〜08月 - ONE LIFE TOUR
    • 12月 - HYBRID RAINBOW TOUR
  • 1998年03月〜04月 - LITTLE BUSTERS TOUR
  • 1999年
    • 03月〜04月 - RUNNERS HIGH TOUR
    • 12月 - 1999 HAPPY BIVOUAC TOUR
  • 2000年
    • 01月〜03月 - 2000 HAPPY BIVOUAC TOUR
    • 12月 - I think I can!!!!! Tour
  • 2001年
    • 03月〜05月 - Fool on the planet Tour
    • 12月 - 2001 Smile Tour
  • 2002年
    • 01月〜03月 - 2002 Smile Tour
    • 12月〜2003年02月 - Thank you, my twilight Tour
  • 2003年
    • 10月 - TERMINAL HEAVEN'S ROCK TOUR
    • 12月〜2004年03月 - PENALTY LIFE TOUR
  • 2004年
    • 09月 - the pillows 15th Anniversary THANK YOU VERY MUCH, I LIKE YOU BUSTERS!
    • 12月〜2005年03月 - GOOD DREAMS TOUR
  • 2005年
    • 03月 - DELICIOUS BUMP TOUR IN USA
    • 12月 - The third eye Tour
  • 2006年
    • 02月〜04月 - MY FOOT TOUR
    • 06月 - MY FOOT TOUR in USA and Mexico Shows
    • 09月〜10月 - Mr.Children & the pillows new big bang tour~This Is Hybrid Innocent~
    • 12月 - TOUR“LOSTMAN GO TO CITY”
  • 2007年
  • 2008年
    • 03月 - DELICIOUS BUMP TOUR IN USA 08
    • 06月 - DELICIOIUS BUMP SHOW!! ~ELECTRIC RAYS~
      w/monokuro / noodles / The Poppers / UNDER THE COUNTER
    • 07月〜11月 - PIED PIPER TOUR
    • 12月 - TOUR 2008 LOSTMAN GO TO CITY for Maniac fans!!!
  • 2009年
  • 2010年
    • 06月 - the pillows presents CHEMICAL BUMP SHOW !!
      w/HARISS / 高畠俊太郎BAND
    • 09月〜10月 - the pillows presents "Born in The '60s Tour"
      w/Theピーズ / 怒髪天 / THE COLLECTORS / TOMOVSKY
    • 11月 - the pillows presents CHEMICAL BUMP SHOW !!
      w/Scars Borough
    • 12月 - Movement Tour
    • 12月 - the pillows presents COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2010→2011
      w/Pop Chocolat / monokuro / BUGY CRAXONE / noodles / 怒髪天
  • 2011年
    • 02月〜07月 - HORN AGAIN TOUR
    • 12月 - Energiia Tour
    • 12月 - the pillows presents "COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2011→2012"
      w/怒髪天 / BUGY CRAXONE / noodles / カミナリグモ / Pop Chocolat
  • 2012年
    • 03月〜06月 - TRIAL TOUR
    • 12月 - the pillows presents COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2012→2013
      w/BUGY CRAXONE / gold sounds / noodles / Pop Chocolat / 怒髪天
  • 2013年
    • 07月〜08月 - the pillows fanclub live!
    • 09月 - the pillows presents "Born in The '60s 2013"
      w/THE COLLECTORS / Theピーズ / TOMOVSKY / 怒髪天
    • 11月〜12月 - the pillows TOUR 2013 "LOSTMAN GO TO CITY"
    • 12月 - the pillows presents COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2013→2014
      w/シュリスペイロフ / BUGY CRAXONE / noodles / Pop Chocolat / TOMOVSKY
  • 2014年
  • 2015年
    • 06月 - the pillows presents "Ready Steady Go!"
      w/The Birthday
    • 06月 - the pillows presents "Old Rose And New Rose"
      w/ふくろうず
    • 07月 - the pillows presents テキーラ! テキーラ! とファニーバニー!
      w/髭
    • 07月 - the pillows presents "Deadman & Lostman"
      w/ストレイテナー
    • 07月 - the pillows presents"About A Rock'n'roll Band"
      w/a flood of circle
    • 07月 - the pillows presents "恋のマシンガンに気をつけろ!"
      w/東京カランコロン
    • 12月 - the pillows TOUR 2015 “LOSTMAN GO TO CITY”
    • 12月 - the pillows presents COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2015→2016
      w/BUGY CRAXONE / noodles / Pop Chocolat / THE BOHEMIANS / シュリスペイロフ / 怒髪天
  • 2016年05〜07月 - TOUR 2016 「STROLL AND ROLL TOUR」
  • 2017年
    • 05〜07月 - 「NOOK IN THE BRAIN TOUR」
    • 11〜12月 - 「RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.1」
    • 12月 - the pillows presents COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2017→2018
  • 2018年
    • 05〜06月 - 「RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.2」

レギュラー番組[編集]

ラジオ
  • POISON ROCK 'N' ROLL(JFN系列局、2008年10月 - 2013年4月)
  • Are You Ready to ROCK(InterFM、2015年4月 - 2017年10月)

書籍[編集]

  • ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ(2009年9月15日、USEN)the pillows結成20周年、完全ヒストリーブック
    • 2019年10月23日、音楽と人より再発売、内容は上記のUSEN版と同じ。
  • ザ・ピロウズ ハイブリッドレインボウ2(2019年10月23日、音楽と人)the pillows結成30周年、ヒストリーブック第2弾

関連アーティスト[編集]

トリビュート・アルバムシンクロナイズド・ロッカーズ』に参加したアーティストについては作品の記事を参照のこと。

Mr.Children
デビュー当時から親交があり、2006年には2バンドによる「new big bang tour」が行われた。このツアーの模様はMr.Childrenのアルバム『HOME』の初回特典DVDと、the pillowsのシングル「スケアクロウ」の初回特典DVDに一部が収録されている。
SALON MUSIC
第二期以降、the pillowsのプロデューサーを務める吉田仁が所属するロックユニット。the pillowsのライブではSALON MUSICの楽曲がオープニングSEに用いられている。
thee michelle gun elephant
同じ事務所に所属していたことから交流があり、山中さわおはロックバンドの象徴的存在として度々thee michelle gun elephantの名を挙げている。またthe pillowsが第二期のスタイリッシュなスタイルから第三期のロックバンドとなったきっかけは、まだデビュー前であったthee michelle gun elephantのライブパフォーマンスに圧倒されたためである[29]
怒髪天
the pillowsの結成を様々な形でサポートしたthe pillowsの兄貴分のような存在。the pillows主催のライブ・ツアー『Born in The '60s』で共演。
noodles
山中さわおが興した「デリシャス・レーベル」に所属するガールズバンド。山中さわおや、the pillowsのプロデューサーでもある吉田仁がプロデュースしている。
BUMP OF CHICKEN
the pillowsの元プロデューサーとの縁もあり、メジャー前からthe pillowsのラジオにゲスト出演。トリビュートをお願いした際、BUMPサイドが選んだハ­イブリッドレインボウをカバーしている。山中さわおは自身のラジオ番組で「BUMPは天才」といった旨の発言をすることもあり、彼らを高く評価しているという。
The Sketchbook
アニメ「SKET DANCE」内でThe Sketchbookが「Funny Bunny」を演奏した。また、the pillowsもアニメ「SKET DANCE」に「Comic Sonic」をエンディングテーマとして提供している。
THE COLLECTORS
the pillowsが主催のライブ・ツアー『Born in The '60s』にて共演。山中さわおは、ザ・コレクターズの前身バンドであるザ・バイクのファンでもある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ほかには、一度は決まりかけたという「ブレーメン」や怒髪天増子直純発案による「White」と「Why」をかけた「ホワイツ」などが候補に挙がったという(「MTV STYLUS」.90'S MY LIFE returns.MTVジャパン.2007年4月25日.(ダイジェスト版)(参照:2009年3月17日))。
  2. ^ 2005年秋にシングル「ノンフィクション」、「サード アイ」とDVD『DELICIOUS BUMP TOUR IN USA』の初回盤に付属する応募券をすべて集めると、応募者全員バンド名にちなんでオリジナル枕カバーをプレゼントするというキャンペーンを行った。
  3. ^ 活動初期には、山中さわおはギターを持たせてもらえずにハンドマイクで歌った時期もあった[13]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Hickey, David. The Pillows | Biography & History - オールミュージック. 2020年6月21日閲覧。
  2. ^ 津田健.「UNGA!-NO.104」フリーペーパー. UNGA!.2006年.(参照:2009年3月17日)
  3. ^ プロフィール:the pillows:mu-mo」.mu-mo.(参照:2009年3月17日)
  4. ^ the pillows」.DELICIOUS LABEL.(参照:2009年3月17日)
  5. ^ a b
    山中:表立っては、似たようなことがありましたけどね。1992〜1993年頃、上田健司が抜けた後にサポートで鹿島達也さんが入って復活するまで、1年くらいライブを1本しかやってない期間があって。(周りからは)休んでいるかのように見えたんでしょうけど、実際はスタジオで新曲を作ってレコーディングもしていたから、メンバーの感覚としては全然違うというか。 — 山中さわおJUNGLE★LIFE VOL.195(2014年2月1日発行)「the pillows」
  6. ^ a b c d e f 笹川清彦.『90'S MY LIFE returns』.ライナーノーツ.2004年3月8日.
  7. ^ a b c d e f g h i j 金光裕史, 中込智子 (6 2007). “夢の向こうまで”. 音楽と人 第一巻 (4号): 6-37ページ. 雑誌コード 02161-06. 
  8. ^ 中村貴子(パーソナリティ)「ミュージックスクエアNHK-FM放送、1998年3月3日.[出典無効]
  9. ^ a b 笹川清彦.「NOTES ABOUT TURN BACK!」.『TURN BACK』ライナーノーツ.2004年6月23日.
  10. ^ a b “永遠”なんてないと知りながら、“永遠”を願う。the pillows山中さわおがバンドの25年と未来を語る。」.M-ON! MUSIC(参照:2015年6月11日)
  11. ^ KENZI.「BIOGRAPY」.KENZI&THE TRIPSオフィシャルサイト【KENTORI.NET】.(参照:2009年3月17日)
  12. ^ a b c d e f g h i the pillows (9月16日) (MPEG-2). WALKIN' ON THE SPIRAL (DVD). 東京: キングレコード.. http://www.pillows.jp/p/kingrecords/19-dvd/128-20040916-out-r-walkin-on-the-spiral.html (参照:2009年3月17日)
  13. ^ 山中さわお.『白い夏と緑の自転車 赤い髪と黒いギター』.QUIP MAGAZINE
  14. ^ KENZI&THE TRIPS」.BARKS.(参照:2009年3月17日)
  15. ^ 「the pillows Live」.NHK-BS2.2007年12月8日.
  16. ^ 石川啓一,朝倉文江 (2004年10月17日). “the pillows”. QUIP MAGAZINE vol.38: 22-37ページ. ISBN 4-902038-00-5. 
  17. ^ シンクロナイズド・ロッカーズ」.the pillows official web site.(参照:2009年3月17日)
  18. ^ the pillows」. Kingrecords Webcommunication.(参照:2009年3月17日)
  19. ^ the pillows、noodles (9月14日) (MPEG-2). DELICIOUS BUMP TOUR IN USA (DVD). 東京: キングレコード.. http://www.pillows.jp/p/kingrecords/19-dvd/130-20050914-out-r-delicious-bump-tour-in-usa.html (参照:2009年3月17日)
  20. ^ the pillows (2月7日) (MPEG-2). 『 LOSTMAN GO TO AMERICA 』THE PILLOWS MY FOOT TOUR IN USA (DVD). 東京: エイベックス・エンタテインメント.. http://www.pillows.jp/p/avex/14-dvd/159-20071114-out-r-lostman-go-to-america-the-pillows-my-foot-tour-in-usa.html (参照:2009年3月17日)
  21. ^ 石井恵梨子.「INTERVIEWS the pillowsVMC.2007年.(参照:2009年3月17日)
  22. ^ GAINAX NETWORK - ガイナックス.2010年.(参照:2012年9月14日)
  23. ^ 出演したロックの学園2009の「ロックの授業」公開収録の中で山中が公表。この模様は「ロックの学園2009 一日目」(NHK-BSHi.2009年4月27日)番組内でも放映されている
  24. ^ the pillows「STROLL AND ROLL」発売記念特集 山中さわお×上田健司対談 (4/5) - 音楽ナタリー Power Push
  25. ^ the pillowsのサポートベーシスト鈴木淳がバンド離脱
  26. ^ the pillows 30周年記念第1弾"”. 2019年1月22日閲覧。
  27. ^ the pillows 30周年記念第3弾"”. 2019年1月22日閲覧。
  28. ^ “the pillows、リオ五輪金メダリスト登坂絵莉に贈った新曲がCMソングに”. 音楽ナタリー. (2016年8月25日). http://natalie.mu/music/news/199435 2016年8月25日閲覧。 
  29. ^ 松木美歩.「JUICE」フリーペーパー.WEB JUICE .2007年.(参照:2009年3月17日)

外部リンク[編集]