ギャグ漫画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ギャグ漫画(ギャグまんが)は、読者を笑わせるギャグ描写を中心として描かれる日本の漫画のこと。コメディ漫画と同一視されてもいるが、現代日本においてコメディはほとんどが健全な笑いのイメージで使われ、またギャグは必ずしも笑顔(心の中だけでも)に誘導することは目的としていない。

歴史[編集]

「ポンチ絵」と呼ばれてきた明治期から、漫画という語が定着するようになった大正期の半ばから昭和に入って以降、長く漫画とは政治や世相を風刺して笑えるものという位置付けであった。大人漫画においても子供漫画においても、ギャグのある漫画と断るまでもなく、漫画にとって笑いは不可分な要素であり、笑いのない漫画は存在しなかったのである。

ところが、子供向け漫画において、1960年代の後半頃より笑いの要素をなくした劇画が登場。同時期に赤塚不二夫の『おそ松くん』など少年誌では笑いに特化した漫画が人気を呼ぶようになった。こうして、1960年代後半から1970年代初めにかけて、漫画が笑いの要素のない劇画とギャグ専門のギャグ漫画に分化。ギャグ漫画というジャンルが成立した。

それまでの漫画の主流であり、依然として笑いと不可分でユーモアやナンセンスの要素を強く持った大人漫画は、青少年向けのストーリー漫画とギャグ漫画に食われる形で、1970年文藝春秋の大人漫画誌『漫画読本』が休刊するなどジャンル自体が衰退していった。

コンピュータゲームのギャグ漫画化[編集]

ゲームの解説書や攻略本、及びゲーム雑誌においてコンピュータゲームをギャグ漫画化したものが載せられることがあった。またホビーメーカーと関わりの強い小学館の月刊コロコロコミック別冊コロコロコミックにおいて、コンピュータゲームを原作としたギャグ漫画が掲載されている。

エニックス1990年から2006年において自社・他社のゲームを原作としたアンソロジー形式の4コママンガ劇場を発刊していた。4コママンガ劇場を描いていた漫画家がその後系列雑誌でギャグ漫画家として活躍している(柴田亜美の『南国少年パプワくん』や衛藤ヒロユキの『魔法陣グルグル』など)。またエニックスは月刊少年ギャグ王において4コママンガ劇場を描いていた漫画家を多数起用した。その後、エニックス系の雑誌ではギャグを受け入れる下地が出来ることとなり、金田一蓮十郎木村太彦などの漫画家を輩出したり、くぼたまことなどの他誌で活動していた作家が連載を持ったりした。

不条理ギャグ漫画[編集]

不条理ギャグとは、読者にとって不条理で理解しがたいシュールな展開が起こるギャグを指す。主に、

  • 何でもありなキャラクター
  • 関係ないセリフ
  • 脈絡の無い展開
  • 起承転結無視
  • ツッコミ不在、あるいはツッコミ役がツッコミ放棄

などが使われる。これらはガロ系ヘタウマ貸本漫画怪奇漫画エロ劇画パロディ漫画ニューウェーブ漫画ウェブ漫画といった表現の制約が少ないジャンルに比較的多くみられる。

歴史[編集]

漫画史的には吾妻ひでお1978年に発表した『不条理日記』(1979年星雲賞受賞作品)がギャグ漫画の文脈において「不条理」を実現したエポックメイキングな作品とみなされており、大塚英志は80年代当時一世を風靡していた吉田戦車を「不条理漫画」の祖と持ち上げる風潮に異を唱え、吾妻こそがそれだと主張している[1]

ただし「不条理漫画」的な作品は吾妻以前にも、つげ義春ねじ式』や赤瀬川原平櫻画報』などガロ系作家による前衛的な漫画作品や、赤塚不二夫長谷邦夫古谷三敏フジオプロ系のギャグ作品、ないし谷岡ヤスジ山上たつひこ鴨川つばめジョージ秋山秋竜山らによるナンセンスギャグ作品などがあり、手塚治虫はそれらをまとめて「不条理ギャグ」として取り上げている[2]

また必ずしもギャグを意識していない怪奇漫画少女漫画でも、内容の奇抜さや不条理な展開から、後年になって不条理ギャグの文脈で再評価される事もある。米沢嘉博竹熊健太郎が監修を務めた太田出版の復刻漫画レーベル「QJマンガ選書」からは徳南晴一郎の『怪談人間時計』(曙出版)をはじめ特殊な作風の貸本漫画が多数復刻された。また押切蓮介貸本ホラー漫画の「ギャグにしか見えないホラー」という「ひばり系ホラー」のテイストをあえて意識した、ホラーとギャグを融合させた作風で創作を行っていた。

マイナー期[編集]

かつて「不条理漫画」的な作品は、青林堂発行のオルタナティヴ・コミック誌『月刊漫画ガロ』(1964年創刊〜2002年休刊)をはじめ、1970年代後半以降のニューウェーブ期に相次いで創刊された漫画マニア誌[3]、または蛭子能収根本敬山野一丸尾末広花輪和一平口広美渡辺和博山田花子ひさうちみちおら「特殊漫画家」と呼ばれるガロ系の作家が執筆していた自販機本[4]エロ劇画誌[5]、あるいはマニア系のSM[6]など発表の場は極めてアンダーグラウンドなマイナー誌やエロ本に限定されていた。

青林堂創業者の長井勝一も「かつてはガロ系と決めつけて他の出版社では本を出してくれないこともあった」と当時を回顧しており、「不条理漫画はメジャーで通用しない」という共通認識が当時の業界にあったという[7]

メジャー期[編集]

しかし、1980年代後半から1990年代以降にかけて相原コージコージ苑』、いがらしみきおぼのぼの』、吉田戦車伝染るんです。』、榎本俊二GOLDEN LUCKY』、ねこぢるねこぢるうどん』、中崎タツヤじみへん』、漫☆画太郎珍遊記』、うすた京介すごいよ!!マサルさん』などのシュールな不条理ギャグ漫画が少年誌や青年誌などで人気を博し、「不条理ギャグ」というジャンルが一般読者に認知され人口に膾炙したことから[8]、不条理漫画家は主なフィールドをマイナー誌からメジャー誌へと移していった[7]

インターネット[編集]

2000年代に入ると、インターネットの普及によって自サイト・漫画投稿サイト・ネタ絵投稿サイト・絵投稿サイト・動画投稿サイトなどでのアマチュアによるギャグ漫画作品の発表が増えている。プロの作品と比べ、2ch原作やパロディ不条理ヘタウマ、混沌としたものなどインディーズ的な要素が強い。小林銅蟲(現在イブニングに連載)、ニャロメロン(現在週刊少年チャンピオン連載)、高津カリノ(現在ヤングガンガンに連載)、ちょぼらうにょぽみ(現在まんがぱれっとLiteに連載)などのインターネット上でギャグ漫画を公開し、人気を博していたアマチュア漫画家が漫画雑誌に連載するようになるケースが増えてきている。また、出版社の運営するサイトでのギャグ漫画連載が出始めている。例えばガンガンONLINEに連載中の『男子高校生の日常』(山内泰延)や月刊少年シリウスのWeb版に連載中の『魔女っ娘つくねちゃんWEB』(まがりひろあき)などがこれである。

不条理ギャグ漫画の一覧[編集]

以下に著名な「不条理ギャグ漫画」を年代順に例示する。

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

内容[編集]

パロディ・ナンセンス・風刺言葉遊びあるあるネタ下ネタブラックジョーク、現実には有り得ない不条理性を提示して笑わせる不条理ギャグなど、様々な笑いのパターンがある。それに加えて、時事性の強いネタ等を扱うことが多いので、時代とともに風化しがちであり、その時代の風俗を知る民俗資料ともなりうる。1話あたりのページ数が1ページから概ね8ページ以内までで完結するギャグ漫画作品は「ショートギャグ漫画」とも言われる。ショートギャグ漫画の性質や世界観、立ち位置などは旧来型のギャグ漫画よりもむしろ4コマ漫画の方に近いものがある。

絵柄は、写実的なものよりもデフォルメの強いコミカルなものになる傾向があるが、ストーリー漫画同様の絵柄の作品も多い。2000年代以降はデフォルメの少ない萌えを取り入れた絵柄のギャグ漫画が多く見られるようになり、描き込み度合いの点でもストーリー漫画の絵柄と変わりがない作品が多くなっている。ストーリー性は薄く、連載作品でもストーリーの連続性はないものが比較的多い(例えば、前話で死亡したキャラクターが次の話で平然と登場し、その理由や脈絡などが一切説明されないなど)。同じ読者の笑いを誘う漫画であっても、キャラ設定の整合性やストーリーの連続性・重要性にも重点を置いている漫画は「コメディ漫画」と称されることが多く、ギャグ漫画と重なりあう部分は大きいものの、ストーリー漫画とも重なる部分もあり、その概念はギャグ漫画よりも広めである。ギャグ漫画においては、ストーリー漫画よりも「定番のパターン」を踏襲しないこと、漫画家自身が過去に存在したギャグとは違う新しいものを創造し続けることに価値が置かれる。このような作業を長期間に亘って続けることは、精神に多大な負担が掛かることは想像に難くない。このためかギャグ漫画家は、山上たつひこ江口寿史、或いは小林よしのりのように活動の場を他に移したり、デビューからすぐにヒット作を送り出しながら漫画家を続けられなくなる例も多い。

近年においては、ひとつの作品の中でシリアスな描写とコミカルな描写の振れ幅が大きく、一概にギャグ漫画ともストーリー漫画とも括ることができないノンジャンル的な作品も増えつつある。

ギャグ漫画家[編集]

主にギャグ漫画を執筆している漫画家や、代表作にギャグ漫画が含まれる漫画家を生年順に挙げる。

1890年代生

1900年代生

1920年代生

1930年代生

1940年代生

1950年代生

1960年代生

1970年代生

1980年代生

生年不詳

参考資料[編集]

出典[編集]

  1. ^ 夜の魚―太田COMICS芸術漫画叢書』の大塚英志による解説『吾妻ひでおを再び「流通」させる理由』
  2. ^ 『マンガの描き方』(光文社カッパ・ホームス 1977年刊)
  3. ^ 漫金超』『マンガ宝島』『Peke』『コミックアゲイン』『月刊スーパーアクション』『NEWパンチザウルス』など。
  4. ^ 自販機本Jam』『HEAVEN』『EVE』など。
  5. ^ エロ劇画誌劇画アリス』『漫画大快楽』『漫画エロジェニカ』『漫画ピラニア』『漫画スカット』『漫画エロス』など。
  6. ^ SM誌『SMセレクト』『S&Mスナイパー』『純情エンジェル』など。
  7. ^ a b 幸 (1990年9月17日). “拡大続くマンガ界 最近人気があるのは… おなじみ「ちびまる子ちゃん」ほか”. 読売新聞・東京朝刊: p. 9 
  8. ^ 「ギャグ漫画」が主役を張っていた90年代 どんな作品があった? チョベリグニュース
  9. ^ 西武ドーム移動支局 赤塚さん追悼の電光メッセージ /東京
  10. ^ 山上たつひこ選集を監修・江口寿史 長編ギャグ漫画、魅力全開
  11. ^ a b c Yahoo!動画、吉田戦車や榎本俊二などギャグ漫画家4人の座談会などを配信
  12. ^ 憂楽帳:夜更けのため息
  13. ^ 読売新聞 都民版』2008年11月4日朝刊
  14. ^ 人気ギャグ漫画家・うすた京介に聞く「ピューと吹く!ジャガー」
  15. ^ 孤高のギャグ漫画家・漫画太郎の20周年DVDがキャンギャル募集
  16. ^ a b c d 【ニコニコ生放送】ギャグ漫画家だらけの大喜利バトル 第二弾
  17. ^ 富山ライトレール

関連項目[編集]