聖女の魔力は万能です

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖女の魔力は万能です
ジャンル 異世界ファンタジー恋愛
小説
著者 橘由華
イラスト 珠梨やすゆき
出版社 KADOKAWA
掲載サイト 小説家になろう
レーベル カドカワBOOKS
連載期間 2016年4月29日 -
刊行期間 2017年2月10日 -
巻数 既刊7巻(2021年5月現在)
漫画
原作・原案など 橘由華(原作)
珠梨やすゆき(キャラクター原案)
作画 藤小豆
出版社 KADOKAWA
掲載サイト ComicWalker
レーベル フロースコミック
発表期間 2017年7月31日 -
巻数 既刊6巻(2021年6月現在)
漫画:聖女の魔力は万能です 〜もう一人の聖女〜
原作・原案など 橘由華(原作)
珠梨やすゆき(キャラクター原案)
作画 亜尾あぐ
出版社 KADOKAWA
掲載サイト ComicWalker
レーベル フロースコミック
発表期間 2020年10月5日 -
巻数 既刊1巻(2021年4月現在)
アニメ
原作 橘由華
監督 井畑翔太
シリーズ構成 渡航
キャラクターデザイン 石川雅一
音楽 黒田賢一
アニメーション制作 ディオメディア
製作 「聖女の魔力は万能です」
製作委員会
放送局 AT-Xほか
発表期間 2021年4月6日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

聖女の魔力は万能です』(せいじょのまりょくはばんのうです)は、橘由華によるライトノベル。2016年4月29日から小説投稿サイト小説家になろう」にて「タチバナ」名義で連載されているWeb小説を元に、2017年2月10日、カドカワBOOKSKADOKAWA)より単行本化された[1]。イラストは珠梨やすゆきが担当している。

メディアミックスとして、2017年7月31日から藤小豆によるコミカライズが無料漫画配信サイト『ComicWalker』内のフロースコミックにて連載中[2]。2018年にはシチュエーションオーディオドラマ化されており、アルベルト・ホーク役を羽多野渉が担当していて、1と2のシチュエーションは無料、3つ目は原作第3巻の購入特典URLとして付属した。さらに2020年にはディオメディア制作によるテレビアニメ化が発表された[3]。2020年10月5日から亜尾あぐによるスピンオフ漫画である『聖女の魔力は万能です 〜もう一人の聖女〜』が『ComicWalker』内のフロースコミックにて連載中[4]。2021年4月時点でシリーズ累計発行部数は220万部を突破している[5]

制作背景[編集]

本作品は橘由華が「タチバナ」名義で、2016年4月29日より小説家になろうに連載している[6]。掲載開始10日後の5月9日には小説家になろうの日間ランキング1位[7]、1か月後の5月29日にはジャンル別ランキングにおいて日間・週間・月間で同時に1位となった[8]。累計では2017年6月時点で、14,288,206回(ページビュー)・3,684,023人(ユニークアクセス)に読まれている[9]。掲載開始8か月後の2016年12月28日には作者の橘由華より書籍として翌年2月に出版することが告知された[10]。書籍の内容は、小説家になろうの連載よりも「20%くらい増量しています」とし、「Web版を書くときに削った部分が追加されています」と大筋での差異は無いことが予告された[10]。書籍は2017年2月10日にカドカワBOOKS(株式会社KADOKAWA)より第1巻が刊行された[1]

橘は小説家になろうのトップページの賞の案内を見たことがきっかけで書き始め、参考のために閲覧した人気ランキングで男性向けでも女性向けでもタイトルに「聖女」が入っていることを知り、そこからプロットを組み立ていった[11]。作中のキャラクターは、「同じ職場で働きたい人」というコンセプトで設定されている[11]。そのため、登場人物のほとんどが主人公に好意的で、唯一主人公を冷遇してトラブルメーカーとなる人物も過失と思い込みによるもので悪意はなく、悪人が一切登場しないのが特徴的といえる。

あらすじ[編集]

HP・MP・レベル・魔法を含むスキルなどが、数値化されて確認できる異世界。スランタニア王国では数世代に一度、国が瘴気に覆われ魔物が大量発生する時代がやって来る。これまではそのたびに、魔を祓う力を持つ「聖女」が現れ、国を救ってきた。過去一度だけ聖女が現れなかった時は、儀式により聖女を召喚した。

今回またも聖女が現れず、王と重臣たちは、やむなく伝説の儀式「聖女召喚の儀」を行う。召喚されたのが小鳥遊聖(セイ)と御園愛良(アイラ)の二人の日本人であった。しかし王国の第一王子カイル・スランタニアはアイラしか目に入らず、彼女だけを聖女として扱った。無視されたセイは怒り、王宮を出ようとするが行く当てもなく、薬用植物研究所にて研究員として働き始める。

召喚から3か月後、王国の第三騎士団が魔物討伐で甚大な被害を受けるが、セイの作ったポーションで団長アルベルト・ホークらは回復する。以降、ホークたちとの交流を続け、図書館で知り合ったエリザベス・アシュレイの頼みを聞いたり、宮廷魔道師団で魔法付与を行ったり、ホーク団長に魔法付与されたアクセサリーを渡すため、第三騎士団を訪ねるなどして日々を過ごしていた。

召喚から7か月後、城の書庫にあった本で回復魔法を学んだセイは、再度の魔物討伐で負傷した騎士たちを見舞う。その際、回復不能の重傷を負った騎士を放っておけなかったセイは、強力な回復魔法で身体の欠損すら再生させてしまい、彼らから「聖女」として崇められることになる。

その直後、聖女召喚の儀の反動による昏睡から目覚めた宮廷魔道師団長ユーリ・ドレヴェスから鑑定を受けるが、国一番の魔道師である彼よりセイのほうがレベルが上で、鑑定不能だった。報告を受けた国王ジークフリート・スランタニアは、公の謁見の場でセイに謝罪し、恩賞として何を望むかと問う。特に欲しい物の無いセイは、禁書庫の閲覧と正規の魔法指導を願い出、ユーリから直接魔法の指導を受けることになる。

召喚から9か月後、セイは、ホーク団長率いる魔物討伐に回復要員として参加する。ところが団長が窮地に陥った時、セイの中から金色の魔力があふれ出す。それは周囲の魔物と、魔物が湧き出す黒い沼を呑み込むと、一瞬ですべてを消し去った。聖女のみが使えるという伝説の広域浄化魔法、「聖女の術」にほかならなかった。

この功績により、セイは王宮すべてから「聖女」だと認められる。しかし、アイラを聖女にしようと必死だったカイル王子はそれを信じず、「セイは聖女ではない」と人目のある場所で発言してしまい、父王から謹慎を命じられた。

召喚から1年後、セイはホーク団長および第三騎士団と共に、薬師の聖地と呼ばれるクラウスナー領へ魔物討伐の遠征に向かう。この遠征で「ホーク団長のことを思い浮かべる」のが聖女の術の発動条件であると気づき、術を自在に発動できるようになる。

社会的評価[編集]

第1巻は出版物流通大手の日販が運営するサイト「ほんのひきだし」が集計するライト文芸ランキングにおいて2017年1月24日から2月20日集計の13位となった[12]。第2巻は同ランキングの2017年8月21日から9月20日集計で6位となった[13]。第3巻はライト文芸ランキングの2018年9月21日から10月20日集計で5位となり[14]、全ジャンル総合の週間ランキングでも7位となった[15]

既刊一覧[編集]

小説[編集]

  • 橘由華 『聖女の魔力は万能です』KADOKAWA〈カドカワBOOKS〉、既刊7巻(2021年5月8日現在)
    1. 2017年2月10日発売[16]ISBN 978-4-04-072185-9
    2. 2017年9月8日発売[17]ISBN 978-4-04-072366-2
    3. 2018年10月10日発売[18]ISBN 978-4-04-072616-8
    4. 2019年5月10日発売[19]ISBN 978-4-04-072617-5
    5. 2020年2月10日発売[20]ISBN 978-4-04-073488-0
    6. 2020年9月10日発売[21]ISBN 978-4-04-073489-7
    7. 2021年5月8日発売[22]ISBN 978-4-04-073924-3

漫画[編集]

  • 藤小豆(漫画)・橘由華(原作)・珠梨やすゆき(キャラクター原案) 『聖女の魔力は万能です』 KADOKAWA〈フロースコミック〉、既刊6巻(2021年6月5日現在)
    1. 2018年2月5日発売[23]ISBN 978-4-04-069683-6
    2. 2018年10月5日発売[24]ISBN 978-4-04-069988-2
    3. 2019年7月5日発売[25]ISBN 978-4-04-065804-9
    4. 2020年2月5日発売[26]ISBN 978-4-04-064372-4
    5. 2020年10月5日発売[27]ISBN 978-4-04-064885-9
    6. 2021年6月5日発売[28]ISBN 978-4-04-680463-1
  • 亜尾あぐ(作画)、橘由華(原作)、珠梨やすゆき(キャラクター原案)『聖女の魔力は万能です 〜もう一人の聖女〜』KADOKAWA〈フロースコミック〉、既刊1巻(2021年4月5日現在)
    1. 2021年4月5日発売[29]ISBN 978-4-04-680380-1
  • 橘由華(原作)、珠梨やすゆき(キャラクター原案)『聖女の魔力は万能です 公式アンソロジーコミック 〜聖女の書〜』KADOKAWA〈フロースコミック〉、2021年5月1日発売[30]ISBN 978-4-04-680504-1

テレビアニメ[編集]

2021年4月からAT-Xほかにて放送中[31][32]

アニメ版では、原作・コミカライズ版にあったレベル、HP/MP、スキルレベルが確認できるゲームのパラメーター的なステータス画面が存在せず、現実世界と同様に能力の高さは数値ではなく感覚的なものとして描かれている。また、原作では物語の合間に「舞台裏」として、スランタニア王国側の事情を説明するパートが挿入されているが、アニメではアイラの視点で描かれる第7話を除けば、セイ以外の人物しか登場しないシーンは最低限しか描かれていない。

原作では聖女召喚直後にカイル王子がセイを無視した理由は明確に描かれず、謹慎を受けるまで召喚された異世界人はアイラ一人だけと思い込んでいた。しかしアニメ版ではアニメオリジナルの設定を追加することで、原作での彼の行動の不自然さを解消する補完が行われている。

アニメ版のカイル王子は召喚された異世界人が二人いることは認識していたが、セイの身なりが地味だったため聖女(アイラ)に仕える侍女か乳母が一緒に転送されてきたと勘違いをし、王族がそのような身分の低い者に直接話しかけたりしないのはスランタニア王国では当然の振る舞いであったと説明されている。その後、自分の手から離れてホーク辺境伯家やヴァルデック伯爵家といった有力貴族関係者の庇護を経たセイが目覚ましい実績を上げる中で、アイラが聖女ではない可能性が高くなってきたため、自分が失脚した後に彼女が偽聖女として咎めを受けるのを防ぐために、敢えて頑迷な王子として振舞い聖女セイを公衆の面前で侮辱することで、アイラはカイル王子の暴走に巻き込まれた被害者と周囲に印象付け、弟のレイン王子にアイラの保護を引き継がせるのが真意だった。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 橘由華[31]
  • 原作イラスト - 珠梨やすゆき[31]
  • 監督 - 井畑翔太[31]
  • シリーズ構成 - 渡航[31]
  • キャラクターデザイン - 石川雅一[31]
  • イメージボード・プロップデザイン - 益田賢治
  • クリーチャーデザイン - 宮澤努
  • 美術設定 - 滝口勝久
  • 美術監督 - 細井友保
  • 色彩設計 - 林由稀
  • 撮影監督 - 伊藤康行
  • オフライン編集 - 小島俊彦
  • 音響監督 - 立石弥生[31]
  • 音響制作 - ビットグルーヴプロモーション[31]
  • 音楽 - 黒田賢一[31]
  • 音楽プロデュース - 結城アイラ[31]
  • 音楽プロデューサー - 吉江輝成
  • 音楽制作 - ランティス[31]
  • プロデューサー - 吉岡拓也、小倉理絵、若山侑玲亜、川野勝弘、中東豊和、深谷成輝、外川明宏
  • アニメーションプロデューサー - 天野翔太
  • アニメーション制作 - ディオメディア[31]
  • 製作 - 「聖女の魔力は万能です」製作委員会[31]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

「Blessing」[31]
結城アイラによるオープニングテーマ。作詞は結城、作曲・編曲は結城と矢野達也の共作。
「Page for Tomorrow」[31]
NOW ON AIRによるエンディングテーマ。作詞は結城アイラ、作曲・編曲は結城アイラと柳澤奈緒樹と石倉誉之。

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督初放送日
Episode 01召喚 井畑翔太
石川雅一2021年
4月6日
Episode 02親交 渡航井畑翔太胡蝶蘭あげは
  • 松本麻友子
  • 井出直美
  • 大村将司
  • Kim Suho
  • Jeong Jinyeong
  • 松本麻友子
  • 井出直美
4月13日
Episode 03王都 さがら総
  • 松本麻友子
  • 井出直美
  • 西島圭祐
  • 加藤弘将
  • 大村将司
  • Mubon Hyeong Jun
  • Jeon Hyun Jin
  • Ryu Joong Hyeon
  • Kim Ji Eun
  • Kim Min Hee
  • 松本麻友子
  • 井出直美
  • 石川雅一
4月20日
Episode 04奇跡 王雀孫井畑翔太
  • Mubon Hyeong Jun
  • Jeon Hyun Jin
  • Ryu Joong Hyeon
  • Kim Ji Eun
  • Kim Min Hee
  • Kim Jongbeom
  • Jeong Jinyeong
  • Song Jinyeong
  • 宮澤努
4月27日
Episode 05鑑定 清水空翔胡蝶蘭あげは
  • Mubon Hyeong Jun
  • Jeon Hyun Jin
  • Ryu Joong Hyeon
  • Kim Ji Eun
  • Kim Min Hee
  • 宮澤努
5月4日
Episode 06淑女 井畑翔太
  • 胡蝶蘭あげは
  • 井畑翔太
  • 寒川歩
  • 和田清美
  • 米澤怜美
  • 佐藤史暁
  • Jeong Jinyeong
  • Kim Suho
  • Kim Jongbum
5月11日
Episode 07章間 渡航玉木慎吾
  • Mubon Hyeong Jun
  • Jeon Hyun Jin
  • Ryu Joong Hyeon
  • Kim Ji Eun
  • Kim Min Hee
5月18日
Episode 08覚醒 さがら総井畑翔太
  • Mubon Hyeong Jun
  • Jeon Hyun Jin
  • Ryu Joong Hyeon
  • Kim Ji Eun
  • Kim Min Hee
  • Kim Suho
  • Kim Myoungsim
5月25日
Episode 09聖女 渡航清水空翔胡蝶蘭あげは
  • 米澤怜美
  • 和田清美
  • 寒川歩
  • 松下純子
  • 佐藤史暁
  • Mubon Hyeong Jun
  • Jeon Hyun Jin
  • Ryu Joong Hyeon
  • Kim Ji Eun
  • Kim Min Hee
  • One Order
6月1日
Episode 10日記 さがら総玉木慎吾
  • Mubon Hyeong Jun
  • Jeon Hyun Jin
  • Ryu Joong Hyeon
  • Kim Ji Eun
  • Kim Min Hee
  • Kim Suho
  • Kim Myoungsim
  • 玉木慎吾
6月8日
Episode 11窮地 渡航井畑翔太
  • Mubon Hyeong Jun
  • Jeon Hyun Jin
  • Ryu Joong Hyeon
  • Kim Ji Eun
  • Kim Min Hee
  • 本田辰雄
  • 宮澤努
  • 井畑翔太
6月15日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[32]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [35] 備考
2021年4月6日 - 火曜 23:30 - 水曜 0:00 AT-X 日本全域 製作参加 / CS放送 / リピート放送あり
2021年4月7日 - 水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜) TOKYO MX 東京都
水曜 3:00 - 3:30(火曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 アニメ特区』第2部
2021年4月8日 - 木曜 0:00 - 0:30(水曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[32]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2021年4月7日 水曜 0:00(火曜深夜) 更新 ひかりTV
2021年4月11日 日曜 0:00(土曜深夜) 更新 dTVチャンネル
2021年4月14日以降順次 水曜 0:00(火曜深夜)以降 更新

BD / DVD[編集]

発売日[36] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2021年6月30日予定 第1話 - 第4話 KAXA-8121 KABA-11001
2 2021年7月28日予定 第5話 - 第8話 KAXA-8122 KABA-11002
3 2021年8月25日予定 第9話 - 第12話 KAXA-8123 KABA-11003

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 書籍情報|聖女の魔力は万能です|カドカワBOOKS”. 2017年6月17日閲覧。
  2. ^ 聖女の魔力は万能です 無料漫画詳細”. ComicWalker. 2017年8月3日閲覧。
  3. ^ “TVアニメ「聖女の魔力は万能です」メインビジュアル公開、制作はディオメディア”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/news/410342 2020年12月25日閲覧。 
  4. ^ 聖女の魔力は万能です 〜もう一人の聖女〜 無料漫画詳細”. ComicWalker. 2020年10月6日閲覧。
  5. ^ スピンオフ漫画『聖女の魔力は万能です〜もう一人の聖女〜』第1巻帯の表記より
  6. ^ 聖女の魔力は万能です[小説情報]”. 2017年6月17日閲覧。
  7. ^ 小説ランキング”. 小説家になろう (2016年5月9日). 2016年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月23日閲覧。
  8. ^ ジャンル別異世界転生/転移ランキング”. 小説家になろう (2016年5月29日). 2016年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月23日閲覧。
  9. ^ 『聖女の魔力は万能です』アクセス解析”. 2017年6月17日閲覧。
  10. ^ a b 【聖女の魔力は万能です】書籍化のご連絡|タチバナ/橘由華の活動報告”. 2017年6月17日閲覧。
  11. ^ a b 女性に共感されるヒロインは一緒に働きたい人?『聖女の魔力は万能です』インタビュー”. pixivision (2020年4月10日). 2021年5月9日閲覧。
  12. ^ 今売れているライト文芸ランキング(2017年1月24日〜2月20日)”. 2018年11月20日閲覧。
  13. ^ 今売れているライト文芸ランキング(2017年8月21日〜9月20日)”. 2018年11月20日閲覧。
  14. ^ TVアニメ放送中、ゲーム化でも話題の『転生したらスライムだった件』最新刊がランクイン!ライト文芸売上ランキング(2018年9月21日〜10月20日)”. 2018年11月20日閲覧。
  15. ^ 東野圭吾「ガリレオ」シリーズ6年ぶりの新作や、20代OLが異世界で無双するライトノベルがランクイン!今週の週間総合ランキング(2018年10月17日調べ)”. 2018年11月20日閲覧。
  16. ^ 聖女の魔力は万能です 橘由華:ライトノベル”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  17. ^ 聖女の魔力は万能です 2 橘由華:ライトノベル”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  18. ^ 聖女の魔力は万能です 3 橘由華:ライトノベル”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  19. ^ 聖女の魔力は万能です 4 橘由華:ライトノベル”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  20. ^ 聖女の魔力は万能です 5 橘由華:ライトノベル”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  21. ^ 聖女の魔力は万能です 6 橘由華:ライトノベル”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  22. ^ 聖女の魔力は万能です 7 橘由華:ライトノベル”. KADOKAWA. 2021年5月8日閲覧。
  23. ^ 聖女の魔力は万能です 1 藤小豆:コミック”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  24. ^ 聖女の魔力は万能です 2 藤小豆:コミック”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  25. ^ 聖女の魔力は万能です 3 藤小豆:コミック”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  26. ^ 聖女の魔力は万能です 4 藤小豆:コミック”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  27. ^ 聖女の魔力は万能です 5 藤小豆:コミック”. KADOKAWA. 2021年3月6日閲覧。
  28. ^ 聖女の魔力は万能です 6 藤小豆:コミック”. KADOKAWA. 2021年6月5日閲覧。
  29. ^ 聖女の魔力は万能です 〜もう一人の聖女〜 1”. KADOKAWA. 2021年4月5日閲覧。
  30. ^ 聖女の魔力は万能です 公式アンソロジーコミック 〜聖女の書〜”. KADOKAWA. 2021年5月1日閲覧。
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m n o TVアニメ「聖女の魔力は万能です」4月放送開始、ティザーPV・主題歌情報が公開に”. コミックナタリー (2021年2月12日). 2021年2月12日閲覧。
  32. ^ a b c ON AIR”. TVアニメ「聖女の魔力は万能です」. 2021年3月29日閲覧。
  33. ^ a b c d e “聖女の魔力は万能です:テレビアニメのメインキャストに石川由依、櫻井孝宏、江口拓也、小林裕介、八代拓 “なろう系”ラノベが原作”. MANTANWEB. (2021年1月15日). https://mantan-web.jp/article/20210115dog00m200065000c.html 2021年1月15日閲覧。 
  34. ^ a b c d “春アニメ『聖女の魔力は万能です』追加声優に市ノ瀬加那さん・福山潤さん・上田麗奈さん・梅原裕一郎さん! PVも解禁”. animate Times. https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1615017412 2021年5月20日閲覧。 
  35. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  36. ^ BLU-RAY&DVD”. TVアニメ「聖女の魔力は万能です」公式サイト. 2021年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]