聖女の魔力は万能です

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖女の魔力は万能です
ジャンル 異世界ファンタジー・恋愛
小説
著者 橘由華
イラスト 珠梨やすゆき
出版社 KADOKAWA
レーベル カドカワBOOKS
巻数 既刊4巻(2019年5月現在)
漫画
原作・原案など 橘由華(原作)
珠梨やすゆき(キャラクター原案)
作画 藤小豆
出版社 KADOKAWA
掲載サイト ComicWalker
レーベル フロースコミック
発表期間 2017年7月31日 -
巻数 既刊2巻(2018年10月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画
ポータル 文学漫画

聖女の魔力は万能です』(せいじょのまりょくはばんのうです)は、橘由華によるライトノベル。「小説家になろう」にて「タチバナ」名義で連載されたWeb小説を元に、2017年2月10日、カドカワBOOKS(株式会社KADOKAWA)より単行本化された[1]。イラストは珠梨やすゆきが担当している。

2017年7月31日から、藤小豆によるコミカライズが無料漫画配信サイトComicWalkerのフロースコミックにて連載している。

2018年にシチュエーションオーディオドラマ化されており、アルベルト・ホーク役を羽多野渉が担当していて、1と2のシチュエーションは無料、3つ目は原作第3巻の購入特典URLが付いてきた。

あらすじ[編集]

本作品はHP・MP・レベル・魔法を含むスキルなどが数値化されて確認できる異世界の物語である。スランタニア王国では国が瘴気に覆われ魔物が大量発生するたびに聖女が国を救ってきた。今回、聖女が現れなかったため過去の魔導書を紐解き召喚すると、小鳥遊聖(たかなしせい)と御園愛良(みそのあいら)の二人が現代日本から転移して来た。王国の第一王子は愛良に「貴女が聖女か?」と尋ねて、彼女だけを聖女として扱った。

無視された聖は怒り、王宮を出てセイと名乗り薬用植物研究所の研究員となった。召喚から三ヶ月後に王国の第三騎士団が魔物討伐で被害を受けるが、セイの作ったポーションで団長アルベルト・ホークらは回復する。召喚七ヶ月後、再度の魔物討伐で負傷した騎士達を見舞い、回復魔法で全快させる。さらに正規の魔法指導を受けたセイは召喚の九ヶ月後にホーク団長率いる魔物討伐に回復要員として参加し、突然発動した聖女の術により魔物が湧き出す黒い沼や周囲の魔物を浄化し消滅させた。第一王子は討伐での活躍が伝わった後でも、セイは聖女ではないだろうと発言し謹慎させられた。召喚から1年後、セイはホーク団長および第三騎士団とともに薬師の聖地と呼ばれるクラウスナー領へ魔物討伐の遠征にむかう。この遠征で「ホークのことを思い浮かべる」のが聖女の術の必要条件であるとセイは自覚し、術を自在に発動できるようになる。

制作背景[編集]

本作品は橘由華が「タチバナ」名義で、2016年4月29日より小説家になろうに連載している[2]。掲載開始10日後の5月9日には小説家になろうの日間ランキング1位[3]、1ヶ月後の5月29日にはジャンル別ランキングにおいて日間・週間・月間で同時に1位となった[4]。累計では2017年6月時点で、14,288,206回(ページビュー)・3,684,023人(ユニークアクセス)に読まれている[5]。 掲載開始8ヶ月後の2016年12月28日には作者の橘由華より書籍として翌年2月に出版することが告知された[6]。書籍の内容は、小説家になろうの連載よりも「20%くらい増量しています」とし、「Web版を書くときに削った部分が追加されています」と大筋での差異は無いことが予告された[6]。書籍は2017年2月10日にカドカワBOOKS(株式会社KADOKAWA)より第1巻が刊行された[1]

社会的評価[編集]

第1巻は出版物流通大手の日販が運営するサイト「ほんのひきだし」が集計するライト文芸ランキングにおいて2017年1月24日から2月20日集計の13位となった[7]。第2巻は同ランキングの2017年8月21日から9月20日集計で6位となった[8]。第3巻はライト文芸ランキングの2018年9月21日から10月20日集計で5位となり[9]、全ジャンル総合の週間ランキングでも7位となった[10]

既刊一覧[編集]

漫画版[編集]

2017年7月31日、無料Web漫画雑誌であるComicWalkerのフロースコミックとして藤小豆による漫画版の連載が開始された[11]。原作書籍版1巻の冒頭からコミカライズしている。

  • 藤小豆(漫画)・橘由華(原作)・珠梨やすゆき(キャラクター原案) 『聖女の魔力は万能です』 KADOKAWA〈フロースコミック〉、既刊2巻(2018年10月5日現在)
    1. 2018年2月5日発売、ISBN 978-4-04-069683-6
    2. 2018年10月5日発売、ISBN 978-4-04-069988-2
    3. 2019年7月5日発売、ISBN 978-4-04-065804-9

出典[編集]

  1. ^ a b 書籍情報|聖女の魔力は万能です|カドカワBOOKS”. 2017年6月17日閲覧。
  2. ^ 聖女の魔力は万能です[小説情報]”. 2017年6月17日閲覧。
  3. ^ 小説ランキング”. 小説家になろう (2016年5月9日). 2016年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月23日閲覧。
  4. ^ ジャンル別異世界転生/転移ランキング”. 小説家になろう (2016年5月29日). 2016年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月23日閲覧。
  5. ^ 『聖女の魔力は万能です』アクセス解析”. 2017年6月17日閲覧。
  6. ^ a b 【聖女の魔力は万能です】書籍化のご連絡|タチバナ/橘由華の活動報告”. 2017年6月17日閲覧。
  7. ^ 今売れているライト文芸ランキング(2017年1月24日~2月20日)”. 2018年11月20日閲覧。
  8. ^ 今売れているライト文芸ランキング(2017年8月21日~9月20日)”. 2018年11月20日閲覧。
  9. ^ TVアニメ放送中、ゲーム化でも話題の『転生したらスライムだった件』最新刊がランクイン!ライト文芸売上ランキング(2018年9月21日~10月20日)”. 2018年11月20日閲覧。
  10. ^ 東野圭吾「ガリレオ」シリーズ6年ぶりの新作や、20代OLが異世界で無双するライトノベルがランクイン!今週の週間総合ランキング(2018年10月17日調べ)”. 2018年11月20日閲覧。
  11. ^ 聖女の魔力は万能です 無料漫画詳細”. ComicWalker. 2017年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]