小説家になろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小説家になろう
Shōsetsuka ni Narō logo.png
URL http://syosetu.com/
使用言語 日本語
タイプ 小説投稿サイト
運営者 株式会社ヒナプロジェクト
設立者 梅崎祐輔
収益 広告掲載料による
営利性 営利
登録 投稿には登録が必要・閲覧は不要
設立日 2004年4月2日
現状 現在運営中
ライセンス
利用規約第18条テキスト等の情報の使用許諾等による

小説家になろう(しょうせつかになろう)は、株式会社ヒナプロジェクトが提供する小説投稿サイト。作者登録することで、無料で小説ウェブ上に公開することができる。また、「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標[† 1]である。

概要[編集]

多くの作品が登録されている小説投稿サイトである。ウェブ上で執筆が可能である点、携帯電話でも利用(執筆や閲覧)が容易い点で他サイトと異なる。また投稿された作品は、閲覧サイトである小説を読もう(一般向け作品、PC向け)・小説を読む(一般向け作品、携帯向け)・ラブノベ(恋愛小説、携帯向け)・ノクターンノベルズ(男性向け18禁小説、携帯&PC両対応)・ムーンライトノベルズ(女性向け18禁小説、携帯&PC両対応)で見ることができる。これらは執筆者が投稿時に設定したジャンル・年齢制限により自動的に振り分けられる。

2004年のサイト開設当初は個人サイトとしての運営だったが、その後のアクセス数の増加により2008年よりグループによる運営に移行し、2010年に正式に法人化した[1]。2014年12月現在、アクセス数は月間約9億5000万PVユニークユーザー数は約400万人[1]。また、2015年3月15日朝、登録者数が55万人を突破した。

二次創作への対応[編集]

サイト開設当初は二次創作作品も数多く投稿されていたが、二次創作に対する著作権者側の規制強化の動きなどを受け、2010年8月ににじファン(PC向け)・NOS(携帯向け)という専門サイトを開設。執筆者が原作名を設定するとこちらに振り分けられ、通常の検索やランキングなどから除外されるようになった[2]

しかし著作権者側からの二次創作に対する規制強化を求める動きは止まず、結局2012年3月15日には、明示的に二次創作禁止を表明している著作権者の作品について一斉削除を行うことを通告(同年4月9日より順次実施)[3]。最終的には2012年7月15日付でにじファン等のサイトを閉鎖し、運営側が許可する一部の作品[† 2]を除き一切二次創作作品の投稿を認めない姿勢に転換した[4]。ただし、なろうサイト内における盗作に関しては全く関知していない。

ダイジェスト化問題[編集]

従来本サイトに掲載されていた小説を書籍化する際には、小説をそのまま掲載し続ける以外に「書籍化した部分をダイジェスト化する」といった対応が認められていたが、2016年6月に運営側が方針を転換し、書籍化にあたってダイジェスト化を行った作品については同年9月より全面的に削除対象とすることを明らかにした[5]。運営側では「ダイジェスト化がそもそも行われない作品がある」「『ダイジェスト化』の定義が不明確で、そのため単なるあらすじの掲載にとどまっている作品も多い」といった問題が起きていることが原因としており、既に書籍化に伴いダイジェスト化が行われている作品に対しても遡及して適用される。

これに対し、書籍化にあたってダイジェスト化を要求するレーベルの中でも大手であるアルファポリスは「書籍化した作品の「全てを」無料で読めることは、これまで同様、選択肢にないもの」「率直にこうしたやり方(ダイジェスト化)が時間の経過とともに限界が来たのであろう、潮時であったのだろうと感じます」との声明を発表し、本サイトからの撤退を発表した[6]

主な機能[編集]

  • 小説の投稿・閲覧
  • 連載小説の投稿
  • お気に入り小説の記録・更新確認(ユーザー登録が必要)
  • 作品へ対し、レビュー・感想の投稿
  • タテ書き小説ネット(PC向け)との提携による、縦書きPDFへの変換(掲載中の小説)[† 3]
  • TXTファイルでの小説ダウンロード
  • 登録ユーザー同士のメッセージの送受信

文学賞[編集]

複数の出版社と共同で、以下の様な新人発掘のための文学賞を開催している。

ネット小説大賞
通称「なろうコン」。第3回まではクラウドゲートが運営するPBW形式のRPG「エリュシオン」とのタイアップで「エリュシオンライトノベルコンテスト」という名称だったが[7]、第4回より同社子会社のクラウドゲームスに運営が移管され、名称も変更された。
第3回では新紀元社このライトノベルがすごい!文庫宝島社)、ぽにきゃんBOOKS(ポニーキャニオン)、GCノベルズ(マイクロマガジン社)、Mノベルス(双葉社)といったレーベルが参加している。文学フリマ同人誌即売会)が協力。
ライト文芸新人賞
アリアンローズ(フロンティアワークス)、MFブックス(メディアファクトリー)との合同企画。旧称は「小説家になろう大賞2014」[8]。前身は2013年に開催された「アリアンローズ新人賞」。
ラノベ作家になろう大賞
ヒーロー文庫主婦の友社)との合同企画[9]
オーバーラップ文庫WEB小説大賞
オーバーラップ文庫との合同企画[10]
モンスター文庫大賞
モンスター文庫双葉社)との合同企画。双葉社がプッシュしている「キノコ擬人化プロジェクト」と組んだ「キノコの娘大賞」も同時開催[11]
一迅社文庫アイリス恋愛ファンタジー大賞
一迅社文庫アイリスとの合同企画[12]
お仕事小説コン
マイナビ出版との合同企画。主人公が何かの職業に就いている、もしくは小説自体がある仕事をテーマにしている作品に対象を限定している[13]
文学フリマ短編小説大賞
文学フリマ同人誌即売会)との合同企画。

「なろう系」[編集]

2014年ごろから、本サイト出身のライトノベルなどを総称して「なろう系」と呼ぶ動きがメディア等で出つつある。ただし「なろう系」と呼ばれる作品・レーベルでも、必ずしも本サイトに掲載された作品だけとは限らない[14]

一般的に「なろう系」の作品は「オタクの「満たされない」欲望を擬似的(安易に)に「満たして」くれる作品」と定義される[15]。具体的には「現代社会で生活する平凡な主人公がファンタジーな異世界に放り込まれ、活躍する」というタイプの作品を指すことが多い[16]。「なろう系」を好む読者の傾向としては「(主人公が)努力すると感情移入ができない」という意見が多いという[15]

備考[編集]

  • ルビ(ふりがな)対応[† 4]
  • 紙文化の時代のゲラ刷りや入稿や推敲といった旧来の小説成立プロセスが、存在しない。このため作者は読者の指摘で誤字をリアルタイムで訂正できるほか、小説脱稿までの時間を読者と共に過ごす、といった電子テキストならではのメリットを存分に駆使することができる。
  • 出版社による作品出版を可能にした小説家になろうパブリッシングというサービスが存在する。
  • 無料ウェブ雑誌週刊ノベストや、50歳以上をターゲットとしたサイトを立ち上げる予定であることが運営者により述べられている。
  • ファンフィクション紹介サイト「名探偵コナンノベルズ」にシステム作成・協力している。
  • 画像サイト「みてみん」と提携しており、小説内に挿絵として挿入することが可能である。
  • 2016年3月、運営者の株式会社ヒナプロジェクトが、山形県で1997年から開かれていた「小説家(ライター)になろう講座」に対し、商標権侵害を理由に講座名使用の差し止めを請求し、山形の講座名が変更されざるを得ない事態になった。なお、株式会社ヒナプロジェクトが「小説家になろう」を商標登録したのは2013年である[17]

著名な投稿作[編集]

映像化作品[編集]

関連書籍[編集]

紹介本
編集:この「なろう」がアツイ編集部
インタビュー
著:田島隆雄、監修:ヒナプロジェクト・博報堂DYデジタル

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ (日本国)商標登録番号 第5554691号(文字のみ)・第5634387号(図形含む)、どちらも区分は 9・16・35・38・41・42
  2. ^ 著作権者側が二次創作を許可していても、当サイトの運営側から掲載許可が告知されていない場合は削除対象となる。
  3. ^ 作品を縦書きPDFに変換した形式で読むことができる。
  4. ^ 2013年1月現在、公式対応しているブラウザはInternet Explorerのみだが、実際にはWebKit系ブラウザ(SafariGoogle Chromeなど)にも対応している。またMozilla Firefoxではアドオン(HTML Ruby)を入れることで対応可能。他にも、PlayStation Vitaでもルビ機能に対応している。

出典[編集]

  1. ^ a b 口コミだけで月間10億PV、ベストセラー続々 京都発の小説投稿サイト「小説家になろう」の歩み - ITmedia eBook User・2014年12月25日
  2. ^ にじファン公開のお知らせ(2010年8月11日)
  3. ^ 二次創作に関する対応予定のお知らせ(2012年4月6日)
  4. ^ 二次創作作品の小説家になろうへの掲載に関して(2012年7月4日)
  5. ^ 【重要】ダイジェストのお取扱い、その他規約に関するお知らせ【追記あり】(2016年6月1日)
  6. ^ (「小説家になろう」で連載中の)作家の皆さまへ - アルファポリス・2016年6月1日
  7. ^ エリュシオンライトノベルコンテスト
  8. ^ 小説家になろう大賞2014
  9. ^ ラノベ作家になろう大賞
  10. ^ オーバーラップ文庫WEB小説大賞
  11. ^ モンスター文庫大賞
  12. ^ 一迅社文庫アイリス恋愛ファンタジー大賞
  13. ^ お仕事小説コン - マイナビBOOKS
  14. ^ 「アース・スター」ノベル創刊 テレビCMとオーディオドラマには釘宮理恵と鳴海杏子を起用! - ダ・ヴィンチNEWS・2014年11月14日
  15. ^ a b なぜ今、努力しないで成功する物語がはやるのか?――引きこもりのプロブロガー・海燕氏がゲストの「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第17回 - 4gamer.net・2014年5月9日
  16. ^ ヒーロー文庫:“なろう系”ブームで躍進 注目の新鋭ラノベレーベルの裏側 - まんたんウェブ・2014年11月14日
  17. ^ 「小説家になろう」名称アウト 山形で19年続く講座、大阪の企業に商標 - 山形新聞・2016年3月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]